誘拐ラプソディーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 誘拐ラプソディー
 > (レビュー・クチコミ)

誘拐ラプソディー

[ユウカイラプソディー]
2009年【日】 上映時間:111分
平均点:4.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-04-03)
ドラマサスペンスコメディ小説の映画化
新規登録(2010-04-26)【Q兵衛】さん
タイトル情報更新(2015-06-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督榊英雄
キャスト高橋克典(男優)伊達秀吉
哀川翔(男優)篠宮智彦
船越英一郎(男優)黒崎保
YOU(女優)篠宮多香子
美保純(女優)黒崎康代
山本浩司(俳優)(男優)栗林
笹野高史(男優)シゲさん
ベンガル(男優)斉藤工務店親方
角替和枝(女優)斉藤工務店おかみさん
寺島進(男優)回転寿司屋板前
菅田俊(男優)桜田
榊英雄(男優)岸田
木下ほうか(男優)遠藤
品川徹(男優)
林遼威(男優)篠宮伝助
兼松若人(男優)
原作荻原浩「誘拐ラプソディー」(双葉社刊)
配給角川映画
美術井上心平
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ちょっとHな深夜のテレビドラマ代表:高橋克典 vs安っぽいVシネマ代表:哀川翔 vs土曜ワイド劇場代表:船越英一郎という図式。
はたして勝者は誰だった?  ってそんなたいそうなお話ではないけども、
しかし、これがなかなか面白かった。
高橋克典のわりとリアルな脱力感と多彩な顔芸に付き合えるか否か 
完全にコメディと理解して見入ったほうがよいのだろうし、楽しめるでしょうね。
現金の受け渡し方法については、もはや天国と地獄のパロディとして見て捉えられたなら またその分まで楽しめるんじゃないかと思います。
なにはともあれ面白かった。
なかなかやるじゃないかよ フェイタス君。
なかなかかわゆかったぞ 子役君。
元気にしてらっしゃってたんですね 美保純さん。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-05-10 21:20:43)
2.例の事件で変な形で有名になった作品だけど、代役の監督自身が違和感無く上手に繋げていた。けれど、そうでなくても、演出が私の好みではありませんでした。先の方もおっしゃる通りコメディーとシリアスの混合の仕方がマズい。役者陣に罪は有りません、子役も上手だった。題材もなかなか良いと思う。でも調理の仕方がダメだった。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 3点(2012-04-25 21:58:32)
1.《ネタバレ》 コメディなのかシリアスなのか、その中間を狙ったのだろうがストーリー展開がゆるゆる。子役が妙に上手い分、逆にイラつくし、スーツにパソコンというステレオタイプの現代やくざが寒いし、主人公が親に説教たれるシーンはどういうスタンスで受け止めればいいのか理解不能。神奈川新聞の映画評では黒沢明の「天国と地獄」と比べて云々と書いていたが、あの傑作サスペンスと比べること自体が間違い。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 3点(2010-04-30 21:18:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3266.67%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS