プレデターズ(2010)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プレデターズ(2010)
 > (レビュー・クチコミ)

プレデターズ(2010)

[プレデターズ]
Predators
2010年【米】 上映時間:107分
平均点:5.40 / 10(Review 96人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-10)
公開終了日(2010-11-17)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズものモンスター映画
新規登録(2010-03-19)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-03-21)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニムロッド・アーントル
キャストエイドリアン・ブロディ(男優)ロイス
トファー・グレイス(男優)エドウィン
アリシー・ブラガ(女優)イサベル
ローレンス・フィッシュバーン(男優)ノーランド
ダニー・トレホ(男優)クチロ
ブライアン・スティール(男優)ミスター・ブラック・プレデター
マハーシャラルハズバズ・アリ(男優)モンバサ
オレッグ・タクタロフ(男優)ニコライ
ウォルトン・ゴギンズ(男優)スタンズ
ルーイ・オザワ・チャンチェン(男優)ハンゾー
デレク・ミアーズ(男優)クラシック・プレデター
井上和彦ロイス(日本語吹き替え版)
置鮎龍太郎エドウィン(日本語吹き替え版)
皆川純子イザベル(日本語吹き替え版)
高木渉スタンズ(日本語吹き替え版)
玄田哲章ノーランド(日本語吹き替え版)
廣田行生クチロ(日本語吹き替え版)
原作ジム・トーマス(キャラクター創造)
ジョン・C・トーマス(キャラクター創造)
音楽ジョン・デブニー
アラン・シルヴェストリ(テーマ音楽)
編曲ブラッド・デクター(編曲スーパーバイザー)
ジェフ・アトマジアン
ティム・シモネック
撮影ギュラ・パドス
製作ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アヴェラン
20世紀フォックス
ジョン・デイヴィス〔製作〕
ビル・スコット[その他](共同製作)
配給20世紀フォックス
特殊メイクジェイク・ガーバー
グレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮グレゴリー・ニコテロ(クリーチャー効果スーパーバイザー)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
衣装ニナ・プロクター
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
突然拉致され見知らぬ土地の上空に放り出された者たち。パラシュートで降り立った場所はジャングルの真っ只中だった。お互い見知らぬ特殊工作員、スナイパー、傭兵、死刑囚、ヤクザ等々… 彼らは、突如として襲われ命を狙われる。一体ここはどこなのだ?そして、彼らが集められた理由とは? ロバート・ロドリゲス制作による大ヒットシリーズ最新作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
96.《ネタバレ》 プレデターシリーズには定型がある。狩場に放り込まれた毎度異なる面子がいかに捕食者を斃し、マンハントを生き延びるか
今回そのフォーマットをよりわかりやすく、直接的に提示してきた
地球人や、別の天体からも人を攫い、どこぞの惑星に放り込んで自前の狩場を作っているのだ
導入の人物相関など面倒だし、お客はそんなもの求めてない。サバイバルを観たいんだろう?だったらそれしかない惑星を用意するよ!・・・とでも言わんばかりだ
これって、CUBEを思い出すなあ。
サバイバル自体がいい加減飽きつつある展開ではあるのだが、そこを逸脱するメリットが無いのだろう。ジャンル映画らしくありたいようだ
シュワちゃんやダニー・グローバーに反撃されて、狩りの面白さが倍増したからなのか、いずれも腕に覚えのある殺しの専門家たちである。どの人物も攫われた時の記憶がない
いやあ、この設定なかなかご都合がよろしいですなあ。地球外に人類が住める惑星が見つかってよかったじゃないか。そりゃインターステラーだわ
で、またジャングルである。捕食者の種族の違いだとか、送り込まれたタイミングの違いで人類同士の反目とか、展開を大きく変えられそうな宇宙船奪取などもあったが
正直どれも見せただけで、不発に終わった感が否めない。結果いつもの展開に戻るのである。せめて、脱出した宇宙船から惑星の外観を観るシーンでもあればいいのになぁ
後半の主に戦闘シーンだが、画面が暗く、とても観づらい。夜なので暗いのは当然だが、度が過ぎている
描き込みが足りない白い漫画のネガポジ反転のようで、経費削減と受け止めるより他はない
プレデターの不可視をさほど問題としていないのは、物足りない。スナイパーとして綺麗めな女性が出てくるのも、二人で生き残るのも無慈悲なシリーズに似合わない
ヤクザが剣豪というニッポン解釈、ぶっ飛んでいるけれど、わざとなのでそこは大目に見てあげよう。これも文化なんで
戦闘は緊張感がかなり無くなってしまったけれど序盤でここは地球じゃないということが判明した時の絶望感がよかったので2作目よりはいいかな
うまシネマさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2019-10-12 03:32:53)《更新》
95.《ネタバレ》 お!モーフィアス!と思ったら、なんだか微妙なキャラ。
彼が先導して脱出するようなストーリーにしてほしかった。
というか、結局脱出できるかどうかは、次回作が出るのか?
ちょっと不完全燃焼であった。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 4点(2018-09-30 13:41:05)
94.プレデター同士戦うのが印象的。太陽系外の惑星なのに、生えている植物の事を熟知している地球人がいることに失笑。
クロさん [地上波(吹替)] 3点(2018-09-29 11:21:45)
93.いきなりよくわからない場所に連れてこられた割には、ご都合主義で進んでいきます。どうしても取りたい画が先行している印象が強い。もう少しプレデターに対して知恵や戦略を練る場面があるよ良かった。
nojiさん [地上波(吹替)] 4点(2018-09-23 08:36:40)
92.ハリウッドのこういう映画なのでストーリーは期待して見ていなかったが、そもそも登場人物皆に魅力を感じなかった。
misoさん [地上波(吹替)] 5点(2018-09-22 02:13:06)
91.《ネタバレ》 シリーズを重ね、完全に未知なる生物ではなくなってしまったプレデター、の割には楽しめたかな。
気がついたら拉致られてて、プレデター運動会への強制参加。
キビシー闘いを強いられるわけですが、せめて地球じゃないと。
あんなもん、ワケわからん惑星だった!って気づいた時点でコメカミに銃口でしょ。
ご褒美のないあの状況でエイドリアン・ブロディはよく頑張りました。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-24 09:10:47)
90.《ネタバレ》 舞台は再びジャングルへ。やっぱりプレデターはジャングルでないとダメですね。ただ、本作は得体の知れないものが圧倒的有利な立場から狩ってくるというよりかは、理不尽に集められた人間たちの人間関係をメインに描かれています。ある意味敵がプレデターである必要はないのかもしれません。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-07-23 23:02:08)
89.《ネタバレ》 いや〜面白かった。
劇場公開時、線が細いイメージのエイドリアン・ブロディに
プレデターと闘う役なんか務まるのか? と思ったが、これがどうして。
中々の骨太キャラじゃないですか。
他キャラも個性的な面子で期待が持てます。
どう考えても人間の方が不利な中、やはり一人づつ減って行く登場人物。
さて、どうやって物語に起伏を与えるのか… と思っていた所の御大、
ローレンス・フィッシュバーン登場! サイコなキャラ付けも楽しい。
残念ながら物語は終盤失速気味になってしまうが、ヤクザのキャラが華麗に
同士討ちするシーンは拍手喝采!
数多のプレデター関連作品ではオリジナルを覗いて一番面白いと思いますよ。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-07-19 23:51:06)
88.思ってたよりも楽しめた。
なんか日本のヤクザを馬鹿にされている気がする…。
Mighty Guardさん [DVD(字幕)] 5点(2016-01-22 01:40:49)
87.評価はしにくいが好き。

本来プレデターの面白さは彼らの武装や能力による圧倒的な戦闘力に、
人間が根性で立ち向かうという構図にあると思う。

今回の作品では映画の軸であるべきプレデター自身の描き方が不足気味で、
人間たちのキャラクターのほうが強いところに問題がある。

ハイテクムキムキ殺人宇宙人より濃いメンバーを描くのはさぞ大変だろうが
そんなにやらない方が良かった。徒労である。

しかし、深夜オールナイト上映におっさんが一人で行く映画としては、
こーいうのがいい。
病気の犬さん [映画館(字幕)] 5点(2015-11-07 16:40:39)
86.《ネタバレ》 最初におっさん2人を葬った時点でかなり冷めちゃいました。私は特にプレデターシリーズのファンというわけはありませんが、『プレデター』をオマージュするのであれば、イカついこわもてフェイスのおっさんどもがエイリアンと生存競争を繰り広げる泥臭い死闘を描かなければならんと考えます。おっさんどもの汗臭く泥臭く血眼で「生」を勝ち取ろうとする雄姿、それこそが『プレデター』の醍醐味であり、熱狂と緊張感の養分となっていたと感じてたからです。しかし本作は、ジャパニーズマフィア、家族思いのロシア兵、死刑囚と無駄に個性を肉付けされたキャラを大事したいがために、貴重なおっさんどもを序盤の盛り上がりでさっそく捨て駒にしています。途中でフィッシュバーンを補充しますが、これもあっさり退場。そのあとは「個性的なキャラが死んでいくのはやり切れないでしょ?」とでも言われてるような死亡シーンが一定間隔でポンポン描かれていきます。これがまあさして盛り上がらないこと。やっぱりプレデターにはおっさんが必要だ。
Jar_harmonyさん [DVD(吹替)] 5点(2015-05-17 10:35:44)
85.《ネタバレ》 当時、プレデターの新作が出るというので興奮しましたが、
結局観たのは最近の事です。
なにか本来のプレデターにソリッドシチュエーションの要素が感じられる内容でした。
本来のプレデターとはちょっと別物ですが、
これはこれで続編が出ても全然ありなクオリティでした。。
プレデターは異星人でありながらも人間の原始的な習性と似たものを持ち、
それなのに攻撃の手段がやたらとメカニックなのが面白いです。
色々な装置が体の一部であるかのようなところがカッコいいと思います。
この作品はオリジナルへのオマージュが込められていて、初期のファンにも好感は持てると思いますが、
「旧式よりも新型のプレデターのほうが強いぜ」みたいなのが嫌です。
監督は日本文化が好きなのか、
日本人ヤクザが凄くいい味出しています。
真剣勝負の場面など展開としてはまるでコントですが、それでもハリウッド映画に登場するアジア人にしては良い扱いだったと思います。
プレデターのデザインは鎧武者がもとになってるみたいです。
最初からカップルが出来上がっていたのは面白くないですが、
「ヒロインと主人公は死なない法則」「白人生存(黒人死亡)の法則」「異言語話す人即死亡の法則」「武器を持たない弱者生存の法則」など分かり易いものはありましたが
ちょっとずつひねりが加えられていたと思います。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-15 22:33:07)
84.暇つぶしにもならない、というほどつまらなくはなかったです。でも、この手の映画に期待する緊迫感としては大人しいレベルでした。主人公がピアニストだったから?
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-20 12:18:17)
83.《ネタバレ》 愛しのダニー・トレホが早々と退場しますが、戦場のピアニストが大奮闘。日本刀など、色々と見せ場もあり満足できる内容。
山椒の実さん [ビデオ(邦画)] 5点(2014-04-20 14:12:22)
82.《ネタバレ》 予想通りの駄作。この作品に「やくざ」は必要ないでしょう。プレデターとの一騎打ちのシーンに興醒め。やくざと侍は別物というのを監督は理解していないんでしょうね。俳優さんは日本人とのハーフのようで、中国人や韓国人を起用していないだけマシかな。前半はサバイバルゲームの始まりという感じで面白味もあったが、中盤以降はさっぱり。フィッシュバーンが出てきたあたりから、急に面白味をなくしていました。そもそもプレデターと解り合えるという設定自体が駄目脚本。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2014-02-04 16:00:33)
81.《ネタバレ》 なんか海老蔵みたいな人が刀でプレデターと戦っていた。
さん [地上波(吹替)] 2点(2014-02-01 22:59:18)
80.《ネタバレ》 毎度感じるのだが、日本人の役は日本人に演じてもらいたい。今回は特に変な動きをしていなかったし、好演していたと思うのでまだ救われるけど。。。全体を通して観て、やはり原っぱでの日本刀によるタイマンのシーンが秀逸。それ以外は、この手の作品ではいつものことであり、特筆すべき内容はない。
リニアさん [映画館(字幕)] 6点(2013-07-21 11:11:53)
79.《ネタバレ》 期待せずに見たせいか思ったより楽しめましたが、楽しすぎたというほどでもなかったのも事実。まず集められたメンバーのうち、医師、凶悪犯、ヤクザの面々は戦闘のプロとは思えず、なぜ拉致されてきたのか疑問が残ります。
またバラバラだったメンバーがチームとしてまとまっていきプレデターと対決していく展開ならもう少し楽しめたのかもしれない。しかし主人公ロイスはリーダー的位置にいて状況把握もし次の行動を提案するが信頼を勝ち得ず結局成り行きで進んでしまう。いっそのこと一部隊をまるごと連れてきたほうが対プレデターに集中できたのではないだろうか?(そうなると一作目により酷似してしまうかもしれないが…)。
プレデター以外にも異星人は存在してるようなので、そちらと共闘するというのもおもしろいかもしれない(次回作に期待?)。
映かったーさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-03 17:50:14)
78.《ネタバレ》 前半は面白かったんですけどね。
ローレンス・フィッシ、しュバーンが出てきて、全容的なモノが見え隠れした途端、
展開が急激につまらない方向へ向かってしまった。
ヤクザが逃げる途中どうして、一人残って、プレデターも身を隠しながら攻撃していたくせに急に姿を見せて正々堂々と一対一のチャンバラへとなっていってしまったかの説明が、なさすぎるというか唐突すぎて、なんじゃそりゃって感じ。
たぶん、撮りたい画だったんだろうけど、あのシーンへのつなげるプロセスがゼロすぎる。結局、後半以降理由もなくプレデター達は姿を見せながら戦う始末。
消しながら戦ってた方が有利なんだから、ずっと隠れたまま殺していれば良かったんだよ。主人公たちが全員死ぬという不条理な話になってしまうけど、
その方がよっぽど説明のつくストーリーだ。エンターテイメントを意識し過ぎて、大事な所が駄目すぎる。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 3点(2012-08-31 22:52:27)
77.《ネタバレ》 以前見たAVPがあまりにもアレだったせいか、今作は随分マシな出来に感じました。一作目には及ばないものの、基本に戻った作りがうれしかった。ただ主人公(男)が悪人になったり善人になったり、医師があの極限状態で何故か女に毒を盛ったり、歯痒い部分が多かった。
i borgさん [地上波(吹替)] 6点(2012-08-30 23:53:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 96人
平均点数 5.40点
000.00%
111.04%
233.12%
377.29%
499.38%
52728.12%
62930.21%
71515.62%
855.21%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.44点 Review9人
2 ストーリー評価 4.60点 Review15人
3 鑑賞後の後味 5.14点 Review14人
4 音楽評価 6.69点 Review13人
5 感泣評価 3.00点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS