クヒオ大佐のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ク行
 > クヒオ大佐の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

クヒオ大佐

[クヒオタイサ]
2009年上映時間:112分
平均点:5.38 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-10)
ドラマコメディ犯罪もの実話もの
新規登録(2009-10-15)【アングロファイル】さん
タイトル情報更新(2021-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田大八
演出山田一善(アクションコーディネーター)
キャスト堺雅人(男優)クヒオ大佐
松雪泰子(女優)永野しのぶ
満島ひかり(女優)浅岡春
中村優子(女優)須藤未知子
新井浩文(男優)永野達也
児嶋一哉(男優)高橋幸一
安藤サクラ(女優)木下理香
内野聖陽(男優)藤原
脚本吉田大八
撮影阿藤正一
製作アスミック・エース
ショウゲート
メディアファクトリー
配給ショウゲート
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 いや~、吉田大八監督作品はツボにはまる。
彼の最初の作品「腑抜けどもよ~」も観て、興奮のあまり、すぐDVD買っちゃったし・・

結婚詐欺の軍人もどきの話なんだけど、吉田監督は「紙の月」でもそうだったけど、
簡単に裁かないんだよね。
庶民が悪に手を染める話なんだけど、その人の世界観を壊してしまうような
裁き方をしないところが、この監督のやさしいところ。
僕は、そういう監督の演出がとても大好きだ。

ラストの軍がやってきて、彼が命令を下すあたりの夢の部分がとても大好き。

吉田監督作品は、これからも目が離せない!
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2018-07-14 17:17:55)
25.《ネタバレ》 目のつけどころはなかなか面白いと思ったが、描写がついていってなくて。ともかくも詐欺師を主人公に据えているんだから、真剣路線であれ、ギャグ路線であれ、詐欺の手口や手法、それを受けた被害者(候補)の反応や変化という基礎的事項をきちんと押さえないと話にならないでしょう。その辺が曖昧なので、ボロが出てからの終盤がグダグダになっています。あと、幼少期のトラウマからの二重人格という着地はそれなりに新鮮でしたが、それならば序盤中盤で逆方向に振るような前ふりがもっとほしいところでした。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-06-26 02:57:11)
24.《ネタバレ》 堺さん扮するクヒオ大佐はよくあるコントからライブ感を引いて鮮度の落ちた所に良くないリズム感を足したようなキャラクターで、笑えるかと聞かれれば正直笑えませんし笑ってくれと頼まれても笑えません。
しかし新井浩文さんがそんなヌルい詐欺師の前に現れ鋭いツッコミを入れると僅かばかり可笑しくなります。
コメディとしてはその程度です。
ドラマとしても政治や湾岸戦争を絡めてこられてもそれ自体について訴えたかったのか、ラストのクヒオの妄想の前フリの為だったのかもはっきりとはしません。
本作でのクヒオ自身は恐らく幼少時のトラウマから来る解離性同一性傷害だったのではないかと思われ、作中では殆ど彼の交代人格の方が描かれています。
だとしたら捕まっても案外すぐ出てこれちゃうかもしれません。
この様にコメディとしてはほぼ笑えず、ドラマとしてもフォーカスがぼけてしまいながらクヒオの妄想でラストを迎えますが、怖いのはこのクヒオの脳内妄想が現実のしのぶにも見えてしまっている事です。
路上でしのぶは実際には飛んでいないクヒオの乗るヘリコプターに敬礼しています。
後ろで見ている弟はドン引きです。
クヒオの精神世界を共有する事が出来るしのぶって…。
これが「愛の力」なのでしょうか。
だとしたら、しのぶはクヒオと結ばれる以外幸せになる事は有りません。
まあ、可能性としてはハンバーグに入っていたのがニガクリタケでもクリタケでもなく、○藤英明さんが食べたヤツと同じキノコだったという方が高いと思いますが。
しってるねこのちさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-06-20 03:34:56)(良:2票)
23.《ネタバレ》 もっと笑えるような作品なのかと勝手に思いながら見たのだが、そうではなかった。面白かったのは弟(新井浩文)とのやり取りぐらい。見ていてなんでこんなやつに騙されるんだとばっかり思った。特に満島ひかりが直ぐにあーいう関係になっちゃって、なんでなんだこんなやつにとイライラしてしまった。しかも最終的には、彼女たちは何も救われていないようにも思うし、これでいいのか?と。女たちが最後に爽快に仕返しして終わった方が良かった。まぁ元の話があるようなのでそうもいかないのかもしれないが。
スワローマンさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-06-18 23:06:50)
22.《ネタバレ》 実在した結婚詐欺師。微妙に品を感じさせながらも安っぽい詐欺師ぶり。
専属運転手つきで高級車から降りてくるフリをするシーンなんて絶妙でしたよ!
微妙に流暢で微妙にたどたどしい日本語の台詞回し。
醸し出す怪しさと滑稽さ、淋しさ。それでいていつもの堺雅人も感じさせる。
これらを同時に成立させてみせる絶妙のバランス感覚。堺雅人の演技が実に楽しかったです。
大体、この風貌でジョナサン・エリザベス・クヒオという名前からして怪しすぎる。
こんな怪しい男にひかれていく松雪泰子演じる弁当屋の女社長と満島ひかり演じる博物館の職員。
クヒオと同じくこの2人のどこか寂しさを感じさせる人物像がいい。
一方でこの男の怪しさをいとも簡単に見破ってしまう女社長の弟と銀座のホステスとの絡みが楽しい。
終盤の展開はあまり上手くいっていない感がありますが、
主要キャストの演技とキャラクター設定だけでもソコソコ楽しめる作品になっています。
とらやさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-06-16 22:11:08)
21.当時 実際のクヒオの写真を見て、あまりのうさんくささに衝撃を覚えた。この映画のクヒオは見た目がまともすぎる。
紫電さん [DVD(邦画)] 7点(2015-04-22 21:27:28)
20.一流の詐欺師は恨まれないそうだが、恨まない女、恨む女、騙されない女の3者3様は見ていて興味深かった。「騙される人間は騙して欲しい人間」というのはよく聞く話で、「信じる者は騙される」のかもしれない。そういう人間の内面をもう少し掘り下げて欲しかったが、中途半端なブラックコメディーや政治ネタの風刺等々で、ぼやけた作品になってしまった。堺雅人の演技もコミカルさを出そうとして失敗しているというか。内野聖陽が詐欺師やった方がよかったんじゃないかと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-03-28 13:18:07)
19.《ネタバレ》 1度目の鑑賞時には、面白いところもあるけど、まあまあかな・・という印象を得たのですが、2度目の鑑賞では、かなり面白く感じました。とにかくリアル。リアリティがハンパないです。「人ってこういうものだよね」というメッセージが、痛いほど伝わってきます。割り切れない終わり方も、やはり「そういうものだよね」と思わされてしまう。そして、満島ひかりの演技が素晴らしいです。また、クヒオの幼少期の描写も、「こういう過去があるからトラウマで詐欺師になったんだよ」という安い設定になっていなくて、むしろクヒオの人格に深みを与えていました。
コウモリさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-01-10 17:11:11)
18.《ネタバレ》 面白くなりそうな題材なんだけど・・・あんまり笑えない。
そんなやつおらんやろ、って感じ。
実在したという結婚詐欺のほうはもっと巧みだったのでしょうがね。
虎王さん [DVD(邦画)] 5点(2013-05-21 15:58:45)
17.《ネタバレ》 いくら鼻が高くとも一夜を共にする際、イチモツの大きさで日本人だと簡単にバレてしまいそうなもんだが、そのへんの下事情はどうだったんでしょうかねぇ クヒオさん。
小さいながらも屁理屈重ねて誤魔化していたのでしょうか クヒオさん。 
男性経験の少ない しのぶと春を狙った犯罪は意図的なのか そうではないのか 
まあ どちらにしても悪質犯罪確定ですよね 許せませんよね こちょこちょの刑に処すぞクヒオさん。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-11-11 21:10:13)
16.《ネタバレ》 堺雅人はじめ関係するすべての人のキャラや行動にコメディー臭がプンプンしてるにもかかわらず、実際の事件を題材にしたからコメディーにできなかったのだろうか? 無理に重いものを背負わせて、深い描写風に仕上げても全然心に染みてこない。 腹を決めて徹底的にコメディーとして笑い飛ばせる仕上げにすべきだったと思う。 逆に、徹底的に馬鹿馬鹿しいコメディーに仕上げた上で、それぞれの真の人物像を織り込んだほうが、心に染みる映画になったかもしれない。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-07-16 01:26:11)
15.《ネタバレ》 なんというか、どたばた喜劇みたいなものを勝手に予想していたのですが、実際観てみると2.3回クスッと笑える程度で、それもブラック・ユーモアの類いなんですよね。そして喜劇ではなく、むしろ切ないお話です。クヒオ大佐自身も、自分が育った悲しい境遇がああいう人格になったんだと言う事が描かれてるし、そのクヒオ大佐にひっかかてしまうしのぶや春とった女性も観ていてかわいそうな気持ちにすらなってくる。ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐ってキャラが完全に芸人だし、妙なインチキ風日本語も含めクヒオ大佐自身は完全にコメディです。でも彼を取り巻く世界はとてもブラック。そういう喜劇と悲劇の狭間にいる奇妙な人たちと言う感じで、良くも悪くも独特な世界観の作品でした。そしてクヒオ大佐のエピソードだけでは話が膨らまないと思ったのか、日本がアメリカに莫大な金を貢がされた湾岸戦争のエピソードが絡んできます。これによって、数人だけの狭い世界と国家間の広い世界をリンクさせようと考えたのかもしれませんが、それが成功しているかどうか、僕にはよくわかりません。いずれにせよ確かなのは、この主人公キャラを演じるのは意外と難しいと思うのですが、堺雅人はとても巧く演じていたな、ということ。演技派の俳優さんだなと実感させられます。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 5点(2012-07-11 20:06:36)
14.《ネタバレ》 実録犯罪コメディとして観たんですが、意外や意外そんなに笑える映画ではなかったです。
しかし騙されるってことのアプローチがいろんなカタチであって、実は深い映画なのかな…なーんて思っちゃいました。

ひとりふたり殺す殺人は罪だけど戦争だったら勝てば正義だったり。
結婚詐欺は捕まっちゃうけど義援金をカモるのは世界平和だったり。

本気で死のうと食べた毒キノコが実は無毒だった、なんてパターンもあったり。

騙し騙され、人間に感情がある限りこーゆーのは無くならないんでしょうね。

ラストのトントントンとした展開は非常に軽快で鮮やかでした!
その手腕に評価的にも+2点くらい加味したのは補足として記しておきます。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-06-26 17:45:09)
13.《ネタバレ》 実在のモデルがいるという結婚詐欺師。その妙ちきりんな人格と行動を味わう作品でした。最近では「インフォーマント!」が近いかな。中身は全く違いますが。本作は詐欺を仕掛ける相手として3人の女性をキャストし、彼の本質へ迫ろうとします。結婚詐欺師としてはマヌケな部類だと思います。銀座の女を騙そうとしてましたから。あっさり見抜かれて笑い者扱いでした。銀座の女ほどしたたかで無くとも、博物館の学芸員のように普通の感性を持っていれば疑います。そして、なぜ(お金持ちでもない)自分だったのか?と質問されます。日常に疲れた弁当屋の女社長は、現実から逃避するように彼に入れ込みました。騙されていても構わないタイプ。そんな女性の開き直りは怖い。ちゃんとした詐欺師なら、マーケティングが勝負のはず。その点、クヒオはとてもいい加減。本作で云うなら、中村優子と満島ひかりは狙うべきではないし、弟に発覚した後の松雪泰子への対応がお粗末過ぎます。おそらく彼は、最初から結婚詐欺を仕掛ける相手として女性を選んでいない。女性として魅力を感じたから近づいたのだと思います。その相手に自分の虚言を繰り広げることが快感で、食いつなぐための余技として結婚詐欺に繋がって行ったというのが自分の見立てです。最後にタネ明かしされますが、彼の虚言は幼少期の妄想から始まっていました。辛い境遇を助けるための妄想です。その妄想が肥大し、二重人格まで行かずに一歩手前で定着したのが「クヒオ大佐」だと思います。虐げられる子供や戦争被害者に同情し、直情的に声を荒げ暴力に及ぶこともある。自分の創作話に感情移入して涙を流せる。そこに演技はないので始末が悪いです。詐欺を仕掛けられる女性側の描写もなんか気の毒で、コメディとしてはかなりブラックな部類です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-06-20 19:34:03)
12.反戦を描きたいのか、結婚詐欺を中心にした人間ドラマを描きたいのか、微妙。湾岸戦争の描写や、毒キノコを食べていない話、途中から入る弟の話、友人が彼氏とできていた話もろもろが中途半端な感があってもったいない。
afoijwさん [DVD(字幕)] 4点(2012-01-04 01:51:52)
11.あのお弁当屋さんとまで言わずとも、日々地道に働いてんだからほんの少しくらいいい思いしたっていいじゃん!といつもココロの裏側で思っている私には洒落にならない話。堺雅人のニセ外人は鳥肌が立つほど妙ちきりんでデフォルメが効き過ぎていて笑う気になれない。要らぬ日米関係描写でさらにしらけた。そして、いくら「隙間」がスッカスカでもあれほどお粗末な芝居に引っかかっちゃだめだよ、自分自身に投資しなくちゃ!と、観ながら説教臭くつぶやく自分が嫌だった。
のはらさん [DVD(邦画)] 5点(2011-11-05 10:17:54)
10.冒頭とラストに姿を見せる政治パートは、金さえだせば自分たちに都合がいい幻想を見せてくれる、という風刺だったのかもしれないけど正直前面に出しすぎ。さまざまな解釈がありえるクヒオ大佐と女たちのドラマの可能性を「ワイドショーのコメンテイターが無理して国際政治を語ってる」みたいな中途半端なものに貶めてしまったように思いました。主演の堺雅人をはじめ役者陣は誰もがすばらしかっただけに、本当にもったいない。
ころりさんさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-30 14:10:01)
9.昔ワイドショーか何かでやってたね。犯人の写真を見て、
「なんでこんな奴に騙されるの?」と、大笑いした記憶がある。
確かかなり古い事件のはずだが、作品の舞台はなぜか湾岸戦争時に設定されている。
何かメッセージを入れようと思ったのか、この理由がよくわからない。
決して犯罪実録ドラマではなく、結婚詐欺被害一億円といった描写もほとんどなし。
間の抜けたどこか憎めないクヒオ大佐のキャラ描写に絞った作りなんだけど、
ドラマなのかコメディーなのかラブコメなのか、ほのぼのほっくり感を表現したかったのか、
全体的にどれもこれも中途半端。結果的にコントドラマという印象しか受けなかった。
もっと腹を抱えて笑えるシーンでもあれば、よかったんだけどね。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 2点(2011-08-02 06:47:08)
8.こういった緩いコメディをやらせたら堺雅人は天下一品ですな。
困ったときの切ない表情がほんと最高です。
松雪泰子も弁当屋の女社長としての哀愁たっぷりで妙に滑稽でした。
満島ひかりも気だるい空気を醸し出すのが上手で、男運のない役柄がよく似合う。
海に落ちたシーンは映像的には美しくて良かったけど、あそこは大佐に助けてもらいたかった。
小心な詐欺師ではあるけど、悪人ではないと思うんですよね。
まあ、飛び込んだとしても一緒に溺れるんだろうけどね。
あと、中村優子の貫禄ある演技にはびっくり。
エロい女優というイメージが完全に覆されて、大人の女を見事に演じてましたな。
ただ全体としてはシナリオ的に捻りがなくて着地点が見えない印象で、案の定ラストは有耶無耶な感じになってしまってました。
切なくて泣いてしまいそうな回想シーンがあったり、大佐に昇進してたとかいう小ネタが笑えたり、部分的には良い作品だと思えたので、ラストが上手く纏まらなかったのが残念なところです。
それでも、まあ、それぞれの役者のやり取りを見ているだけでも結構楽しめましたけどね。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-20 16:38:56)(良:1票)
7.堺雅人は良い俳優ですね。胡散臭いクヒオ大佐を体現していました。ところどころ笑えるシーンはあったんだけど、少し物足りなかったです。もっとコメディ寄りな話でも良かったんじゃないかなぁ。すこし中途半端な印象を受けました。満島ひかりは可愛かったです。あとエンディングのクレイジーケンバンドですか?あれは面白い曲ですね。
sava1100さん [DVD(邦画)] 6点(2010-12-18 14:44:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.38点
000.00%
100.00%
227.69%
300.00%
4415.38%
5934.62%
6519.23%
7311.54%
8311.54%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS