ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
 > (レビュー・クチコミ)

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

[ハングオーバーキエタハナムコトシジョウサイアクノフツカヨイ]
The Hangover
2009年【米・独】 上映時間:100分
平均点:6.23 / 10(Review 86人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-03)
コメディシリーズもの犯罪ものミステリー
新規登録(2010-03-28)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-03-22)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・フィリップス
キャストブラッドリー・クーパー(男優)フィル・ウィネック
ザック・ガリフィナーキス(男優)アラン・ガーナー
エド・ヘルムズ(男優)ステュ(ステュアート)・プライス
ジャスティン・バーサ(男優)ダグ・ビリングス
サーシャ・バレス(女優)トレイシー
ジェフリー・タンバー(男優)トレーシーとアランの父 シド・ガーナー
ヘザー・グレアム(女優)ジェイド
ケン・チョン(男優)レスリー・チャウ
マイク・エップス(男優)黒人のダグ
レイチェル・ハリス(女優)スチュの恋人 メリッサ
マイク・タイソン(男優)本人
トッド・フィリップス(男優)Mr.クリーピー
桐本琢也フィル・ウィネック(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕ジェイド(日本語吹き替え版)
佐古真弓トレーシー・ガーナー(日本語吹き替え版)
田原アルノトレーシーとアランの父 シド・ガーナー(日本語吹き替え版)
岡野浩介レスリー・チャウ(日本語吹き替え版)
柳沢栄治黒人のダグ(日本語吹き替え版)
山野井仁マイク・タイソン(日本語吹き替え版)
音楽クリストフ・ベック
ランドール・ポスター(音楽スーパーバイザー)
製作トッド・フィリップス
ダニエル・ゴールドバーグ〔製作〕
製作総指揮ウィリアム・フェイ[製作]
クリス・ベンダー
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク]
美術アンドリュー・マックス・カーン(美術監督スーパーバイザー)
編集デブラ・ニール=フィッシャー
字幕翻訳アンゼたかし
スタントケイシー・オニール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
86.《ネタバレ》  既に三部作を鑑賞済みで再見した為
(1は意外と出だしがシリアスで、サスペンス物にも思えるような作りだ)
(この頃はダグも主人公の一人だし、チャウは端役でしかなかったんだな……)
 といった具合に、色んな発見があって面白かったですね。
 本作の場合「新郎のダグは、何処にいるのか?」という謎がキーとなっているので、その答えを知っている状態で観たら楽しめないかもという不安もあったんですが、それを見事に吹き飛ばしてもらえました。

 あと、1の時点だとアランの駄目人間っぷりも控えめで、観ていて不愉快に思える場面が無かった事も、非常にありがたい。
 三部作の中では本作が最も優れていると思うんですが、その理由としては「長所が多い」という以上に、後の二作よりも「短所が少ない」という事が挙げられそうなくらいです。

 特に感心したのが「昨夜の出来事を何も憶えていない」という設定にも「酒の飲み過ぎ」だけで済まさず「ドラッグの効果」という理由まで付け足し、リアリティを補強している事。
 そして「ドアは開けておけよ」という、序盤の何気無い一言が伏線になっている事ですね。
 後者は短いながらも印象的な場面ですし、真相が判明した際(そうだ、屋上は中からじゃないとドアが開けられないんだ)と観客に思い出させる効果があるしで、とても良かったです。
 こういう部分がしっかりしていないと「設定に無理がある」「伏線が弱い」っていう欠点に繋がってしまう訳で、本作はそういう欠点を生まないように、丁寧に作られているのが窺えました。

 足を引っ張ってばかりのアランが、実はカードカウンティングが可能な天才だったと判明する流れも、非常に気持ち良い。
 三部作の中では、本作が最もアランの主人公っぷりが薄いんですが、活躍度では随一だったと思いますね。
 義兄となったダグを「お兄ちゃん」と呼んでハグする場面も、幼い男の子なら感動的になりそうなんだけど、実際は髭っ面の良い歳した男性なのでシュールな絵面にしかならない可笑しさがあったし、自分としては本作のアランが一番好きです。

 「虎」「赤ん坊」「パトカー」といった謎掛けアイテムの数々も魅力的だし、車を飛ばして結婚式場に向かう場面はカーチェイス的な魅力もあったしで「掴み」と「盛り上げ方」が上手かった点も、お見事。
 「屋上での乾杯から記憶を失う」「実は、ダグの居所も屋上」っていう構成になっているのも、凄く良いですね。
 盲点を突かれたというか「答えの場所を予め示しておいた」というフェア精神のようなものが感じられて、観ていて心地良かったです。

 そんな中、数少ない欠点を挙げるとしたら……
 フィルが生徒達から金を騙し取り、ベガスで遊ぶ為の資金にしている冒頭部分が、不要に思える事(カードカウンティングの際の資金にしたのがコレと示すとか、予想以上に儲けたので生徒達に豪華な見学旅行をプレゼントする後日談を付け足すとか、もっと上手い活かし方があったはず)
 次作以降で明かされる「アランは歌が上手い」「スチュはジェイドと結ばれない」などの情報とは、矛盾した描写が目に付く事とか、そのくらいかな?
 勿論「無茶をやり過ぎ、車の修理費だけで凄い額になる」とか「鶏は虎の餌にする為に連れてきたの?」とか、細かいツッコミ所や疑問点はあるけど、観ている間は気にならなかったです。
 「その後のシリーズと比べると矛盾がある」って点に関しても、コレ単体で評価する限りでは欠点とは言い難いですし、本当に良く出来ていると思いますね。

 「実際には、どんなパーティーだったのか」を明かしてくれるエンドロールに至るまで、楽しい時間を過ごせました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2020-04-16 17:25:04)(良:2票)
85.《ネタバレ》 バカだな~・・・良い意味で(笑)

それにしても、タイソンの家からかっさらってきたトラ。ホテル入れる時どうやったんだろう~・・・w
そして恐らく警戒厳重だと思われるタイソンの家。どうやって侵入したんだろう~・・・・・・・・・w

てなことなんかどーでもいいですね。バカバカしいことに理屈なんていらない!! 最高のエンターテイメントだぜ!

それにしてもストリッパーの彼女。めっちゃタイプ。性格可愛くって好き。指輪返すとこも健気で泣けちゃいました。

それと最後に一言。この監督さん、汚いおケツ好きね~(笑)
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-10-12 00:42:48)
84.《ネタバレ》 アメリカの独身パーティーに誤解を生みそうな作品ではありますが、みんな楽しそうで何よりです。これだけ弾けて楽しめるなら、この先の未来も明るいことでしょう。このノリ好きです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-09-20 00:00:28)
83.《ネタバレ》 いかにも的なアメリカカンなコメディ感で楽しく見れた。これを楽しめるか楽しめないかは人によって分かれるのは当然と思う。スタンガンのとこは僕のツボ。2も見ようとは思う。
タッチッチさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-08-07 15:59:20)
82.バカですね笑。警察署のくだりでは腹を抱えて大笑いしました。各々キャラが立ってて良かったです。話題になっている時にもっと早く観ておけば良かった。続編は評判今ひとつの様ですが観ようか検討中です。
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-05-05 10:06:50)
81.《ネタバレ》 面白い作品ではあるんだが、色々微妙な部分も多い。【ネタバレ注意】高級スイートなんだから調度品も安くないはずの部屋の破壊っぷりがハンパなく、その修復費用がいくらかかるのか。貯金が1万ドルとかいうレベルで回復できそうな気がしない。そもそも宿泊費が4200ドル×2泊のはず。怪しげな組織のボス、高々8万ドルを盗まれたくらいでよっぽど高そうな自分の高級車を相手にぶつけるし(相手も高級車)、その前には子分がパトカーを破壊していた。なのに8万ドル返ってきたら、すべて解決みたいに引き上げていく。金銭感覚が不明。“被害額”を一桁増やせって感じ。あと、マットレスを回収するときに、業者はダグに気付かなかったのだろうか。
mohnoさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-10-28 08:09:10)
80.《ネタバレ》 結婚式を翌日に控えた朝、皆の前から忽然と花婿が消える。

なぜか前夜の記憶が全くない男たちに突然襲い掛かるトラ、謎の赤ん坊の出現…いったい彼らに何が起きたのか?

部屋に残されたいくつかのヒントをもとに徐々にその秘密を解き明かしていくスリリングなミステリー。

突然起きる中国マフィアとの抗争、謎の美女との激しいロマンス、宿命のライバルとの対決…
次々と襲い掛かる苦難にも負けず徐々に真実に迫る彼らだが、タイムリミットは刻刻と迫っていた。はたして?

と、そんな感じのミステリーサスペンス映画(書いた内容自体はわりと事実)

こういうアメリカっぽい馬鹿映画は苦手なんですが、この映画は面白いです。
日本人にはあまり合わないタイプの映画で、当初これが日本では公開予定はなくビデオスルーの予定だったのもわかります。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-01-18 14:57:44)(笑:1票)
79.二日酔いの恐さは知らないわけがない。ただ、こういう悪ノリを延々と見せられても、元は彼らの自業自得であり、それを紐解く過程に興味が持てなければ退屈な"ミステリー映画"でしかない。3部作だそうだが、同じことに何度も付き合わされるのは御免だ。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 3点(2017-11-27 19:42:45)
78.《ネタバレ》 ヘザー・グラハムの「無駄脱ぎ」を堪能しました(笑) すごく綺麗で好きな女優だけど、脱ぐのに全くためらいが無さそうなところが素晴らしい!この作品でも「えー!そこで脱ぐ!?」みたいなシーンで脱いでて、もはやお色気というより笑わせるシーンになっちゃってます。なんだか「ヘザー・グラハムが脱ぐ」ことばっかり書いてしまいヘンタイと思われそうですが、頭からっぽで楽しめるおバカ映画(褒め言葉です笑)です。
mickeyさん [DVD(字幕)] 7点(2017-02-22 23:15:53)
77.《ネタバレ》 とても好み。
何が好みって、どうしようもない愚かしい失敗が自分にも思い当たる節があるため。
自戒の念を最初にちょっと込めつつも、映画を見進めるに連れて
「こいつら本当にバカだなぁ、いきなりパトカーぱくるかよ」なんて他人事として
楽しんでいっている私が一番反省してない気がした。

ストリッパーめちゃめちゃいいオンナですね。
元祖さん [地上波(字幕)] 7点(2017-01-21 09:32:58)
76.かなりバカバカしいけど、こういうノリ嫌いじゃない。
謎解きというか、こいつら一体どんなアホな事やらかしたんだ!?と、想像しながら楽しめるというのは斬新だと思った。
そして、その愚行を目の当たりにして、やっぱりねと納得してしまった。バールを持った全裸の男に襲われるなんて、その絵面だけで爆笑ものでしょう。
ヴレアさん [DVD(吹替)] 8点(2016-07-29 03:22:12)
75.バーベキューで泥酔しⅢ度熱傷を負いながら、「記憶が無い、痛みが無い」とアッケラカンとしている娘を叱り飛ばした出来事を思い出す。映画にするくらいなので、ありえないハチャメチャさは百歩譲るとして、それがドラッグによるのは一歩も譲れない。蛇足なエンドロールがつまらなさにとどめをさす。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 3点(2016-07-03 16:34:58)
74.コメディは合うか合わないかですよね。正直個人的には笑える箇所が少なかったかな。様々な手掛かりから記憶を辿っていくという設定は良かったと思いますが、その種明かしがほとんどワンパターンで意外性がなかったのが残念でした。
素晴らしき哉、映画!さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-05-11 15:54:45)
73.《ネタバレ》 これは酔ったのではなく麻薬でラリったゆえの愚行でしょう。
あまりにひどいので笑えない。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 4点(2015-10-15 23:21:24)(良:1票)
72.こういうおバカな独身男性の映画は、やっぱり海外の方がうまいかな。必ずいるとぼけたキャラもいい。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2015-10-11 21:36:48)
71.《ネタバレ》 バカだこいつら…。
ハメを外してホテルに散乱するやっちまったモノを頼りに辿って行く小規模な冒険はなかなか痛快だ。
コメディにしてはやたらと伏線が多くそれがどのようになったものなのか…というかコイツらがハメを外しまくったせいなんだけどさ。
とにかくその理由がいちいちため息をつくようなバカっぷりで面白い。そのつどそのつど出会う連中も3人よりイカれた奴らでそれもまた笑える。
若干予想出来ちゃう所と下ネタが多いのはアレだったけれど続きも見たくなりました。ちなみに一番面白かったのはあの警察官。
えすえふさん [DVD(吹替)] 6点(2015-09-19 22:56:10)
70.《ネタバレ》 ドタバタ・コメディー+謎解きミステリーというプロットはなかなか斬新だったと思います。きわどい下ネタと人種ネタは拒否反応がある人も多いでしょうが、すいません私“黒いダグ”には心底大笑いしてしまいました。フィル・スチュ・アランのキャラもキレまくってます。いちばん悪そうなフィルが教師と言うのは強烈な皮肉ですよね。マイク・タイソンが出てきたのはびっくりでしたが、このネタでⅡまで引っ張るとは思いもよりませんでした。可笑しかったのはMr.チャウで、だってグラサンを外したら不祥事でバッシングを受けてすっかり干されてしまったあのお笑いタレントにそっくりなんですもの。でもこいつが実はシリーズ最重要のキー・パーソンだったとは、Part.1では想像できませんでしたね。ネタがヤリ過ぎ状態になったりタッチがちょっと変わってくる『国境を越える』や『最後の反省会』と比べると、やはりこの第一作が笑いのバランスが取れていていちばん愉しめるんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-28 20:53:43)
69.よく出来た映画です。序盤に伏線散りばめといて回収するストーリー展開なので常に画面に関心を持たせて観客を飽きさせません。
音楽や映像表現がよくあるハリウッドのコメディと異なり「ちょいお洒落やんな~」っとセンスありげなので異性受けもいいのではないかな?と思いました(女性のおっぱい見えたりちょっとした下ネタもありますが)。
ただ笑わせることより男同士の友情を描いたドラマとしての側面が強いので、ゲラゲラ笑えるコメディ映画を期待してたら微妙に肩透かしを食らうかもしれませんね。
がんばれ阪神タイガースさん [DVD(吹替)] 6点(2015-02-17 15:55:34)
68.《ネタバレ》 ○3人の関係性が面白く、テンポも良いため楽しめた。○唯一イラついたスチュの彼女も最後やっつけたのはOK。○エンドロールのネタばらしが想像の域を超えていなかったのは残念。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-17 21:46:27)
67.個人的に、飲み会中の様子の写真を撮ることが好きだ。
深酒の翌日、記憶がぶっ飛んだ二日酔いの中で、デジタルカメラのメモリーに入っていた覚えのない画像を目の当たりにして、愕然すること多数。
今作のエンドロールのネタばらしには、自分自身の二日酔い遍歴に対しての苦笑いが止まらなかった。

第三弾まで製作された人気コメディシリーズの一作目をようやく鑑賞。
身につまされる”苦笑い”も含めて、酒飲みにとっては色々な意味で楽しめる映画だったとは思う。

ただ、僕は男だけれど、普通の日本人として、普通に結婚式を行った者としては、あまりに馬鹿すぎる男どもの愚行に対して、笑えはするが、それ以上に呆れ、憤怒を禁じ得なかった。
結果的にオールオッケーになるからこそコメディ映画なのは百も承知だが、結婚式前日にあそこまでの愚行を繰り広げられては、待っているパートーナーがあまりに可愛そうに思えて仕方なかった。

そういう、米国産コメディ映画を観る上では相応しくない倫理観が先行してしまったことが、今ひとつこの映画に乗りきれなかった要因だと思う。

おそらく別のタイミングで観ればもっと単純に楽しめただろうし、今後シリーズ作を観たならば、彼らに対する愛着が深まることは明らかだとも思える。

結局は、あまりに現実離れの強烈二日酔いを押し通しただけ展開なので、ストーリー的な面白みは意外とない。
でも、ヘザー・グラハムの唐突な授乳シーンはちょっとラッキー。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-11-16 22:53:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
200.00%
366.98%
478.14%
51011.63%
62225.58%
72529.07%
81213.95%
933.49%
1011.16%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review7人
2 ストーリー評価 6.63点 Review11人
3 鑑賞後の後味 6.12点 Review8人
4 音楽評価 5.42点 Review7人
5 感泣評価 4.20点 Review5人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2009年 67回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS