さまよう刃(2009)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > さまよう刃(2009)
 > (レビュー・クチコミ)

さまよう刃(2009)

[サマヨウヤイバ]
The Hovering Blade
2009年【日】 上映時間:112分
平均点:4.88 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-10)
ドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2009-10-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督益子昌一
キャスト寺尾聰(男優)長峰重樹
竹野内豊(男優)織部孝史
伊東四朗(男優)真野信一
酒井美紀(女優)木島和佳子
山谷初男(男優)木島隆明
長谷川初範(男優)島田
木下ほうか(男優)伊藤
池内万作(男優)田中
佐藤貴広(男優)中井誠
原作東野圭吾「さまよう刃」
脚本益子昌一
音楽川井憲次
製作平城隆司
東映(「さまよう刃」製作委員会)
テレビ朝日(「さまよう刃」製作委員会)
角川書店(「さまよう刃」製作委員会)
エイベックス・エンタテインメント(「さまよう刃」製作委員会)
木下グループ(「さまよう刃」製作委員会)
東映ビデオ(「さまよう刃」製作委員会)
企画遠藤茂行
配給東映
美術柴田博英(装飾)
録音山方浩
照明三善章誉
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 原作は見ていませんが映画のクオリティではないです。犯人一人に復讐するのに何時間かけてるんだと言いたい。
その間に何かしらの逃走やら葛藤が描かれているのなら分かるのだが、無駄なカットばかり。無表情をずっと映す
雪山を意味ありげに長時間映す。ペンションの一件もたいして意味はなく。あってもなくても良い。
30分で表現出来る映画を2時間にして退屈にした。そんな映画でした。
デミトリさん [DVD(邦画)] 3点(2016-12-05 00:16:40)
31.《ネタバレ》 原作未読です。
少年法のあり方がテーマだとすると突っ込みが浅い。でも、この辺りが限界なのかな…。量刑を生きた年数で区分けする方法論が変だと思うけど、それが適応されるべき少年少女もいるのでしょうね。
少年法に限った話ではないけど、肉親を殺された方の判決後の心情が時々報道されます。大方は「刑が軽い」と云うスタンス。被告は法で裁かれると云うより、法に守られると云う印象が強い。それが法治国家ってものなんだろうけどね。肉親がやりきれない気分になるのは分かります。
本作に関して云うと、私があの父親の立場だったら実弾を込めて手足を撃って怖がらせた後に心臓を撃ち抜いてやりたいと思うでしょう。いや、ホント。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-09-25 15:29:01)
30.《ネタバレ》 原作を読んでいないので、映画を観た限りでの感想ですけど、ペンションの娘さんのお節介キャラは非現実的に思えましたし、娘を殺された父親にあんな薄っぺらな説教をできてしまえる人が本当にいるなら、その人殺されても仕方ないと思います。「暴力に暴力で対抗して…」とか、「じゃぁ俺が君に忘れられない暴力を与えるから、暴力でない方法で解決や癒しを完遂して見せなさい」と言いたい。と同時に、猟銃を渡したおやじは、詳細を知りもしないのに、あれじゃ罪のない人が殺されることになってもおかしくない。大馬鹿だ。竹野内が演じたような正義感に悩む刑事とか悲しいかな現実にいると思えない。まず、そんなことを考える真面目な人は日本の警察組織なんかに入らないと思います。主人公の「死にも等しい恐怖」とかいうたどり着きも本当にくだらない。そんなもん、喉元過ぎれば…である。少年法云々を扱うこの物語って、犯罪少年側の視点は何もない。どんな環境で育ったか、どう人格改善の可能性があるかなど。また、それを目指す大人の存在も描かれないし、そういう大人が総力で取り組んでも何の改善も見られないようなクズである場合に、少年法がそいつを保護する意義があるのかという視点もない。そういうもの一切抜きで被害者遺族側だけの視点で進む話しとしては、たどり着く答えがくだらなすぎるし、全部空砲だったというオチも、ペンションのオヤジは何を考えてたのかワケ分かりません。主人公が空砲に替えたわけでもないでしょうし。どっちにしろ主人公は本当には撃つつもりはなかったというオチなのだから、空砲だったとか余計にしか感じませんでした。どうしたって自分の命捨てる覚悟で相手に恐怖与えたかったんでしょう。それから、発砲させないために主人公を撃つなら、手か頭なんじゃないかな? 引き金引く余地与える部位を射ったりしてないと思います。 チクリ少年「警察にチクるど、ナメンナヨ!」と対抗できるのに、10万ホイホイ持って行く? 犯人少年もそばにいた警察もバカかと思います。
だみおさん [DVD(邦画)] 3点(2014-08-15 00:43:28)
29.原作に涙した作品なので期待して見ましたが見事に裏切られました。益子昌一という人は原作をどう捉えているのですかね、聞いてみたいです。怒れ東野圭吾です。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-08-09 22:23:29)
28.東野東吾原作の映画化だが、映画より小説のほうがいい。
原作のペンの力を映像の力が超えられずにいる。
娘を獣たちに蹂躙されて失った父の悲しみが、今ひとつ伝わりきらない。
原作の濃度を薄めて小さくまとめているために、感情の過程を飛ばされてしまうからだろう。
それでも、話が破綻しているわけではないので、決して観れないわけではない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2012-12-18 22:03:00)
27.観終わった後、何も残らない作品でした。前半は観ていてただただ気分が悪く、後半は退屈で消化不良。
N.Y.L.Lさん [DVD(邦画)] 1点(2012-11-22 14:58:29)
26.《ネタバレ》 原作ファンには概ね不評なようだが、これといってストーリーが破綻を来たしているわけではないし、原作を読まなければ内容が分からないといった類いのものでもない。基本ラインはブロンソンと同じ復讐映画のひとつで、この手の作品は昔からある。そこで展開にひと工夫ほしいところだが、それはあまり感じられなかった。被害者と加害者双方の立場というものはあるだろうが、この作品では第三者である警察と民間人が事件に深く関わってくる。若い刑事は殺人犯となった被害者の父親に情報をリークし、ペンションの管理人は娘思いの父親だという理由だけで犯人に猟銃を手渡している。彼らにとっては〈良心〉からの行動だろうが、悲劇を助長させたのは彼らのそのような誤った善意であり、我々は同じ愚を犯してはならない。もちろん、少女をレイプした上殺害するような連中は、未成年であれ死刑になれば良いと自分も本気で思っている。
フライボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2012-08-28 22:22:54)
25.《ネタバレ》 事件から一人目の犯人にたどり着くまで(開始~30分)は悪くないと思うが・・・
そっから最後までが長い長い。ハッキリ言って退屈。
この内容ならもっと面白くできそうなもんだけど・・・。
虎王さん [地上波(邦画)] 4点(2012-08-27 11:49:43)
24.《ネタバレ》 もう少年犯罪のこの手の展開は飽き飽きしますね、スカッとやっちゃえば良かったのに。
殺られ少年、狙われ少年、チクリ少年、オールクズ。
少年犯罪やイジメが、さも加害者ヅラして取り扱われますが、そーゆーのヤル奴が悪いです。罪を憎んで人を憎まずってわけにはいかんよね。
おおっぴらに復讐推奨しませんが、映画ならアリかと。
なにやらみなさまのレビューを拝見すると原作とかなり違う部分があるようで、未読のわたしとしてはあくまで今作の評価ですのであしからず。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2012-08-18 02:15:42)
23.原作の大筋をうすーくなぞって、ただただ陰気な映画に成り下がってますね。時間の枠はあるにせよ商業映画ならばもう少し面白くあるべきです。せっかくの良い話が台無しになってます。
アフロさん [地上波(邦画)] 4点(2012-08-17 03:07:18)
22.《ネタバレ》 元々あった小説や漫画等を、他人が焼き直し映画化となり、作品として発表する、という行為は、大体上手くはいかない例が多い。
描き手の意図するものを100%そっくりそのまま読み手が理解するということは、不可能だと思う。読み手が映画監督というプロであってもそれは然りだ。
だから、これまで数えきれない原作ありきの映画が製作発表され、多くのファンはその出来映えに一喜一憂されるのだ。
しかし、また繰り返されていく原作ありきの映画製作。
まぁ、それが面白い面白くないは別として元々いるファンだとか多少の話題にはなるので、商業的に見込まれるジャンルなので、きっとなくなりはしないしないんだろうけど、焼き直しにもほどがある時がある。今作は、残念ながらそっちの部類で原作と比べてはいけない出来だと思う。
扱うテーマが少年法や、被害者家族、加害者の人権等、もう10年以上も世論の異議を醸し出されているものなので、監督の個人的な意思も加えたくもなるのであろうが、
この件に関しては、やはり十人十色で違った感覚の人々が考えを重ね合わせても、未だ答えが出ていない。だからこそ、他人が描き手の書いてない部分勝手に解釈し、その方向へ持っていくのはどうか、と思う。
原作自体が、そのテーマに対し読み手に考えされる意図で作られた話なので、淡々と手を加えず作るべきだったのでは?と思う。
加害者に死ぬほどの後悔の念を、だとか個人的な答えが今作で出してしまった部分が最大のデメリットになったのだ。まぁ、あくまでこれも個人的な意見に過ぎないのだが。
作品的価値は正直0点か1点。演者の熱演に免じての3点といったところ。
原作未読であったり、これがこの監督のオリジナルというのなら、点数は変わってくるのだが、原作を知ったうえで観た人は、なんか変な違和感の残るラストだったに違いない。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 3点(2012-08-15 20:43:22)
21.《ネタバレ》 観た事をすっかり忘れてまた録画して思い出した、そんな作品。勧善懲悪が好きなので、あそこまでやったならチャールズ・ブロンソンみたいに仇討ちして欲しかった!モヤモヤが残る作り。原作とはまったく違うご様子なので機会があったら読んでみたいです。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 4点(2012-08-14 01:13:11)
20.《ネタバレ》 原作未読。チョット、テンポが悪いかなと思いますが俳優陣の熱い演技に引き込まれました。川崎駅のシーンから「さあ、どうやって決着が付くのか!?」とドキドキしましたが、なんかモヤッと感が残ってしまいました。伊東四朗なんだからスッキリ!で終わらせろ!(ちょい古っ)。
よりさん [DVD(邦画)] 6点(2011-09-25 22:51:07)
19.《ネタバレ》  「のど元過ぎれば熱さ忘れる」という諺があるくらいで、どんな恐ろしい思いをしたって時間が過ぎれば、単なる過去の経験になってしまうのでは。
 他人の尊厳を完全に犯した犯罪者に対しては、更生よりも刑罰を主眼に置くべきだということには、賛成なんですが「死ぬほどの恐怖」を味わせることに、それほどの意味があるかどうかは、疑問です。
 こりゃ、一回原作読むべきですね。読んだ上で再評価。
平成23年3月27日追加
原作読みました。改変が酷~い。他の方が指摘したエピソードの詰め込み、省略等もあるけれど、何よりも酷いのがラストの主人公の意図の勝手な改変。「死ぬほどの恐怖」なんて全然原作には出てこない。なんなんだ、この愚劣な改変は(怒)
想像はつく。恐らく広い層を対象にした映像作品で復讐殺人を何らかの形で肯定するのはまずいという観点から、改変され、才能の乏しい脚本家が自分では気のきいたことを書いてるつもりで付け加えたんだろう。
一応、現在の日本の公の価値観では復讐は否とされているからの、判断だったことは分かる。でもだったら、そもそもこの作品を映画化の対象として選ばなければいいと思う。
しかし、忠臣蔵で吉良を殺す話は平気でなんども賛美する映像化がなされるのに、現在劇では、絶対復讐を否定しなければいけないというのもおかしな話で。(忠臣蔵なんてそもそも逆恨みだし)
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2011-03-21 10:05:25)(良:1票)
18.《ネタバレ》 原作未読。つっこみ所は多々あれど、それなりに面白く観ていた。しかし最後はどうなんだろう。犯人二人のうち、復讐によって殺された者と、恐怖だけ与えられ、後は司法に委ねられた者の差が分からない。これは単純に復讐を果たしてほしかった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-03-20 00:06:09)
17.う~ん、ラストの展開は、ない、でしょう..あんなに都合良く..行かない..基本的に、脚本があまいです(細かい展開が都合良すぎ)..期待してたんだけどな~..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 6点(2011-03-02 13:00:18)
16.《ネタバレ》 なかなか重いテーマの映画だけど単純に復讐劇として鑑賞していたので、最後に復讐を完結できなかったことにがっかりです。実際にあった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」や「名古屋アベック殺人事件」の遺族の方なら主人公と同じ気持ちになるだろうし、少年法は必要なのだろうか考えさせられました。観てよかったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-02-19 21:30:16)
15.みなさんが書かれているように、やはり端折り過ぎに感じます。犯人たちの非道ぶりや父娘の繋がり、ペンションの娘との触れ合いなど物語の主要な部分が描かれていません。この物語は結論や結末やストーリではなくそれぞれがそれぞれの立場で考えるべき物語だと思います。しかし、映画ではストーリーだけを詰め込んだように思えて残念でなりません。
東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 5点(2010-11-12 17:39:17)
14.《ネタバレ》 がっかりです。原作をここまで端折って、肝心な部分を変更してはだめでしょう。
本作の重要登場人物の酒井美紀役のペンションの娘が、警察に通報するは、ラストシーンに登場せずでは、終わってるでしょう。唯一期待する寺尾聡の演技では、事実を目の当たりにするシーンにて、その表現方法がゲロとは一体何なんだろう。こんな脚本、演出で、よく原作者は何も言わないよな・・・。
東野圭吾の作品は大好きだが、映像になると全てダメだね。
未読の方は是非原作を読んで下さい。
geniusumarbleさん [DVD(邦画)] 2点(2010-09-10 19:34:51)
13.「少年法」と「死刑」という2大テーマとともに「組織と個人」というテーマもあると思う。若い刑事は、この国の司法制度に対して矛盾を感じ、長峰に少年の行動を教えてしまう。しかし、その行為は、組織の人間としては「矛盾」そのものであるわけで、責められても仕方ないであろう。こんなにたくさんのテーマを扱っているのだから皆さんが、指摘されてるように消化不良は否めない。でも、時代のニーズに即した映画であり、描ききれてない部分をいろいろと考えるのも悪くないと思う。役者陣もいい感じでした。特に伊東四朗。お笑いからシリアスな役柄まで演じることが、出来る現代の名優だ。
パオ吉さん [DVD(邦画)] 7点(2010-09-04 02:13:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 4.88点
000.00%
126.25%
226.25%
3515.62%
4412.50%
5618.75%
6618.75%
7515.62%
813.12%
900.00%
1013.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS