帰郷(2004)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > 帰郷(2004)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

帰郷(2004)

[キキョウ]
Going Home
2004年上映時間:82分
平均点:6.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-06-11)
ドラマ
新規登録(2009-07-24)【TM】さん
タイトル情報更新(2017-07-20)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督萩生田宏治
キャスト西島秀俊(男優)晴男
片岡礼子(女優)深雪
守山玲愛(女優)チハル
光石研(男優)山岡
相築あきこ(女優)ナオミ
ガダルカナル・タカ(男優)中年男
伊藤淳史(男優)カップルの男
諏訪敦彦(男優)医者
南川ある(女優)ナオミの長女
高橋長英(男優)政義
吉行和子(女優)晴男の母
脚本萩生田宏治
利重剛
プロデューサー磯見俊裕
利重剛
配給ビターズ・エンド
美術井上心平(装飾)
編集大重裕二
録音菊池信之(整音効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.そういうストーリーだから仕方ないけど、酷い母親だね。
父娘???の交流を描くことが本筋なんだろうけど、母親の理不尽な言動が納得出来なくてもやもやする。
そういう理由なら仕方ないって思えるような設定にしておいてくれたら、すっきりしたんだろうけどね。
それでも終盤の展開は微笑ましかったので、心が和みました。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2016-05-06 18:01:57)
5.《ネタバレ》 愛し合った翌日に姿を消した女。八年ぶりに再会して、愛し合った翌日にまた姿を消す。何だろう何だろうと思わせて、結局大したことは起こらないという映画。昔の女に振り回される格好の西島秀俊は、愚直なピエロ役を好演している。監督が最初から西島をイメージして作ったというだけあって、ピッタリとハマっている。片岡礼子が主人公の心を振り回すバツ1子持ち女。女はワザと子供の父親だと勘違いさせるようなことを言ったのか。どうみたって思わせぶりな言葉だし、そんなつもりがなかったでは通らない。
失踪した女の気まぐれな行動が何だかよくわからず、スッキリしない。でも、主人公は結構スッキリしているようだから、それならそれでいいけれど。冒頭とラストは電車に揺られる主人公だが、表情が全然違っている。
男が思いをぶつけた留守番電話を聞いて、女の気持ちが変わっていくのかどうか。これからの展開に何かあるかもしれないし、ないかもしれない、いろいろ想像させる余韻が残る。ただ、これだけだと一本の映画にするには内容的に物足りないような、一時間ドラマでも足りる印象。
飛鳥さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-06-01 00:01:03)
4.《ネタバレ》 こういう作品は評価が難しい。主人公に対する気持ちがどうなるかで思い入れ度が変わると思う。
展開は斬新でもなく比較的ありきたりで、結局は一人で東京の現実の中に帰ることになるのだが、そこの侘びしさ感が残る最後のシーンを描きたかったのだろうか。
途中の子供と過ごす物語が弱いのが映画全体を弱くしている。全体を10分ぐらいで描くべき世界だと感じた。
simpleさん [地上波(邦画)] 4点(2015-04-27 22:06:55)
3.《ネタバレ》 千葉の田舎漁港から東京に出た独身30男が何も変わらず純朴なまま帰郷する。で、離婚して子連れで戻ってきた女に騙される。30過ぎると人生もいろいろ分かれてきて、人生がうまくいかない自分を肯定できなかったり、変わらぬ同級生に嫉妬したり。
ちょっと安易に騙されてしまったような気もするし、後味もよくはないのだが、南房の風景が荒涼としててなんとも言えない雰囲気がある。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-04-09 11:08:59)
2.《ネタバレ》 駅のシーンで伊藤淳史がチョイ役で出演。西島秀俊がなぜか女の子を誘拐したみたいな展開になってたり。単に男の気持ちを振り回しただけの片岡礼子や、子役の名演にビックリ。子とは心を通わせましたが、母親とは通わず。後から流された留守電メッセージを聞いているシーンが実に物悲しい。ほんとに切ない帰郷になりましたね。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 7点(2013-06-16 20:40:57)
1.《ネタバレ》 これは、じんわりと心に来る小品ですね。世の中や人の心をわかっているように見えて、実はそれほどわかっておらず、まだまだガキの部分が残っている30代の姿を、西島秀俊が上手く演じています。片岡礼子の振り回す女っぷりも良かったですね。

 ストーリーのところどころに隠された「肩すかし」が非常に心地良くて、心がほっこりと暖められました。

 舞台が自分にとって馴染みのある地域(おどやが出てきたときはびっくりしましたw)だったので、知ってる場所を探すのも楽しかったです。
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2009-07-27 10:19:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
500.00%
600.00%
7350.00%
8116.67%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS