超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~
 > (レビュー・クチコミ)

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

[チョウジクウヨウサイマクロスアイオボエテイマスカ]
1984年【日】 上映時間:115分
平均点:6.75 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
アクションドラマSFラブストーリー戦争ものアニメシリーズものTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石黒昇
河森正治
長谷有洋一条輝
飯島真理リン・ミンメイ
土井美加早瀬美沙
羽佐間道夫ブルーノ・J・グローバル
小原乃梨子クローディア・ラサール
神谷明ロイ・フォッカー
速水奨マクシミリアン・ジーナス
鈴置洋孝リン・カイフン
深雪さなえシャミー・ミリオム
鶴ひろみキム・キャビロフ
大林隆介エキセドル4970
ケント・ギルバートゴンダ88333
蟹江栄司ブリタイ7018
原作スタジオぬえ
脚本富田祐弘
河森正治(ストーリー構成/脚色)
音楽羽田健太郎
作詞飯島真理「天使の絵の具」
作曲加藤和彦「愛・おぼえていますか」
飯島真理「天使の絵の具」
主題歌飯島真理「愛・おぼえていますか」/「天使の絵の具」
製作吉田憲二
小学館
毎日放送
タツノコプロ
配給東宝
作画板野一郎(作画監督)
美樹本晴彦(作画監督)
庵野秀明(原画)
増尾昭一(作画監督補)
出渕裕(メカニックデザイン協力)
北久保弘之(原画)
森本晃司(原画)
山口宏(原画)
結城信輝(原画)
木上益治(原画)
編集三木幸子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.《ネタバレ》 後世アニメ映画(そしてファン文化)に物凄い影響を及ぼした作品としてこの点数。監督石黒昇46才+共同監督河森正治24才(!)宮武一貴36才、板野一郎25才+庵野秀明&増尾昭一24才。正直話の内容は苦笑したくなるくらいの気恥ずかしさに溢れてるけど、それも若きスタッフたちの気概や情熱が生み出したものだったのだと思うとこれはこれでOK。ちなみに私はミンメイ=飯島真理さんの歌では名曲「愛・おぼえていますか(作詞安井かずみ/作曲加藤和彦)」よりもエンディング「天使の絵の具(作詞/作曲飯島真理)」の方が断然好き。
Nbu2さん [ビデオ(邦画)] 8点(2017-07-26 19:58:38)
74.《ネタバレ》 ​巨大要塞マクロス!デカイぞ!無駄にデカイ!変形する戦闘機メカバルキリー!カッコいいぞ!でも歌が一番強いぞ!
…というくらいにしか知らないマクロス。メガゾーン23が非常に面白かったため、そのルーツを知るために視聴。
独特の癖のあるアニメ絵で慣れるのにちょっと時間がかかりましたが、非常に描き込まれた超作画は評判が良いだけありますね。もう動く動く。
そして箱を開ければ女の子とのロマンスや、変形ロボット以上に目が行くのはそのSF的設定の数々。異星人との文化(?)交流やら、人類のルーツ。誰もいない地球、崩壊した古代人など様々なSF要素が沢山詰まっているのにはびっくり。次々と出てくる情報量は凄いですね。
文化を知らない宇宙人を流行歌という軽薄ながらも一体感を生み出すモノで戦争を鎮めるというスタイルも、このシリーズでは定番のようですがとても新鮮で面白いです。
ただTV版の総集編ということもあり、最後の敵ボスを倒す目的など、よくわからない箇所などがありましたが、余計な説明を省きバランスを崩さずテンポを優先した本作はとても上手に作られた作品だと思います。
ラストバトルも派手で良かったですし、無駄にグロいのも制作者「らしいな」と思います。そしてミンメイの楽曲も爽やかな曲が多く、聞き込んでいこうと思うくらい良い曲ばかりでした。
本作は掘り下げてマクロスを知りたくなる入り口のような一本でした。
えすえふさん [DVD(邦画)] 6点(2016-12-28 12:39:53)
73.《ネタバレ》 ストーリーはTV版マクロスだが、いかんせん肝心の作画にムラ&作画が良くなっても27話以降は蛇足。むしろあのスタッフでTV版のリメイクでもしちゃえば良かったのに。
それでもTV版もマックスとミリアの激闘が凄い。特に18話。フォッカーの愛機を輝が受け継ぐ話とか、そこら辺はTV版に軍配をあげたい。

ただ、「愛・おぼえていますか」はストーリーはともかく作画が神。板野サーカスが入り乱れるドッグファイト、TV版より性格が丸くなって好印象&感情移入もしやすい、最終決戦前後のやり取りも断然劇場版。
フォッカーの散り様はともかくカムジンの出番が大幅カットで残念、でもミリアとマックスの一騎打ち(お見合い)の緊張感と作画はオーパーツ、柿崎イイイィィィ、何より輝がちゃんと主人公やってて泣いた。

とにかく凄すぎる。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-21 21:34:30)
72.《ネタバレ》 ほぼ記憶が無くなってからの再鑑賞です、当時は感動したんだけど、改めて観てみるとイマイチな感じ、ストーリーも飛び過ぎで理解できず。やはりTV版のツギハギ感のある映画は駄目ですね。でも歌とそれを絡めるストーリーが良かったですね、TV版の結末も良く覚えてないけど。。。
ないとれいんさん [DVD(邦画)] 5点(2014-11-26 11:26:56)
71.《ネタバレ》 歳を取ってから観ると、さすがにキツイものがありました。TVシリーズの流れで観た時にはそれなりに納得していたのだろうが、時間を置いてコレ単体で観ると、なぜ一条クンが早瀬さんを選んだのかが分かりませんな。分析すると下品な話になりそうなので止めときます。本作のファーストコンタクトを扱った設定やアイドル文化との強引な融合、赤面の三角関係描写などは、「ガンダム」とは違う方向で「ロボットアニメ」を変革したと思います。制作者たちの趣味性が爆発的なパワーとなって迸った作品でした。
アンドレ・タカシさん [映画館(邦画)] 6点(2012-12-12 21:56:52)(良:1票)
70.《ネタバレ》 作画、舞台設定、演出、劇伴すべてが今まで見てきたアニメの中で一番手が込んでる(そんなにアニメ見てないですが)のではないかってくらい圧倒された。
それに反してお話が・・・・。
確信犯なんでしょうか?
絶望的な世界観でハードなことされたらそりゃキツいのはわかるんやけど、この能天気さはなんなんや。
アイドルとパイロットとその女上司の三角関係にどうでも良さがつきまとってどうしても入り込めなかった。
「愛・おぼえてますか」が好みの曲ではなかったので余計なことするなよ~
と思いながら鑑賞していたらラスト付近「ただの流行歌よ」でシメてくれた。
ただのありふれたラブソングってのが重要だったのか・・・。
って考えると少し深いのかもしれない・・・。
CBパークビューさん [DVD(邦画)] 6点(2012-10-11 02:15:15)
69.《ネタバレ》 SFリリー・マルレーン。
「歌」というものが持つ力を、異星人たち(男軍と女軍が戦っている)の戦争を舞台に描いた物語。
 戦うために遺伝子操作で作られた、男と女のそれぞれの軍勢。彼らが、その創造主たちが作った歌に心動かされ、それを守るために、戦う話。と、書いてみたが、最後の部分がイマイチよく分からない。確かに男軍の首領は、平気で自軍を大量に巻き添えにする外道だが、部下の兵士がこの歌に感じいった事と、その首領に反旗を翻すことが、あまり結びついて感じられない。物語としては、生き残りの女軍兵士とこれら男軍兵士が、手を取り合う部分が必要だろう。そして本当に歌に感動した、もっとわかりやすい描写が。

 さて、この物語のもう一つの重要な部分。自分の身勝手でアイドルを危険な目にあわせて、さらに他に女を作ってそのアイドルを振る。あまつさえ、そのアイドルの歌う歌が異星人たちへの兵器になると判るや、それを歌うことを強要する。
君はまだ歌えるだけ幸せだ、とはどの口が言うかね。リン・ミンメイは軍事利用されるための歌を歌いたかったのか?
 戦争のために、歌を利用する、そればかりか歌い人の思いをまるで無視して、その歌を強要する。まさしく、リリー・マルレーンの物語。

 異星人たちが感動した、この歌の顛末として、文化というものがどんなに酷い、いかがわしい物であるか、という事を後に知ることになるのは、残念なことだ。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-09 18:53:04)
68.《ネタバレ》 とにかくテレビシリーズの雪辱戦的に超絶な作画がすごいです。ストーリーはテレビ版と似て非なるものですが、これはテレビ版の方が好きかな。突っ込みどころもありますが、この時代のアニメにしては整合性がとれている方だと思います。とにかく「愛・おぼえていますか」があまりにも名曲すぎるのですべてよし!
HAMEOさん [DVD(邦画)] 6点(2010-02-24 17:45:30)
67.《ネタバレ》 マクロスフロンティアやTV版マクロスを見てもあまりマクロスの魅力が分からなかったんですが、この映画で戦争と歌というテーマの意味、歌の魅力というものをすごく感じました。これがマクロスの素晴らしさなんだなって。まあ普通に邦楽の中でも素晴らしい曲なのでよかったです。

ラスウェルさん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-05 20:31:10)
66.《ネタバレ》 バルキリーの洗練されたデザインや変形のアイデアは
今見てもすばらしいですね。

作中印象的だったのは柿崎が笑い死にするとこですね。
意表をつかれましたし、よく見ると
直前に射撃光らしきものが見えるのが細かいなあと思いました。

悲惨といえばカムジンですかね。初見ではわからなかったので、
尺の関係で出番がなかったのかと思いましたが、
あとでフォッカーと相打ちになったのがそうだと知り、
納得した反面、その扱いの酷さに…。

ラストのほうでは制作時間がなくなったためか、
あまり動いていないシーンがちらほらあったのは残念です。

ちなみに美沙でもミンメイでもなくミリアが好きでした。
映かったーさん [DVD(邦画)] 9点(2008-12-11 05:00:10)
65.《ネタバレ》 TVアニメ版からは、はるかに向上した絵が魅力的でカッコよさが増していた。描き込みがTVアニメ版とは比べ物にならない。そのおかげでリアリティが増していた。戦闘シーンは迫力、スピード感が出ていて良かった。最後のミンメイの歌が流れながらの戦闘シーンは良い感じだった。あと特に女性キャラが美人になっているのも良かった。絵の面では当時の作品としては良く出来ていると思うので素晴らしかったと思う。内容がよくありがちなTVアニメ版の総集編にはなっていずに、オリジナルになっていたのも良かったと思う。これは完全にいい意味で別物だなと思った。しかし、戦闘、恋愛、歌とそれぞれではいいものがあるのに、全体的なストーリーが薄く感じてしまったのがよくなかった。それと、深刻な状況であったり、壮絶な事が起こっているのに、わりとあっさりとしていたので、それをもう少し何とかして欲しかった。
スワローマンさん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-15 14:48:25)
64.《ネタバレ》 【2017/11/8再レビュー】
丸の内ピカデリー、爆音映画祭にて念願の劇場再鑑賞実現!
いや~今改めて観ると気恥ずかしいっすなぁ!!
でも、『誰が何と言おうと私はミンメイ派だ!!』

【2008/6/20レビュー】
誰が何と言おうと私はミンメイ派だ。
たくわんさん [DVD(字幕)] 9点(2008-06-20 12:59:23)
63.日本人、15歳以上、男性、そのすべてを兼ねる人限定のアニメの名作。だって、ロボットアニメで三角関係恋愛が主題でミュージカル調なんて、いくら個人的に感動したって簡単に勧められない。今回、ほぼ20年ぶりで見た。20年見なかったのは当時感動してしまった自分をちょっとマズイと思ってたから。それくらい許せないセリフ、シーン、絵がある。にも関わらず、日本人的な戦争観を持ってるとツボにはまってしまう。それに音楽がいい。主題歌もいいが、つい先日亡くなられた羽田健太郎さんはこの映画で最高の仕事をしている。とにかくアニメに偏見のない方は一度ぜひどうぞ。偏見のある方はやめといた方が。
まかださん [DVD(邦画)] 8点(2007-06-17 20:22:00)
62.やはり皆さんと同じく最後の戦闘シーンが爽快ですね・・・。歌に合ったリズミカルな戦闘(?)が心地よい。
きままな狐さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2007-05-23 12:40:46)
61.光・ミサイル・ロボットが飛び交う戦闘シーン、ベタベタな三角関係メロドラマ、アイドルソング、それにグロ描写が少々。頭を使わない単純な刺激がたっぷり詰まった娯楽ロボットアニメ。良い意味で軽くて楽しかった。
デコバンさん [DVD(字幕)] 8点(2006-12-06 20:50:18)
60.《ネタバレ》 メロドラマでカルチャ~。
よしふみさん [DVD(邦画)] 6点(2006-11-24 03:06:57)
59.映画として! 物語として! 観る価値なし!! 幼稚な 脚本 & 演出 ..レベル低すぎ...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 0点(2006-05-29 12:18:41)(笑:2票)
58.20年も前の作品ということで、見る前は多少バカにしていたが、
観賞後は素直に感動した。
やはり皆さんが言われているように、
ミンメイの唄をバックに繰り広げられる戦闘シーン、
これまでに感じたことのない高揚感に包まれ、画面に完全に見入ってしまった。
このシーン見るだけでもビデオを借りる価値があると思う。
CGなどが無い時代に、この作品を全て手書きで作り上げたスタッフに乾杯。
名作と言われて続けていたわけが、20年経った今理解しました。
TAKEさん [ビデオ(字幕)] 10点(2005-12-21 01:54:07)
57.超美人2人との三角関係という恋愛設定に閉口するが、ラブ・ソングとロボット戦闘シーンという一見そぐわないモノを見事に融合させた点はやはり画期的。今見てもジーンとするものがある。アニメ史のみならず日本映画史に残る、せつなくも美しい戦闘シーンに敬意を込めて。
ダブルエイチさん [映画館(字幕)] 7点(2005-12-18 20:04:11)(良:1票)
56.巨人達は凄いハイテク技術もってそうなのにラジオ!?から流れる音を遮断出来ないのか謎。しかも宇宙空間なのに・・・・ある意味「デ・カルチャー!!!!!」

でもこの映画面白いよ!
わーるさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-07-23 02:01:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 6.75点
022.67%
111.33%
222.67%
322.67%
445.33%
51013.33%
61216.00%
71114.67%
81013.33%
91013.33%
101114.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review5人
4 音楽評価 8.83点 Review6人
5 感泣評価 7.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS