俺たちダンクシューターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 俺たちダンクシューター
 > (レビュー・クチコミ)

俺たちダンクシューター

[オレタチダンクシューター]
Semi-Pro
2008年【米】 上映時間:90分
平均点:5.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-08-09)
コメディスポーツものスポコンもの
新規登録(2009-09-05)【spputn】さん
タイトル情報更新(2015-05-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストウィル・フェレル(男優)ジャッキー・ムーン
ウディ・ハレルソン(男優)エド・モニックス
アンドレ・ベンジャミン(男優)クラレンス・ウィザーズ
モーラ・ティアニー(女優)リン
ウィル・アーネット(男優)ルー・レッドウッド
アンディ・リクター(男優)ボビー・ディー
デヴィッド・コークナー(男優)ABAコミッショナー
マット・ウォルシュ〔男優〕(男優)パット神父
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)デュークス
クリステン・ウィグ(女優)熊のトレーナー
楠大典ジャッキー・ムーン(日本語吹替)
小杉十郎太エド・モニックス(日本語吹替)
宮内敦士クラレンス・ウィザーズ(日本語吹替)
音楽セオドア・シャピロ
編曲ピート・アンソニー
製作総指揮ローレン・シュラー・ドナー
トビー・エメリッヒ
マイケル・アグィラー〔製作〕
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術クレイトン・ハートレイ(プロダクション・デザイン)
編集デブラ・ニール=フィッシャー
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》  ウィル・フェレル主演作の中では本作が一番好き……と言いたいのですが、ウディ・ハレルソン演じるエドの方が実質的な主人公に思える内容だったりする為、ちょっと困っちゃいますね。

 とはいえ「途中で主役交代しちゃう出鱈目な映画」ではなく「ギャグパートの主人公はウィル演じるジャッキー・ムーンであり、シリアスパートの主人公はエドというダブル主人公物」だと解釈すれば、良く出来た作品だと思います。
 バスケシーンも意外と本格的だし「観客を増やす為に色んなショーを行う主人公達」という場面が、試合の合間の程好いアクセントになっている。
 チャンピオンリングを掴んだベテラン選手だけど、優勝の際にはずっとベンチウォーマーだったというエドの設定も良いですね。
 彼が「試合に出てなくても、俺はプロとして戦った」と演説し、チームの意識改革を行うシーンはグッと来たし、完全なギャグ路線かと思って観ていた自分に、心地良い不意打ちを与えてくれました。

 そんなエドと、チームで一番才能がある若者のクラレンスとの衝突と和解が描かれ、次第に二人が師弟関係のようになっていく展開も良い。
 クライマックスではリーグの首位チームであるスパーズに勝利する訳だけど、恐らく当時は戦術として確立されていなかったであろうアリウープを駆使したお蔭で勝利出来たって形になっているのも、上手かったですね。
 1970年代の世界を2000年代に描いたからこその利点をフル活用している感じで、ちょっとズルいけど説得力がありました。

 クラレンスがスパーズの誘いを振り切る形で、主人公チームのトロピックスを選ぶ場面を劇的に描いたのに、試合後には結局スパーズを選ぶのは拍子抜けとか「背の低い人々には、この世に生きてる理由がない」なんて歌詞の曲を楽しそうに唄う場面は流石に引いちゃったとか、欠点と呼べそうな場面もチラホラあるんだけど……
 「おふざけギャグ映画かと思ったら、意外としっかりしたバスケ映画だった」というサプライズも含めて、満足度は高めでしたね。
 劇中曲の「ラブ・ミー・セクシー」も、最初に聴いた時には何とも思わなかったはずなのに、エンドロールにて流れた際には(これは名曲では?)と思ったりしちゃったもんだから、全くもって不思議。

 それと、ラストの台詞「どこかな、クマちゃん?」は最初意味が分からなかったんだけど、今になって考えるに、あれは映画館だからこその「映画館の中に、劇中で逃げ出したクマがいるかも知れないよ」という、上映中の暗闇に包まれた観客に対しての、恍けたメッセージだったんでしょうね。
 その辺も含めて(これは、出来れば映画館で観たかったなぁ……)と思えた、意外な掘り出し物の一本でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2019-01-30 11:02:20)(良:1票)★《更新》★
3.俺たちシリーズのなかではおとなしい方だと思いますが、起承転結よくできてて、欲を言えばもう少しハチャメチャぶりがみたかったかなと。でも楽しかった!
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-20 17:06:49)(良:2票)
2.《ネタバレ》 この系統に大きな期待はしないけど、これはなかなか中途半端。やっぱりやり切らないと!突然の乱闘とかクスクスくるシーンもあるんだけど、全体的にゴージャスじゃない。この時代ならではの無駄なゴージャス感がもっと欲しかったかな。空回りでも良いので。
HIRABAYASHIさん [DVD(吹替)] 4点(2009-12-31 14:32:17)
1.(まだ空き部屋ですけど、いいでしょうか書いちゃって?空き部屋に侵入するのは「スカーレット」「ムーミン」「チャタレイ」「エトワール」に続いてですが…)この国ではウィル・フェレルの「俺たち」シリーズになっていますがスタッフ違うし、これは時代設定が70年代としても少し地味すぎじゃないでしょうか・・・ボールゲーム物としても「ドッジボール」よりおちるし、女性がERのアビーだけなのもサビしすぎ。ウィルが幕間のイベントで本物のクマさんとマッチするのはちょっとびっくりですが。なんとなく始まってなんとなく終わってしまって盛り上がりがなかったかな、残念。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-10-20 02:03:35)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
5125.00%
6125.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS