略奪愛のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > 略奪愛
 > (レビュー・クチコミ)

略奪愛

[リャクダツアイ]
1991年【日】 上映時間:94分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-10-10)
ドラマ実話もの
新規登録(2010-01-16)【Olias】さん
タイトル情報更新(2021-04-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督梶間俊一
キャスト黒木瞳(女優)落合妙子
古尾谷雅人(男優)水上康夫
萬田久子(女優)白石由美
尾美としのり(男優)山口博
小川真由美(女優)(女優)落合君代
梅宮辰夫(男優)白石喜久造
長江英和(男優)斉藤勝行
須賀良(男優)刑事A
速水典子(女優)俊恵
原作松田寛夫
梶間俊一
脚本松田寛夫
音楽佐久間正英
作詞黒木瞳「それでいいのね」
主題歌黒木瞳「それでいいのね」
撮影木村大作
清久素延(撮影助手)
配給東映
美術桑名忠之
福澤勝広(美術助手)
編集西東清明
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 この作品は、もともと、フジ系の2時間ドラマ「となりの女」として放送されたものなのです。あまりに出来が良かったので、脚本を一部修正して映画化されたということです。「となりの女」は、原田美枝子・奥田瑛二・南條玲子というキャストで、「危険な情事」的展開をベースとしつつも、主人公が段々とおかしくなっていき、かつその中でも孤独と哀切を感じさせる描写が実に見事で、ビデオに録画したのを何回も見ました(DVD化してほしい)。さて、「となりの女」と本作の最大の違いは、こちらでは、本妻が夫の浮気に途中で気づき、しかもその相手も特定し、夫に対してそれを明確に追及しているということです。そのため、三者間の心理的やりとりの綾の部分が削がれることになり、結末のインパクトを弱めています。また、「となりの女」では、ラストのところで、主人公が包丁を手に歩み寄る→夕方、夫がいつものように帰宅する→返り血まみれの主人公が洗濯物をたたんでいる→カメラが一人称で動き、血まみれの包丁と本妻の遺体が視界内に入る、という流れ(しかもこの間台詞なし)のフィニッシュが強烈だったのですが、こちらでは、主人公と本妻が延々ともみ合いになったり、不審を感じた夫がただちに家に急行したりと、三流のサスペンスもののような締め方になってしまっています(何でそんな改変をしたんでしょうか)。というわけで作品としては大きく落ちてしまうのですが、「となりの女」の存在を後世に残した価値はあまりにも大きいので、それも含めてオマケ。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2010-01-16 23:05:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS