Menu
 >
 >
 > THE 4TH KIND フォース・カインド

THE 4TH KIND フォース・カインド

THE FOURTH KIND
2009年【英】 上映時間:99分
平均点: / 10(Review 51人) (点数分布表示)
サスペンス
[フォースカインド]
新規登録(2009-09-27)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-03-02)【8bit】さん
公開開始日(2009-12-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オラトゥンデ・オスンサンミ
キャストミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)アビゲイル・タイラー
イライアス・コティーズ(男優)エイベル・カンポス
ウィル・パットン(男優)オーガスト保安官
マイク・ストローブ(男優)ライアン(ノンクレジット)
原作オラトゥンデ・オスンサンミ(原案)
脚本オラトゥンデ・オスンサンミ
音楽アトリ・オーヴァーソン
撮影ロレンツォ・セナトーレ
製作ジョー・カーナハン
ポール・ブルックス〔製作〕
製作総指揮ノーム・ウェイト
配給ワーナー・ブラザース
あらすじ
60年代以降、多数の住民が行方不明となり、また、不眠症を訴える住民が増え続けているというアラスカ州ノーム。2000年10月、心理学者のタイラー博士は、催眠療法で住民の不眠の理由を解明しようとしていたが、突然の不幸に見舞われる。果たして事件の裏に隠された真実とは?記録映像と再現映像によって事件の核心に迫る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.タイラー博士怖い。あとは・・・。
たろささん [インターネット(字幕)] 2点(2017-01-03 00:58:36)
50.《ネタバレ》 今まで生きてきた中で いろんな幽霊見てきましたが 例えば、貞子とかカヤコとか でもそんなレベルにない。生きてるくせして怖い顔ってどんなやねん アビゲイル博士の顔が怖くてまともに見れない ええい気色悪いて その赤褐色の色演出だってやめれいて ほんとゾッとするて 気色悪いて 怖いてば だからもうやめちゃれいてば ホントあの人映すの やめれちゃれて。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-08-18 22:01:16)
49.《ネタバレ》 なんちゃって再現ドキュメンタリー映画。当初僕も「おおっと本当の話か!どれどれ!」と好物のUFOネタで前半はリアルな感じで「うわーっ!こいつはヤベェ!」と、はしゃぎながら楽しめましたが、だんだん演出が派手になるにつれ胡散臭くなっていっちゃって結局わからない事だらけ・・・まぁ、そこがロマンといえばそれまでなんだけどね。その後フィクションというタネ明かしで「なるほどー」って・・・これならまだフィクションを最初から謳ったソレっぽい映画を見た方がいいよ!
それにしても本物タイラー博士は結構迫力ありましたし、アラスカの風景は綺麗でしたね。
えすえふさん [DVD(字幕)] 5点(2015-05-07 21:23:18)
48.《ネタバレ》 ナカナカ面白いじゃないですか、こういうノリのものって好きですよ。実際の映像(と思われる)と並べて見せるというのは斬新だし、肝心なイイトコロで映像がザーーーーってなるのも「オーイ!!」wwってな感じでこれまたよろしい。こういう胡散臭さ全開(苦笑)な内容だけどロマンがあっていいですな~。最後の「私は神だ~~~~!!!(確か)」的な場面とか宙に浮いちゃってるし、つかシュメール語はどこいった??英語で話してねーか??(苦笑)。こういう映画は酒を飲んで観ると酔いが回りますな(笑)。ということで、シュメール文明のことを知ることができたので良かったです。ハイ以上!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-04-29 08:05:02)
47.《ネタバレ》 へーえ、M・ジョヴォヴィッチはスタッフに騙されて出演してたんだ、それにしてもミラは最近ふっくらしておれ好みのいい女になってきたよな、以上終わり。  すいません、映画の感想になってませんでした。でも原題を訳すと『第4種接近遭遇』になると知っていたら、こんな映画絶対に観なかったと思うんですよ、ほんと時間のムダでした。 TV番組で「この番組はフィクションで実在の人物や団体とは何ら関係ございません」とエクスキューズするのをまるっきり逆手に取った様なプロットなんですが、その手法自体は『ファーゴ』の例を出すまでもなく“有り”です。しかしことUFOや宇宙人がらみになると、こういうフェイクをマジで信じちゃう人がいるから、いくら商売とは言っても罪つくりなことは止めて欲しい。 これで映画としての出来が良いならまだしも、矢追純一のUFO特番に毛が生えた程度なんですからねえ… アメリカ人はアプダクションと催眠療法が大好きだということだけは理解できましたが、シュメール語が実は宇宙人の言葉でその宇宙人が「私は神だ」なんてシュメール語でほざくに至ってはさすがに観ていて腹が立ってきました。 宇宙人ならぬ北朝鮮人に同胞を拉致されている日本人からすれば、「何を能天気なこと言ってやがるんだ!」とあきれるしかないですね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2013-06-12 00:32:48)
46.《ネタバレ》 信じるか信じないかは貴方次第…ごめんなさい、信じられません…。当時の記録映像というのも、わざとらしくアングルがずれていたり、肝心な所で映像が乱れ「なんだあれは…」「ぎゃぁぁぁぁ!!…ザーザー」などど思わせぶりなセリフを吐くなど、「本物っぽく作った作り物の映像」にしか見えませんでした。だだし…一つ確かな事がある。それはインタビュー中のタイラー博士は間違いなくT-ウィルスに汚染せれているという事だ。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 3点(2012-05-02 12:25:46)
45.実際に起こった?らしい事件を、当時の映像と音声を交えて構成した作品。
ひと言で言えば、ちょっと手の込んだ再現フィルムといった感じで、
リアルさを出そうとしているのはわかるけど、凝った作りが逆に観づらくてイライラ。
内容も、普通にバラエティー番組で見かける再現映像あたりで十分かな。
まあこういう話は好きな人はかなりいるはずなので、そこそこ楽しめるかとは思うけど、
映画としての評価はちょっと・・・。しかしうさん臭かったなあ。
MAHITOさん [ブルーレイ(字幕)] 2点(2011-11-17 01:59:15)
44.何が怖いって、アビゲイルたんの顔でしょ。予告で見たシーンでは憑依でもされてんのかと思ってたけど、本編で普通のインタビューシーンであることを確認。
センブリーヌさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2011-10-17 18:16:17)(笑:2票)
43.《ネタバレ》 つまり、あってもおかしくないという線の話だからこそのドキュメンタリー風。
再現だから再現部分にリアリティーが欠けても本当の話だからねという誤魔化し方。
そういう意味ではいい線じゃないですかね。
つまり、この映画以外の現実でそれがあると思う人もいるし。
ただ、神という言葉が出てきたりするところが逆にアンバランス。
まあ浅いけど楽しめはしたかな。
森のpoohさんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-09-30 01:22:56)
42.《ネタバレ》 エイリアンによる怪奇現象を、実録とされる映像とそれを基にした撮影の映像とを同時に見せるという手法をとった映画。実録映像を流す目的は、より信憑性を高めるためだと思うのですが、この映画の場合は全くの逆効果でした。ストーリーが物語の根幹となる大事な場面になると実録映像は止まり、撮影の映像のみ流れる。肝心な怪奇現象の場面では必ず砂嵐。こんなんで何を信じろと??
"What you believe is yours to decide."「信じるものはあなた次第」って言われてもなあ・・・。むしろ信じられるものが減ってしまった気分なのですが。

あと最後のエンドロールに流れた後日談も、よく読んでみると怪奇現象でもなんでもなく、かなりどうでもいいこと。「息子のロニーはあれ以来母を拒み続けている」とか「本物のカンポスさんは同作品への出演を拒否した」とか、だから何!?
思わせぶりな雰囲気だけでごり押ししてくる姿勢にはかなりイライラした。『ブレア・ウィッチ』とかも似たような作品でしたが、『4th kind』は「ほら信じろ信じろ」って言われてるみたいなネチネチした描写のしかたが嫌だった。
TANTOさん [DVD(字幕)] 2点(2011-08-02 12:32:05)
41.良くあるテレビの夏にやる恐怖物です。こういうのはラストの着地点が大事です。本人が錯乱していたのか?異星人の仕業なのか?エンドロールまで見る限りは、精神を病んでコトを起こしたと解釈すべきでしょうか。どっちにしてもヤラセっぽさもあるし、有名どころが出ている割にはイマイチですね。
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 2点(2011-05-13 22:01:49)
40.《ネタバレ》 それなりなんですが、何だか語彙が微妙な気がします。最悪なものって・・見ないと分からないって・・。どんなもんか想像できん。信じられないものとか、未知の恐怖って言葉じゃ言い表せない?なら、映像で伝えるしかないと思うんですが、それもあまり成功してるとは思えないです。やはり実際の映像と再現VTRの同時進行がイマイチなんでしょうかね。
また、これがフィクションなら夫は刺されたのではなく自殺だったってのが話の流れとして意味不明。博士はそれも宇宙人と関連してると言ってますが、宇宙人は拐ってもない大勢の記憶の改竄はできないから、事実刺殺ではなく自殺なんですよね。
このコメントが博士の妄執的な思考の現れだし、
それ以降の宇宙人の供述を疑わしくしてると思います。
だからこそ息子も母親を信じないんですよね?
『心理学者の母は父の苦しみを理解できず救えなかった。また死を受け入れられない自分と向き合おうとしない。あげくどんどん妄想の世界が広がっている』と。
何かリアリティが売りの映画なのにすごく微妙。
そして映画の感想と言うか純粋な疑問ですが、シュメール時代の宇宙人はなん万年もかけて何やってるんですかね?目的は解るようで分からない。
まりんこさん [DVD(字幕)] 5点(2011-05-05 00:33:39)
39.《ネタバレ》 外の警官もUFOみたいなの来てる的通信してるのに一切無視とはこれいかに。宇宙人も最後は英語と会話しちゃってるし。ならシュメール語じゃなくて英語ではなしてくれよ。本物(設定)のビデオがあるならその部分は再現ビデオを入れんでよろしい。とにかくいろいろツッコミたくなるわりに終始退屈な映画。一番怖いのは本物(設定)の博士のガリガリ顔でした。先週この映画と間違って借りた「パラノーマルアクティビティ」のほうがマシでした。
まるにゃ~んさん [DVD(字幕)] 3点(2011-04-06 15:26:12)
38.昔の話で恐縮ですが、やらせとわかっていても、木曜スペシャルとかノストラダムスとか矢追純一とか…。そっちの方がよっぽど怖かった。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-02-05 21:59:09)
37.企画会議でこれって絶対面白くなるよねって盛り上がったのだが、作ってみると思いの外面白くならなかった ような感じの映画
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-02-05 17:21:07)
36.《ネタバレ》 よし、わかった、シュメール人。戦争だ。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 4点(2011-01-16 15:53:34)(笑:2票)
35. 主演女優ミラジョボビッチと実写フィルム上のアビゲイル・タイラーさんの
同一性に無理がありすぎました。違う話の映像のように見えます。
で、これって年末のビートたけし番組とどう違うのか?という思いがふつふつと。
正規料金はらって映画館で観たら、相当はらたつと思うが…。
借りてきたDVDなんでマッいいかってことで5点!!
かれくさん [DVD(吹替)] 5点(2011-01-05 23:13:08)
34.期待させといて(ミラジョボビッチです、のシーン) これは。。
本当にあったビデオ映像部分がちゃんと作り過ぎてて、逆に説得力に欠ける結果に。
Peccoさん [地上波(字幕)] 3点(2011-01-02 02:09:41)
33.《ネタバレ》 なんのことはないオール作り物ということだ。
そうか。
そのわりには、「本当です!」とさんざん女優を使って言わせているのはなんだ?
そして、居もしない「アビゲイル・タイラー」を演じた超げっそり女優はいったい誰なのか。
彼女は、「他の作品に出ない」「名乗り出ない」という条件で引き受けたはずだけど、その見返りとしてギャラはどのくらいもらったのかなあ。
さて、真贋を知らずに見始めた私は、「アビゲイル・タイラー」さんにすっごく違和感を感じたわけです。…このヒト、本当に「インテリ女」なのか?
心理学の博士であるはずなのに、その話し方にちょっとも知性が感じられないことがヘンなのだ。
いわゆる学者さんのはずなのに、客観的な視点で語ることが一度もないこともヘンである。
…このヒトは、心理学の学位を持っていて他人のカウンセリングをしていたことが、ほんと~うにあるのか??それにしてはなんか、「バカっぽく」ないのか?
それとも、一連の出来事が、インテリであった彼女の人格を破壊した結果であるだけなのか?
私の違和感は当たっていたわけで、この「バカ」ぶりは単に役者による演技だったわけですが、こんな演技をつけた演出者はまったくセンスがありませんね。
結局私はげっそり女優のせいでいまいちノレず、心地よい騙され感を味わえなかった。
意味は全くないけどもしもこの話が事実だったと仮定したならば、私はこういうふうに考える。
催眠中の被験者の状態は「悪魔憑き」にそっくりである。
「悪魔憑き」はキリスト教の影響が無い地域では起こらず、日本なら「狐憑き」などと呼ばれ患者は「コンコン」と鳴いたりする。
…「憑き物」状態は患者の都合によって表象が変わるということになるから、メンタル病の一種だ。
そして、ここでは憑依した宇宙人がなぜか「己は神である」と宣言する!
日本だったら神じゃなくてほかのものになるだろうなあ。
ということでシュメール語を話すとか映像が乱れるとかいう説明不能なことがあったとしても、「憑き物」状態はとにかく病気ということでいいのだ。それが「悪魔」とか「宇宙人」とか「狐」とかいう特定の憑依主を表現している限り。
それにしても、ジョヴォヴィッチを勧誘するために事前に山ほどのフェイク映像を作って彼女に見せたとか、そんなこと許されるのか。ミラはいつまで騙されているのか(信じちゃう時点でやっぱ世間知らず)。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-03 17:06:26)
32.《ネタバレ》 全くの予備知識がなく観賞。「得体の知れない恐怖」というのはやはり一番怖い。フクロウというのも、なぜかわからないが想像しただけでぞくぞくした。途中から宇宙人やら妄想説やらに方向転換するが、結構自分のツボはまった展開でかなり楽しめた。評価が気になりここをみたが、やはり・・・・・評価は低かった。
N.Y.L.Lさん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-25 22:57:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 4.04点
011.96%
123.92%
2917.65%
3713.73%
41121.57%
5917.65%
6917.65%
723.92%
811.96%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review6人
4 音楽評価 4.33点 Review3人
5 感泣評価 3.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS