レイクビュー・テラス 危険な隣人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レイクビュー・テラス 危険な隣人
 > (レビュー・クチコミ)

レイクビュー・テラス 危険な隣人

[レイクビューテラスキケンナリンジン]
LAKEVIEW TERRACE
2008年【米】 上映時間:110分
平均点:4.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
サスペンス
新規登録(2009-11-03)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2010-03-04)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・ラビュート
キャストサミュエル・L・ジャクソン(男優)
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)
ジャスティン・チェンバース(男優)
ジェイ・ヘルナンデス(男優)
ケリー・ワシントン(女優)
マイケル・ランデス(男優)
ロバート・パイン(男優)
脚本デヴィッド・ロッカリー
音楽ジェフ・ダナ
マイケル・ダナ
撮影ロジェ・ストファーズ
製作ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
製作総指揮デヴィッド・ロッカリー
ジョン・キャメロン[音楽]
あらすじ
高級住宅に移り住んだ若い夫婦。白人の夫はスーパーマーケットチェーンの社員、黒人の妻はクリエーターで裕福な実業家の父親を持つ。妻の父親の経済的支援の下に安心した生活を送る二人。順風満帆な新生活を送るかに見えた二人だったが、引越しと同時にその生活は歪み始める。その原因は、隣人の黒人警官にあった。子どもたちの躾にも恐ろしく厳しい硬派の警官である彼は、隣人にも厳しい目を向ける。そして、その行く先には…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.隣人に嫌がらせを受けるサミュエル・L・ジャクソンと思いきや、その逆。かなり歪んだ性格で、ワタクシこの人が隣人なら速攻で引越しします。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2015-01-04 16:15:25)
7.《ネタバレ》 サミュエル・L・ジャクソンは嫌いじゃないので観たけれど、ストーリーは微妙。隣人同士、どちらも良いところもあれば悪いところもあるので、どちらかに感情を肩入れして観る事が出来ないまま前半が終了する。さすがに後半になるとサミュエル・L・ジャクソンがヤバいヤツだとハッキリするのだが、前半のモヤモヤ感があって、単純に楽しめない。結局は「夫婦たるもの日頃からキチンと話し合おう」というメッセージが見えてくるのだが、それを主張するならもっと別の物語にすべきだ。通常、こういう隣人サスペンスものは、最初から済んでる方が善人で、その隣へヤバい人間が引っ越してくる・・・という流れなのだが、この作品はその逆というのもモヤモヤ感の原因の一つ。さらにはヤバいヤツの子供達は悪人じゃないので、それも物語を悪い方向へ複雑にしている。これでは劇場公開しなかったのも納得。
へろへろさん [地上波(吹替)] 4点(2014-10-28 12:27:09)
6.《ネタバレ》 高級住宅地に越してきた新参者の夫婦。初対面からチマチマと嫌がらせを続けるお隣の厳格な黒人警官。夫婦が白人男性の夫と、黒人の妻ということもあり、人種差別的なものも透かし見えるのだが、根底にあったものは・・・。というお話です。謎が解け、なぜ黒人警官がそれほど厳格さを周囲に求めるのか。夫婦に対する嫌がらせを続けるのか。一貫した根っこがあることが解るのですが、その根っこにまつわるエピソードが描けていないので、はぁ、そうなんだ、と拍子抜けしてしまいます。この辺をもう少し上手に描ければ面白い映画になったのかな、と思います。
kirieさん [地上波(吹替)] 3点(2014-10-22 21:24:38)
5.主役がサミュエルL・ジャクソンなので、なんとなく「クラッシュ」のような掘り下げた人種問題を探る深い映画だと思ってたら、ただの小競り合いで終わってしまった。ラスト救急車の会話がB級丸出し
カップリさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-14 10:54:55)
4.人種の話をネチネチと、嫌ですねー、あんなお隣さん。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 5点(2010-05-31 23:12:00)
3.《ネタバレ》 サミュエル・L・ジャクソンさんは、優しいオジさんも怖いオジさんも見事に演じ分けますね。この作品は怖いオジさん。
この厳格な父親は超人格者?と思いきや、悲しい過去から歪んだ黒人至上主義者になってしまってたんですね。運悪くその隣家に移り住んでしまった若夫婦。こちらはこちらで、白人の夫(決して劣等感を感じなければいけない経歴じゃあない)と彼を見下す黒人の妻の父親。
いやはや、似たような背景の人間が隣り合わせになったもんです。当然、安穏な生活が待っているわけはない。お話の展開は早いですね。どんどんエスカレートする警官の行動。警官であるだけに余計にたちが悪い。恐ろしいです。
全体的にテンポ良く進んで行きますが、山火事のお話は必要だったのかなぁ?ラストのあっけなさ(普通だったら警官が絶対有利?)に「あれれ?」という印象も受けるかも。
とは言え、人種差別(なのかな?)に対してひとひねりある、まずまず見応えある作品でした。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-23 02:19:00)
2.必然性の無いストーリー展開に置いてきぼり状態のうちにエンディング。
kaaazさん [DVD(字幕)] 3点(2009-12-05 00:12:42)
1.劇場未公開作品ということですが、結構、面白かったですよ。よくあるご近所心理戦モノですが、「黒人女性と結婚した格下の白人男性」への露骨な見下し感が、これまでの人種感を覆す感じでそら恐ろしい。しかし・・この作品でも全裸になっているパトリック・ウイルソン!「オペラ座の怪人」と「アラモ」以外の作品では必ず、全裸になるのね。レイフ・ファインズを脅かす「全裸の実力派・しかも正統派白人」俳優ですね。最近はあなたが出てるといつ全部、脱ぐか気になってしまうようになってきたわ・・。自己嫌悪・・。
グレースさん [DVD(吹替)] 6点(2009-11-25 20:10:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 4.88点
000.00%
100.00%
200.00%
3225.00%
4112.50%
5225.00%
6225.00%
7112.50%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS