Dr.パルナサスの鏡のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > Dr.パルナサスの鏡
 > (レビュー・クチコミ)

Dr.パルナサスの鏡

[ドクターパルナサスノカガミ]
The Imaginarium of Doctor Parnassus
2009年【英・カナダ・仏】 上映時間:123分
平均点:5.65 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-01-23)
アドベンチャーファンタジーミステリー
新規登録(2009-12-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-11-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テリー・ギリアム
キャストヒース・レジャー(男優)トニー
ジョニー・デップ(男優)鏡の向こうのトニー
コリン・ファレル(男優)鏡の向こうのトニー
ジュード・ロウ(男優)鏡の向こうのトニー
クリストファー・プラマー(男優)パルナサス博士
リリー・コール(女優)パルナサス博士の娘 ヴァレンティナ
トム・ウェイツ(男優)悪魔 Mr.ニック
アンドリュー・ガーフィールド(男優)パルナサス博士一座の団員 アントン
ヴァーン・トロイヤー(男優)パルナサス博士一座の団員 パーシー
ピーター・ストーメア(男優)慈善事業団体の会長
森川智之トニー/鏡の向こうのトニー(日本語吹き替え版)
石田太郎パルナサス博士(日本語吹き替え版)
坂口芳貞悪魔 Mr.ニック(日本語吹き替え版)
多田野曜平パルナサス博士一座の団員 パーシー(日本語吹き替え版)
小島幸子パルナサス博士の娘 ヴァレンティナ(日本語吹き替え版)
脚本テリー・ギリアム
音楽マイケル・ダナ
ジェフ・ダナ
作詞テリー・ギリアム"We Are The Children Of The World"他
作曲テリー・ギリアム"We Are The Children Of The World"
編曲ニコラス・ドッド
製作テリー・ギリアム
サミュエル・ハディダ
配給ショウゲート
美術テリー・ギリアム(オリジナル・デザイン / 美術演出)
編集ミック・オーズリー
その他ニコラス・ドッド(指揮)
ヒース・レジャー(追悼)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 「物語がなければ世界は存在しない」から物語を構成するのは言語という事で、「言語がなければ世界は存在しない」へと解釈を拡大すれば、この世はフィクションという事になる。Dr.パルナサスは鏡を境界にして「想像の扉」を開き、現実と空想の世界を往来するわけだが、この世がフィクション(想像)であるのだから、そもそも境界自体が曖昧であるとも言える。そういった世界観を映像的に表現しているとも言えるわけだが、内容的難解というか少々不可解な点もあって観客を置き去りにしている部分もあるように思える。「俗」の象徴であるトニーが当て馬的な役割で、これだけ壮大な世界観を提示しておきながら、最終的には「結婚・子作り」という「ささやかな幸福」的な無難なオチになってしまったのが尻すぼみで勿体なかったかな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 6点(2021-01-04 17:46:45)
50.テリー・ギリアムの世界観が炸裂!
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-23 08:44:59)
49.なんとも意味不明な物語だったけど、幻想的な映像が面白かったです。
リリー・コールが実年齢より若い娘役と実年齢以上の母親を演じていたけど、どっちも違和感なく魅力的でした。
もとやさん [地上波(字幕)] 6点(2016-09-22 00:36:52)
48.あれれ?評価低いんですね。確かに私もCGの多用は残念でしたのでこの点ですが、もしギリアムらしく手作り風味の美術であればもっと点上げました。、、、あ、そこが皆さんの低評価部分でもあるのか、、、。でも時代が時代だからもうあの頃の雰囲気では映画作れないんだろうなぁ、あのインチキサーカスみたいな手作り感。そしてきっとヒースで既に撮り済み部分も大量にあったでしょうに、、、苦渋の切り替え選択だったと思いますが、ヒースの穴埋めを上手に仕上げましたね、違和感無かったです。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-05-19 18:46:48)
47.テリー・ギリアムを数本観れば、彼の作風はわかります。最初観たときは「なんてすごい監督だ!」と思いましたが、2本3本と観ていくうちに食あたり気味になります。映像へのこだわりは強く感じられるが、こだわってるわりにあまり深みがない。

本作はその集大成って感じ。
この映像世界、20年くらい前なら新鮮だったかもしれませんが、これだけ技術が発達した時代にこれでもかと見せられてもむしろ痛々しいです。なんかこう、この世界観を活かすためにもう一工夫できなかったんでしょうか。

結果的にやたら豪華なキャスティングになってしまったことも、毒々しさが増して本来描ききらなければならないはずのテーマを薄めている。(そういう私自身もキャスト目当てに観たわけですが)
かつてのクリスティーナ・リッチを思わせるリリー・コールの愛らしさとか、往年の色男トラップ大佐の悲哀とかそっちの方でもっと魅せるべき映画だと思うのです。
denny-joさん [DVD(字幕)] 5点(2014-03-04 13:50:12)
46.ヒースの遺作なので、ギリアムの「退屈ファンタジー」に付き合う気になったわけで。ヒースの元気そうな姿に胸がいっぱい。穴埋めを買って出てくれたイケメンの友人たちも目と心を和ませてくれました。お話はやっぱり摩訶不思議な退屈ギリアムワールドでした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-20 01:04:55)
45.《ネタバレ》 ちょっと意味分からない部分もありましたが、おとぎ話としてそこそこ楽しめたし、ヒースレジャーの役がころころ変わるのもこの作品だから成り立ったというか、上手く使っていたと思う。不思議な映像の数々に目を奪われていると重要なメッセージが希薄に感じられてしまうが、かわいい娘(ホントにかわいい)を思う切ない父親の話。娘が幸せになって良かった。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-21 16:26:00)
44.《ネタバレ》 なかなかよかったですが、こういう映画はスクリーンで見ないと面白さ半減(以下?)でしょうね。元ネタが『ファウスト』だと知らない場合も、ちょっと辛いかも(と言いつつ、私も読んだことはない)。あと、NHKでの放送時間が120分だったのが気になりますが……。
お話としては、ニックがトニーの死を望む理由がよくわからないのですが、ヴァレンティナがいなくなってゲームが続けられなくなるからでしょうか。このあたり、悪魔の価値観がわかりません。出演者はそれぞれ好演でしたし、映像的にも堪能できました。代役の3人も、あまり不自然さを感じさせずよかったと思います。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-07-14 11:14:04)
43.独創とか逸脱とか破格とかいう行為は、作品の基礎があってはじめて成り立つのであって、単に頭の中に浮遊しいるものをそのまま垂れ流しても、それは妄想そのものであって、妄想の表現ではない。あと、ギトギトの人工的な色彩感覚も、趣味が悪いだけ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-06-29 23:35:14)
42.《ネタバレ》 主演俳優が急逝してしまったため、彼の弔いとしてなのか豪華俳優陣が急遽共演を果たしたテリー・ギリアムの最新作。相変わらず独特のギリアムにしか描けないシュールな世界観は秀逸なのだけど、やっぱり主演俳優を失ったまま完成させたのはちょっと無理があったのではないか。なんだか散漫で締まりのない作品に仕上がってしまったなぁというのが率直な感想。でも、そんな困難にめげずちゃんと作品を完成させた監督の執念に拍手!イケメン俳優の贅沢な共演も見応え充分だ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-21 20:50:47)
41.何の先入観もなく観ました。画もキレイで結構楽しめました。奇想天外で、結構好きです。トニーの顔が変わる必然性が物語からは分からず自分の中で消化できませんでした(俳優が途中で亡くなったことは知りません)。わたしどっかよそ見してたのかな~。
樹里さん [映画館(邦画)] 7点(2012-09-17 20:57:21)
40.《ネタバレ》 主演俳優が急死しても製作が続けられたと言うと、山本政志の『てなもんやコネクション』という大珍作をついつい思いうかべてしまいますが(この映画の場合は俳優が途中で降りただけです)、さすがテリー・ギリアム、まるで始めからこういう脚本だったみたいに違和感なく仕上がっています。このお話し、よく考えるとゲーテの『ファウスト』のパロディ・オマージュなんですね、Dr,パルナサスはファウスト博士でニックはメフィストフェレスというわけです。それを現代に時代を置き換え、コテコテのギリアム流イマジネーションで再構築していますが、ギリアムファンではない人にはこのセンスについてこれないのではと思います。謎の男トニーも一座を救うヒーローなのかと思わせておいて、結局はホントの悪党だったと言うオチは、なかなか意表をついていて好きです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-08 21:30:41)
39.何も考えずに見られればきっと楽しめるんだろうな。
akilaさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-08-27 15:35:18)
38.こういう幻想空間ものは好きだけど
ジョニー・デップの扱いに-1点
ume0214さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-25 13:24:39)
37.急逝ヒース・レジャーと穴埋めの3人は、レジャーの存在と不在が同居する不思議な趣向。 「ファウスト」パルナサス博士(トラップ大佐もおじいさん)と「メフィスト」ニック氏(トム・ウェイツは一声歌っても)の闇取引の顛末がメインの文字通りの見世物小屋は、ダリ風イマジナリウム・ワールドよりもリリー・コールの人形美とヴァーン・トロイヤー(ミニ・ミー!)の愛嬌ある仕草に心ひかれた。 頭の中のビジョンを具現化すべくCGを積極的に取り入れるギリアムは「似たもの」としてバートンと括られつつあるけれど、彼らの個性が希薄になってきている証拠かもしれず。 無駄金遣い、ひとりよがりな分りにくさ、落ち着きのない不安定感は相変わらずで、これらがある限り脆弱さから逃れえぬギリアム。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-04-09 00:00:10)
36.《ネタバレ》 美しい世界観ですが、ワケわからん感じは否めなく、ちょっとおいてけぼり食らいました。ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルみんな好きな役者さんなので、観てて楽しいのは間違いなかったですけどね!
ろにまささん [DVD(字幕)] 5点(2011-03-23 20:27:22)
35.断片的な台詞が空虚に連なるだけで、何が言いたいんだかさっぱり分からない。伝えようと云う意思を持っていると思えない。ヒース・レジャーがいなかったら0点付けてました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2011-03-17 23:16:44)
34.《ネタバレ》 やたらと独創的な映画なので、分析すること自体がナンセンスなんだけど、考えてみました。第一のテーマは「鏡の中の摩訶不思議な世界」。パルナサス博士の鏡の向こう側は、現実とはかけ離れた創造的な世界が広がる。何でもアリな世界。これだけでも十分楽しめます。第二のテーマは「父と娘」。親子愛。これも分かりやすいですね。第三のテーマ、第四のテーマはもっと深いところにあると思いますが・・・特に思いつかないので、考えるの辞めました。思いついたら追記します。不条理オンパレードで楽しめました。
VNTSさん [映画館(字幕)] 8点(2011-01-15 15:35:05)
33.ストーリーの退屈さを映像の美しさでなんとか補っている。興行収入的にどうだったかは知らないがヒース・レジャーが亡くなってなければ大コケしてたんじゃないかな。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 5点(2010-12-16 14:13:34)
32.前半は、個人的に大好きなファンタジックかつ広大で、深みを感じる映像と展開だったのですが...。
中盤からとても小さな、消極的な物語になっていく為、面白みが無くなっていく残念な映画でした。
悪魔や不老不死というテーマがあっても、結局「家族愛」に落ち着くシナリオは今作には必用なのかな?と見終わったあと疑問さえ感じました。
sirou92さん [DVD(字幕)] 5点(2010-10-13 16:16:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 5.65点
000.00%
123.92%
223.92%
335.88%
435.88%
51121.57%
61019.61%
71529.41%
847.84%
911.96%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.57点 Review7人
2 ストーリー評価 5.40点 Review10人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review9人
4 音楽評価 6.00点 Review8人
5 感泣評価 5.50点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
美術賞 候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS