ヒラリー・スワンク IN レッド・ダストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト
 > (レビュー・クチコミ)

ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト

[ヒラリー・スワンク イン レッド・ダスト]
Red Dust
2004年【英・南アフリカ】 上映時間:110分
平均点:2.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ犯罪もの歴史もの実話もの
新規登録(2009-12-13)【sirou92】さん
タイトル情報更新(2010-12-12)【rothschild】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トム・フーパー〔監督〕
キャストヒラリー・スワンク(女優)
キウェテル・イジョフォー(男優)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 この作品はひどい。
製作の意図が欺瞞に満ちている。
私はこういうものは認めない。なぜなら。
「殴られ殺された人々よ、白人どもの過ちを許し、国民統合を目指そうではないか。」つー、ツツ様のありがたい教えを広めるための映画でしかないではないか。
まずもって、ンポンドやシゼラの両親が祈っている相手は「白人の連れてきた神」ではないですか。
…なんつー欺瞞なんでしょう。殴られ殺された側が、殴り殺した側の「神様」に許しを請うているという、この類のことを皮肉に描いているならともかく、当然のように演出されれば、「ヘンである」と思わないほうがヘンであろう。
そういうシーンをやたらと見せるわ、最後にツツ様の教えを大写しにするわ、もう「プレゼンテッドバイ クライストチャーチ」と書いてあるのと同じです。
そういう作品なんだってばこれは。
残酷なシーンをやたらと見せればいいというものではないだろう。「遠い夜明け」を見よ。
ラストで白人の女と黒人の男が抱き合って「理解しあって明日を目指そうね」みたいなゆる~い演出は全くもっていただけない。
だいたいなあ、殺されたスティーブは、発言できないじゃないか。
彼が自分が殺されたことに対して誰かを許したいのかどうか、許すなら誰と誰なら許すのか、フルコンフェッションで恩赦を得られる制度についてどう思っているのか、今後黒人と白人はどうつきあっていけばいいと思うのか、彼は、発言できない。
それが死んだ人というものなのだ。
だから、死者までもが「許し」を望んでいるかのような表現は、作り手は決してしてはならない。
常識からいえば、下っ端のシゼラが殺され、幹部であるンポンドが釈放されたということは、ンポンドが取り引きをしたということだ。ちょうどオウムの上祐のように、スパイとなることで、組織の「一部」を犠牲にして「大部分」を守ったというふうにしか考えられない。両親が息子を探し続けているのを知りながら、14年間も死んでいることを教えてやらないのはどう考えてもおかしいのだ。
それを、「ンポンド善玉」で押し通すうえ観客も騙せると思っているこの作品はどうかしている。
確固たる見識もなく、教会の支援があるからといって下手に南アフリカを描いて「遠い夜明け」のような偉大な作品に泥を塗ったということで、見る価値なし、と決定。作り手はビコに詫びよ。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 0点(2010-10-09 21:26:38)
1.白人による黒人への差別と弾圧、そして暴力と死。
実際にあった物語という事は深く考えるべき問題だと思いますが、
映画としてはどうも力が弱く、やや見ていて疲れる部分もありました。
内容が説明的だからか...。
実際の被害にあられて亡くなられた家族の心情は計り知れませんが、
もう一歩感情移入できる映画にしてほしかった。
sirou92さん [DVD(字幕)] 4点(2010-04-26 11:29:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 2.00点
0150.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS