俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-
 > (レビュー・クチコミ)

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-

[オレタチステップ ブラザースギキョウダイ]
Step Brothers
2008年【米】 上映時間:98分
平均点:6.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
コメディ
新規登録(2009-11-23)【永遠】さん
タイトル情報更新(2020-10-01)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アダム・マッケイ
キャストウィル・フェレル(男優)ブレナン・ハフ
ジョン・C・ライリー(男優)デール・ドーバック
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ロバート・ドーバック
アダム・スコット(男優)
セス・ローゲン(男優)
イアン・ロバーツ[1965年生](男優)
メアリー・スティーンバージェン(女優)ナンシー・ハフ
エリカ・ヴィッティナ・フィリップス(女優)
ケン・チョン(男優)
キャスリン・ハーン(女優)
山寺宏一ブレナン・ハフ(日本語吹き替え版)
江原正士デール・ドーバック(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕ロバート・ドーバック(日本語吹き替え版)
置鮎龍太郎(日本語吹き替え版)
沢田敏子ナンシー・ハフ(日本語吹き替え版)
原作アダム・マッケイ(原案)
ウィル・フェレル(原案)
ジョン・C・ライリー(原案)
脚本アダム・マッケイ
ウィル・フェレル
音楽ジョン・ブライオン
撮影オリヴァー・ウッド〔撮影〕
製作ジャド・アパトー
製作総指揮アダム・マッケイ
ウィル・フェレル
美術クレイトン・ハートレイ(プロダクションデザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》  主役の二人が十歳と九歳であったなら、微笑ましいファミリームービーだったのだろうなと思います。
 それぞれの父と母が再婚する事になり、義兄弟となった幼い二人が喧嘩しながらも絆を育んでいくという形。
 新しい母親が自分をどれだけ甘やかしてくれるか確かめたり、二段ベッドを作っても良いかと両親に提案したりするシーンなんて、きっと可愛らしかったでしょうね。

 それを四十歳と三十九歳の中年男にやらせているというギャップが本作の面白さなのでしょうが、自分としては少々観ていてキツいものがありました。
 どちらかというと、主役の二人よりも二人の両親の方に感情移入させられましたね。
 この「真っ当な社会人である両親」と「社会不適合者の息子達」の二つの視線を作中に用意している辺りのバランスは、作り手の巧みさを感じます。

 そんな訳で、善良な両親が離婚する事になる終盤の展開はショッキングだったし、そこから二人の息子も奮起して社会復帰を果たしてくれる流れだった事には、心底ホッとさせられましたね。
 就職すれば嫌味な上司に敬語を使い、苦しい思いもしなければいけないという部分を、キチッと描いている事には感心。
 その一方で「働く喜び」のようなプラス面がオミットされていたのは気になりましたが、それに関してはラストの「二人が会社を辞めて起業家として成功する」オチに繋がるのだから、仕方のないところでしょうか。

 クライマックスにて、二人がコンビを組んで演奏してみせる場面にはテンションが上がりましたし、それによって周囲の人々が主人公達を認める事になる流れも、王道の魅力がありましたね。
 特に好きなのは、ウィル・フェレル演じる兄と、アダム・スコット演じる実の弟が、互いに不器用なハグを交わすシーン。
 今では不仲となってしまっていたけれど、幼少期には仲の良い兄弟であった事が回想シーンで描かれていただけに、笑いの中にも微かな感動を覚えたりもしました。

 ただ、最後の最後で意地悪な子供達に復讐する主人公コンビに関しては「なんて大人げない……」と感じてしまい、今一つカタルシスを得る事が出来ず、残念。
 それでも、両親も無事に復縁し、主人公達も再び「兄弟」に戻れたハッピーエンドという形だった事は、良かったなぁと思えました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-06-06 19:13:09)(良:1票)
4.《ネタバレ》 ヤバイとおもう。世界中のテロリスト、聖職者、変態に、、、、ぜひ!(うー!気持わるすぎで涙する)非常に深い(不快)、地球のマントルくらい。
男ザンパノさん [レーザーディスク(吹替)] 7点(2015-05-19 22:17:36)
3.40歳にもなってあまり若い格好しているとキモいということが分かった作品でした。コメディ映画としては笑えるシーンも結構あり楽しめたのですが、いかんせん主役二人がなんか気持ち悪い。なんだろう、たとえば凄い面白いネタをやるお笑い芸人が、見た目が気持ち悪いと、そっちの方に気がとられて面白さが半減してしまうという感じでしょうか。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-02-10 16:07:41)
2.感動すら覚えます!特典映像集もおすすめです、こんなおばか映画に徹底的におつきあいしているスタッフ・キャストを尊敬したくなるほどです。音楽も最高、もう一度見たくなりましたよ。音楽ジョン・ブライオンはマグノリア、エターナル・サンシャインも作っているんですね!!名曲「Boats and Hoes」はネットでも見られた。うん、もう一回この映画みようっと!
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-01 11:04:18)(良:1票)
1.《ネタバレ》 主演のゴミクズスーパーニートコンビは、ほぼケダモノ。清々しいくらい品性がなく、しょうもないコメディである。嫌いじゃない!「うんこは、なめちゃダメだよー」ってセリフは直球すぎたが笑ったなぁ。
すべからさん [DVD(吹替)] 8点(2012-05-09 22:58:54)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7120.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS