ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
 > (レビュー・クチコミ)

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

[ブラックガイシャニツトメテイルンダガモウオレハゲンカイカモシレナイ]
2009年【日】 上映時間:104分
平均点:5.27 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(2010-01-16)【IKEKO】さん
タイトル情報更新(2015-12-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤祐市
キャスト小池徹平(男優)大根田真男(マ男)
マイコ(女優)中西亜矢子
田中圭(男優)木村翔太
品川祐(男優)阿部道大(リーダー)
中村靖日(男優)上原学
須賀貴匡(男優)柴田
朝加真由美(女優)大根田佳子
北見敏之(男優)大根田真次
森本レオ(男優)黒井策士(社長)
田辺誠一(男優)藤田巧己
池田鉄洋(男優)井出
脚本星山博之(台詞引用「機動戦士ガンダム」♯1、9、13、34)
荒木芳久(台詞引用「機動戦士ガンダム」♯21)
松崎健一(台詞引用「機動戦士ガンダム」♯41)
音楽菅野祐悟
製作アスミック・エース(ブラック会社製作委員会/製作プロダクション)
関西テレビ(ブラック会社製作委員会)
パルコ(ブラック会社製作委員会)
配給アスミック・エース
美術サンライズ(美術協力)
編集田口拓也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.《ネタバレ》  ブラック会社勤務経験者です。
 今現在働いているところも、周囲から言わせればなかなかのブラックらしいのですが、それまでのとこに比べれば数段マシなので天国のように感じています。
 まずブラックなところは、働いている人間にブラックと気付かせないからブラックなんですよね。ブラックだと気付けば手のうちようもあるし、自分の責任だとは思わないから問題ないんです。ブラックな会社は、まず『会社の責任』ではなく『本人に問題がある』と思わせます。これ大事。
 そして、藤田さんみたいな人が一人もいないからブラックなんです。藤田さんみたいな人が一人でもいれば孤独ではなくなります。孤独か孤独でないか。この意味はもの凄く大きい。
 確かにリーダー、井出、経理。この辺りは人間的に問題はあるかもしれません。ですがぬるい。自分達が手をぬき、新人に仕事を押し付け、それでいて悪いのは新人のほうだと洗脳する。こーゆー人間がわんさかいるのがブラック。品川リーダーはうるさいだけで怖くないし、井出は論外。領収書を握りつぶす経理だけがやっかいかもしれないですね。
 映画用にデフォルメされたキャラではあるんでしょうけど、そもそもここまであからさまに仕事を押し付け、暴言を吐けば、タダではすまないのは加害者側です。コメディとはいえ、現実感に欠け過ぎると、やはり虚構の話なんだと白けてしまいます。
 で、結局この映画は『ブラック会社で働くとこーなる!』みたいな警告をするつもりはないのでしょう。
 入り口はそうだったのかもしんないけど、出口は真逆。
 『働くってことは、生きるってことはこーゆーことなんだ。甘ったれるな。』ってことになっています。
 職場の人間と力を合わせて苦難を乗り切り、一大プロジェクトを成功させる。そこに描かれるのは主人公の成長。立派な社会人となった主人公は笑顔で尊敬する先輩を送り出す。
 ぱっと見はブラック。ですが実際は『こーゆー会社が人を成長させ日本社会を支えている』という至極肯定的な内容になっています。それで良いと思います。
 本当のブラック会社を見せてやりたい。こんなもんじゃないから。
たきたてさん [DVD(邦画)] 6点(2020-06-30 11:05:06)(良:2票)
36.主人公の成長を描くのであれば、別にブラック企業を舞台にしなくてもいいのかな。個人的にはもっとコメディ寄りが良かった。
nojiさん [インターネット(邦画)] 5点(2019-11-21 22:42:37)
35.《ネタバレ》 最後の20分が残念。無理に収拾つけようとして、つまらなくなっています。
紫電さん [DVD(邦画)] 6点(2018-09-25 21:51:26)
34.《ネタバレ》 最初は、これ映画として見て面白いのかと思いましたが見終わる頃には、
なかなか面白くなっていました。
この会社、現実に年中定時無視だったらブラック企業なんでしょうけど
断片的に見れば、たいしてブラックには思えなかった。
中小の零細企業なんて、だいたいあんな感じじゃないかと。
現実に品川みたいな上司がリーダーならブラック会社というよりパワハラ上司。
新人が勝手に納期を決めたり、皆をクビにするような発言はあり得ないし、
無理な納期を何段階も引き上げたのに結局がんばったら出来るのかよって言う。
無理な物を無理に進めるのだから、頑張り+何かしら秘策のような物を
駆使する展開があれば良かったかなぁ。
元ネタがあるようなので、そこから外れる事は出来なかったのかもしれませんが。
それでも、皆で協力して目標を達成していく姿は、ブラック会社で
働かされているそれではないので、後味は悪く無いですね。
デミトリさん [DVD(邦画)] 6点(2016-12-02 22:23:21)(良:1票)
33.《ネタバレ》 これがブラック会社って奴かぁ、と興味深く見させて貰いましたけど、実はそれほど酷いと思わなかったです。公務員じゃあるまいし、徹夜するたびに騒ぐなよって印象でした。不具合の最大の要因はろくに仕事をしないリーダーの存在ですが、それはブラック会社に限らずのことで、どこの職場でも「ダメな上司」「嫌な上司」がいるだけで同様の風景が展開すると思います。
本作はブラック会社で働く主人公の内面に潜って行きます。舞台をブラック会社にしたことは、その実態を暴くというより、中学時代から続くイジメ環境をなぞる意味が最も強かったと思う。最後も、ブラック云々では無く、元ニートが少し社会人らしくなるところへ落とします。サラリーマン1年目の心得映画ですが、当たり前以上のことは言ってなくて、口当たりは悪くないけど少し物足りなかったです。
企業は人材で成立すると思っています。それを使い捨てにする企業があるなら、ロクなもんじゃ無いのは確か。アベノミクスに乗って日本経済が元気になれれば、そんな会社は自然と淘汰されるんじゃなかろうか。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-10-22 01:13:02)(良:1票)
32.おもしろかった。
B級映画と思って借りてきたら案外ちゃんとした映画だった。
もっととんでもないストーリーだと思ってたから拍子抜け。でも、こーゆーもんだと思うなら、エンターテイメントとしてさらっと楽しめる。
人間関係がそこまで悪くないから観れるけど、リアルに溶け込めない人が主役になったら重すぎて食えたもんじゃないだろー。薄味だけどバランスとれたいいエンターテイメントだ。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 7点(2013-01-21 03:24:45)
31.《ネタバレ》 元ネタは読んだことがあった。
あれをそのまま映画にした感じ(当たり前なんだが)
もう一工夫ほしかった。
しかしこの景気が悪いのは一体いつまで続くのか・・・
虎王さん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-05 15:03:01)
30.《ネタバレ》 評価は低いようですが、まぁ、普通に面白いと思います。
所々の表現の仕方が地味に上手い作りだと思うんですけどね・・・。
まぁ、社会に出てる人のほぼ100%が大なり小なり不満を抱えてるんでしょうけど、
自分たちから見ればぬるま湯でも、ぬるま湯にはぬるま湯の苦悩があるようで、
結局、自分だけが被害者、のような視点が反感を買いがちなのかも知れないですが、
それは皆だって、そうでしょう?
極端なケースも当然あるにしろ、こういってコメディタッチにバカみたいに働きまくる日本人を笑う実は奥深い狙いがある!とかどうかは別として。
2Chは便所の落書きだと揶揄されることもあるけれど、
結局、「糞!死ね死ね!」と時には発狂したくなるような鬱屈な生活の中で、それを吐き出せないのが現実の中、だからこそ、こういうネット社会からこういう作品も生まれることが良いことなのか、悪いことなのか。
「糞!死ね死ね!」と俺たちに発狂させてる正体は2chではなく、大きく培ってきた社会構造に歪が出ていることに目を背け続けている大人達なのかもしれない。

※かといってニートが正義ではないよ!働こうぜ!つべこべ言わず。不満は誰にでもある。当たり前体操~♪
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 7点(2012-09-30 08:47:41)
29.《ネタバレ》 笑って泣ける娯楽映画である。題名の「ブラック会社」というのは社長の言動で匂わされる程度で、実際にはどこの組織にもあることを誇張しただけのように思えるが、これは他のレビュアーも書かれているように、若い連中が自分の職場実態を大げさに語って笑い合っているような感覚だと思えばいいのだろう。ちなみに2chの当該スレッド(まとめサイト)に登場する会社は、映画よりさらにまともに感じられる。
それより自分としては、七五三と言われる若年者の離職率との関係の方が強く感じられた。病気になるほど合わない職場だとか、中の人間を腐らせるような本当のブラック企業でもない限り、少々きつくてもとりあえず今いる場所で頑張ってみろと言いたいわけで、いずれ転職するにしてもキャリアの有無が重要なのは劇中に出ているとおりである。それまでは、その場その場で自分なりの限界突破を重ねていくのが職業生活だろうし、それがちゃんと描かれているのはこの映画のいいところである。
ほかにも雇用関連の各種要素が盛り込まれているようだが、ただし主人公が高校中退で10年くらいも社会経験がないという設定では、本人がコミュニケーションスキルの問題を免れないのでさすがに無理がある。大学中退で数年のひきこもり体験という程度でも筋書きに支障ないのではと思うが、まあネット由来のストーリーに注文付けても仕方ないだろう。
なお余談として、「中西さん」役の女優は容姿端麗でいい感じだが、劇中人物としてはけっこう天然で微笑ましい。こういう人はプレッシャーを素通しにして、毎日が限界のような業界でもけっこう務まるかも知れないと思わせる。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 7点(2012-08-05 20:14:36)(良:1票)
28.長時間労働、ヘンな人々。これでブラックというのでしょうか? 納期に商品を納めようとする真っ当な会社にあって、「ここしか居場所はない」と悪戦苦闘するマ男クンに、悲壮感は感じませんでした。その状況より何十倍、何百倍も辛くて苦しいのがニートであるのだから。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 5点(2012-06-23 08:51:31)
27.《ネタバレ》  「ブラック会社」の意味をよく知りませんが、職場というのは程度の問題はあってもあんなもんなんじゃないでしょうか。そういう状態を笑い飛ばして映画作品にするのも悪くないですね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-04-22 14:55:41)(良:1票)
26.映画としてはつまらないですが、内容が共感するのでまずまずでした。
アフロさん [地上波(邦画)] 5点(2012-03-16 18:29:25)
25.2ちゃんねる発のブラックコメディ。主演が小池なことも含めたいして期待してなかったが、意外と日本社会の暗部を痛快につく社会派ドラマで電車男より全然楽しめる予想以上の出来だった。2chには2chのノリがあるわけで、電車男(映画版)のスタッフはそこを理解していなかったようだが、その点この映画のスタッフはよくわかっている。
Arufuさん [DVD(邦画)] 7点(2012-03-12 11:19:57)
24.《ネタバレ》 職場のグチを人に話す時、必要以上に面白おかしく話す俺(だからいつも「楽しそうな職場だね」と言われる)としては「コメディスタイルで作る映画であれば、この“なんとなくハッピーエンド”な決着しかないでしょ?」と思う次第。本気のブラック会社映画なんて俺は見たくないよ(笑)ちなみに俺も「庄司?どこに出てたっけ?」と思ってエンドロールのシークエンスに(・∀・)ニヤニヤ(笑)
幻覚@蛇プニョさん [DVD(邦画)] 6点(2012-03-12 10:42:41)
23.話がコミカルなせいか、あまりブラックな会社に感じない。品川の怒声は終始ウザかった。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 4点(2012-02-22 10:59:34)
22.《ネタバレ》 すごいですねぇ いかにも「日本的」な内容・展開・構成で 外国人の方には絶対理解不能だろうな(苦笑)  旬な内容なものは 果たしてあと10年もたてば 懐かしい の一言でくくられてしまうのでしょうか  ブラックな会社というか 観た感じは人がブラック なだけで 多少ならずとも 勤めてる限りはそういうとこはあると思うけどナァ  この独特の雰囲気は特有のなにかを感じた次第でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-01-04 14:51:45)(良:1票)
21.《ネタバレ》 リアルタイムではなかったですが、スレッドを見てました。話の進め方・表現が面白くワクワクドキドキしながら読んでたものです。まさか映画化までいくとは思いませんでしたが。不安はあったものの、キャラクターは合ってて、デスマの表現が良かったですね。ただ単にディスプレイをガン見するシーン写すよりは、ああいった表現で表した方が分かりやすいし面白いです。(原作通り)後半の盛り上がりを期待しつつ前半を耐えてましたがー・・・あの終わりはどうなんでしょう。最終的にバラバラのみんなが一つにまとまって完成させる、そんなありきたり感動にリアリティがないです。原作の人間臭さ、嘘っぽいけど何故か信じちゃう人間関係、非現実なようで現実的な空間・展開が面白かったんですがねぇ・・・。娯楽映画(?)にリアリティを求めちゃいけないのでしょうが、原作独特のドロドロや主人公の成長が表しきれてなかったのは残念でした。
あんどりゅ~さん [地上波(邦画)] 4点(2011-12-30 03:16:41)
20.レビューがブラック自慢でまず萎える。品川が特にウザい。ブラック美化してどーなんの?全てが何かおかしい。もちろん悪い意味で。
とまさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2011-12-20 00:08:41)
19.映画というよりは、ドラマ。しかも安っぽい。
ひであきさん [DVD(邦画)] 3点(2011-07-15 17:42:33)
18.《ネタバレ》 妻投稿■私自身はずっと前に給料ゼロ、腎臓破裂級暴力、性的虐待が当たり前な職場に勤め、HIVになって放り出された口である。なんでそんなことが起こるのか。それは私が知的障害であり、それとは別の意味でも馬鹿だからである。私みたいな馬鹿を助けるメリットが世の中にない以上、本来私は相手の欲望を満足させることでしか生き残れない。しかし、今旦那は私の「私が6時間飲むのがずれただけでウイルス抗体が出来て死にいたる」薬を飲ませるために、あるいは私の友人の職場内強姦で生まれた女の子の学資保険を払うために本業の農業とは別にアルバイトをしてくれている。旦那のほかにも、いろいろ助けてくれるルームメイトがいる。この映画を見て、私はいろいろ劣っているのに、なんでこんなに「生きる」事に恵まれているんだろうと思った。■私は自分に「生きる権利」があるから、生きていると思っていた。でもこの映画を見てわかった。私が生きているのは周囲の人という運がよかっただけだ。■人権の尊重なんてものが都市伝説という昨今、主人公の出した生存手段の結論は、私なんかよりよっぽど強い人じゃないと出せない結論だが、とにかくその方法でもどの方法でも、主人公が自分が生きることを肯定できればいいと思う。人間は自分が生きることを肯定するために頑張っているのだから。■と、ここまで書いたのだが、上司がただのイカレポンチみたいに描かれているのがいまいち。暴力にしろパワハラにしろ、相手を絶望させ、完全に言うことを聞かせるために巧妙に用いられる計画行動だと思う。周囲が「尊厳を一切認めない」世界で、自分の尊厳を信じるという行為は組織や社会に対する許されざる犯罪行為であり、故に非常に難しい。これを映画では描ききれていない。カンバスはいい映画なので非常に残念。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 7点(2011-06-26 06:35:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 5.27点
000.00%
125.41%
200.00%
312.70%
4616.22%
51129.73%
61027.03%
7513.51%
825.41%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS