彼女と彼(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 彼女と彼(1963)
 > (レビュー・クチコミ)

彼女と彼(1963)

[カノジョトカレ]
1963年【日】 上映時間:114分
平均点:6.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-10-18)
ドラマモノクロ映画
新規登録(2009-09-05)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2021-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督羽仁進
キャスト左幸子(女優)石川直子
岡田英次(男優)石川英一
山下菊二(男優)伊古奈
穂積隆信(男優)医者
長谷川明男(男優)白石浩二
蜷川幸雄(男優)風船を配る男
小栗一也(男優)洋品店主
桑山正一(男優)洗濯屋主人
脚本羽仁進
清水邦夫
音楽武満徹
作詞谷川俊太郎「まだ生まれない子供」
作曲武満徹「まだ生まれない子供」
撮影長野重一
製作中島正幸
編集土本典昭
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.やたらと前衛的というか何というか、通常の描写の枠組を外そうという意図が見て取れるのですが・・・怖いぞ怖いぞと煽り立てられても、逆に作り物っぽさが増してしまって、かえって怖くないのです。
Oliasさん [DVD(邦画)] 3点(2016-05-11 23:27:26)
4.左幸子がアパート暮らしの団地妻と言うだけで何か起きるんじゃないか?ただでは済まない何か只ならぬ雰囲気が充満していて不気味だ。あの音楽が更に不気味さを際立たせてる。いつ何が起きるのかという不安、左幸子だからこそ成り立つ怖さ、関わる人間は勿論、犬までも怖く思えてきてならない。それにしても左幸子という女優としての幅の広さ、演技力には毎度ながら感心させられる。

青観さん [DVD(邦画)] 8点(2014-10-09 20:10:51)
3.《ネタバレ》 まず、左幸子が若くて可愛い。初々しい彼女と、ヒゲ面の野性的な伊古奈との対比が効いている。左幸子はとにかく誰にでも優しい、伊古奈もまた粗野ではあるが本当は優しさに溢れた人間だ。東京オリンピックを前にした年、百合丘を舞台に穏やかな昭和ノスタルジーに浸れる作品。
すかあふえいすさん [映画館(邦画)] 9点(2014-05-26 19:53:12)
2.団地アパートに住む夫婦の日常を描きながら、微妙な心理劇の様相を見せる。また団地近くに存在するバタヤ集落との対比が、いかにも左翼思想家の社会派ドラマらしい。ベルリン映画祭特別賞の映画らしいが私にはなじめにくかった。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 5点(2012-08-21 06:35:45)
1.団地に住む平凡な夫婦と、そこに起る何気ない日常を、普通に、だが、不気味に綴った作品。
武満徹の音楽がマッチしているかどうかは微妙なところだが、団地の何の変哲もない風景すら不気味に見えてしまうその音楽の影響力は凄いものがある。

左幸子が珍しく魅力的に見えた。
普通の主婦だが、どこかに団地妻的なエロスを感じた。
その夫を演じた岡田英次は、役所勤めというお堅いサラリーマンを見事に演じていた。
平凡でそれなりに幸せだが、どこか充ち足りない。
そんな団地住まいの中産階級な夫婦を、淡々とモノクロ映像に映しただけの作品なのだが、サスペンス的な風味も相まって、最後まで予想以上に楽しめた。

羽仁進はドキュメンタリー出身の監督だと聞くが、その作風には多分にその影響が見て取れる。
団地には数多くの世帯があり、その中の一家族の生活を、覗き見するような感覚にさえなった。

ラストは不思議な余韻が残った。
何を言わんとしているのか、いまいち理解に苦しむが、それがまた不気味で、いい味を出していたように思う。
左幸子の演技の巧さも再確認できる作品である。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-01-09 17:53:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
7120.00%
8120.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS