曲がれ!スプーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 曲がれ!スプーン
 > (レビュー・クチコミ)

曲がれ!スプーン

[マガレスプーン]
2009年【日】 上映時間:106分
平均点:5.35 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-11-21)
コメディファンタジー戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2009-11-03)【アングロファイル】さん
タイトル情報更新(2011-07-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
キャスト長澤まさみ(女優)桜井米
三宅弘城(男優)小山
志賀廣太郎(男優)早乙女
松重豊(男優)
甲本雅裕(男優)
ユースケ・サンタマリア(男優)(友情出演)
升毅(男優)(友情出演)
寺島進(男優)
平田満(男優)
木場勝己(男優)
佐々木蔵之介(男優)(友情出演)
原作上田誠(ヨーロッパ企画)
脚本上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽菅野祐悟
作詞YUKI「COSMIC BOX」
編曲YUKI「COSMIC BOX」
主題歌YUKI「COSMIC BOX」
製作亀山千広
島谷能成
杉田成道
阿部秀司〔製作〕
東宝
ROBOT
フジテレビ
博報堂DYメディアパートナーズ
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮石井教雄(視覚効果)
編集田口拓也
その他吉川威史(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 サマータイムマシン・ブルースをもう一度と言う事で作ったのだろうか。
そこかしろに見覚えのある物が。テーマと雰囲気は良かったのだけど、
残念だけど脚本の密度がスカスカで。あの内容だったらあと30分ほど
短くした方が良かったんじゃないかな。
またこの映画ではエスパーの演劇色が濃くなりすぎて軽くて見やすい反面、
ドラマ性が無く話に深みがないんですよね。
エスパー達のコントを減らして長澤まさみの方の話を広げて
ドラマ性を高めた方が良かった気がしますね。
クライマックスのサンタを飛ばすアイデアは良いけど、もうちょっと
エスパー達が団結して夢のある演出に出来なかったかねぇ。
エスパーの能力縛り設定を緩めて、もっと能力を上げて
最後は長澤まさみ自体を夢の異世界につれて行くぐらいの方が良い気がします。
あれじゃ風船で出来たサンタが強風で飛ばされてるみたいで・・・。
その後にこれが夢の世界ですと子供のスナップが多すぎてなんかめんどくさい。
ただ、酷評されるほど酷い内容ではないものの「まぁこんなもんか」と
見終わった後に思ってしまうような映画でした。
デミトリさん [インターネット(邦画)] 5点(2017-03-05 23:56:09)
22.《ネタバレ》 雰囲気はいいのだけれど脚本が酷いですね。全然生きてこないエピソードだらけで素人が考えたんじゃないのか
というぐらい稚拙だし、超能力者たちが米に感情移入するようなエピソードも入れずに唐突に米のために
行動に移すのが雑すぎ。結局テレキネシス使えるのと心を読める超能力者以外はいらないっていう展開もプロなんだから
もうちょっと考えようよ。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-05-16 17:21:30)
21.《ネタバレ》 左胸の名刺入れの中の米の文字が蜘蛛に見えたって。ああなるほどですね でもそれならそれでそれは別にいいんだが ・・・ちょと待てよ・・・ でもさ、それってことはつまりアレじゃないのか 右側のポッチはちゃんとまともに見れてたんとちゃうのか? えっと違うのか?? まさみに謝れ 見てしまったんだろ右側を! 以上、許せないから透視オトコはこちょこちょの刑に処す。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-24 21:11:57)
20.超能力のファンタジーもので緩い感じで物語が進行する。
超常現象を信じたい気持ちは、サンタの存在を信じる童心にも通じて微笑ましい。
コミカルな小ネタにはクスリとさせられるし、エスパーたちと心を通わせる長澤まさみもかわいい。
ただ、元が舞台用の戯曲なので舞台のほうが向いている内容。
舞台ならもっと面白かっただろうけど、映像で見ても緩く間延びしたようで食い足りない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 4点(2013-10-07 20:19:20)
19.《ネタバレ》 自分的には、長澤まさみの代表作と言っても過言ではないですね。長澤が演じたAD「桜井さん」がとっても魅力的でした。長澤まさみは、絶対髪長いほうがかわいいよなあ。ストーリーも面白かったんだけど、ちょっと間延びし過ぎ。もっと短くできたでしょう。伏線の張り方や回収の仕方はよかったと思います。特に犬のくだりはよかった!
コウモリさん [DVD(邦画)] 7点(2013-09-03 01:21:35)
18.《ネタバレ》 他の方とほぼ同じです。前半は長澤まさみは空気ですが場面転換が頻繁で期待感煽ってくるのでまだ飽きはしません。後半はカフェde念力に場面を固定してバカバカしいコント(たまにクスッとくるのでコメディとしては成功したのでは?)とたまにうるっとくる場面(ヨネの回想だけですが)を挟んで、最後はサンタさん(+蛇足のUFO)で終了。間延びした感はぬぐえず、サンタが山場じゃやや物足りない。勝手な創作ですが例えば「能力がバレてTVの取材などに晒されてry場面を東京に移してなんかでっかいことやってハッピーエンド」みたいなもう一山が欲しかったです。ま、クスッと笑える場面もあったのでゆる系コメディとしてはまぁまぁの出来だとは感じました。
liptontonさん [DVD(邦画)] 6点(2012-10-18 04:08:28)
17.正直、酷い出来です。『サマータイムマシン・ブルース』が奇跡だった、ということを確認するための映画と言っても過言ではないほど。
冗長で間延びした展開。説明的でくどい演出。大騒ぎした割には大したことのない「結果」。……まあ、やっぱりこの監督の映画だな、というのが正直な感想かな。
ホント、『サマータイムマシン・ブルース』が奇跡だったんだ。あの映画以外でこの監督の作品を良いと思ったことは一度も無いからねぇ。
最後のサンタのエピソードだって、別にそれほどイイ話でもない。それをことさらイイ話に見せようとするから無理が出る。テレビ屋上がりの監督とFテレビのいやらしさがプンプン漂ってくるね。orz
TERRAさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-07-17 00:15:32)
16.《ネタバレ》 コメディ要素満載ですが終盤は感動的な展開もあり、2度おいしい映画になっています。「サマータイムマシン・ブルース」の本広克行監督という事で、緻密に構成された伏線、ストーリーは見事でした。喫茶店「カフェ・ド・念力」で、AD桜井に超能力がばれないようエスパー達が奮闘するのがこの映画のメイン。…なんですがそこに行くまでが少し長かった気がします。
nyarameroさん [DVD(邦画)] 6点(2012-05-02 12:32:31)
15.《ネタバレ》 ほのぼの楽しめました。スプーンが曲がらなくたって一瞬で人の心を掴む長澤まさみさんの笑顔は充分超能力レベルです!エスパー仲間で透視だけ軽んじられてしまうのは、やはりオトコのヤッカミでしょうか(笑)こんな優しい人たちだらけならテレパシーもいいかもね。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-12-25 21:36:24)
14.《ネタバレ》 そこまでして超能力を隠さなければならない背景が全く分からない。そこに焦点を当てて、そういう人たちの悲喜こもごもを織り込んでくれたら深みも説得力もあったかもしれないけど、単に軽いコメディとして見てもつまらな過ぎで眠くなりました。それに「超能力を持っている」ということと「超常現象を体験したことがある」を同じ目線で語るのもどうかなぁ? 僕自身はポルターガイスト現象の体験とUFO目撃の体験は持ってるけど、それを人が信じようが信じまいが、言って笑われようが、大した問題じゃないし、長い人生の中でほんの数分のこと。でも、自分自身が超能力を持ってるということの場合、それはその人の人生にいつも離れずにつきまとっているものだし、受け身的体験じゃなく能動的なものだし、その人に占めている大きさがかなり違うと思う。もう、サンタの話に持っていく強引さは、あまりに安っぽいし、こんなのサンタを信じてる子供に見せたら逆にマズイ気がします。「作ってるヤツ本人が信じてないから、こんな安っぽい作品になるんでしょ」と言いたくなる作品でした。
だみおさん [DVD(邦画)] 3点(2011-09-18 06:19:20)
13.《ネタバレ》 サマータイムマシン・ブルースのコンビがやっているだけあって、ノリは近いものがあったけど、話は微妙。最後、ちょっといい話っぽくしちゃってるとこもなんだかなぁ。
eurekaさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-31 12:56:05)
12.《ネタバレ》  俳優陣は悪くない感じでしたが、本当は90分くらいの作品を無理に10分くらい長くしたような、間延び感がぬぐえません。残念です。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-06-13 22:34:23)
11.つまらなかった。『サマータイム・・』があったから期待してしまった感は否めないけど、同じ劇団の看板作品を同じ監督が映画化しているにもかかわらず、このつまらなさはなんなんだろう? っていうか『サマータイム・・』以外のこの監督の作品はどれも酷い出来だけどね。そう言えば『UDON』を見た時も同じように思ったな。
でも興行収益が監督の力量を表すものだとすれば有能な監督ってことになるんどろうけどね。
あと、長澤まさみの子供時代を演じてた子役さん、もう少し可愛い子にして欲しかったなあ。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 4点(2011-04-04 04:43:59)
10.《ネタバレ》 善通寺で生まれ育って、今はことでん沿線に居住し、有明浜に釣りにも行ったりする私にとっては、それはもうセカチューやサマータイムマシンブルースよりも懐かしい場所がいっぱい出てきて嬉しかったです。本広監督ありがとう! 
カフェde念力(旧「喫茶思いつき」)や洋菓子ワールド(同名で実在、ちなみに私が子供の頃は「横田」というおもちゃ屋さんでした)やUFO通り(中通り商店街)や五重塔はいずれも実家から徒歩10分前後のところにあります。商店街や道路のシーンでは一般の人や車がほとんど映っていません。たぶん往来を制限して撮影したとお思いかもしれませんが、実際いつもあんなもんなのです(笑) 
ついでに細かいことを言えば、冒頭の有明浜で海から突き出てる変な円柱状のものは実際ありますし、駅のシーンで映る丸い山は一瞬飯野山かと思ったのですが、丸亀や飯山にコトデンは通ってないしと思い、よく見ると三木町の白山でした。するとカフェde念力から駅までは約40kmあることになります(笑)  
映画はというと、ほとんどメリハリのないというか、盛り上がりに欠けると言いますか、物語が展開しなさ過ぎ。退屈はしなかったけど。
ベッカーさん [DVD(邦画)] 5点(2011-02-18 19:00:13)
9.《ネタバレ》 とても心温まる作品だったと感じました。

出てくる人物は超能力を使える人も使えない人もとにかく変な人だらけ。でも見ていて不快になるような人はおらずキャスト的に違和感を感じるような人もいなかったので、こちらも平和な気持ちで鑑賞することができました。

現代の科学技術が進んでいる情報化社会では、UFO・ネッシー・超能力などいわゆるマユツバ的な事象はほとんど否定されてきました。ひどいものではサンタなどは「それはお父さんだ」とか「そんなものいない」とテレビで堂々と言われてしまうような時代です。そういう意味では、自分の担当する番組の中で自分の信じていたものをこきおろされるのを目の当たりにする米の気持ちは、見ていてとても胸が苦しくなりました。
さすがにラストシーンのUFOの描写はやりすぎ感が否めませんでしたが、別にあのシーンで「超常現象を信じろ」といったメッセージを送っているのではなく、そういったものを神秘的なものとして「思いを巡らせてみて欲しい」というメッセージがあったように個人的には思いました。

前半の導入部分は少し間延びしましたが、カフェ・ド・念力内のキャラたちのやり取りは大変テンポが良く、ゆる~く楽しむことが出来ました。

別に超常現象に限らず、自分が信じるものをそう簡単に否定しないで欲しい。こんな世の中だからこそのメッセージを強く感じる作品でした。
TANTOさん [DVD(邦画)] 8点(2010-12-09 16:56:56)
8.劇団、ヨーロッパ企画の舞台を元にした映画。前作、サーマータイムマシンブルースが面白かっただけに、パワー不足は否めない。つまらなくはないけど、特筆すべき点もなし。
ぬーとんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-10-31 01:29:16)
7.《ネタバレ》 眠くなりました。長澤まさみが出ているのに。あの喫茶店での超能力者たちのやり取りが平坦でつまらない。超能力を扱ってるというのに欠伸が出そうでしたよ。そこに長澤まさみが加わって面白い展開になるのかと期待したんだけど、別に…。超常現象を信じる方が人生は豊かでしょう。でも、この映画からはなにも説得されませんでした。冒頭の「ドラえもん」と「風」の論争とか、バカバカしくて面白かったんだけどね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-09-29 23:45:38)
6.面白くなりそうな予感だけはした映画でしたね。山場もほぼ平らに近かったし、何、達成感に浸ってんだよと言いたくなります。さすがに最後の方の静止画の連続はくどかったですね。だから何だよ、と。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 4点(2010-07-05 00:41:46)
5.まさかこの展開で泣かされそうになるとは思ってなかったので油断してました。
ただ面白いだけじゃなくて、ちょっといい話になってるところがいいですね。
カフェ・ド・念力の中だけで物語が完結してたら満点でも良かったくらいに笑えました。
作中では軽んじられていた透視ですが、どう考えても1番魅力的な能力に思えます。
何しろ長澤まさみのおっぱいですからね。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2010-06-22 14:04:01)(笑:2票)
4.《ネタバレ》 自分はいつまで超常現象を信じていたのだろう。いつから超常現象を信じなくなったのだろう。大人になったからといって信じちゃいけないわけないのに。エスパーが他人には知られずに実際にいるかもしれないのに。
アスモデウスさん [映画館(邦画)] 7点(2009-12-22 00:30:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.35点
000.00%
100.00%
200.00%
3313.04%
4521.74%
5521.74%
6417.39%
7313.04%
8313.04%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS