日本一のゴリガン男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本一のゴリガン男
 > (レビュー・クチコミ)

日本一のゴリガン男

[ニッポンイチノゴリガンオトコ]
1966年【日】 上映時間:93分
平均点:8.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
コメディシリーズもの
新規登録(2009-07-19)【なたね】さん
タイトル情報更新(2017-06-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督古澤憲吾
助監督河崎義祐
キャスト植木等(男優)日本均
浜美枝(女優)左右山百合子
野川由美子(女優)りり子
藤田まこと(男優)黒原
人見明(男優)石亀営業課長
田中邦衛(男優)皿田
田武謙三(男優)山北
石田茂樹(男優)高井戸
佐々木孝丸(男優)国防隊司令官
大友伸(男優)国防隊参謀
沢村いき雄(男優)熱水
堤康久(男優)泡口
清水元(男優)医学博士
北竜二(男優)中仏
二瓶正也(男優)刺客
柳谷寛(男優)黒川
中村哲(男優)ゴッド大統領
荒木保夫(男優)吉田
左卜全(男優)住職
小川安三(男優)毎朝新聞集金係
大前亘(男優)葬式の受付
潮万太郎(男優)岡持
進藤英太郎(男優)左右山貫太郎
藤村有弘(男優)浅利営業部長
桜井センリ(男優)友永
勝本圭一郎(男優)
古谷敏(男優)
脚本笠原良三
音楽宮川泰
作詞青島幸男「しびれ節」
笠原良三「何が何だかわからないのよ」
作曲宮川泰「しびれ節」/「何が何だかわからないのよ」
撮影小泉福造
製作渡辺晋
森田信
東宝
配給東宝
美術竹中和雄
編集黒岩義民
録音下永尚(整音)
照明森本正邦(照明助手)
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 喜劇タッチながら商売の核心を突いていると思う。
経験や役職がなくとも、発想と機動力と「会社の名前」で売上も利益も上げることができる。それが商社の醍醐味だ。
「傲岸(ゴリガン?)」な会社ごと販売してしまうというラストの流れも秀逸。
町並みの懐かしさもあって個人的には完璧な良作と評するしかない。
チェブ大王さん [CS・衛星(邦画)] 10点(2019-08-02 22:41:59)
3.《ネタバレ》 何と前向きな映画なんだ!というのがまずは最初の感想でして、植木等演じる日本均というこの男の前向きさ、事故により一年もの間、入院、そして、退院して自分の勤めているはずの会社のある場所に戻ってみると何とそこは別の会社になっていた。自分の会社は倒産していたのである。普通なら泣きたくなるのにこの男は泣くどころか笑っている。作り笑いではない笑いでそれならそれでこの別の会社に就職しちまえば良いんだ!とまあ、何というお気楽ということか前向きな男である。絶対に弱音を吐かない。泣き言など言わずに自分の才能を活かしてどんどんと活躍し、社長に対しても自分の思っていることを堂々と言ってみせる。例え相手が誰であれ、自分の気持ちに正直に生きる。正に人間としての本来のあるべき姿、出世のためならどんなことでもやりとげる。社会人としての手本のような男である。植木等の演じるこの男を見ていると他の植木等と同じで元気になれる。やたらと後ろ向きな暗い映画がどうにも最近の邦画には多いように感じる中で、この植木等主演映画はいつも前向きだし、そんな姿を見ていると頑張ろう!て気持ちにさせられる。だから私は植木等が好きだし、植木等の映画も好きである。そんな植木等が田中邦衛とのやりとりやら坊さん姿の左卜全などの可笑しさなどもこの映画を面白いものにしている。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2011-05-09 21:47:09)(良:1票)
2.《ネタバレ》 日本一の男シリーズ第4作。冒頭の上下逆に撮影された映像をバックにしたタイトルバックが印象的。植木等のキャラは相変わらずポジティブで、彼を見ていると本当に悩みなんかどこかへ飛んでいきそうなくらいに明るくなれる。古澤憲吾監督らしさもよく出ていて面白かった。植木等が人見明と一緒に「しびれ節」を歌うシーンはなんだか新鮮だった。ほかのクレージーの面々が桜井センリ一人しか出ていないのだが、もうこの頃にはこの日本一の男シリーズは植木等単独主演シリーズとして確立してたんだろう。「誠に遺憾に存じます」と、植木等の持ち歌の歌詞を口にする左ト全がなにかお茶目。時代劇の悪役という印象の強い進藤英太郎が東宝現代劇の喜劇に出てるのはちょっと意外な感じがする。コック役の田中邦衛はほぼ青大将そのままの演技のような気がして、でもそれが逆に面白かった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2010-12-15 02:17:11)
1.《ネタバレ》 鼻歌を唄うように生きていきたい、と思った。
なたねさん [DVD(邦画)] 9点(2009-07-20 16:07:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7125.00%
8125.00%
9125.00%
10125.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS