異人たちとの夏のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 異人たちとの夏
 > (レビュー・クチコミ)

異人たちとの夏

[イジンタチトノナツ]
1988年【日】 上映時間:108分
平均点:7.08 / 10(Review 91人) (点数分布表示)
ドラマファンタジー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大林宣彦
助監督松原信吾
キャスト風間杜夫(男優)原田英雄
秋吉久美子(女優)原田房子
片岡鶴太郎(男優)原田英吉
名取裕子(女優)藤野桂
永島敏行(男優)間宮一郎
笹野高史(男優)歯科医
ベンガル(男優)タクシー運転手
奥村公延(男優)管理人
角替和枝(女優)仲居
竹内力(男優)ドラマの中の出演者
薩谷和夫(男優)時計屋の主人
本多猪四郎(男優)ヤツメウナギ屋の主人
林泰文(男優)原田重樹
高橋幸宏(男優)
峰岸徹(男優)
松田洋治(男優)
石丸謙二郎(男優)
入江若葉今村綾子
出演高峰秀子リリィ・カルメンことおきん(劇中映画「カルメン故郷に帰る」より)
原作山田太一「異人たちとの夏」
脚本市川森一(脚色)
撮影阪本善尚
製作杉崎重美
配給松竹
特殊メイク原口智生
美術薩谷和夫
編集太田和夫
川瀬功(編集助手)
録音小尾幸魚(調音)
照明佐久間丈彦
その他IMAGICA(現像)
日本テレビ(協力)
あらすじ
【愛した分だけ、死に近づく】(公開時のキャッチコピーより)原田(風間)は離婚したばかりの不惑40歳を迎えたシナリオライター。ある日ふらりと立ち寄った、生まれ育った町浅草で28年前亡くなったはずの両親(片岡・秋吉)と再会。現実にはありえない出来事と思いつつも、懐かしい両親の住むアパートに通い続ける。徐々に原田の体は精気を吸われるように衰えていく・・・。心優しい「異人たち」との不思議なひと夏の交流を描いた秀作。1988年キネマ旬報ベストテン第3位。両親役の片岡と秋吉はこの年の助演賞をほぼ独占した。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
91.《ネタバレ》 私にとっての最後の大林作品。ノスタルジックな両親のシーンは最高。(片岡・秋吉 名演)そして、大林作品の裏設定(女優のヌード)も
名取さんが頑張っています。
にけさん [映画館(邦画)] 7点(2018-12-20 10:13:28)★《新規》★
90.《ネタバレ》 お父さん・お母さんのキャラクターが良いですね。いろいろ構ってくれて心がほのぼのとします。私が同じ状況にあったら、きっと泣いてしまうと思います。後半、主人公がやせ細っていって、いくら優しくてもやっぱり死者と関わってはいけないのか?と思いきや、悪霊は別にいたというドンデン返し。ホラー映画ばりの演出に驚きましたが、破綻しているわけではなく良作と思います。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 8点(2018-04-08 13:37:54)
89.《ネタバレ》 再鑑賞になります、鶴ちゃんの江戸っ子おやじキャラが最高ですね。当時意味不明だと思っていたホラーパートですが、改めて見てみると悪くないですね、当時はノスタルジックな雰囲気とのギャップに違和感を覚えていたのだと思います。そうはいってもノスタルジックパートは記憶に残っていますし泣けますね。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 7点(2017-09-11 11:51:58)
88.昔見たはずなんだけど、改めて見直してみたら全く見覚えが無くてびっくりした。
こんな作品だったとは想像もしてなかったので、終盤の展開は衝撃的でした。
僕が見たつもりになってた異人たちとの夏とは何だったのだろう???
中盤のノスタルジックな雰囲気が懐かしくて、ちょっと泣きそうでした。
秋吉久美子が妙にエロくてドキドキしましたよ。
名取裕子もエロかったけど、終盤の扱いが雑で、これほどの大女優でも昔はこんな仕事させられてたのかと思うと感慨深かったです。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2017-03-26 14:44:05)
87.《ネタバレ》 なんか映像は古臭さいしファンタジーっちゃファンタジーな内容だけど最後はホラーっぽいしなんかイマイチ。つか最後のスキヤキ、一口も食べてないじゃん。まぁちょっとピンとキマセンデシタハイ
Kanameさん [DVD(邦画)] 5点(2016-09-29 10:55:41)
86.《ネタバレ》 子供時代の美しい思い出に浸って癒され、現実に戻って1つ大人になってから爽やかに人生を再スタートする、という大林監督の映画手法は毎度良い味わいを出していて好きです。安定した演技力を持つ役者陣を揃えたのも勝因。それにしても驚いたのはお笑い芸人だったはずの鶴太郎さんの見事な役者ぶり。ここは予想もしてなかった良さでした。亡き両親とのふれあいでオトナに成長できた主人公。なのに名取さんとのパートをあんなふうに差し込んだのは個人的に残念。
役者の魂さん [地上波(邦画)] 6点(2015-07-10 05:25:37)
85.《ネタバレ》 すき焼きの下りでぼろ泣きしてしまいました。江戸っ子で乱暴だけど暖かな父親。気怠げで色っぽい母親。こちらにいる時間を縮めると解っていても、思い出の店で一緒にすき焼きを食べたいという息子の願いを叶える二人。もっと一緒に居てあげたい。父として、母としてもっとたくさんしてあげたいという自分たちの思いよりも息子の願いを優先させ、夕日とともに去っていく。切ない場面でした。桂に関して。かなり突飛に感じましたが、再び愛を得たと考えればまあ消化出来なくもないかなと。それにしても鶴太郎さんは良い役者だと感じました。
kirieさん [DVD(邦画)] 6点(2015-01-13 22:50:12)
84.《ネタバレ》 シナリオライターの英雄は、幼い時に両親を事故で亡くします。多感な時期に愛情を受けずに育ってきた英雄は、人当たりも冷たくあまり人間味を感じない。奥さんとも離婚することになり、ますます生きる気力を失っていきます。そんな彼はある夏、桂という女性と亡くなった両親に再開します。桂とは恋愛関係となり、忘れていた愛を取り戻していきます。また、失われていた記憶を取り戻すかのように両親との会話や食事を楽しみ、親の愛情を久しぶりに感じるのである。しかし、自分の生命力が弱っていることを桂の言葉で悟り、両親と会うのをやめると誓うのです。最後、親子ですき焼き鍋を囲みます。英雄の感謝の言葉を聞いた両親は、これからも彼が生きていく意思があることを感じ食事に手をつけることなく夕日と共に消えていきました。「ありがとう。お父さん、お母さん。俺頑張るよ。」ここで終われば感動のハッピーエンド。「生きる希望を取り戻した男の愛情物語」ということになるのだが、大林監督はそんなに甘くなかった。恋愛関係にまで発展していた桂も、自ら命を絶ち幽霊になっていたというオチ。しかも寂しさを紛らわすため、英雄を自分だけのものにしようするホラーさながらの超展開。これは大林監督の「どんなに希望を持って生きようとしても、必ず理不尽や恐怖、絶望が襲ってくる。それらを乗り越えなくてはならない。生きるって大変なんだ。」というメッセージだと勝手に解釈しました。また、ここまでの不思議体験の中の愛はあくまで英雄が相手からもらったものであり、自分が愛してやった訳ではありません。英雄は悪魔のような顔になり、桂の血飛沫で体中が赤く染まります。この状況下でも命乞い(自己防衛)をするようなことはありませんでした。桂の寂しさに気付けなかった己を悔い、一人で寂しい思いをしないよう自分を連れて行くよう必死で呼びかけます。桂は本当に愛されていたことを知り、生きてほしいとの言葉を残し去っていきました。英雄は初めて人(幽霊だけど・・・)を本気で愛したのである。現実に戻った後、息子に花札を教えてやると言ったシーンは印象的でした。男四十路、独身。これから厳しい第二の人生が始まるのだ。大林監督は面白い視点から、生きることの難しさを表現しました。
スノーモンキーさん [DVD(邦画)] 8点(2015-01-13 00:06:02)
83.ホラーの入ったミステリー調のファンタジードラマで色々楽しめてとてもよかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-08-10 11:32:26)
82.映像は古いし、序盤~中盤までわけのわからないストーリー。終盤になってようやくこの映画が何を描いていたのかが分かり、そこで一気に惹き込まれた。面白いのかどうかは微妙だが、妙に印象深い映画だったと思う。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-02-22 14:50:43)
81.《ネタバレ》 大林宣彦監督作品とは滅法、相性が悪い。
しかし本作は、私が今まで鑑賞した、大林監督の青春・学園モノといったジャンルとは一線を画す。
そこに期待が高まったが・・・

いやぁ、やっぱり無理だったぁ。
残念。
ファンタジー色が強く、やはり合わず。
チープな感がある幽霊描写もダメだった。

しかし全てがダメだったわけではない。
小さい頃に生き別れた両親と会ってみたい、そんな願望を映像化したのは良い。
ただ、両親の亡霊と会えば会う程、自分の身体が劣化していくという設定は不要。
別に会いっぱなし、楽しみっぱなしでいいじゃないか。
ファンタジーなんだから、そこの辺、変に現実世界と繋げる必要性がない。
とことん亡霊たちと戯れて終わってほしかった。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-02-11 22:31:07)
80.久々に「映画を見た」って感じた。タイトルは昔から知っていて気にはなっていたけれど、見るのは今回が初めて。しかも、苦手な大林作品だったとは!・・・でも、リアルタイムでこの作品を見ていたら、自分の大林監督に対する印象もずっと良いものなっていたかもなあ・・と思っていたらラストのホラー部分に大林テイストが。やっぱりね、と納得。それでも、良い作品だと認めざるを得ない。まず、原作が良いのだろう。境目のよくわからない現世と幽界。登場する異人たちもどこまでわかっているのか? 交錯する時間軸。そしてやはり脚本がうまい。ノスタルジックな雰囲気作りだけは上手な大林監督とうまくマッチしたのだろう。更に、夫婦役の鶴太郎と秋吉久美子がめっちゃうまい。感服する。これからは、2~3年に1度は見ようかな! でも、秋吉久美子、いい女すぎじゃないかなあ?
フラミンゴさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-11-11 07:50:18)
79.《ネタバレ》 お盆の時期に見るのに良い映画だなと思う。
初めて見たときは正直よく分かんなかった。
でも2回目に見たらけっこう面白かった。
家族の温かさが感動的に描かれていて、別れが近づくころには感涙してしまった。
ただ自分の母親が色っぽい女に見えてしまう気持ち悪さもあって、それがドキドキもするし、なんか微妙というか変な感じだった。
正直、ホラー映画みたいな部分が未だによく分からなかったけど、ただただ怖い場面だった。
たぶん”優しい幽霊”と”怖いお化け”の二つが怪談に含まれる二面性を表してるんだと思う。
あの世に「天国」と「地獄」があるように、異人たちにも「優しい存在」と「怖い存在」がいるのだろう。
異人たちとの交流を描くとき、そのどちらをも欠くことはできなかったのだと思う。
優しい幽霊も怖いお化けも(いろいろあったが)結局は主人公に「生きろ」といったメッセージを残す。
幽霊とは生きている人にとって怖いだけでなくそういうものかもしれない。
不思議な体験をしたような映画だった。
自分がこの映画を観ようとしていた時に憎ったらしい知人がネタばらしをした。
知ったかぶりはいいけど、映画のオチを真っ先に言う人ってどんな神経してんだって思う。
でもそんなオチを聞かなくなって物語の途中でだいたいの想像はついたと思う。
幻想映画に出てくる美女は大体が魔性の存在なのだ。
二人の美女がいればそのうちの一人は必ずそうだ。
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 8点(2013-08-16 22:59:30)
78.《ネタバレ》 一風変わった怪談風ファンタジー。
12才のとき事故で亡くなった両親に、浅草で再会した孤独なシナリオライター(風間杜夫)。
懐かしい両親の家に通いつめるうちに、精気が吸い取られるように衰弱していく。
胸に傷のある女・桂(名取裕子)は男を心配するが、男は通うことをやめられない。
片岡鶴太郎と秋吉久美子の両親が下町夫婦のいい味を出していて、ノスタルジーを刺激する。
桂との結末では、冒頭に男の部屋を初めて訪ねたシーンを振り返らせ、女の孤独感が浮かび上がってくる。

両親とのファンタジーと、桂との怪談は、それぞれまとまっているが、まったく異質なもの。
なので、二つの物語を無理に一つにしたような違和感はある。
あくまで両親との話がメインで、女との話を入れるならテイストを統一したほうがいい。
化け物変化する仰々しくてチープなホラーシーンを変えて、両親とのテイストに合わせてファンタジー色を強くしたなら、違和感はなかったかも。
原作は読んでないけど、山田太一の作風から、あのホラーシーンは考えられない。
そこは大林監督の演出の問題だろうが、傑作になりそこねた気がする。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 6点(2012-12-18 21:48:25)
77.《ネタバレ》 ケイこわっ!
でも亡くなったはずの両親とのノスタルジックな物語ってだけじゃ、決してここまでココロに残らなかったかもしれません。
だいたいタイトルからして『異人たちとの夏』ですからね。いくら亡くなったはずの両親だとしても『異人』とは言わないですよね。やっぱり名取さん演じるケイが与えた影響も大きかったですから。
風間杜夫さん、片岡鶴太郎さん、秋吉久美子さんもみんな良かったですね。永島敏行さんはちょっぴりへんてこな役でしたが物語の最初と最後をきっちりサポートしてくれました。
ホントになんだかココロにじんわりくるイイお話でした。
家族愛がテーマの映画のなかではわりとサッパリしてて凄く好感が持てました。
それにしても浅草の町ってのはいいですねー。たしかに今でも『どこか繋がってる』雰囲気ありますもんね。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-11-09 20:45:17)
76.5分だけ別の映画になってましたね(笑)
東京ロッキーさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-09-12 15:52:31)
75.ラストがねぇ…残念。なんであんな終わり方にしちゃったんだろうなぁ。名取裕子さんは大好きなのに。でもノスタルジックなシーンが凄く良いから放送すると見ちゃう作品。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 7点(2012-07-25 00:14:13)
74.《ネタバレ》 やるせない。生きている人も死んでいる人も、人恋しいんだ。仕事ばっかりしてると、大事なものを見失う。親子の絆は深い。
VNTSさん [インターネット(字幕)] 8点(2012-07-17 00:11:19)
73.《ネタバレ》 都会暮らしの孤独な40男の危機感や切なさが上手く表現されている作品でしたね。それだけに、作品の全てをぶち壊してしまうような酷い演出が残念でなりません・・・・・・。なんというか、失笑というか呆然というか、本当に残念としかいいようがありません。

TMさん [DVD(邦画)] 4点(2012-06-17 23:55:09)
72. ものすごい良い映画に出会えたと思ったのに~。
 フランスのコース料理食べている途中で、何故か突然ラーメン食わされたような気分です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-21 02:16:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 91人
平均点数 7.08点
000.00%
100.00%
200.00%
311.10%
455.49%
599.89%
61415.38%
72729.67%
81920.88%
999.89%
1077.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review4人
2 ストーリー評価 6.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review6人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 8.20点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS