愛がこわれるときのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛がこわれるとき
 > (レビュー・クチコミ)

愛がこわれるとき

[アイガコワレルトキ]
Sleeping with the Enemy
1991年【米】 上映時間:98分
平均点:5.05 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
サスペンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-04-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・ルーベン
キャストジュリア・ロバーツ(女優)ローラ/サラ
パトリック・バーギン(男優)マーティン
ケヴィン・アンダーソン〔男優〕(男優)ベン
エリザベス・ローレンス(女優)クロエ
ジョン・リンドレー(男優)(ノンクレジット)
土井美加ローラ/サラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
津嘉山正種マーティン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐古正人ベン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子ローラ/サラ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
江原正士マーティン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
堀内賢雄ベン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ロナルド・バス
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アレクサンダー・カレッジ
撮影ジョン・リンドレー
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター)
製作レナード・ゴールドバーグ〔製作〕
20世紀フォックス
製作総指揮ジェフリー・チャーノフ
配給20世紀フォックス
美術ダグ・クレイナー(プロダクション・デザイン)
ニール・トンプソン〔タイトル〕(タイトル・デザイン)
衣装リチャード・ホーナング
編集ジョージ・バワーズ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジェリー・ゴールドスミス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
75.《ネタバレ》 旦那があまりにも怖い。逃げるために死に物狂いで水泳をマスターするとはすごい。あとはありがちな顛末。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-07 14:02:18)
74.《ネタバレ》 偏狭夫の描写がうまい、それにつきます。巷にあふれるDVに苦しむ実話をリアルに再現しているみたい。怖い。タオルと缶詰、たかだか服を汚されたことへ滲む嫌悪の表情、嫁のドレスにまで指図。極めつけは暴力、ときてワタシの忍耐もぶっち切れ。こんな奴ひとりで生きてろよ。もう憎くて憎くて。またジュリアがごきげんとりのプレゼントを渡された時の「もううんざり」の表情が上手いんだ。そりゃ完璧にジュリア寄りで観ますから、彼女がしっかり策を練って現状打破へと挑んだ強さには快哉を叫びましたし、隣人の新恋人が今ひとつぱっとしなくても、前夫よりはずっといいわね、とローラの友達気分で見守る100分でありました。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-17 23:59:24)
73.《ネタバレ》 だんだんと旦那がパラノイアと分かってくるあたりがいい。いかにも楽しげな新婚生活。服の汚れを謝るのも微笑ましい。と思っていると、タオルの掛け方から缶詰の向きとか、潔癖の過剰さが露わになってくる。嫉妬狂を扱ったブニュエルの『エル』を思い出す。マニアっていいんだな。どうしても旦那のほうに肩入れして見てしまうんだけど「幻想交響曲」を流すってのはつまんなかった。ヒロインが海に消えてからは、視点が代わる。ここらへんからは旦那とヒロインとの知恵比べとなる。男装させたり舞台衣装つけて踊ったり、いささかプロモーションフィルム的でダラケた。愛する妻を見つけた夫が、タオルを揃えたり缶詰を整頓したりしてるとこを想像するとおかしい。何も殺さなくてもいいとおもいません? 愛ゆえの襲撃者は怖い。愛を捧げ尽くした男の物語。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2013-09-06 09:54:56)
72.《ネタバレ》 こええ、と思わせるには充分な異常さでした。でも点数低いね。私は面白かったけど…。
まったりと退屈なシーンがいくつかあるのが気になった。
虎王さん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-18 21:50:14)
71.遠い昔に愛がこわれてしまったあの娘と見に行ったのがもう20年前(しんみり)。筋は「ありがち」且つ「いかにも」なんだけどちょっとホラー風というのもあって見ている時はそれなりにドキドキハラハラしてたような気がするんだけど、作品全体としては地味な印象。地味だといいながら20年前に見たきりなのに缶詰のラベルがキレイにこちらを向いた棚とか海辺の豪邸とか堅苦しくて息も出来ないような結婚生活の雰囲気とかといった断片ははっきり覚えているので、それなりのインパクトを残しているというだけでも評価されてしかるべしと。後半の展開がまた輪をかけて「ありがち」且つ「いかにも」なのはしょうがないにしても「大味」な演出までもが「ありがち」且つ「いかにも」なのがどうにもこうにも。あと、同じ新妻でもこれより後の『ペリカン文書』のほうがずっとかわいいのは何故。
R&Aさん [映画館(字幕)] 5点(2011-05-18 16:55:59)
70.もう15年以上も前に観た映画なのに、ベルリオーズの『幻想交響曲』と恐怖シーンがガッチリ結びついてしまって、あれからいつもこの冒頭の厳かな鐘の音が流れた途端に思考停止。めいっぱい気分が沈む。
ベルリオーズのCDも持ってるし、この映画も嫌いじゃないのに、私にとっては超トラウマ作品。オーメンやエクソシストの音楽に並ぶパブロフの犬的怖さ。
りんすさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-11-19 01:39:02)
69.《ネタバレ》 サスペンスの分類に入るんだけど・・・このつまらないのはなんだろうか。パトリック・バーギン一人が目立ってジュリア・ロバーツにエロティックなシーンは全然合いませんし、特に盛り上がりもなくラスト15分ぐらいにならないとらしいシーンが出てこないのはちと痛い。ひねりもなく極度の潔癖症&暴力男が事故死を装って逃げた女を追っかけたら近所の男とデキてたという進歩した昼ドラか夜の2時間ドラマみたいな雰囲気プンプンでした。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 4点(2008-04-09 09:30:01)
68.私も66の方と同じく妙な作為的なところがあり話に無理があると感じます。でもサスペンスとしての怖さは一級品だと思います。それにしてもベンだっけ?彼氏ヘタレやな!最後寝たままならこの話に全く必要ないんじゃないかい?
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-01-14 18:59:50)
67.《ネタバレ》 ジュリアの演技に+1点。トイレに指輪は、やっぱりな~という結果に。ラストはありがちな展開でしたね。お母さんが死ななくて良かった。
なおさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-02-08 16:11:28)
66.退屈はしないけど、妙に作為的な演出が無理を生んでいるように感じます。それにしてもこの邦題はないな。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-07-21 21:05:36)
65.タオルのお話ですけど、アメリカでは小さめのタオルを映画のように3枚くらい並べてかけておくものなのでしょうか?日本ではタオルは普通1枚ですよね?このだんなさん、本当に怖いしイヤ。週に3日午前中だけしか奥さんに外出を許さないなんてどういうこと!?そして中盤からローラと恋に落ちる隣人さんが本当に魅力的ではない!しつこいし本当にイヤ。
ふぉんださん [地上波(吹替)] 6点(2006-05-15 00:38:04)
64.《ネタバレ》 ほんとみなさんと同じく、タオルが凄い印象に残ってる、マナーには気をつけましょう。
名探偵コナン・ザ・グレートさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-04-26 21:56:33)
63.《ネタバレ》 DV旦那役の俳優に恐怖を感じながら見ていました。逃げてもどこまでも追ってくる。しつこいよアンタ!ジュリア・ロバーツの恐れおののく演技もなかなか真に迫っていたと思う。
ちゃりおさん [地上波(吹替)] 6点(2006-04-17 21:10:32)
62.《ネタバレ》 冒頭からすっごく痛い。主役の女優さんが鼻血ブーなのは「エイリアン」以来の伝統。DV夫から逃れるには殺すしかないのか。こんなに「たかがタオル」に対する意識を変えた映画は他にない、という意味でスゴイ。解決策をひとつ。「前後不要なラベルのついてないタオルを使用する」。ところで結婚前に「もう殴らない」て約束した場合は、必ず結婚後も殴りますから。間違いない。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-01-21 17:07:42)
61.すいませんが、ジュリア・ロバーツのベッドシーンで「シャイニング」の冒頭の音楽は使わないで下さい(>_<)
まさかずきゅーぶりっくさん [地上波(吹替)] 4点(2006-01-18 12:53:04)
60.見せ場が最後にストーカー夫の登場の仕方だけ??
何もひねりがないサスペンスでまじで面白くなかった。
MSさん [DVD(吹替)] 4点(2005-09-18 09:42:20)
59.タオルをキチンと干す時とか、ラベルを見える位置に直すときとか、絶対にこの映画を思い出します。
さらさん 5点(2005-03-17 13:24:44)
58.鑑賞後に彼女をプリンセスと呼んでみた人は結構いるのでは
カフカさん 4点(2004-12-02 23:15:33)
57.おっさんの怖さは凄く伝わってきました、何か物足りなかった。
ただ海の近くの家は良いなぁとおもったぐらい。あのクラシック音楽も怖い
arshaさん 5点(2004-10-12 18:53:16)
56.なんか怖かった。。ということしか覚えていない・・
テンダータッチさん 2点(2004-07-09 22:39:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 5.05点
011.33%
100.00%
256.67%
334.00%
41216.00%
52432.00%
62229.33%
756.67%
822.67%
911.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review3人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review2人
4 音楽評価 0.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS