ソラニンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ソラニン
 > (レビュー・クチコミ)

ソラニン

[ソラニン]
2010年【日】 上映時間:126分
平均点:5.72 / 10(Review 54人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-04-03)
ドラマ青春ものロマンス漫画の映画化
新規登録(2010-03-29)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2016-09-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木孝浩
キャスト宮崎あおい(女優)井上芽衣子
高良健吾(男優)種田成男
桐谷健太(男優)ビリー
伊藤歩(女優)小谷アイ
ARATA(男優)冴木隆太郎
財津和夫(男優)種田の父
美保純(女優)芽衣子の母
永山絢斗(男優)大橋
安藤玉恵(女優)
岩田さゆり(女優)
野間口徹(男優)
主題歌ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」/「ムスタング(mix for 芽衣子)」
製作アスミック・エース(「ソラニン」製作委員会)
小学館(「ソラニン」製作委員会)
WOWOW(「ソラニン」製作委員会)
朝日放送(「ソラニン」製作委員会)
テレビ朝日(「ソラニン」製作委員会)
企画アスミック・エース
プロデューサー小川真司〔プロデューサー〕(スーパーバイジング・プロデューサー)
配給アスミック・エース
美術磯田典宏
編集上野聡一
録音松本昇和
あらすじ
大学の軽音サークルで知り合った芽衣子(宮崎あおい)と種田(高良健吾)は、同棲を続けている。種田は普通に就職することに疑問を感じ、フリーターをしてバンドの練習を続けていたが、プロをめざすことには踏み切れずにいた。芽依子はOLを続けていたが、ふと会社を辞めてしまう。やがて種田は、意を決してバンド活動に取り組むが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
54.鑑賞後特に胸に残るものはなにもない感じ。
所々笑わせてくれるシーンはあった。(バイクが故障しライダースを着て自転車に乗ってるところとか)
宮崎あおいのバンド姿は似合わなかった。(声もでてないのでライブの迫力もいまひとつ)
へまちさん [DVD(邦画)] 5点(2017-11-04 20:14:09)
53.《ネタバレ》 バンドや曲にリアリティがある。
個人的にはベースの役者 (サンボマスター) の演技に好感が持てた。
宮崎あおいは2ヶ月間ド素人の状態から猛練習してギターを弾けるようにしたということで、
実際に右手のストロークは素人とは思えないほど、いや、かえっていい味を出してるほどだった。
テーマ曲をアジカンが作ったのは、最高の采配だった。その時点ではそれしかないだろうという抜擢だったと思う。
言うまでもなく、曲も漫画に合うものだったし、その歌をうたう役者陣もハマってた。
それら以外はいささか物足りなかった…。が、メタなサブカルが好きな人にはおすすめしたい。
よこやまゆうきさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-11-21 12:38:19)
52.期待していませんでしたが結構面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-08-24 15:43:35)
51.この手の「どうしていいかわからない若者」系の映画を観て、上から目線で、「世の中そんなに甘かないよ」とか、「生きていくのは大変なんだよ」とか言うのは簡単なんだけど、最近そこからさらに考え方が変わってきました。金を稼ぐためにいやなことを一日中必死になってやり続けなきゃならない世の中、というのは何か根本的に間違っているような気がしています。
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-17 13:09:03)
50.《ネタバレ》 映画のヤマを最後のライブシーンに持ってくるのであれば、ヒロインとして宮崎あおいを使ったのは明らかにミスキャスト。それほどメジャーではない(つまり大衆にあまり顔が売れていない)プロのシンガーを登用すべきであった。宮崎あおいのかわいさを頼るのではなく、映画として勝負するのであれば、そうすべきであった。あと、伊藤歩さんは、エンドロールを見るまで木村文乃さんだと思っていました。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 5点(2014-02-14 21:21:06)
49.漫画を映画化したものは数あれど、ここまで原作に忠実に映画化されたのは史上例をみないのではないだろか。ほぼ99.9%原作と一緒。セリフも大体そのままだし、じゃがいもが妖怪みたいになってるというくだりや、カエルマスコットに手紙を入れようとする老人、花村ひとみwithインソムニアといった細かいネタもちゃんと盛り込みつつ「ウォンビンウォンビンウォンビンビン俺のち○ぽこまじウォンビン!」というどうでもいいくだらない歌までちゃんと再現しているとは恐れ入った。まるで脚本が存在してなくてコミックを台本代わりに撮っていたんじゃないのかとさえ思った。唯一不満点を挙げるとするなら、種田が美男子すぎることくらいだろうか。

これだけ完璧に映画化したのであれば思わず満点をあげたくなるものだが、何故だろうそんなに面白いとは思えなかった。ラストのライブシーンの宮崎あおいの唄が酷かったからだろうか、いやそれだけではない。原作の持つ独特の空気感というか心に訴えかけてくるようなメッセージ性が伝わってこなかったのだ。例えば、芽衣子が種田の代わりに自分がギターとボーカルをやってやろうと決意する場面。映画ではそこまで熱意が伝わって来なくてなんか唐突な印象だった。それから芽衣子はもっとコミカルな面もあるんだけど、映画ではひたすら可愛いくて美化されすぎな気が…。原作ファンとしてそこまで望むのは欲張りすぎでしょうか。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-11 23:24:12)
48.ソラニンソラニンと事前に風の便りに耳に入ってきていた「すごく良い作品」的な先入観で見てしまったのでなんだかガッカリ。きらいな作品ではないけれど、好きでもない。でもこの監督さんの作品はもっと見てみたくなりました。安藤玉恵さんのキャスティングに感謝。なんでも大学の演劇サークルの先輩後輩の仲だとか。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 5点(2013-08-15 18:15:34)
47.《ネタバレ》 原作未読。宮崎あおいの可愛さがいっぱいの内容。最後のライブシーン。歌は上手くは無いが、十分気持ちが伝わってきた。
鮎川律子役の岩田さゆりも可愛かった。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 6点(2013-03-03 12:07:06)
46.《ネタバレ》 社会に出て2~3年の頃を思い出しました。すでに会社の歯車として働いてたから、夢だの将来への不安だのはあんまりなく、安定した暮らしの中で仲間と遊んで楽しかった素敵な思い出が蘇ってきました。感傷に浸れる映画です。個人的には宮崎あおいちゃんにはニコニコ笑う明るい役が似合ってるような気がします。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2013-03-02 16:05:38)
45.まあバンド系としては等身大のストーリーなんだけどなぜか共感できる部分は少なかった。まだ「BECK」の方があり得ないストーリーだけど共感できる気がする。ベースの彼は何か異常に巧いとい思ってたらサンボマスターだったんだね、納得。その辺の駆け出しの俳優よりよっぽど演技上手いじゃん。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 5点(2013-01-04 22:30:33)
44.これが「絶望の国の幸福な若者たち」というやつか?昔の自分と今の自分をオーバーラップさせながら見た。「本当にそれでいいの?」という問いはいくつになってもあるものだし、中年以降の方が切実だったりもする。が、「絶望の国の不幸な中年たち」ではシャレにならんけど。
東京50km圏道路地図さん [ビデオ(邦画)] 7点(2013-01-03 02:42:09)
43.《ネタバレ》 主人公が緩いせいか、全体的にストーリーは退屈。
そんな中、主演の宮崎あおいは流石の存在感と演技で、作品として成立させていたし、
サンボマスターも、素人とは思えない演技力で、それなりに見どころもある。
個人的にはライブシーンは良かったと思います。
そのシーンを撮りたいがための映画だったのではないでしょうか?
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2013-01-01 15:11:15)
42.映画館で予告編見ててちょっと面白そうだなと思ってたんだけど、残念ながらありきたりの青春ストーリーでその期待には届かず。ただしベースの弾ける田口浩正ことサンボの近藤洋一はすごく存在感あってよかったので今後も期待。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-10-05 21:15:25)
41.《ネタバレ》 学生時代を卒業し、社会に入って不安や不満を抱えながら過ごしていく20代。その描き方がリアルできっと誰もが共感する部分があると思います。しかしこの映画の肝はなんといっても宮崎あおい!演技もさることながら、顔の表情や、感情に合わせた声のトーンの浮き沈みも見事で、練習した努力が伺えるギターや歌声は素人っぽさが残っていますが、それが逆にストーリーにマッチしていて良かったと思います。種田を演じた高良健吾も役柄にはまっていて、「蛇にピアス」の時と同一人物とは全然思えないです(笑)
nyarameroさん [DVD(邦画)] 7点(2012-05-07 10:28:20)
40.《ネタバレ》 どーせロキノン系の若者向けオシャレくさいムービーなんだろ?って思ってたらびっくりするくらいハマっちゃった。原作も特に好きでないしストーリーも特になんだけど空気感が何かはまった。主要人物がダメダメなのも効果的。ラストライブがもっとよかったらなぁ。
とまさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2012-04-03 21:21:49)
39.《ネタバレ》 知人に薦められて観賞。無難なストーリー。人が死んで涙を誘う映画は基本的に好きじゃないのですが、サンボマスターの芝居が好感もてたのと、ヒロインの唄が意外に美味かったので、この点数で。尺が長過ぎました。登場するカップルが何せ自分勝手で、感情移入出来ず。
キノコ頭さん [DVD(邦画)] 5点(2012-03-31 20:38:04)
38.《ネタバレ》 雰囲気ですよね。雰囲気で『もってる』映画。それも大事だけどそれじゃ宮崎あおいさんの歌の印象以上のものは難しいなぁ。
ろにまささん [DVD(邦画)] 5点(2012-03-04 22:21:33)
37.《ネタバレ》 ある意味 予想できてしまう展開に…残念  ま、この年代特有の焦燥感はわかるけどね  でもねぇ、バイク(原付)を悪者にしてほしくないなぁ  財津和夫(そう!あの!!) と ベースうまいなぁ+どっかで見たことある? のサンボマスター(好きなバンドなのよ)近藤洋一氏の今後に期待を込めて  デ、ゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-02-01 20:59:25)
36.《ネタバレ》  種田の死に様がバカバカしすぎました。メットのベルトを締めないまま、目をつぶってバイクに乗るなんて……。それに、芽衣子のバンド演奏は今ひとつ盛り上がらないシーンでした。彼女のギター・ボーカルが客の想像以上のものじゃないと、この話はアホな男のやったことをアホな女が引き継ぐというだけの話になってしまいます。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-12-29 17:47:13)★《更新》★
35.《ネタバレ》 日本映画は必要以上に大作を狙わず、やっぱりこういう感じの、観る者すべてではないけれど、必ず誰かの心に届くような作品が魅力なんじゃないかなぁ、そんなことを再認識。
ベタでいいじゃないですか。そこを期待して観る人だっているんですから。お約束と予定調和の嵐のような作品だけれど、だからこそいいんですよね、こういう作品。
原作は未読なので、この作品の本質は理解出来ていないかも知れないけれど、好きだな。
そして、宮崎あおいの歌声。この発声はいいです。話し声と同じ質感で歌う歌手は多々いますけれど、そこに通じるナチュラルな声がツボでした。
ちょっと甘目の8点献上です。
ぽこたさん [DVD(邦画)] 8点(2011-12-24 20:39:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 54人
平均点数 5.72点
000.00%
123.70%
211.85%
335.56%
4611.11%
51324.07%
6916.67%
71018.52%
8712.96%
935.56%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 5.25点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS