超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~
 > (レビュー・クチコミ)

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

[チョウジクウヨウサイマクロスアイオボエテイマスカ]
1984年【日】 上映時間:115分
平均点:6.75 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
ドラマSFラブストーリー戦争ものアニメTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石黒昇
土井美加早瀬美沙
羽佐間道夫ブルーノ・J・グローバル
小原乃梨子クローディア・ラサール
神谷明ロイ・フォッカー
速水奨マクシミリアン・ジーナス
鈴置洋孝リン・カイフン
深雪さなえシャミー・ミリオム
鶴ひろみキム・キャビロフ
大林隆介エキセドル4970
ケント・ギルバートゴンダ88333
飯島真理
原作スタジオぬえ
脚本富田祐弘
音楽羽田健太郎
製作吉田憲二
小学館
毎日放送
配給東宝
作画美樹本晴彦
庵野秀明(原画)
増尾昭一(作画監督補)
編集三木幸子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.TV版を一度も見た事が無いのに、友人に連れられて映画を見に行きました。当然、人間関係や世界観もよく分からぬまま見ましたが、結構楽しめた覚えがあります。

何と言っても、激しい戦闘中に、リン・ミンメイが「愛・おぼえていますか」を歌うシーンは鳥肌が立ちます。こういう「歌」を作品の演出として使うというのをやったのはこれが元祖かも。「このシーンだけの映画」と言っても過言ではないでしょう。

アニメがアニメらしかった古き良き時代の作品。

ところでK君、映画帰りに 、ミンメイか早瀬未沙かでケンカになりそうになった事、「おぼえていますか」。
FSSさん 8点(2005-01-22 00:39:03)(良:1票)
54.《ネタバレ》 TV版の大ファンなので、戦闘シーンの素晴らしさとか、ミンメイの歌の力に感動したのは皆さんと同じ。でもこの映画の中の輝は優柔不断に加えて極めて自己チュー。自分の勝手な行動でミンメイを事故に巻き込んだことの謝罪の言葉が一言もなかったのが、自分的に許せまへん。他人を危険にさらしておいて自分だけ美沙と幸せつかんじゃっちゃああんた・・・ミンメイがバシーッと輝にビンタでも喰らわせるシーンがあればビシッとしまったかもね。残念!
S.H.A.D.O.さん 3点(2005-01-02 21:09:06)
53.《ネタバレ》 TV版を見ていた小学生のころは、絶対にミンメイの方がいいと思っていた。若くてかわいくてアイドルだし。輝はアンポンタンだと思っていた。しかし、人生いろいろな経験を積んだ今は、美沙を選んだ輝の気持ちがわからなくもない。
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 7点(2004-11-21 02:27:35)(良:1票)
52.んー、懐かしい。リリー・マルレーンじゃないが、歌で敵をも融和?するという発想は悪くないですな。でもやっぱり現実的じゃないかなぁ・・・ある意味強烈な催眠操作なのか?どうあれ、リン・ミンメイの歌声は最強の兵器と言えましょう。
で、ヤマトもそうだけど圧倒的に敵が大勢で強大なのにマクロスは負けないのだ。地球が滅亡したってくじけないのだ。いいのよ主役なんだから。
51.懐かしいー!やはり私もミンメイ派。当時としては驚きの絵、デッサン、映像だったのを覚えています。
あまねさん 6点(2004-09-21 05:14:15)
50.今の水準でみれば,絵は汚く写るのかも知れませんが,TV版から大きく進歩を遂げていて当時を知る我々世代は結構感激したものです.内容は皆さん書かれてますが,アイドルではなくちょっと年上の上官を選ぶという三角関係と,歌にのせて進行するラストの戦闘シーンが見所です.当時は,地球で彼女が食器を並べているシーンを観て,私もこっちだな~と思いましたが,この年まで独身やってると,どっちでもいいんでどうか一つって思うようになりました.
マー君さん 8点(2004-06-13 21:11:41)(笑:1票)
49.絵がひどい。もったいないな。
フィリップ・バルカシジクさん 4点(2004-06-01 14:01:29)
48.《ネタバレ》 歌の力が本編の物語と観ている者に同じように影響を与えてくれるラストの戦闘シーン。今までになかった感情に突き動かされました。派手なドッグファイトにかぶさるリン・ミンメイの曲。完全にツボにはまりました。スピード感あふれる画面にながれる「愛」の唄に、異常なまでの高揚感を覚えレコードも購入。若かったといえばそれまでですが、自分の中ではマクロスの名場面はこのラストだと思います。その他のシーンも作画のクオリティも高く綺麗なのですが、思い出すところがあまりないのも事実。
やはり印象度となると、先に挙げた場面にどうしてもなってしまいます。
映画小僧さん 7点(2004-03-24 10:44:36)
47.TVシリーズの方が好きではあるけど、
劇場版としてオリジナルの作品に仕上がってる点は評価できる。
これならTVシリーズを見てない人でも楽しめそう。
作画のクオリティも高いし、派手な戦闘シーンも見所。
でも、なんと言っても、この作品はミンメイの歌に尽きる。
アイドルという設定には相応しくないほどの歌唱力。
エンディングテーマも含めて、心の名曲として残っています。
もとやさん 8点(2004-03-10 14:17:25)
46.《ネタバレ》 テレビ版からの移行。当時はテレビ版とは比較にならないデッサン力とあまりの描き込みぶりにアニメファンは驚愕したことでしょう。CGなどまだほとんどなかった時代の手書きの良さを感じさせる傑作!ラストが入ってないということだけど、私は真っ黒なラストのほうがOKだと思う。
この幻のラストは後に出た「マクロスフラッシュバック」で
更にリアルな書き込みで堪能できます。しかし。。。
私もミンメイをとるなあ・・。あっちのほうは嫉妬深そうでやだ(笑)それにしてもDVDは高すぎる。これも、「フラッシュバック」も安くして再発売を!あるいは2枚組がいいでしょう。
うさぎさん 10点(2004-02-09 12:42:57)
45.ケント・ギルバードも出演していて、笑えます。
ぐりあんさん 5点(2004-01-30 19:42:03)
44.ミンメイの歌が聞きたくなって、つい何度も観返してしまう作品。芸術(絵画や音楽)は民族や時代を超えた普遍性のあるもの、という捕らえ方をすれば、かなり納得させられる設定です。
ラストで、ミンメイが歌う「愛・覚えていますか」にのせて戦闘が行われるシーンが出てきますが、これはアニメ史上に残る名場面だと思います。バルキリーはかっこいいし、曲もいいし。
ストーリーは詰め込みすぎな感じも無く、2時間で非常によくまとまっていると思います。ただ、一条・早瀬・ミンメイの三角関係というか恋愛で、割とお腹一杯にさせられてしまう点が、個人的には減点対象。ドロドロし過ぎ…。
主題歌もいい曲だが、エンドロールでかかる「天使の絵の具」も最高!!
なおてぃーさん [ビデオ(邦画)] 7点(2004-01-30 19:05:00)
43.青春の(笑)一作。誰がなんと言おうと私はミンメイ派。ミンメイこそヒロイン。テレビ版(但し24話まで)が好き。歌もテレビ版の挿入歌の方が好きなんだけど…。映画版は「もうひとりぼっちじゃない。あなたがいるから」なんてふられたミンメイに歌わせるのが酷い!可哀想だ!と思ってました。でも、あんな優柔不断な男とくっつかなくて実はよかったのかな? ミンメイがハッピーエンドじゃないので減点。映画の時はラストの絵が入ってなかったので更に減点。
あかりん☆さん 8点(2004-01-19 12:50:27)
42.知り合いの女性がみんなこの映画の美沙が嫌いなんだよねぇ、「女性の武器の卑怯な使い方」だとか言って。 この映画を見ていてもあまりそれを感じない僕は、女性に騙されやすいタイプなのか?
 
..この映画はとにかく輝の態度につきる。お前、もうちょっとはっきりしろよ。   


「バリバリキャリアの年上の上司、でも実はめっちゃ女らしいトコロ満載」 
「アイドル歌手、一見バカっぽいけど実はしっかりしたがんばり屋さん」
という素敵な女性2人に取り合いされるのは「お前はギャルゲーの主人公か?」と、突っ込みをいれたくなるほど素敵なシチュ。

 そんな中であの優柔不断ぶりはもう観ていてイライラ。(しかし、やっぱりそうなるのが自然かな..経験ないからわかんないけど)..そうなると、なんであの女性2名はあのオトコが好きなのか疑問すら感じてくるという。...


 アイドル歌手の宇宙規模コンサートに共感する者達が敵味方関係なく、大ボスに反旗を翻すところはほとんど宗教的な力のようなものを感じさせる結構感動のカタルシスを覚える名シーン。
しかしアイドルってのは偶像の意味だから、まさにその意味通りの展開いえよう。
あばれて万歳さん 7点(2004-01-13 10:48:21)
41.歌は大事。
TUさん 8点(2003-12-26 12:04:31)
40.ヤックデカルチャー!
流月さん 8点(2003-12-18 18:10:06)
39.作画監督な人がリアリズム路線に傾倒し出してた頃の映画なので、テレビシリーズに比べてちょっと絵がキモかったりしました。にしても、主人公の身勝手なラブラブバカ行動による迷惑展開には口あんぐり。テレビ版は、も少しマトモな人間だった気がするんですが。ラブソングが流れる中で展開するハデハデな戦闘シーンというのは革新的だったかもしれませんが、生首~、みたいな映像まで描かれてるのはどーかと思うんですけどねぇ。「ラブソングに生首を」。しょーもない推理小説みたい。さて、映画内容とは直接関係ない話なんですが、公開初日前日、何やら並んでる人間とモメたらしくて、深夜時点で並んだら列に向って無届集会で警察に訴えると脅し(映画見るのに並ぶと無届集会ならば、そもそも映画館のシステム自体が違法、もしくは違法行為を助長してるって事?)、臨時に1回増やした早朝上映ではエンドクレジットが始まると同時に場内に向って拡声器で「早く出て下さい!」とやらかして観客全員からブーイングを食らった新宿スカラ座!コラ!・・・って閉館しちゃいましたね。東宝系って東急・松竹・東映系に比べて、80年代までアニメオタクにすっげー冷たかったわぁ。その後、媚び媚びになりやがりましたが(笑)
あにやんさん [映画館(字幕)] 4点(2003-12-11 16:42:01)
38.歌が異文化を結びつける、って話は最高に好き。・・・というか、大事な考え方だと思う。お互いの信念、お互いへの無知といった壁を、言葉は越えられないのに、それにメロディがついたってだけで・・・。素晴らしい、んだけど映画にする必要あったのか?
池田屋DIYさん 5点(2003-12-05 23:55:53)
37.ヤマトの映画版に比べれば…はるかに良いと思う。バルキリーのかっこよさ、その他のサブメカもすべてカッコよかった。確かに三角関係はウザいが時代というものでしょう。ところで、TVは元々ロボットコメディを志向して作られたが、評判が良かったので無理やり後半の蛇足パートが作られたと聞くが、ホンマでしょうか?
クルイベルさん 6点(2003-11-12 14:46:58)
36.嫌いなくせにTVも映画も観てしまった。大男と大女が戦う必然性がよく解らなかったし、三角関係も嫌だったし、しまいにゃ歌で地球を救うみたいなのがアホかと思った。24時間TVかッつーの!(24時間TVも偽善的で大ッ嫌いである)
亜流派 十五郎さん 0点(2003-11-08 14:40:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 6.75点
022.67%
111.33%
222.67%
322.67%
445.33%
51013.33%
61216.00%
71114.67%
81013.33%
91013.33%
101114.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review5人
4 音楽評価 8.83点 Review6人
5 感泣評価 7.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS