Menu
 >
 >
 > ボーダー(2008)

ボーダー(2008)

Righteous Kill
2008年【米】 上映時間:100分
平均点: / 10(Review 33人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー刑事もの
[ボーダー]
新規登録(2010-03-28)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-01-26)【S&S】さん
公開開始日(2010-04-24
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・アヴネット
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
エリック・ノリス(スタント・コーディネーター)
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)
アル・パチーノ(男優)
50セント(男優)
カーラ・グギノ(女優)
ジョン・レグイザモ(男優)
ドニー・ウォールバーグ(男優)
ブライアン・デネヒー(男優)
バリー・プリマス(男優)
メリッサ・レオ(女優)
アジェイ・ナイデュ(男優)
音楽エド・シェアマー
撮影ドニ・ルノワール
製作ジョン・アヴネット
ランドール・エメット
アヴィ・ラーナー
ミレニアム・フィルムズ
ロブ・コーワン
製作総指揮ボアズ・デヴィッドソン
ジョージ・ファーラ
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
配給日活
特撮スコット・コールター(視覚効果プロデューサー)
ワールドワイドFX(視覚効果)
編集ポール・ハーシュ
その他スティーヴン・ローゼンブラム(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.オープニングからずっとパチーノ・デニーロの2ショットが拝めただけの作品。「法で裁けぬなら俺が裁く」お話しにずっこけてデニーロのメタボのハッスルぶりにもズッコケた。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 4点(2017-02-14 15:17:11)
32.2人の健在を確認するだけの作品だが、それでも8年前か。最近の2人の作品は見てないが今はどうしてるんだろうか。いつまでも拳銃ぶっ放すワケにもいかないだろうし。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-07-02 12:15:20)
31.2016.03/21 鑑賞。私の時代の名優であり大スターの競演。『ゴッドファーザー PART II』『ヒート』以来の共演作品であるがかなり劣る。ほぼ年齢も同じで各作品にも思いであり。2016.06/19 2回目鑑賞。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-21 21:00:01)
30.豪華&夢の共演だけどストーリーが面白くない。ゴッドファーザーやヒート以来ってことで比較されがちだけど荷が重すぎる…。
ファンは全盛期にやれよ!と誰でも言いたくなるけど仕方ない。年はとってもそれはそれでかっこいいチョイワルおやじってことでよしとしよう。
濤声さん [地上波(字幕)] 5点(2015-12-27 20:33:40)
29.原題直訳の「正義の殺人者」より境界性人格障害を暗示させるこの邦題の方がピッタリのように思います。シリアスに描けばかなり重い映画なのでしょうがこのストーリーでは雑すぎて全く共感できませんでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-07 18:34:07)
28.《ネタバレ》 意外な結末で面白かった。最後にああなるとは全く思っていなかったので。。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2014-02-06 13:59:10)
27.《ネタバレ》 まずまずおもしろかった。
デネヒー老けちゃったね。80年代の「コクーン」シリーズとか「F/X」シリーズがいちばん脂がのっていた時期かと思うから、それから20年過ぎたら無理もないか。
同じ理屈で「フランケンシュタイン」、「ヒート」、「ザ・ファン」、「アナライズ・ミー」の頃にこの映画があったら、デ・ニーロのたるみ具合もまだマシだったかもしれない。
劇中挿入されるビデオ映像を観つつ、「なんかおかしいぞ?」という感覚がずっと続き、最後に「やっぱりな」という印象。想像通りのストーリー展開になったが、それを含めてまずまずの満足。予定調和っていうのがあるんだよね(笑)。

ところで「ザ・ファン」にデ・ニーロとレイグザモは出てるんだが、どんな絡み方したか(しなかったか)思い出せないな。
オオカミさん [地上波(字幕)] 7点(2013-07-31 11:33:17)
26.デニーロとパチーノが共演しましたよ、っていうだけの映画で、ストーリーはひどいというか、ザツ。
特にオチはバレバレなんていうレベルじゃなく、マジシャンの帽子の中から鳩の声が聞こえちゃってるみたいな体たらくなので、見てる間は自分で楽しさを見つけなきゃいけない。たとえば野球してるシーンを見ながら「デニーロってザ・ファンでも野球好きの役だったよなあ」って思いだしてみたりとか。そんな感じ。

でもまあ、やっぱり主演二人に華があるから、見られないってほどではない。ファンアイテムとしての価値はある。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 4点(2013-03-30 06:48:02)
25.中途半端に格好良くしようなどとせずに、オープニングの馬鹿なノリで最後まで行ききってしまった方が、まだましだったのではないでしょうか。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-11-27 01:45:12)
24.《ネタバレ》 デ・ニーロとパチーノ、これが最後の共演であると願いたいところです、と言いたくなってしまいました。両名優が『ヒート』以来の対決だと言うのに、メジャーではなくインデペンデント系映画だというのもまた驚きです。テーマも昔から何度も見せられてきた“街の掃除屋警官”もので目新しさは無し。『ヒート』とは真逆の結末と言うのも両雄のバランスを取っているつもりなんでしょうかね。この映画の脚本のユニークなところは、“名前のトリック”とも言うべきトラップを使っているところでしょう。デニーロ=ターク(愛称)=トム・カワン(本名)、パチーノ=ルースター(愛称)=デヴィッド・フィスク(本名)、ラストまでお互いどころか周囲の者まで愛称でしか呼ばないのでややっこしいです。外国映画の役名は覚えにくいよな、と感じているのは自分だけじゃなかったんだと気がつかされました(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-11-19 21:45:19)
23.《ネタバレ》 あらまー、、、こんなオチですか。。。まぁある程度なんとなく「そんな」雰囲気はありましたがね。正直なところこんな安っぽいどんでん返しなんて、期待してませんよ。大御所二人の、歳を重ねたシブさを、深い人間模様を、静かながらも熱い気持ちを観たかったのに。なんとも軽薄で、無理のある内容、、残念です。でも、やっぱりこの二人が同じ絵の中にいるだけでカッコイイ。うん、間違いない。それだけに、アーモッタイナイ。そんな印象でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-11-19 09:51:10)
22.もう地位にも名声にも固執する必要のない2人にとって、映画出演は道楽でしかないのかな。特にアル・パチーノの場合、2000年以降の出演作のB級ぶりは異常。何かポリシーでもあるのでしょうか。
それはともかく、「30年間ずっとNY市の警官だった」と言われるより、「十数年前にロスでドンパチやった」「40年前はNYで父子だった」と言われるほうがリアリティのある悲しさよ…。
眉山さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2012-08-15 01:53:12)
21.《ネタバレ》 「あ~あ」「あちゃ~~」こんな嘆きしか出てきませんでした。
デ・ニーロとパチーノの初の本格的な共演といっていいのになんで刑事じゃなきゃいけなかったのか?
そして上司はブライアン・デネヒー、実際にはとっくに定年過ぎてるはずの彼らにこういう現役刑事役はかなり無理がある、年取りすぎてます。痛さはあるけど渋さはナシ。
イーストウッドの、無理感ハラハラ感はあっても演出の巧さとか、そこはかとなく品があるのとは違うのよ。
人物設定がなんか安っぽいの。言えるとしたらデ・ニーロとパチーノのタイプ、役どころ、役割みたいなものがそれまでのイメージとか予想と逆っぽい感じなんですね。特に「ヒート」と比べるとそんな気がしてくるんです。早い話が「熱血」VS「クール」「正常」VS「異常」かな、普通パチーノが熱血のオーバーアクト、サイコな人物といったらデ・ニーロでしょ、それがココではちょっとちがうんです。つまりそれを楽しんでいたのでしょうか?御大二人は(笑)
名優二人がいるだけじゃやっぱりいい映画にはならないのね、うすっぺらい乱暴な映画です。まあね、どっちかがそうなんだろうっていうのは予想がついたけど、観てるうちにどうでもよくなっちゃたわね
envyさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-07-16 10:59:40)
20.やってしまいました。超大御所2人出演の話題作がこれですか。昂ぶった想いを胸に長々とレビューを書きたかったのに。やはり映画は本と演出なんでしょうか。なんなんでしょうか。まったく。日本の一地方で暮らす僕ですらものすごくワクワクして観た2人の共演作の「がっくり度」は半端ではありませんでした。点数は内容ではなく、2人を現役のうちに銀幕でW主演させた、という制作過程に献上します。
460さん [DVD(字幕)] 4点(2012-02-20 01:30:16)
19.名優2人を使った取り留めの無い刑事サスペンス。2人のイメージがあるからまだ見れるが、しかし2人とももう刑事役でバリバリアクションする年齢じゃないでしょ…この脚本はむしろ普通の俳優でやったほうが評価されてたのではないか。
Arufuさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-12-31 15:46:36)
18.《ネタバレ》 めっさ痛い作品でした。
…刑事ひとすじ30年となりますと、2人とも50代前半~中盤という年齢設定のはずなのですが、実年齢のほうは役柄年齢を十数歳上回っておりますから、ハンパなく痛い。
…デニーロさんの出腹なんか、目がチカチカするほどですし、パチーノさんのシワの深さといったらもう、海底2000マイルでございます。
そんなに無理してまで、2人の刑事ものを撮ることはなかったではないですか…やるなら10年前に…。
そういえば…もっと痛いことには、デニーロさんが50過ぎても絶倫なことになっていまして強引にセクシーな若い女をあてがってしまうところとか…パチーノさんにレイプをさせてしまうところとか…。
どっちかといいますと、デニーロパチーノに若い女…ときたら介護…というのがぴったりな雰囲気なんですわ。
そんな2人の筋トレシーンには異様な緊張感が。今にも「うっ」と言ってひっくり返るのではないかと…。60じいさんをあんまり酷使しないでもらいたいですね。
内容も非常にしょっぱかったですね~八月のメモワール…なんかはなかなかよかったんですけども。
なんといいますかその~白人て皮膚が薄いもんですから、老けも激しいのですよね。
千葉真一なんかは、彼らより年上だと思いますけども、モンゴロイドですから、若く見えますね。彼はちょっとお直ししているみたいですけれども、まあ。
千葉真一全然関係ありませんけれども、まあそういうことです、白人は男も女も老けるのが早いし老け方もハンパないですわ。
あと食生活も関係ありますね、動物性脂肪にまみれて生活していると老けも進みます。
魚をよく食っている国の人は肌が綺麗です。
…結局老けネタしかないという…。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-12-17 21:14:36)(良:1票) (笑:2票)
17.ちょっとダメでした。主演2人のファンでもあるのですが、ストーリー、キャラ設定ともにダメ。変に内容に凝るより、大御所2人起用してるのだから、愚直にわかりやすいストーリーで演技を堪能させて欲しかった。主演には罪はありません。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-11-14 23:10:29)
16.内容はありきたりだけど、大御所二人の共演が見れたのがよかった。個人的には50セントを、もう少しボコボコにしてから殺してほしかった。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-21 22:02:22)
15.《ネタバレ》 最初に浮かぶ感想が「二人とも歳をとったなぁ」ってことで、それが哀しかったりする。現役刑事って役柄はさすがにキツイんじゃないの。拳銃なんか撃ってると「ヒート」と比べてしまうし…。前置きはそのくらいにして、本作のよろしくないところを指摘すると、アル・パチーノの動機の掘り下げが浅いことに尽きます。憧れていた他者の思わぬ姿を目撃し、それが契機になって自分の中に異質なものが芽生える。それって、例えば若者が外見に憧れていた異性の内面を知ってショックを受けるのなら分りやすいが、還暦を過ぎた人に適用するなら周到に描写してくれないと意味不明にしかなりません。いや、視点は悪くないと思うんです。正義を標榜して何十年も一緒に仕事をしてきたパートナーのことを、見た目以上に尊敬していたパチーノの心理描写が真っ当にできていれば、すごく深い作品になったはず。演じる人もそれなりの方な訳で。でも、本作は最後にパチーノの独白で種明かしされるだけの引っかけサスペンスです。デ・ニーロも他者から尊敬される正義漢と云うよりは、キレやすいおっさんだったし。二人の性格や人間性の描写がオチと連動していない。結果として、2大俳優を使ってなにをグダグダやってんだ、という評価が一般的になる。これはかなり勿体ない一作でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-09-07 22:48:54)
14.《ネタバレ》 もしかしたらこれが最後となってしまう可能性もあるパチーノ、デニーロ両御大の共演。待望の同一画面に登場は嬉しい限りですが安っぽい画面構成に、コッポラやマイケル・マンのようにとは言わないまでも、これはないだろうとガックリきてしまいます。そもそも企画自体が苦しく、10年前ならまだしもデニーロの暴力的かつ草野球を楽しむ刑事はムリがありますし、おそらく最高であったろう2人のコンビネーションもさっぱり感じられません。ひたすら観客のウラをかこうとするだけの面白味の無いどんでん返しなど用意しなくてもいいから、せめて2人の演技をしっかりと見せてくれっ!
ミスター・グレイさん [映画館(字幕)] 4点(2011-05-17 18:46:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 4.61点
000.00%
100.00%
200.00%
3515.15%
41442.42%
5515.15%
6721.21%
726.06%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2008年 29回
最低主演男優賞アル・パチーノ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS