50歳の恋愛白書のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 50歳の恋愛白書
 > (レビュー・クチコミ)

50歳の恋愛白書

[ゴジュッサイノレンアイハクショ]
The Private Lives Of Pippa Lee
2009年【米】 上映時間:98分
平均点:5.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-02-05)
ドラマラブストーリー
新規登録(2010-01-23)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2017-06-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督レベッカ・ミラー〔女優〕
キャストロビン・ライト・ペン(女優)ピッパ・リー
キアヌ・リーヴス(男優)クリス・ナドー
アラン・アーキン(男優)ハーブ・リー
マリア・ベロ(女優)スーキー・サーキシアン
モニカ・ベルッチ(女優)ジジ・リー
ジュリアン・ムーア(女優)カット
ウィノナ・ライダー(女優)サンドラ・ダラス
シャーリー・ナイト(女優)ドット・ナドー
マイク・バインダー(男優)サム・シャピロ
ブレイク・ライヴリー(女優)若き日のピッパ・リー
ティム・ギニー(男優)サーキシアン
ゾーイ・カザン(女優)グレース・リー
塩田朋子ピッパ・リー(日本語吹き替え版)
内田夕夜クリス・ナドー(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ハーブ・リー(日本語吹き替え版)
日野由利加ジジ・リー(日本語吹き替え版)
唐沢潤カット(日本語吹き替え版)
岡寛恵サンドラ・ダラス(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子若き日のピッパ・リー(日本語吹き替え版)
原作レベッカ・ミラー〔女優〕
脚本レベッカ・ミラー〔女優〕
撮影デクラン・クイン
製作総指揮ブラッド・ピット
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集ザビーネ・ホフマン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.許し難い邦題の付け方、責任者出てきてください。記憶違いでしたらすみません、ピッパ・リーが50歳って出てきましたか?それはさておき感想です:①目が覚めてもまだ夢を見ているような変な感覚の映画でしたが恋愛以外に母娘3代の確執も見所、②実際はキアヌより年下のロビン・ライトが好演だったこと、③笑ってしまうところもしばしば、④美しい人ばかり出てきて目の保養にもなりましたが。7点です。追伸:ゾーイ・カザンが紛争地帯ジャーナリストにしては童顔すぎるかな、でも面白かったです。。。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-13 13:58:42)
7.《ネタバレ》  こんな少し生活に疲れた地味目の女優さんにすごく惹かれたのが自分でも不思議だった。いくつになっても綺麗な人は綺麗ですね。それから内面描写がすごく丁寧で分かりやすかった。
 しかし……、いくら分かりやすいと言っても、特にわれわれ日本人が素直にそのまま、普遍的なものとして受け入れてはならない映画だと思う。
 なぜなら、登場人物のみならず製作者自体があまりにも「薬物中毒」というものに対する感覚が磨耗していて、ありきたりのものとして描きすぎだから。(別に、アメリカ映画では、これに限ったわけじゃありませんが)
 だからこそ、われわれ日本人が見るときには、くどくなるけど作り手が意識していない、薬物中毒の恐ろしさ、特に本人のみならず家族の人生まで歪める恐ろしさをしっかり認識しながら見る映画だと思う。
 しかし、アメリカ大丈夫か?国内に何百万人もあの母親みたいな人間を抱えて。恐らく、何百回となく銃の乱射事件が起きても、銃の保持を禁じられないのと、全く同じ理由で薬物の販売をきちんと取り締まれないんだろうが。
 世界を主導する国の内情に恐ろしさを感じる。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-05-02 11:24:08)(良:1票)
6.私的解釈するとコメディっぽい映画です。音楽の流れや主人公の青春時代を回想するところがものすごい自然な感じでうまい。親父モテモテですね
カップリさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-12 00:18:06)
5.《ネタバレ》 他のレビュアーさんも書いてますが
邦題の雰囲気で観ると、見事に裏切られた感というか
邦題ほど、軽い感じのテーマではないです。
そういう私も、キアヌが出演してるので。という軽いノリで
レンタルしたので、途中でわりとヘビーな内容にちょっと焦りました。
私は、ピッパ・リーは母親と同じく
薬がやめられずに、ずっと幻覚を見続けているのかな?
と解釈できなくもないな。と思いましたが・・・
そのくらい、不思議な感じがいっぱいの映画でした。
しまさん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-05 01:20:08)
4.《ネタバレ》 またこの配給会社。タイトルが内容とまるっきり一致していません。本当、ダメダメ。さて、映画の中身は「あー、これは判るわぁ」と。人生の半ばをとうに過ぎ、枯れた環境で老いた夫と過ごす日々に自らもそのまま朽ちて終わってゆくような感覚、立場は大きく違えどワリと似たような状況にいた自分には痛いくらいに伝わってきました。主人公を精神的に束縛する自分の母親の人生、夫の前妻の呪縛、見失った未来。結局のところ、状況の変化が彼女を解放に導く訳で、彼女自身の積極的な行動によって抜け出す訳ではないのですが、まだ、終わりじゃない、っていう解放の物語に、少し前向きな気分にさせて貰いました。ただ、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチ、ジュリアン・ムーアが揃ってしょーもない役柄だったのが難点と言うかお笑いどころと言うか・・・。
あにやんさん [映画館(字幕)] 7点(2010-02-16 17:03:07)(良:1票)
3.それにしても地味な作品ながら豪華なキャストが集った映画でした。予備知識なしでの鑑賞で、邦題の雰囲気だけ観た映画です。中盤にモニカ・ベルッチが登場した時はびっくりしたし、あっという間にストーリーから去っていく展開にもびっくり。に代表されるように、勿論個々の演技に見所はありましたがこの豪華キャストが生きていなかったように思います。主人公の女性ピッパの生涯を現在の彼女の物語と、生まれてからの生涯を回想する物語が同時進行するのですが、ちょっと過去を描く時間が長すぎたように思います。100分に満たない作品なので軸となるべき今のピッパの物語の時間が短くならざるを得なくなり、どうしても物足りない感が強くなります。作品の雰囲気は決して嫌いな作品ではなかっただけに勿体無いという思いが残る作品でありました。
とらやさん [映画館(字幕)] 4点(2010-02-15 22:21:26)
2.バレンタインデーに夫婦で鑑賞しました。このチョイスが私たちのこれからの人生にどのような影響を与えるでしょうか? 見終わってちょっと考えてしまいましたが、これ、女性の視点で捉えたアメリカ版「黄昏流星群」ですね。主人公の女性にとって都合の良い展開、波乱の展開が起きます。しかし、全体に深みがないので、心底共感を覚えるほどではありません。確かに年をとったとき、自分を理解してくれようとする年下の異性が突然現れたら、何とラッキーなことでしょう。しかし、キアヌ・リーヴスの存在がいかにも不思議で、彼が何を考えているのか私にはよく分かりませんでした。ちょっと腹がたるんでいて、35才設定にはさすがに無理が、、、。男の私にとって力強かったことは、アラン・アーキンの演技です。禿げてても、じいさんになっても、格好いいこと。日本語タイトルは全く内容を反映していませんが、この手の映画にとってなんだかお決まりって感じで、許してしまえる心境です。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 6点(2010-02-14 21:39:25)
1.《ネタバレ》 何だか脳内に「?????????」マークがずっと点滅してる状態のまんま映画が終了してしまったなあ・・・。格落ちしたウィノナはともかく、この程度の内容で何故にこんな豪華キャストが集結せねばならなかったんだろう・・・?っていう疑問がふつふつと沸いてきて。モニカ・ベルッチにせよ、ジュリアン・ムーアにせよ、特に芝居のしどころがある役柄でもないのに。それとも実は出演シーンをかなりカットされてしまったとか?内容は「自制心に欠けいささか幼稚な50歳の恋愛白書」。数奇で変わったというより、若干タガが外れたジャンキーな半生を送ってきた女性の身の上話を90分間ずっと聞かされていたような感じ。「恋愛適齢期」(5点)でもそうだったけど、キアヌってなんでこの手のジャンルだと脚本選びが下手なんだろう?この映画でも一見感じが良い「二枚目」でさえあれば、特に彼じゃなくてもいいような役だし。実年齢は日本語タイトル50歳に近いはずなのにいまだに35歳のフリーターを演じられるっていうのも彼ならではで凄い事だとは思いますが。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 4点(2010-02-06 10:20:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.88点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4225.00%
500.00%
6337.50%
7337.50%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS