ナイト&デイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ナ行
 > ナイト&デイの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ナイト&デイ

[ナイトアンドデイ]
Knight and Day
2010年上映時間:110分
平均点:6.35 / 10(Review 129人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-10-09)
公開終了日(2011-02-04)
アクションコメディスパイもの
新規登録(2010-03-19)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2024-01-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・マンゴールド
助監督ブライアン・シュメルツ(第2班監督)
ニコラス・マスタンドレア(第1助監督)
K・C・コーウェル
キャストトム・クルーズ(男優)ロイ・ミラー
キャメロン・ディアス(女優)ジューン・ヘイヴンス
ピーター・サースガード(男優)フィッツジェラルド
ジョルディ・モリャ(男優)アントニオ
ヴィオラ・デイヴィス(女優)ジョージ長官
ポール・ダノ(男優)サイモン・フェック
マギー・グレイス(女優)エイプリル・ヘイヴンス
レニー・ロフティン(男優)ブレイセス
デイル・ダイ(男優)フランク・ジェンキンス
マーク・ブルカス(男優)ロドニー
ガル・ガドット(女優)ナオミ
森川智之ロイ・ミラー(日本語吹き替え版)
石塚理恵ジューン・ヘイヴンス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
二又一成フィッツジェラルド(日本語吹き替え版)
中村秀利アントニオ(日本語吹き替え版【ソフト】)
咲野俊介アントニオ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
平川大輔サイモン・フェック(日本語吹き替え版)
藤本譲フランク・ジェンキンス(日本語吹き替え版)
石川英郎ベルンハルト(日本語吹き替え版)
石住昭彦ロドニー(日本語吹き替え版)
藤波京子モリー(日本語吹き替え版)
かぬか光明(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
音楽ジョン・パウエル
編曲リック・ジョヴィナッツォ
ジョン・アシュトン・トーマス
挿入曲ダリル・ホール&ジョン・オーツ"Private Eyes"
クリストファー・クロス"Ride Like the Win"
撮影フェドン・パパマイケル
製作トッド・ガーナー
キャシー・コンラッド
ジョー・ロス
20世紀フォックス
製作総指揮アーノン・ミルチャン
E・ベネット・ウォルシュ
配給20世紀フォックス
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
コリン・ストラウス(視覚効果)
グレッグ・ストラウス(視覚効果)
美術アンドリュー・メンジース(プロダクション・デザイン)
衣装アリアンヌ・フィリップス
編集マイケル・マッカスカー
アンドリュー・バックランド〔編集〕(編集補)
字幕翻訳戸田奈津子
スタントケイシー・オニール
その他E・ベネット・ウォルシュ(プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
129.《ネタバレ》 トム・クルーズは正義の味方であって、人間とは思えないほどの超人的活躍をし、わざとらしい危機にも陥らない。こういうのはそれでいいんです。いやほんと。ところどころでためらわずにコメディな演出をぶち込んでくるのもよい(導入部の飛行機内のシークエンスとか、無意味にビキニにさせられているヒロインとか)。一方で、キャメロン・ディアスはもう少し若くてあまり物事を分かってなさそうな人にすべきだったかなあ。事態の展開についていけずあたふたしているところなんかも、キャメロンには無理があります。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2023-05-04 00:44:54)
128.【平凡に暮らしてた一般人のお姉ちゃんが、ある日突然、謎のイケメンと遭遇し、訳も分からないまま襲われ逃げて守られて、どこの誰だかさっぱり解らぬ悪党相手に切った張ったの大冒険。逃走劇と激闘の果てに大どんでん返し。でも最後はイケメンゲットでハッピーエンドで、平凡から脱したシンデレラストーリーでした】。

…という、古今東西どこでも何度でも使える王道活劇。
でもまあこれって料理に例えるならカレーライスみたいなもんで、作り方に手抜きしても大して不味くならず、材料の質から手間暇もかけて作れば充分美味くなるものなので。えーとまあ、良いと思いました。

※毎度の蛇足…

令和5年の今現在、この手の映画を作るなら【お姉ちゃん】の役はやっぱり、アクションこなせて文句は言わない綾瀬はるかかな。
数年後なら、アクション抜きで芦田愛菜かな。
役者の魂さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2023-04-24 15:15:04)
127.《ネタバレ》 よくあるラブコメディのような空港での出会いでつかみはOK、と見せかけての機内でのアクションという急速なギアチェンジで一気に作品世界に引き込まれます。
そこからはひたすら、どんなピンチも素敵スマイルで切り抜けるトム・クルーズと、だんだん人間じゃなくて一般人をやめていくキャメロン・ディアスのコンビネーションを観てるだけで楽しいです。
正直、同系統であるM:Iシリーズはアクション映画としては大好きですが諸般の事情で絶対に許せない作品群なので、いっそこちらのほうにシフトチェンジしてほしいと思うくらいでした。
クリムゾン・キングさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-08-13 12:00:16)
126.《ネタバレ》 -night and Day- “四六時中” …のアタマに -K- を付け加え -Knight- “騎士”にしたもの。“いつもあなただけのナイトですよ”みたいな意味でしょう。ロイの本当の名字がナイトさんなので、ジューンの名字もデイさんかと思ったら違ってた。
公開当時トム48歳、キャメロン38歳。トムは思想の影響か奇行が目立ち、人気が落ちていた時で、アラフォーのキャメロンもカラッとしたコメディエンヌ色を控えて、シリアスな映画に出る機会が多く、女優としての方向性の曲がり角なのかな?って時の作品。

私の中ではどうしてもキャラ設定がミッション・インポッシブルのイーサン・ハントと被る。M:Iシリーズが安定的にシリーズ化したと思われるこの時期(ゴースト~公開の前年)に、どうして系統の似たようなアクション映画を創ったんだろう?
このロイ・ミラーという自信満々の明るいキャラは、M:I-2のチャラチャラしたイーサンに近く、『あぁ、トムはこっちのイーサンも好きだったんだな』って思ってしまった。2の“コレじゃない感”の反動から、シリアス路線に大きく舵を切ったM:I:Ⅲだったけど、もしかしたら本作はチャラチャラ・イーサンのM:I-3没シナリオを手直ししたものだったりして。
売り出し中の女優じゃお客が入らないし、キャメロンを対等な立場の主役にして、ヒット作Mr.&Mrs. スミスみたいなポジションを狙ったんじゃないか?と。

内容はシンプルでアタマ空っぽにして楽しめるアクション映画。バイク放り投げてボンネットに降ってくる明るいロイ。同じことをM:I-2でやられると嫌だったけど、別キャラのロイだと全然受け入れられる。
薬で意識朦朧のジューン→敵に捕まっても明るいロイ→よくわかんないけど楽々脱出って、肝心なアクションを描かないのも新鮮(M:I:3の上海でやってるけど)。「With Me↑ Without Me↓」とか「目を瞑ったまま服を・・・」などテンドンもホンワカ出来る。
ロイの両親に届く不審な高額当選とか、M:Iで不当逮捕されたイーサンの親の掘り下げ、名残りと思えなくもない。
ドレスにブーツ、ナース服にブーツのジューンも可愛い。父の形見のGTOへの愛着とか、結構味のあるキャラクター。

良く解らないのが、このロイとフィッツはFBIに潜入しているCIAの特殊工作員…で良いのかな?で黄色いドレスのジューンを拘束したときはFBIとして普通のFBI職員とともに車に乗せ、その後「安全な場所に」とCIAの偽FBI車に乗せ変える。で、ロイにバンバン撃ち殺される。
最初の飛行機でバンバン殺されてたのはCIA?彼らはイザベル長官の指示で動いてたんだよな?
で、事件解決後のイザベル「裏切り者共を始末してくれたのね」って、えぇ~!?じゃあロイはCIAの裏切り者だけ選んで殺してたの?でもスチュワーデスが撃たれた時、驚いて介抱しようとしてたじゃん?ロイは誰が善で誰が悪か知らなかったってことじゃん?
う~ん…今の目で観るとロイが人を殺しすぎてスッキリしないけど、当時コレはコレで楽しめました。
K&Kさん [試写会(字幕)] 7点(2022-06-05 12:54:27)
125.トム・クルーズとか、キャメロン・ディアスとか、アクションとか、サスペンスとか、コメディといったキーワードをAIにインプットしたら、一瞬でアウトプットしてくれそうな作品。少し長めで緩めなジェットコースターに乗っている感じというか、まあつまらなくはないがこんなもんだろうと。降りた瞬間には忘れそう。
唯一面白かったのが「永久電池」とかいういうやつ。いかにもフィクションなシロモノですが、しっかり現実を見据えて〝処理〟してくれたあたりに、ささやかな良心を感じました。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-02-18 01:51:11)
124.《ネタバレ》 とにかく普通なんです、自分には捻りもなく刺激が無さ過ぎなんです。
いくらバニラスカイをなぞっているからと言って
眠らせて、昏睡して都合よくシーンを飛ばしちゃって面白くない。
ディアスにはボンドガールのような活躍を期待してたんですが、バイクシーンくらいで。ブロンド美女のヒロインと呼ぶにはもうキツイ。
密談したナオミのお肌が若くてこっちがヒロインになってくれたらなぁ…と正直なところ。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-02-14 00:18:16)
123.トム・クルーズとキャメロン・ディアス、『バニラ・スカイ』以来の共演。『バニラ・スカイ』はシリアスな映画だったので、キャメロンお得意の能天気ラブコメ風味路線でのトムとの共演は、やはり豪華です。そのトムが冒頭からドラッグのやり過ぎイカレてしまったような変なエージェント、でもジェイソン・ボーンばりに超無敵です。とにかく、危険なシーン大好きなトムの願いを叶えましょうという感じで、旅客機内の激闘・不時着から始まり過剰なアクションの大盤振る舞い、もちろんCGやVFXは駆使していますが彼はこれでは欲求が満たされなかったのか『M:I』シリーズではスタントなしで飛行機にしがみついたりする始末、この人はほとんどビョーキです。ちっとも役作りしないのでイーサン・ハントと見分けがつかないけど、どうせ脚本も遊びまくってほとんどおバカ映画領域に踏み込んでいるので気にしないことです。トムはこの怪演を突き通すのかと思ったら、だんだんまともなキャラになってしまうのは残念でした。所々でキャメロンをクスリで眠らせて強引にショートカットするストーリーテリングも、ほんと笑わせてくれます。こういうなにも思い悩むことなく没頭できる映画ってほんとイイですよね、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズにも通じるところがあります。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-02-08 23:35:12)
122.《ネタバレ》 質のいいアクションコメディー映画
その時の主人公を意識喪失させるという大胆な省略技を使ったりと
テンポよく進んでいくため、飽きずに見ていられます。

2大スターだったからこそ、観れる映画だったと思います。
その点はやはり流石の役回りでした。
完全に娯楽映画なので、弾は当たらない、どんな時でも殺されないのは当然
何も考えず楽しめるいい映画でした。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2019-09-09 05:22:52)
121.ものたりない。ミッションインポッシブルを見過ぎてしまったか。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-07-26 23:09:17)
120.《ネタバレ》  アクションとラブコメのバランスが絶妙。トム・クルーズとキャメロン・ディアスの持ち味がよく出ています。とくに前半が絶品。
 どんな危機的状況でも、余裕かましまくりのスーパーエージェントぶりがとにかく痛快。こんな痛快な気分を味わったのは久しぶりです。で、そんなトム・クルーズに振り回されるキャメロン・ディアスが、面白おかしく、かわいらしい。確かに二人とも歳を重ねましたが、若かりし頃と変わらないはっちゃけぶりが楽しいです。
 中盤以降はやや失速。原因はトム・クルーズ演じるロイ・ミラーのお笑いレベルがやや落ち着いちゃったこと。最後まで人を食ったような性格でまわりの人間をおちょくり続けてほしかった。
 ロイとジューンの立場が終盤になって入れ替わっていくシークエンスはコテコテだけど好き。新しいネタも良いですが、自分の好きなネタを取り入れる映画が好きです。
 ロイの実家をジューンが訪れたとき、ロイの身の上話が真実だとわかり、もう一度ロイを信じるジューンの表情が良い。おばかなラブコメやアクションだけでなく、こーゆーさりげないドラマを差し挟むのが、ちょっと上品で、なんか良い。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-06-23 01:24:17)(良:1票)
119.《ネタバレ》 トム・クルーズの映画とはいえ、無茶苦茶すぎる
ここまできたらもうコメディだと思う。冷静に考えると最後の拉致は怖すぎるよ。完全にもうストーカーのそれです。
Keytusさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-04-23 00:12:33)
118.キャメロン・ディアスがあまり好きでないので敬遠していたのですが
トム・クルーズはきっと期待を裏切らないと期待を込めて鑑賞

ミッションインポッシブルのカロリーオフ版のような印象で
あっさりスッキリテンポの良い作品でした
ぐりこさん [インターネット(吹替)] 6点(2019-03-24 18:05:09)
117.クルーズ&ディアスの安心ペアによる安定の爽快ドタバタアクション映画です。辛うじて彼らのペアが若くてパワフルな時代最後の映画でしょうね。でもクルーズ映画特有の「見た後すぐに忘れる系」の映画でもあります。
とにかく一言でいうと、普通なんです。全体的にバランスもよくスピード感もあって全く悪くないんですけどねぇ・・ 可もなく不可もなく、ある意味映画としては致命的なこの点数。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-08-09 10:52:40)
116.◇エログロなし、明るさ満点でロマンチックなアクション映画。◇だけど、アクションは、きっちりやりますよぉ~♪見せ場もありますよぉ~♪ロイ(トム・クルーズ)が、空から降ってくるシーンは、何度見ても、「ありえねぇ~wwww」と、笑いますよぉ~♪。トムの自虐ネタとしか思えんw◇挿入歌も良くて、サントラを探している。◇「いつか(someday)」という、何気ないキーワードが利いていて、エンディングも良い。◇私的には、気楽に楽しめる心のビタミン剤。大好きな映画なので、10点。
さん [DVD(吹替)] 10点(2017-04-16 15:32:01)
115.《ネタバレ》 豪華2大スター共演による“ロマンス・アクション・サスペンス・コメディ”。主役のギャランティに製作費の大半を割いた為か、アクションのスケールは割引プライスとの印象です。さらに大胆な省略技法を使い脚本の質も安普請か…と思いきや、なかなかどうして、男女の主導権が切り替わった終盤の畳み掛けにはニヤリとさせられました。キャメロンはホント肉食系が似合いますね。こういう映画は細かいコトは言いっこなし。敵の銃弾が主役に当る気配が無いのもご愛嬌。素直にバカ笑いしながら楽しむのが正解だと思います。
目隠シストさん [地上波(吹替)] 6点(2015-11-15 23:23:30)(良:2票)
114.楽しいし、気楽に観られる映画。
アクションもののパロディのような作品。そして、女性にとってのおとぎ話でもあった。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2015-11-03 20:57:40)
113.あり得ない設定の荒唐無稽な映画もハイテンポな展開と見応えあるアクションシーンに爽快感は十分。中身のバカバカしさもコメディにはぴったりマッチ。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 6点(2015-10-06 23:32:54)
112.多分、数か月後には観たことすら忘れるほどあまり印象に残らない映画。でも観てる間は、テンポもいいし、アクションまたアクション、そしてクスッと笑える要素が多々あって、退屈はしなかったです。どっかで観た感はバリバリありますけどね。最後のキャメロンのセリフがよいです。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-28 10:03:53)
111.《ネタバレ》 ミッションインポッシブルのヒロイン側視点的な話。
一般女性が凄腕スパイの男に訳もなくさらわれトラブルに巻き込まれ何故か結ばれる二人。
アクション物としては楽しめますが話が王道過ぎて少し物足りない。
Dry-manさん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-14 02:22:06)
110.主人公が気を失っている間に話が進んでいる、というのを多用し過ぎでしたが楽しめました。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 6点(2014-08-17 02:46:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 129人
平均点数 6.35点
000.00%
100.00%
210.78%
332.33%
475.43%
51612.40%
64131.78%
74333.33%
8129.30%
932.33%
1032.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review5人
2 ストーリー評価 5.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 6.72点 Review11人
4 音楽評価 5.50点 Review8人
5 感泣評価 5.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS