奇人たちの晩餐会のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 奇人たちの晩餐会
 > (レビュー・クチコミ)

奇人たちの晩餐会

[キジンタチノバンサンカイ]
Le Diner De Cons
((米) The Dinner Game)
1998年【仏】 上映時間:80分
平均点:7.16 / 10(Review 101人) (点数分布表示)
コメディ戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-11-18)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランシス・ヴェベール
キャストティエリー・レルミット(男優)ピエール・ブロシャン
ジャック・ヴィルレ(男優)フランソワ・ピニョン
フランシス・ユステール(男優)ジュスト・ルブラン
カトリーヌ・フロ(女優)マルレーヌ
アレクサンドラ・ヴァンダヌート(女優)クリスティーヌ
緒方賢一フランソワ・ピニョン(日本語吹替)
納谷六朗ピエール・ブロシャン(日本語吹替)
水野龍司ジュスト・ルブラン(日本語吹替)
青野武ルシアン・シュヴァル(日本語吹替)
山崎美貴クリスティーヌ・ブロシャン(日本語吹替)
塚田正昭ソルビエ(日本語吹替)
楠見尚己パスカル・ムノー(日本語吹替)
脚本フランシス・ヴェベール
音楽ウラディミール・コスマ
撮影ルチアーノ・トヴォリ
製作総指揮アラン・ポワレ
配給アルバトロス
あらすじ
ある大手出版社の社長が、定期的に外部の注目すべき人間を招いた、ごくごく内輪の晩餐会を友人の家で主宰している。次の会への招待者をさがすのに苦労していたある日、彼の晩餐会仲間が、出張時に特急電車の中でたまたま知り合った大蔵省の役人がその会にぴったりの男であるとの推薦を受け、早速招待する。晩餐会当日、どういうわけかその晩餐会を快く思っていない社長の妻は社長を自宅に残し、一人で外出する。入れ違いに、招待された注目の男がやってきて、事態は思わぬことになっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
101.《ネタバレ》 三谷幸喜のコメディと作風がとてもよく似ている。三谷作品が好きならこの映画も気に入りそう。
超ド級バカのピニョンの振り回されるイライラが伝わってくる。ただのバカで終わらずに人情味のある良い人となっているのは、ちょっと松竹新喜劇の藤山寛美を彷彿させる。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2017-01-23 22:50:08)
100.以前ピニョンさんとキャラがかぶる、外見も似ていなくもない、感情が豊かで暴走しまくりの友人がいて、お店でも映画館でも感情が暴走して何度も退出お願いしますと言われて大変だったのを思い出しました。
おまけにセックス依存症だったので、ピニョンさんが夜な夜な相手を探して暴走してるようなものでした。
なのになぜか要領が良かったのでしりぬぐいも何度もさせられました。

それ以降、賢いのに馬鹿な人は好きですが、馬鹿なのに変な知恵が回る人は苦手だと思うようになりました。

あまり楽しめない映画でした。
omutさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-01-10 02:40:16)
99.《ネタバレ》 字幕より吹替えで見ることお勧めします。
ピニョンはあれでどうやって査察官になれたんだろう。

脚本がよく、まとめ方もよかったです。結構笑えました。

ただ、タイトルが晩餐会だったので、ちゃんと晩餐会の方も見れたらよかったです。
ローグさん [DVD(吹替)] 6点(2016-12-18 13:34:54)
98.最後までバカを通して欲しかったが、なんかキレイにまとめちゃったな。最後の最後で、ヒネリはあるけど、とってつけた感じで、あんまり笑えない。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-17 12:50:04)
97.いやー面白かった!フランスの笑いの感覚がとても日本的なことに驚きました。友人のルブランが登場してから、ブロシャンの滑稽さが際立ってきましたね。いい引き立て役になっていたと思います。ブロシャンが単なる悪趣味な嫌な奴になっていたらここまでの良作にはなっていなかったと思います。
スノーモンキーさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-01 22:37:04)
96.おもしろい映画。
だけどメルシィ人生の方が好き。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-28 00:26:46)
95.《ネタバレ》  う~ん、ひねくれ者なので、逆説的なオチまで考えてしまいました。
 ピニョンが奥さんを追い返しちゃったり、電話で余計な事言ったりするのには、確かにイライラします。かと言って、じゃあブロシャンが頭が良いのかって言うと全然そんなことないんですよね。人の事馬鹿にできるレベルじゃないんです。どっちもどっちです。頭の悪い人たちの要領を得ない茶番劇です。
 ただ中盤から登場するジュストでやや救われます。救われるって言うか、面白くなります。ジュストは私達観客に近い第三者的目線です。ピニョンとブロシャン二人の状況を笑い飛ばしてくれます。だからちょっとだけ胸のつかえがとれます。
 この作品が自分に合わないのは、きっと舞台劇が個人的に好みじゃないからですね。私は映画を観たいのだから、映像とストーリーと空間には、広がりと奥行きが欲しいのです。そうでないならもっと面白いストーリーにしてほしいです。もしくは、『この空間でなければならない』という必然性が欲しいところです。
 ピニョンは確かに天然なところがありますが、ブロシャンの行為・言動は愚かです。愚かな人間が人を馬鹿にして蔑むシーンを何度も見て、心から笑えるはずがないですよ。
 おフランスの高級な味わいは、庶民の自分には合わないみたいです。
 ・・・ってゆーか晩餐会には行かんのかい!
 ずっと、『いつ行くんだろう』って観てたら、終わっちゃったよ!
たきたてさん [DVD(字幕)] 4点(2014-07-10 12:07:11)(良:2票)
94.《ネタバレ》 よーく練られた脚本がとっても面白い。基本、一室展開のシンプルながらも役者さんの高レベルな演技力が見応えたっぷり。フランス映画なんだけど、あんまりそれっぽくないよね。でもちょいとクドい感じもしてやっぱりおフランスらしいなぁとか思ったり。なかなかのものでゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-24 09:30:32)
93.《ネタバレ》 本作の前にUSA版を観たので、観てしまったので、本家がどうなっているのか興味本位で観賞。良かった。ここに辿り着いたのだから、USA版にも存在意義はあったのだな。
舞台劇さながらの本作はフランス風ボケと突っ込みの応酬に行間が活きていて、面白いほど日本人的。観客の目線になって笑いを誘導する友人の役回りが心憎い。ボケ役のおじさんは最後まで天然炸裂、ラストは見事にオトシてくれました。“お前が取るな”。
tottokoさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-29 00:57:34)
92.《ネタバレ》 映画を見て久々に腹の底から笑わせてもらいました。フランシス・ヴェベールの監督作を見るのはこれが3本目。どれも90分足らずの短い尺の中にしっかり笑いのツボがあり、どれも本当に面白い。

本作は超がつくほどの「バカ」な善人の主人公の行動で笑わせながらも、それをバカにする男のバカさも一緒に描く。爆笑の中にも皮肉が効いています。この人はどの作品も自らが脚本も手がけていますが、本作の脚本は見事だと思います。最初から最後まで、至る所にちょっとした行動のズレがもたらす笑いドコロが見事なまでにテンポ良く配置されています。

ラストの主人公の「バカ」の思わぬ行動に、“奇人たちの晩餐会”の仕掛け人が発する「次の晩餐会では僕が客になるよ。僕こそバカだった。」という台詞がいい。バカをバカにしていた男が、本当のバカとは一体誰だったのかに気付く。

しかし、もっといいのはそのすぐ後。本作の最後の最後にかかってきた電話に・・・!やっぱりバカはこっちだったか!一瞬持ち上げておいて、でもやっぱり落して、最後もしっかり爆笑を誘います。

これ、映画館で見たかったなあ・・・。上映中は爆笑の渦だったんだろうな。僕もそこで一緒に笑いたかったな。
とらやさん [DVD(字幕)] 10点(2013-11-19 22:42:16)(良:1票)
91.テンポが良く最高におもしろいコメディ、よくできている。これを舞台で見たら笑い出してしまうと思う。10点満点をあげたいけど、軽々しくバカバカと言ってほしくないので-1点。字幕と吹き替えと繰り返し160分続けて見てしまった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 9点(2013-11-16 23:04:07)
90.フランスのコメディがこんなにも面白いのかと驚いた映画。正統派のコメディ。ダレるところがなくてどんどん話が進んでいく。自分がバカの晩餐会の客だと知ったあとのピニョン、知られたあとのプロション。2人の演技に思わずほろりとさせられました。あと、わたしの大好きなカトリーヌ・フロが愛人役ででているのだけれど、まだ若くてすごくみずみずしい。この映画では出番は少ないけれども、やっぱりいいなあと再認識しました。
はちかつぎひめさん [DVD(字幕)] 9点(2012-11-08 11:40:41)
89.《ネタバレ》 おかしくて馬鹿笑いしてしまったくらい。フランス映画で初めてこんなに笑った。
HRM36さん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-06 12:33:55)
88.《ネタバレ》 最高に笑った。しかも全編通して。参りました。気難しいフランス映画かと思ったらここまで楽しませてもらえるとは。これぞエンターテイメント。役者一人一人がうまいし、真顔で魅せる笑いの間は日本の笑いにも通じますね。テレビ放送で観たので、もう一度DVDを借りてきて見たいと思います。この映画に出会わせてくれたテレビ局に感謝
ブラックバッスさん [地上波(字幕)] 9点(2009-08-09 04:44:21)
87.まるでコント、素直におかしかった。これも人情喜劇かな?
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-06-10 22:54:35)
86.字幕で観たからか、面白さをあまり感じなかった。それでもテンポの良さと展開は上手でした。最後も上手くオトしてくれましたね。やはりバカはバカって事なんでしょうか。
真尋さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-12-29 01:16:15)
85.観始めた時には、他人を見下して笑いものにするとは気分の悪い映画だな、と観るのを止めようかと思ったのだが……。観続けるうちにピニョンのお人好しと1本筋の通ったバカっぷりにどんどん引き込まれていった。良かれと思い行動しながら、どんどん事態を悪化させていくピニョンと、それにいいように翻弄されるプロシャン。途中に参加してくる脇役達も皆、とても良い味を出している。最期はまともなことを言わせてキレイに話を纏めるのかと思いきや、バカはやっぱりバカだったという下げも決まって、最初の印象とは全く違った後味の良い作品になっていた。フランス映画は受け付けない自分だけれど、これは楽しめました。
TERRAさん [ビデオ(吹替)] 8点(2008-12-09 16:38:50)
84.限定された場所でのドタバタな展開や立ちまくったキャラとそれに翻弄される人々、なんとなく三谷幸喜の作品に近いものを感じました。
8bitさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-11-09 00:44:24)
83.《ネタバレ》 いやー面白かったです。コメディーでここまで笑った映画は初めてでした。ずっと一流のお笑いのコントを見せられているような感じです。最後に少し感動を持ってくるところも王道で好感が持てました。
フランスの映画が苦手な人でも、この作品は大丈夫だと思われます。
民朗さん [地上波(字幕)] 9点(2008-08-09 10:55:53)
82.小人数のキャストと一つの舞台の演劇風コメディ。普通こんなのは映画にしないだろうと思うような映画。だが、とにかく最初から最後まで一人のバカに笑わされっぱなしで飽きることなく楽しめる。これだけ地味な演出でこれだけ笑わせるってのはスゴイ。ツボにはまればとても楽しめる。なかなかの良作。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2008-03-25 14:10:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 7.16点
000.00%
100.00%
200.00%
354.95%
454.95%
576.93%
61514.85%
71817.82%
82928.71%
91514.85%
1076.93%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.40点 Review5人
2 ストーリー評価 7.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS