Menu
 >
 >
 > パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
2010年【米・カナダ】 上映時間:121分
平均点: / 10(Review 29人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化
[パーシージャクソントオリンポスノカミガミ]
新規登録(2009-11-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-02-20)【たろさ】さん
公開開始日(2010-02-26
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・コロンバス
助監督ピーター・マクドナルド〔撮影〕(第二班監督)
キャストローガン・ラーマン(男優)パーシー・ジャクソン
ユマ・サーマン(女優)メデューサ
ロザリオ・ドーソン(女優)ペルセポネー
アレクサンドラ・ダダリオ(女優)アナベス・チェイス
ピアース・ブロスナン(男優)ケイローン
ブランドン・T・ジャクソン(男優)グローバー・アンダーウッド
ショーン・ビーン(男優)ゼウス
ケヴィン・マクキッド(男優)ポセイドン
スティーヴ・クーガン(男優)ハデス
キャサリン・キーナー(女優)サリー・ジャクソン
ジョー・パントリアーノ(男優)ゲイブ
ジュリアン・リッチングス(男優)
宮野真守パーシー・ジャクソン(日本語吹き替え版)
木村佳乃メデューサ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ハデス(日本語吹き替え版)
大塚明夫ケイローン(日本語吹き替え版)
林勇グローバー・アンダーウッド(日本語吹き替え版)
佐々木優子アテナ(日本語吹き替え版)
後藤哲夫ゲイブ(日本語吹き替え版)
野島健児ルーク・キャステラン(日本語吹き替え版)
高乃麗エリーニュース(日本語吹き替え版)
小杉十郎太ポセイドン(日本語吹き替え版)
玄田哲章ゼウス(日本語吹き替え版)
音楽クリストフ・ベック
撮影スティーヴン・ゴールドブラット
ロバート・リード・アルトマン(第二班カメラ・オペレーター)
製作マーク・ラドクリフ[製作]
マイケル・バーナサン
配給20世紀フォックス
特殊メイクビル・テレツァキス
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
ギョーム・ロチェロン(視覚効果スーパーバイザー)
編集ピーター・ホネス
録音ランディ・トム
その他ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.《ネタバレ》 メデューサ 散髪に行きなっされや もちょっと短くしなっされや 毛先を2cmほど切ってみなっされや 頭軽くなるから。(別にへびの頭取れてしまってもいいですやん)   
イメチェン、イメチェン あなた今のままじゃ恐いよ ほんと気色悪くて恐いんよー。
(ユマ・サーマンには個人的に何らかの賞をあげたい)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-11-19 19:55:08)
28.《ネタバレ》 歴史の浅い現代アメリカでギリシャ神話が甦るという荒唐無稽な設定は面白そうのに、携帯電話やパソコンを駆使した活劇をいくらでも掘り下げられたのに、子供でも騙せないご都合展開の塊で大幅減点。絶体絶命のピンチ→近くに水が流れている→大逆転 のパターンはここまで来ると笑ってしまうレベルで、もっと捻ることが出来たのではないか? 世界の終りが近づいているのにのほほんと気楽なのも如何なものかと。監督がクリス・コロンバスなのが皮肉に感じる。
Cinecdockeさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2016-01-27 22:28:58)
27.《ネタバレ》 母が殺された(実際には死んでないが完全にそう見える)直後の主人公のリアクションで、物語自体どーでもいい感じになっちゃった。ハリーポッターでお馴染みのティーンの男二人女一人の組み合わせでの冒険とか、RPGではお馴染みのお使い型的展開とか、いいんだけど、なんか面白くない。テンポはめちゃいいんだけど、よすぎて、人が描かれてないから、パーシーになんの感情もわかない。てゆーか、逆に、クレジット後の展開で、おいおい、パーシーってやばくね?って思ったくらいです。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 3点(2015-07-14 19:32:44)
26.《ネタバレ》 主人公パーシー、劇中でも言及される通り、またその活躍するエピソードを見てもわかる通り、“ペルセウス”と関連があるらしいのだけど、設定は何故か、ゼウスではなくポセイドンの息子。水と親和性が高く、水に触れるとケガが治っちゃったりもする。ここで世の親はすかさず、この映画を一緒に観てる子どもたちに言う訳です、ホラあんた、いつも転んで擦りむいたケガをお風呂に浸けるのイヤがってるけど、見て御覧、浸けたら治っていくやんか、と。ウチの子は「ほんまや~」と言いながらも納得したようなしてないような。しかしこの作品。クリス・コロンバスが「オレがハリー・ポッター撮った時にゃ、まさかあのシリーズがあんな武闘派路線になるとは思わなかったぞ。オレもそういうの撮りたかったぞ。よしオレも撮っちゃうぞ」とはまさか言ってないと思いますが、そういう二番煎じ感が溢れかえってます。が、展開の早さ、簡潔なわかり易さ、派手なCG、ヒマつぶしにいい映画はどちら?と聞かれれば、コチラに軍配を上げてもよいかも知れません。ヒマつぶしと割り切ってる分にはそれでいいかも知れませんけど……一体この映画、何が描きたかったんでしょうね? 父と離れて暮らし、父に見捨てられたと感じていた少年が、冒険を通じて成長し(「強くなった」のと「成長した」のは違う気もするが)、ついに父と対面を果たす。父との葛藤か、あるいは血縁の絆か。「オヤジよ、よくもオレと母さんを見捨てたな」「いや~ソレはしょうがなかったんだよ。でもさ、オマエのことはちゃんと陰ながらサポートしてたじゃないか」「お~言われてみればそうだったな~、サンキュー、オヤジ」だってさ。そんなアホな。この軽薄さには、もはや清々しさを感じてしまいます。いやあ、第2作も楽しみだ。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-03 17:50:03)
25.ギリシャ神話が好きな人は見ない方がいいでしょう。期待し過ぎました、、、2は観ません。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-01-19 20:46:02)
24.《ネタバレ》 ギリシア神話を下敷きにして、現代のニューヨークを舞台に、盗まれたゼウスの最強兵器「稲妻」をめぐっての冒険譚。冒頭の巨大ポセイドン出現場面では期待したが、以降の威厳の感じられない神々には幻滅させられた。総じてファンタジー色が少ない。高校生とファンタジーでは親和性が薄い。原作の12歳の方が適切だ。活躍する舞台は地上ではなく、天上などの異次元にした方がよい。そうすれば園芸店にメデューサがいて客を石に変えているが人間に露見しない、という矛盾がなくなる。ゼウスがポセイドンを呼び付けるが、そこは高層ビルで、共に人間の姿。摩天楼をオリンポス山になぞらえているのはわかるが、神同士なら天上で会えばよい。ファンタジーはイメージが大切だ。カインの渡し守もハデスもその妻も人間の姿。手抜きであろう。ゼウスはこれといった理由もなく、ポセイドンの息子パーシー(P)が犯人と決めつける。そしてポセイドンに「期日までに持ってこなければ戦争だ」と脅す。それでいて息子との面会は許さない。酷い神だ。Pは継父の酷い悪臭で神々から隠されているという。酷い設定だ。でも何故隠すのか?「Pが稲妻を盗んだ」の噂が広まり、「稲妻」を奪いに魔物が現れる。魔物に居場所が分るのに、ゼウスには分らない?母が冥界の支配者ハデスにさらわれ、ハデスは「稲妻」と母の交換を条件とする。Pは仲間と母の救助に向うが、先ず冥界からの帰還に必要な「真珠」を見つける必要がある。ここからペルセウス神話をなぞっての冒険が始まる。宝探し、怪物退治、ロード・ムービー、旅の仲間等の要素で、最大の見せどころ。が、残念ながら盛り上がらない。緊迫感がないのだ。「ジュラシック・パーク」の恐竜の迫力と比較すれば一目瞭然。前段のキャンプでの訓練もチャンバラにしか見えなかった。冥界で、ハデスを説得して母を返してもらうという最大の難問が立ちはだかるが、労せず解決してしまう。カタルシスは得られない。帰還してルークと一騎打ち。彼が「稲妻」を盗んだ真犯人で、楯に隠してPに与え、冥界でハデスに渡るように企んだのだった。「稲妻」が実践で使用されるが、驚くほどの威力はない。羊頭狗肉だ。夜の場面が多く、見にくい。何故魔物の近くに真珠があるのかは謎だ。真珠を守っている様子はなく、ハデスとも不連絡。真珠が足ずに一人冥界に残るが、後にPがゼウスに頼んで戻してもらう。無駄な挿話はやめよう。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-20 22:04:03)
23.《ネタバレ》 本当に面白くない映画だった。脚本が穴だらけ。ヒドラに襲われて絶体絶命のピンチに追い込まれて「あ、そういえばメデューサの頭持ってたんだ」って、気付くの遅すぎ。あと、冥王ハデスが嫁さんにパコーンって叩かれて終わりって弱すぎだろ!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 2点(2012-06-21 19:50:08)(笑:1票)
22.うん。と一度頷いて終わる映画。
Balrogさん [DVD(字幕)] 3点(2012-05-21 23:47:28)
21.《ネタバレ》 期待せずにみると意外におもしろい。CGはいいしモンスターデザインも好き。ただ盗まれた雷弱すぎ。親子の対面まったく感動なし。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-26 21:58:52)
20.ストーリーは幼稚でキャラにも魅力が無く面白くはなかったかな。
眠くなりましたし。
CGは綺麗な部類なんでしょうか、今はみんな綺麗なので特に気を惹くには至らずって感じです。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-11-27 14:59:24)
19.《ネタバレ》 退屈はしなかったです。この種の作品はベテラン勢が脇を固めることが多いけど、生首で連れまわされるユマ・サーマンがちょっと可哀相ですな。007と呼ばれていた人たちはその役をやめてからの方が存在感が増すパターンが多いのが不思議です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-23 15:50:55)
18.これは本当に映画よりTVドラマのようで、BSで1シーズンだけ放映されたアーサー王ごっこの「魔術師マーリン」みたいに既存のキャラでお遊びのジュブナイル。(「半」なのは「ダレン・シャン」にも似てる?) 古典や神話を親しみやすいものにするのにはいい方法かもしれませんが、ユマやビーン、ブロスナンとそれなりの人がでているのにチープな作りなのは残念。 パーシーって名も日本語表記のペルセウス(パーシアス)とは結びつきにくいですよね。 主人公トリオのうち守護者の男の子が最後××を自慢するのがカワイイです。
レインさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2011-04-23 12:00:03)
17.《ネタバレ》 王道ファンタジーを、ツッコミを入れつつ楽しみたい人むけ、かな。神々の集うオリンポスがニューヨークにある。……という設定が、もう、面白すぎる。これが日本のマンガなら、オリンポスは東京にあるんだよね♪  いくつか欠点を持ってるけど基本いい子な主人公の美少年は、ポセイドンの息子なのでいざというときは水が助けてくれる! 美少女ヒロインはアテナの娘で戦闘能力が高い! でもなぜか主人公のほうが強い! 二人を助ける、気のいい仲間(若干下僕扱い)もいて、設定も展開も王道ファンタジー。これを面白いと思うか退屈と思うかは好みによると思う。稲妻を盗まれた、盗んだのは誰だ、という騒動自体はとってつけたような感じで、ギリシャ神話を知っていたらまるわかり。要は、ギリシャ神話の怪物たちに出会いながら、アクション満載のアメリカ縦断の冒険をしていく話なのだが、結局、主人公はアメリカから一歩も出ない。ギリシャ神話ネタなのに……。主人公の名前がパーシー。ギリシャ神話のペルセウスと同じ名前。 というわけで出てくるヘルメスのお助けグッズも面白かったし、ユマ・サーマンのメデューサは、素晴らしすぎた。(メデューサだけでいったら「タイタンの戦い」よりずっと感動した!)  その他、小者っぽすぎるゼウス(ショーン・ビーン)に涙したり、訓練所でにこやかに先生をやっている5代目ボンドに苦笑したり、冥府のカロンにひそかに感動した直後に、ハデスとベルセフォネに爆笑してしまったり、エンドロール後のオチにうっかり「やったね!」と思ったり、最後までいろいろな意味で楽しめた。
ルクレツィアの娘さん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-08 14:42:49)
16.《ネタバレ》 アメリカでギリシャ神話ってどうなの?とか思いましたが、
日本には聖闘士星矢という傑作があったんですよね(笑)。
まあそれはともかく…、
ミノタウロスの出現シーンとかは良かったし、
メデューサの頭とか気持ち悪くてなかなかでした
(CMの印象も強かったしなあ…)。
でも話の中核であろう稲妻が意外としょぼかったのがなんでしたが…。
それと神々もでかいだけで神々しいとか威厳は感じられませんでした
(そもそも誰が稲妻を盗んだのか見抜けていたのかどうかという疑問符が)。
さくさく話が進むのも良かったかなと思います。
そのぶん中身に深みはありませんでした
(結局、特訓とか訓練とかいってたわりにはやらんかったし…)。
息子の安全のために屑男に身を預けるママンがなんかエロスという感じでしたが…、
そんな妄想を抱くのは私だけかもしれないなあ…。
まあ冗談はともかく(本当か?)、
基本的には今時はやりの健全な(?)冒険ファンタジーです。
映かったーさん [DVD(吹替)] 5点(2010-12-04 17:39:02)
15.《ネタバレ》 まったく期待してなかったせいか、個人的には楽しく見ることが出来ました。ヒドラのシーンもなかなかの迫力ですし、終盤の決戦なんかも高所恐怖症の人が見たら縮こまりそうなほどの出来映えだったと思います。確かに、ギリシャ神話の神々が出てくる話なのになぜアメリカ中心なのかという疑問も出てくるかもしれませんが、若者向けのアメリカ映画なんですから、それは仕方のないことです(笑)。パーシー・ジャクソンの水攻撃がもの凄かっただけに、その見せ場をもっとフルに見たかったなというのが正直なところ。どことなく続編を匂わすような作りなので、もし続編が出るなら、ぜひともその水攻撃をさらにパワーアップしてみせてほしいところだ。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2010-09-20 00:43:33)
14.ストーリーは幼稚、キャストも微妙。でも映像はそこそこ楽しめます。テンポも速いので、遊園地行ってちょっと楽しみたいという気分で見るといいと思います。
あるまじろさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2010-08-07 20:07:16)
13.OPのインパクトは強いものの、それ以降はどうもぱっとしない。途中デミゴットの村に入ったところから時代がごっちゃに。なんかNHKでやってるアドベンチャー系海外ドラマを見ている気分。ハリポタ関わっているせいかCGはいいんだけどなぁ・・・
あんどりゅ~さん [DVD(字幕)] 3点(2010-08-02 02:27:04)

12.本作に先立ち鑑賞した「オリンポスの戦い」(http://www.jtnews.jp/cgi-bin/rv_18431.html)に負けず劣らず、くだらない映画だ・・・
本作の方が金が掛かっているのだから尚更始末が悪い。まぁ、楽しめるのは小学生までかな。
どうでも良いけど、「稲妻盗まれちゃいましたw」ってどう考えても情けないだろう。ゼウスさんよ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 3点(2010-08-01 01:02:54)
11.《ネタバレ》 中学生ぐらいまでだったら楽しめるのかもしれないなあと思った所でした。誰が稲妻を盗んだかっていうのも、そいつが出て来てから5分後位には分かってしまいますよね。「こんな窮地どうやって切り抜けるの?」っていうのも、かなり無理矢理だったり(カジノのところね)、わかりきってたり(ハデスのところね)冒険の一つ一つが深まらないままに次の所に・・・ひとつひとつの要所が妙にあっさりしすぎていて心には残らない。「パーシーがんばれ!」「あともうちょっと!」なんていうのが実に無い。甲子園に汗と涙と土埃が無いような感じ。ボクシングに減量の苦しみや殴られた後が無いような感じ。
蝉丸さん [DVD(字幕)] 3点(2010-07-25 17:30:52)
10.《ネタバレ》 「普段はパッとしない主人公+いい人キャラの引き立て役+賢い女子」が「羽の生えた魔法グッズ」やらを使用して戦い冒険する愛と友情と魔法の物語!って・・まるっきり、ハリポタと同じじゃん。ユマ・サーマンだけがステキでした。
グレースさん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-24 21:27:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 4.31点
000.00%
100.00%
2310.34%
3827.59%
4620.69%
5517.24%
6310.34%
7413.79%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.60点 Review5人
4 音楽評価 5.25点 Review4人
5 感泣評価 2.00点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS