どら平太のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > どら平太
 > (レビュー・クチコミ)

どら平太

[ドラヘイタ]
2000年【日】 上映時間:111分
平均点:5.38 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
アクションコメディ時代劇小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-04-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
キャスト役所広司(男優)望月小平太(どら平太)
浅野ゆう子(女優)こせい
宇崎竜童(男優)仙波義十郎
片岡鶴太郎(男優)安川半蔵
菅原文太(男優)大河岸の灘八
石倉三郎(男優)巴の太十
石橋蓮司(男優)継町の才兵衛
うじきつよし(男優)中井勝之助
尾藤イサオ(男優)市川六左衛門
大滝秀治(男優)今村掃部
加藤武(男優)内島舎人
神山繁(男優)本田逸記
三谷昇(男優)落合主水正
津嘉山正種(男優)佐藤帯刀
松重豊(男優)乾善四郎
本田博太郎(男優)灘八の子分 伝吉
岸田今日子(女優)姐御風の女
江戸家猫八[三代目](男優)杢兵衛
赤塚真人(男優)源次
横山あきお(男優)馬方
楊原京子(女優)
伊佐山ひろ子(女優)
原作山本周五郎「町奉行日記」
脚本黒澤明
木下恵介
小林正樹(1916年生まれ)
市川崑
音楽谷川賢作
撮影五十畑幸勇
製作西岡善信
日活(「どら平太」製作委員会)
毎日放送(「どら平太」製作委員会)
製作総指揮中村雅哉
配給東宝
美術西岡善信
編集長田千鶴子
山下健治(編集助手)
録音大橋鉄矢(調音)
大谷巖
斉藤禎一(調音協力)
照明下村一夫
その他竹山洋(特別協力)
東京現像所(現像)
あらすじ
ある小藩の新任町奉行として、江戸から望月小平太(役所広司)が着任した。彼にはその道楽ぶりから「どら平太」のあだ名がついていた。しかしそれは平太がわざと流させた風評で、実は、密輸、売春、賭博など無法地帯と化した「壕外」を改革するという高い志をもって赴任してきたのであった。平太の前に、「壕外」を支配する三人の親分、そして「壕外」から利益を得ていた藩の重職たちが立ちはだかる…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.展開がベタで、先が読めちゃうから そこまで楽しめなかった。キャスティングもあんまり、面白みがない。
くろゆりさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-05-27 09:50:14)
41.《ネタバレ》 現在2020年。この映画ができてから20年。最初に言う「あまりしっかりと見てはいけない」映画である。
プロットは良い。この映画の初期の脚本がどうなっていたのか読みたいものだ。
良く知らないが、相当に書き換わったのではないか?「四騎の会」の作品では<ゴミ箱行き>のホンではなかったのか?
だが、市川監督だよ。文太兄いもレンジもヒデジも出ているんだ、面白くないわけが無い!  が、それがある。あるんだよなー。

音楽のはさみ方が唐突。映っている画との絡みが悪いよ。ライティングは必殺!ですな(悪いとは言っていない)
ともかくリズムが乗ってきたところに、小細工した映像が挟まるので、リズムが悪い悪い。
やくざとのタテでスローモーション出て、こりゃあかん と思ったよ。

なんでか?なんでか? 唐突に嫁が言った、「主役、役所さんが<ええひと>感が出ていて、次の話のステップが解るのよ」
「で、その次の見栄を切るシーンが、暗いのよ」「主役、変えたほうがええわ」「誰がいいの?」「んーーー女に弱い感は、宇崎さん」「悪役感、次何するかわかんない感なら、東山」「タテはやっぱり真田」 。。。あんた良く見てるねー
で、本田博太郎 どこに出ていた?
大映京都、松竹京都、の命脈流れる映像京都(現在は京都組)のシャシンやねんぞ。もうちょっと何とかなったろうに、、、

んで、ここだけは6点付ける 最後の階段登るところで、宇崎さんに「御前が俺を殺そうとしたろう」と話てからの役所さんの表情は良い。最後はシメタね。
亜輪蔵さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2020-05-25 23:44:47)
40.これはつまらない。2時間ドラマ以下だと思います。とにかく役所広司が超人すぎて、人間の血が通っているようには見えない。すべてお見通しで、思惑どおりで、全編を通して余裕綽々。ウルトラマンや仮面ライダーだって一旦は絶体絶命のピンチに立たされるものですが、そういうドラマがまったくありません。菅原文太以下、有名な役者もゴロゴロ出ていますが、まるで迫力も見せ場もなし。宝の持ち腐れという感じです。
だいたい脚本にビッグネームが並んでいますが、これは怪しい。彼らが雁首を揃えて真剣に書いたとは、とても思えません。せいぜい「名義貸し」レベルかと。結局、安物のシャツに有名なロゴやタグをベタベタ貼り付けて、高値で売ろうとしている印象です。一般的にはこれを「詐欺」と言いますが…。 
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 0点(2018-01-10 01:52:08)
39.《ネタバレ》 良くも悪くも、なんともいえない漫画的なところがある時代劇でしたね。
親分三人衆とか長老たちとか、いかにも悪人て感じのキャラ。
勧善懲悪で普通に楽しめます。
のろいポニーみたいな馬に乗って浅野ゆう子に追いかけられるシーンはナンジャコリャ、て感じでしたが(笑)。
あろえりーなさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-11-22 00:38:12)
38.がっかりです。どんなにおいしいお料理でも1品まずかったら印象が悪くなってしまいます。大根が一人混じっているだけで、みれたものじゃなくなる。がんばっている方々がかわいそうで・・・
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-07-09 09:54:47)
37.役所広司のお奉行ぶりは飄々としていておもしろい。これならもっとコメディに徹してほしかった。だけど巨匠が勢揃いした脚本のためか、勧善懲悪の筋書きに目新しさがなくどこにもあるストーリーになってしまったのは残念。それにあれだけの悪人を追放とは、自分の藩内さえ良ければということになってしまう。悪事はよそでやってくれということか。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 4点(2014-03-26 06:57:57)
36.特に浅野ゆう子の役において、言葉遣いが滅茶苦茶。時代劇を作るという共有認識は現場においてあったのか、そこからして疑わざるをえない。役所広司は何とか役の個性と自分の個性を融合させようとして苦心の跡が見受けられるが、宇崎竜童と鶴太郎に足を引っ張られている。大滝・加藤・神山・菅原・石橋は、これだけの面々を投入していながら、ほとんどまったくの無駄遣い。見せ場らしい見せ場すらない。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-02-13 02:25:23)(良:1票)
35.市川崑監督に山本周五郎の原作と言えば同じようなキャスティングで「その木戸を通って」というのがある。あの映像の美しい世界に今度は活劇としての楽しさ、コメディタッチな雰囲気をという試みは買える。ただ全体的に単調と言うか?思ったほどワクワク出来るほどの面白味が感じられない。何か突き抜けるような爽快感が無い。映画的興奮、スリリングさに欠ける印象!丁寧に撮られてはいるがそれ故にもっともっとはじける笑いやら楽しさが欲しい。つまらなくはないが市川崑監督作品としては普通の感じです。この手のコメディタッチな時代劇は岡本喜八監督の方が相応しい気がする。フランキー堺か伊藤雄之助が健在だったらなあ!
青観さん [DVD(邦画)] 6点(2012-01-08 20:56:08)(良:1票)
34.《ネタバレ》 そこそこ面白いのだが、もっともっとコミカルに軽快に仕上げればよかったのにと思う。脚本はいくらでも軽妙、コミカルに振れるし、役所広司の飄々とした演技を筆頭に役者陣もコミカル路線のほうが向いていそうな役者を揃えているし、そもそも市川崑監督自体初期には軽妙でコミカルな作品を得意としてたんだから、どうして名作然とした作りにしてしまったのかが惜しまれる。殺陣にスローの芸術的な映像を入れてもテンポが悪くなるだけで逆効果。人を一人も殺さない殺陣なんだからむしろコミカル方向の演出を入れたほうが軽快さが増して良かったろうに。巨匠が揃って脚本を書いた、ということであまり軽くしてはいけないという雰囲気になってしまったのだろうか。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-01-08 01:30:25)(良:1票)
33.《ネタバレ》 さすがに大監督の映像美は凄かったです。眠狂四郎の「円月殺法」で見たことのあるような殺陣の映像は、少々がっかりしましたが・・・。ヒロインがもう少し色気のある、それでいて男を追いかける執念に燃えた女を演じれる女優(昔でいえば嵯峨美智子のような)さんを起用していれば雰囲気が変わった気がしました。▼菅原文太のずっこけぶりにあきれてはて、低得点となりました。あれだけ凄味が出せる役者を、単なるこけおどし役に貶めたのは大きなミスでしょう?
亜酒藍さん [DVD(邦画)] 4点(2011-10-30 11:23:39)
32.30年前だっら誰が演じることになったんだろう、と考え、しかし考えつかず、役所の貴重さを改めて思った。柔剛あわせ持つキャラクター。でもやはりこの監督は女性映画の人で、たとえ浅野ゆう子でも、彼女が出てくると崑らしさがパーッと出る。遊びみたいなシーンだけど、岸田今日子の女博徒もおかしかった。活劇映画としては、も一つ駄目押しの見せ場がほしいところだなあ。ま、どら平太のサワヤカさの方に主眼が置かれているのだろう。宇崎竜童と片岡鶴太郎は、配役をちょいとひっくり返しているような面白味。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2008-09-29 10:45:20)
31.ハッキリ言って「水戸黄門」や「大岡越前」や「暴れん坊将軍」や「遠山の金さん」などで何十回も見たような話。完全なる予定調和で意外性ゼロでした(「脚本:四騎の会」という大看板も虚仮威しに近い)。唯一以外だったのは菅原文太のヘタレ具合ぐらい。結局、役所広司出演の映画はやはり苦手だということを再認識しただけでした。
とかげ12号さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-08-20 21:27:14)
30.シティーハンターのような無敵の遊び人が主人公の少年漫画なストーリーで、水戸黄門よりもハラハラしない時代劇。面白いキャスティングですが、役所さんの独り舞台なのが残念。コメディタッチでテンポも良いので退屈はしないけれども、捻りがなさすぎる。ただ見易い映画。
すべからさん [DVD(邦画)] 6点(2008-06-30 17:24:47)
29.《ネタバレ》 役所は中々いいと思うけどね。他の役者がねえ。浅野ゆう子はいらないね。パイプ役は宇崎は初めから怪しかったから、鶴太郎かな?と思ったんだけど、そのまんまだった・・・
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-03-20 22:30:50)
28.計算された映像と軽快でややエキセントリックな台詞回しをつなぐ演技力がないものだから、どうしても駄作になる。役所や大滝などは別として、片岡とか浅野とか宇崎とかは、もっと別の人にできないものか。
みんな嫌いさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-02-16 23:12:15)
27.終わってみれば内容の割りに長い映画でしたが、テンポが良くて飽きずに観られた。何より役所広治の飄々としたナリと内に秘めた意志のメリハリがあってこそだと思います。
よーこさん [地上波(邦画)] 7点(2007-12-03 04:10:18)
26.《ネタバレ》 ん~~、これって映画でやる必要あるのかねぇ? ほんっと、ふつーの時代劇。遠山の金さんを2、鬼平犯科帳を1、シェイカーに入れてよく振ると出来上がり、みたいな。ライティングには凝ったらしいが、それもV撮りじゃああんまり有り難味も無かったみたい。それにあの程度のライティングだったら、必殺シリーズやフジの火曜時代劇シリーズでも普通にやってるし。まあ、必殺や火曜時代劇は映画のスタッフが作ってるから、アレが特別なんだって言われりゃそうなんだけど。それはともかく、話も特別どうって事ないし、裏切り者は宇崎だろうなって途中で読めちゃうし。……やっぱりTVの2時間ドラマでよかったんじゃない?
TERRAさん [地上波(邦画)] 4点(2007-03-10 08:16:48)
25.超々オーソドックスな痛快娯楽時代劇。普通に楽しく観れますし、「四騎の会」に連なるネーム・バリューには相当のものがありますが、ここまで王道を行く時代劇が平成の世のニーズに合っていたかどうかは甚だ疑問。はみ出し者の奉行が身分を隠して潜入捜査、腕っ節と機転で悪を一網打尽にして去っていく…なんて、こりゃもうテレビ時代劇で毎週毎週繰り返されてきた話でしかない。ここまで定石だと、「痛快度」も「娯楽度」も自然と下がらざるを得ません。唯、確かに演出は誰に遠慮することなく市川崑節が炸裂してるので、ファンには嬉しかったかもしれませんね、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-19 00:03:19)
24.う~ん・・・これは、「痛快時代劇」なんだよなあ、きっと。んでもその割に音楽と照明が、重い。何かハジけ切れてないというか、「俺は巨匠なんだぞ、クロサワともマブダチだったんだぞ」ってな気負いが感じられてしまう。やっぱし娯楽作なんだし、もっとなりふり構わない感じでやって欲しかった。でも、大滝秀治のボケっぷりは良かったです。
ぐるぐるさん [DVD(字幕)] 6点(2005-04-22 18:27:40)
23.全体的にテレビ時代劇っぽいのが気になるが、そこそこ面白かった。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 5点(2005-03-07 18:22:47)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 5.38点
012.38%
100.00%
200.00%
349.52%
4614.29%
5819.05%
61433.33%
7614.29%
837.14%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review3人
4 音楽評価 2.33点 Review3人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS