Menu
 >
 >
 > ウルフマン(2010)

ウルフマン(2010)

The Wolfman
2010年【米】 上映時間:102分
平均点: / 10(Review 30人) (点数分布表示)
アクションホラーサスペンスリメイク
[ウルフマン]
新規登録(2010-02-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-07-20)【+】さん
公開開始日(2010-04-23
公開終了日(2010-09-02)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョー・ジョンストン
キャストベニチオ・デル・トロ(男優)ローレンス・タルボット/ウルフマン
アンソニー・ホプキンス(男優)ローレンスの父 ジョン・タルボット卿
エミリー・ブラント(女優)ローレンスの弟ベンの婚約者 グエン・コンリフ
ヒューゴ・ウィービング(男優)アバライン警部
ジェラルディン・チャップリン(女優)ロマの老女(占い師) マレーヴァ
アート・マリク(男優)タルボット家の召使 シン
エイサ・バターフィールド(男優)ベン・タルボット(幼少期)
クライヴ・ラッセル(男優)マックイーン
リック・ベイカー[メイク](男優)ロマ族の男
マックス・フォン・シドー(男優)ローレンスが列車の中で出会う老人(unrating版のみ)(ノンクレジット)
山路和弘ローレンス・タルボット/ウルフマン(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦アバライン警部(日本語吹き替え版)
脚本アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
デヴィッド・セルフ
音楽ダニー・エルフマン
コンラッド・ポープ(追加音楽)
編曲リック・ジョヴィナッツォ
コンラッド・ポープ
撮影シェリー・ジョンソン(撮影)
製作ショーン・ダニエル
ベニチオ・デル・トロ
リック・ヨーン
ストラットン・レオポルド(追加撮影班共同製作)
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ライアン・カヴァナー
配給東宝東和
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ティム・ミラー〔視覚効果〕(シークエンス・スーパーバイザー)
美術リック・ハインリクス(プロダクション・デザイン)
アンディ・ニコルソン〔美術〕(美術監督スーパーバイザー)
ジョン・ブッシュ[美術](セット装飾)
衣装ミレーナ・カノネロ
編集ウォルター・マーチ
デニス・ヴァークラー
マーク・ゴールドブラット(ノンクレジット)
その他ストラットン・レオポルド(追加撮影班ユニット・プロダクション・マネージャー)
ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.劇場版より17分も長いアンレイテッド版を視聴して後悔。劇場版ではないので正当な評価ではないかもしれませんが後半まで話が進まずテンポが悪い。終盤はヒロインにスポットが当たりますがいかんせん薄っぺらいので感情移入出来ない。それに引きずられるようにエンディングも別エンディング含めぱっとしないまま閉幕となりました。
spputnさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-09-30 19:45:14)
29.《ネタバレ》 最新のCG技術を駆使して、超古典的な映画をリメイク。おどろおどろしい中世の雰囲気はなかなか味わい深かった。何よりデル・トロとホプキンスの濃ゆい演技合戦は見もの。そしてこんなCGなどなかった時代から狼男という題材を苦労して映像化してきた先人の映画人への深いリスペクトも感じられてナイス。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-29 14:19:34)
28.正直あまり興味をそそられない映画だったんですが、個人的に好きな俳優であるベニチオ・デル・トロが主演という事で鑑賞。内容はお手本のような古典的モンスターホラーに仕上がっていて、つまらなくないけど、変身シーンも含め突出すべきすごいシーンもなかったような気がします。ただベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスの大物演技派俳優の共演は見応えがありました。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-07 10:31:27)
27.怖がらせようと作っているように感じたが、怖くはない。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 5点(2012-01-12 23:45:13)
26.《ネタバレ》 何故かはまってしまった作品;皆様がおっしゃるように「熊男」だったり脚本の深さがイマイチだったりするのだが、大好き映画の一つになってしまった;多分、子供の頃に初めて見た「狼男」の怖さを再現していたから、あの時の怖さドキドキ感が蘇ったからだと思う。美術から醸し出すゴシックホラームードは1級だしv役者陣は皆素晴らしく、ベニチオという男優さんを知ったのも収穫でした。アンソニーホプキンスの存在感を壊すことなく立ち位置を確保できる俳優は少ないんじゃないかな。話的には「ひでー父親」と思った;狂気と訳知りなのは初めから感じたが、妻殺し息子殺し、果ては尽くしてくれた従者まで殺すし~(地下にこもるのは息子から身を守る為かと思ったじゃん;)もしかして、父親は「妻殺し」を暴き出した息子を憎んでいて、自分と同じ苦悩を味わせたかったのかも?個人的には殺戮シーンより精神病院のシーンが怖かったです。「大人になって一番怖いのは「怪物」から「人間」になったのかな~」と思いました;初めて「狼男」を観るなら絶対これをお勧めします(あくまで初めて、ですが;あ、R15でね)
果月さん [DVD(字幕)] 7点(2012-01-02 11:47:35)
25.よかった・・・映画館で観てなくて。お金返してって叫びたくなります。話があまりに薄くてビックリ。父親の狂気の背景とか、主人公の兄に対する鬱屈や父親との軋轢、ヒロインが惹かれていく様を、もう少し描写して欲しかったです。中途半端なドラマのお陰で、アクションと思った以上のグロテスクさが目立った印象。豪華な出演者だからのドラマ性を期待した自分が馬鹿だったのかしら。出演者はいい演技だっただけに、非常に口惜しい気がしました。アンソニー・ホプキンスの静かな狂気は、流石の一言に尽きますね。
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 2点(2011-06-11 14:14:54)
24.映画全体を包む雰囲気や映像は良かったですね。でも狼男というか熊男みたいなメイクがイマイチだったかな。
ギニューさん [映画館(字幕)] 6点(2011-04-11 19:06:30)
23.《ネタバレ》 ●マイケルジャクソンのスリラーで、特殊メイクの新たな扉を開いたリック・ベイカーさんが、クレジットされていて感動しました。でもその割りには、変身シーンに斬新さが無く物足りなかったです。●狼男版キングコングなシーンが面白かった。短かったけど。●父親との対決シーンは、この映画にとって核となるべき名シーンのはずなのだから、もう少し盛り上げてほしかった。たとえば、母親が殺された場所と同じ場所で父親を殺す、とか。忍者映画のように、満月をバックに空中に飛ぶ二匹の狼男のシルエット、とか。まぁやりすぎると全体のトーンがボヤけてしまうけど、もう一味、二味ほしかったかな。●マトリックスのあの御方のあの喋り方は、生来のものなのか芝居なのか気になってしまった。●アンソニー狼男にシャツを脱がせて、見分けやすくしたところは評価出来る。でもそれならいっその事、体毛をロマンスグレーにしちゃっても面白かったかも。●耳に残るBGMがなかったのも残念
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-13 03:53:09)
22.ゴシック調(かどうかは知らんが)の建物などの雰囲気は、素晴らしいと思う。
しかし、想定通りのストーリー展開でドキドキ感に乏しいのと、狼男と言うよりクマだよね。
オリジナル未見(オリジナルがあるのも知らなかったが・・・)
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2010-11-29 02:07:19)
21.《ネタバレ》 デル・トロさんの陰のある演技が良かった。
ホプキンスさんとの、狼ではない時の対立場面が面白かった。
酒場のシーンやお城などの美術が素晴らしかった。
なんど美しい!と見ほれてしまいました。

オリジナル作品の頃に作られた映画では、画面で足りないものを自分で想像したものですが。
最近の作品はすべて特殊効果で描かなくてはいけないので、作るほうも大変だと思います。
この作品はダークな美しさが味わえて満足しています。

今ひとつだったのは、皆さんもおっしゃっていますが、狼男の見た目でしょうか。
クマみたいで、いまひとつだと思いました。

たんぽぽさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2010-11-21 13:38:21)
20.ホラーな雰囲気をお金かけて作ってましたが、お上品すぎてあんまりです。出演者は濃いのに内容は薄いし・・・。酷くはなかったけど、”どうでもいい”映画でした。
モンチョさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2010-11-08 00:30:32)
19.《ネタバレ》 良かった点はと言えば、例えばお城のゴシックな雰囲気であったり、衣装や美術、あるいは全体的な雰囲気の暗さだったり、そういう世界観というものが精巧に作られていて見応えがあるという点と、主人公が狼男へと変貌する際の骨格から変わっていく「ボキボキ」という変化の仕方、その押さえられない獣の情動、といったものがよく表現されていたと思う。ただ、変身しきってからの顔、あるいは全身が、言うならばいかにも着ぐるみという感じで、その点は少々残念。お話自体は、長く語り継がれる古典なだけあって深く切ない。弟を殺した犯人が実は父親で、その父親によって愛する母を殺され、そして自らその父と決闘して倒していく。自分は抑えが利かないので、愛する人に対して自分から離れてほしいと説得する。それはもう、言うならば悲劇の塊のような話ですよ。今のハリウッド映画に移し替えてるからあっさり風味ではあるけれど、やっぱりこのお話はとってもとってもダークで根が深い。人間の不条理の根の深さと同じように。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2010-10-25 10:13:12)
18.ホプキンスとデル・トロ、しかも狼男ってんで、もっとホラーテイストを期待したんだけどな~。残念。
カエル本舗さん [映画館(字幕)] 4点(2010-10-17 21:32:50)
17.オリジナルは未見。美術、照明、メイク、音響など裏方さんの仕事は超一級。しかし、いまいち盛り上がらない。ホラーなはずなのに、あまり怖くない。全体的に単調な感じ。やはり演出の問題なのかな~と。所々笑いそうになるシーンがあるし。ジョー・ジョンストン監督はきっといい人なんだろう。ストーリーにも深みがないしね。デル・トロやアンソニー・ホプキンスの演技は相変わらずうまいが、やっぱりレクター博士のイメージがつきまとう。。(階段で果物を無言で食べてるシーンなんかは特に)
テンパーるさん [DVD(字幕)] 5点(2010-10-04 22:39:28)
16.親父との最後の戦いもあっけなく終わりなんか盛り上がりに欠ける。狼男の顔もう少し何とかならなかったのかよ。そこだけ変だった。
TRUST NO ONEさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2010-09-04 02:45:50)
15.たいした映画ではないな。
pokobunさん [映画館(字幕)] 4点(2010-08-14 15:33:00)
14.狼男というか熊男だ
くまさんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 4点(2010-07-10 17:58:54)
13.《ネタバレ》 前半まあまあ。きれいなお月さん背景にカッコいい映像ばりばり。後半イマイチ。

【以下バレ】

特に狼男同士の格闘は何とかならんかったのか。ぬいぐるみじゃねーのかあれ。

ジプシーの村で疾風の如く殺戮していく場面だの主人公が村人に連行される場面(2回)だの、妙に印象に残るシーンあり。昔の田舎の雰囲気最高。あのまま村を出なけりゃよかったのに。しかし変身シーンについては『ハウリング』の頃とそう変わらんのな。

デル・トロの顔の不気味さ、それに殺戮や拷問や幻想や月やグロなど、ばらばらと見せるだけで筋に有機的に絡んでいない感じ。ラストもアホほど陳腐。おもしろいとはとても言えないストーリーだが、見るところを変えれば結構楽しめるかも。要はこの人、美術だけ担当してりゃいいんじゃないの?
アンギラスさん [映画館(字幕)] 6点(2010-05-21 18:23:26)
12.《ネタバレ》 ゴシックモンスターホラーの王道である狼男映画、なかなか面白かったです。中世のヨーロッパの格式高さも雰囲気出ていましたが、それもさることながらデル・トロ、ホプキンスのなんとも濃い親子役の共演に、エミリー・ブラント演じる、どこかはかなげで切ない表情の美人が華を添えていました。

狼男親子が圧倒的に強いので、人間側のキャラの存在感が薄くなるのは仕方ないかもしれませんね、それでもあの「マトリックス」のエージェントの方はとてもいい存在感でした。

人間を襲って捕まって逃げて襲ってというオーソドックスな流れでしたが、展開の面白さと映像に力があったことも相まって、決して飽きることなく一気に観る事ができました。R15指定となった描写も、狼男の襲う迫力を出すためには致し方ない演出だったかもしれません。観客への脅かし方も上手いなと思ったら「ジュラシックパーク3」の監督さんだと知って納得。締めかたも良かったです、ウルフマンも愛する女性にとどめを刺され、その事に納得して絶命。しかし咬まれたあの者は満月が来たら…という気持ち悪さも○。情けない事にエンドロールを観るまで、あれがジェラルディン・チャップリンだったとはまったく気付きませんでした。反省。 777本目のレビューだからというワケではないですが7点です(笑)
まさかずきゅーぶりっくさん [映画館(字幕)] 7点(2010-05-04 12:45:45)
11.《ネタバレ》 デル・トロ。実は彼が登場したとき「ああ、最初っから狼男なのね」と思ってしまった。それほど、この人には人間離れした雰囲気がある。狼男になってからの彼の方が内面の弱みを見せたりして、登場してきたときより人間らしく見えた。レクターさんは元々噛み付くことが大好きな人(笑)なので、怪しいと睨んでいたらビンゴでしたね。過去の狼男映画の主演なんて覚えていないけど、この二人はさすがに存在感がありました。だから尚更、起伏や捻りが少ない、というより感じられないストーリーが惜しい気がします。純粋な狼男映画を観たのは80年代初頭の「ハウリング」や「狼男アメリカン」以来だろうか。当時は狼男への変身シーンがリアルということで話題になっていた。その特殊メークを担当したリック・ベイカー氏は今作にもクレジットされているのだが、この狼男は変身後に全身が見えてしまうと、まるで着ぐるみ。狼男というより、クマさん男。あれに一瞬でも笑ってしまうと、緊迫感が30%くらいは削がれますね。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 5点(2010-05-03 19:00:03)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
213.33%
313.33%
4516.67%
5516.67%
6930.00%
7620.00%
8310.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 0.00点 Review1人

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
特殊メイクアップ賞リック・ベイカー[メイク]受賞(メイクアップ賞)

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS