ティンカー・ベルと月の石のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > ティンカー・ベルと月の石
 > (レビュー・クチコミ)

ティンカー・ベルと月の石

[ティンカーベルトツキノイシ]
Tinker Bell and the Lost Treasure
2009年【米】 上映時間:81分
平均点:6.30 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-12-23)
ファンタジーアニメシリーズものファミリー
新規登録(2009-12-01)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2021-03-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
アンジェリカ・ヒューストンクラリオン女王
高島雅羅クラリオン女王(日本語吹き替え版)
山像かおりフェアリーメアリー(日本語吹き替え版)
高橋理恵子シルバーミスト(日本語吹き替え版)
豊口めぐみロゼッタ(日本語吹き替え版)
坂本真綾フォーン(日本語吹き替え版)
石田彰ボブル(日本語吹き替え版)
稲葉実秋の大臣(日本語吹き替え版)
青野武大きいトロール(日本語吹き替え版)
緒方賢一小さいトロール(日本語吹き替え版)
土師孝也フェアリー・ゲイリー(日本語吹き替え版)
島本須美ナレーター(日本語吹き替え版)
原作ジェームズ・M・バリー(キャラクター創造)
作詞浜崎あゆみ「You were...」(イメージソング)
主題歌浜崎あゆみ「You were...」(イメージソング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》  前作同様の美しすぎる映像。これだけでも見る価値があると思えます。
 ストーリーも、良くも悪くも前作同様。毒にも薬にもならないプロット。
 その1.ティンカーベル、『月の石の杖作り』という大役を任される。
 その2.ティンカーベル、『月の石を壊す』
 その3.ティンカーベル、『月の石』を元に戻すため、願いを叶えてくれる鏡を探す旅に出る。
 ハード面はファンタジーアドベンチャー。ソフト面はテレンス、ブレイズ(蛍)との友情物語。
 要は、「物よりも大切なもがある」っていう、ありふれまくっているプロット。例えば、トロールたちが喧嘩をした後、仲直りをする様子を見て反省するティンカーベル。もちろん子供向け。それも保育園や小学校低学年の子たち向け。いい歳した大人が本気で見るような代物じゃあございません。
 でも何だろう。この歳になってこーゆー映画を見ると、妙なヒーリング効果があります。心が洗われるといいますか。童心に帰れるのが良いのかもしれません。
 『気球』『ねずみとの大乱闘』『秋の準備』など、アニメーションとして面白い演出が盛り沢山。ラストは失敗を成功に変えてめでたしめでたし。
 でもよく考えてみましょう。次の季節の杖を作る人たちは、あの砕けた月の石にあわせて、新しい杖を作らなければならないわけです。勝手に難易度を上げられて、迷惑ではないのでしょうか。
たきたてさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2019-10-19 12:28:24)
9.《ネタバレ》 ティンカーベルの二作目。一作目が意外によかったので鑑賞。映像は相変わらず、キラキラしていて綺麗で、こりゃキラキラ部門第一位です。ただティンカーベルやピーターパンに思い入れのない僕には、この映画の内容に関しては、子供のもの以外、特に感じるものはありません。それこそ、ベネッセのしまじろうのアニメと変わらないとゆーか。実は前にしまじろうの舞台を観た時、この映画と同じように魔法の言葉として「ごめんなさい」が表現されていました。だから子供が観るぶんにはもってこいの映画です。ストーリーはそういう意味では特におもしろいとは思わないですが、観ていて楽しめる一定のクオリティーは前作同様保っており、退屈ではありませんでした。それに今回は結末にもちょっと気になる点がありました。月の石がバラバラになり、今回はそれを元に戻すためにティンカーベルが冒険に出るのですが、結局は元に戻らず、その解決策がバラバラのまま輝かせること。これはバラバラになったものでも輝くことができ、さらなる成功があるとゆう別のテーマが隠されてるようにも感じました。
なにわ君さん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-02 21:29:51)
8.あれ?1より良かった。でもやっぱりティンクは私の好きなティンクではないままで(1に書きました)、もはやティンクに似た妖精として観ている私がいます。そう思って続きを観ていきたいと思えた作品。諦めずに2観て良かった。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-09-04 01:44:39)
7.ティンカー・ベルが魔法の鏡をさがす旅がメインの2作目。 本国ではOVAなのでこっちの方が人気があるってことなんですね。 キャラ多くてせまい世界だった1作目よりはスッキリ、画面も見やすくキレイになったよう。 旅人ティンクはロビン・フッド風? 元々衣装の色が親和性のあるグリーンなのが大きい。 彼女とテレンスがイラ~ッとするほどドジなのにはゲンナリ、ブリブリなホタルの子もちょい苦手ですが。 半分見たことになるけれど、成長したらその分「ピーター・パン」のティンクとのギャップは大きくなるという皮肉。
レインさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-05-12 07:00:01)
6.《ネタバレ》 前作よりもこちらのほうが面白かったと思います。今回は、ティンカーベルが海賊船を捜す冒険の旅に出る内容で、アクションも増えてよりエンターテイメントになってますが、なによりお互いが「赦す」ことによって、より良い方向へすすめるというメッセージ性が素晴らしい。「赦す」ことや自分を省みる事の大切さを子ども達に教える、とても教育的な内容だと思う。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2011-04-11 15:48:39)(良:1票)
5.ディズニー映画が大好き!ってわけではないんだけれど
たまたまやっていたので、たまたま見ただけだったから
あんまり期待はしてませんでした。
だからこそなのか、想像していたよりも面白かったです。

ストーリーは、そこに落ち着くんだ!とラストだけビックリ。。
そしてそれを良しとして納得しちゃうキャラ達に「いいの!?」とビックリする感じ。
でも映画は基本的にハッピーエンドが好きだから、まあまあ良かったかな。

何より良かったのが
虫ちゃん達のいじらしい仕草でした。
ダンゴムシLOVE!
umenoさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2011-01-01 15:35:06)
4.《ネタバレ》 仕事でミスをしたときは、報連相。
no_the_warさん [DVD(吹替)] 6点(2010-08-19 21:56:19)
3.内輪でちまちまと揉めていた前作とは違って、今回は冒険に出るワクワク感があって良かったです。
アトラクションを体験してるような楽しい映像もグッド。
ティンカー・ベルの性格も僕のイメージに近付いてきた印象。
あと、どうでもいいことだけど、何の説明もなくイケメンの地位が上がってたことに妖精の世界の厳しさを垣間見た気分です。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2010-06-22 10:19:51)
2.サブキャラが、今回はおとなしかったのが残念でしたが、ティンカーベルのあのキャラが好きなので、満足はできました。
Yoshiさん [映画館(吹替)] 6点(2010-02-09 12:52:08)
1.ティンカー・ベルを始めとするキャラクター達の愛らしさが、この物語の肝であると思います。前作での長所をそのまま継続し、物語に活力が生まれています。時折挿入されるコメディ要素も楽しみの一つです。短気でオッチョコチョイなティンカー・ベルに親しみと情が湧き、一生懸命な姿を応援したくなります。残りの2作も、とても楽しみです。
shoukanさん [映画館(吹替)] 7点(2010-01-08 20:45:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5110.00%
6550.00%
7440.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS