さんかくのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > さんかくの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

さんかく

[サンカク]
2010年上映時間:99分
平均点:7.39 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-06-26)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(2010-06-19)【3737】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田恵輔
キャスト高岡蒼甫(男優)百瀬
小野恵令奈(女優)榎本桃
田畑智子(女優)榎本佳代
矢沢心(女優)佳代の友人
大島優子(女優)ファミレス店員(友情出演)
三島ゆたか(男優)百瀬の仕事先の店長
太賀(男優)翔吾
赤堀雅秋(男優)
宇野祥平(男優)
脚本吉田恵輔
撮影志田貴之
製作日活
配給日活
照明吉田恵輔
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 百瀬、佳代、桃、という、主要な三人については、みなさんのレビューで大いに笑わせていただいたし、その人物評については出尽くしておりますので (笑) 、あえて別の切り口から一つコメントを。 本作、と言うよりは、この監督のほとんど全ての作品で言えることですが、年頃の少女が主演のごとく登場するにもかかわらず、「親」が全く登場しません。(壊れた父親、がいることはある) 三人の会話の断片にちらっと登場しても良さそうですが、それすらない。 かつての相米慎二監督は、その作中において、子になおざりな親たち、離婚寸前の親たち、、といった、大人の不在 (喪失) を通して子供たちの成長、を描いていましたが、吉田恵輔監督の支柱はそこに近いように感じています。(そもそも、田畑智子、一夏の物語、お引越し、親の不在、といった本作のキーワードから、相米慎二監督「お引越し」へのリスペクトは隠せません) もちろん、本作を恋愛劇として観るなら「さんかく」ですが、桃という子供、に対して、百瀬、佳代の二人は未成熟な大人、、その視点で観ると、大人たちが不甲斐ない歪な家族ドラマのようにも見えるのが本作の面白いところ。 しかし、二人の監督それぞれ個性があり、相米監督はあくまで "家族" がテーマですが、吉田監督は "恋愛群像劇" にこだわっているようです。それも、いじわるで挑発的な (笑) 実は、優しくて愛がある、というところは同じかな。
タケノコさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-08-17 12:01:05)
50.《ネタバレ》  なんかもう居心地の悪い映画だなぁ。なのに目が離せない。
 桃がホームステイをしている序盤。連想するのは『じゃんけん』。じゃんけんの関係性もよく考えれば『さんかく』ですね。
 佳代は桃に強く、桃は百瀬に強く、百瀬は佳代に強い。最終的に誰がマウントを取るのかっていう主導権争いの映画にも見えます。
 また、この映画の『あるある』は周りの人間にまで及びます。
 印象的だったのはマルチの女と仕事先の後輩。
 後輩は面と向かって逆らうことはしない。小さな恨みを蓄積させていく。例えば、後輩の家で、お風呂から体も拭かずに百瀬が電話に出るシーン。床についた泡とお湯が後輩目線でクローズアップされる。この目の付けどころは凄い。
 マルチの女は桃が仕事に来なくなったので電話を入れる。『心配してます。』っていう台詞のあと、『今月のノルマなんですが・・・・』このマルチの女の本性の出し方ってのも非常にリアル。嫌~な気持ちにさせられます。
 最近見た映画の中ではダントツで後引く映画。見ていて気持ちの良いもんではありません。
 これを見て自分の黒歴史を思い出さない人はいないんじゃないでしょうか。
 そういった意味では、人によってはそんじょそこらのホラー映画より取り扱い注意と言えそうです。
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2021-05-16 02:52:06)(良:1票)
49.《ネタバレ》 子供のいたづら心に翻弄される男ってことですが、まあ~、相手がそばにいる時は
30歳でもありえるかもって思うが、遠くに離れても冷静になれないとこころは、
少し病的かも。それなりに面白みがある映画です。
cogitoさん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-27 21:32:05)
48.《ネタバレ》 1963年にヒットした名曲「明日があるさ」は37年後の2000年にウルフルズにカバーされジョージアのCMで使われた事でリバイバルヒットしました。
で、このリバイバル時に見かけた記事に面白いものがありました。
恋する女性のあとをつけていくという歌詞を知った会社の若い女性が「やだ気持ち悪いこれストーカーじゃない」と言ったというエピソードです。
それを聞いた会社のおじさんが「青春時代の恋の美しさをストーカーとはなんだ!」と(心の中で)憤慨したという話なのですが、このエピソードは重要な意味を含んでいます。

誰かを好きなったとき、ついつい相手を目で追ったり、相手の行く先につけてみたり、何回も電話したり、そういう行動をすることはごく普通の事なのですが、しかしそれは「ストーカー行為」と紙一重であり、両者の差は、その「頻度」「程度」の差にすぎないという事です。
ですから「受け取る側がどう思うか」という要素が極めて大きいわけですが…この映画中に何回も出てくる「ストーカーじゃないの?」というシーン。そのシーンの大半は、たぶんストーカーじゃないんです。
好きだからついついしちゃってるだけなんですよね。
でも、その行為を受けている側はやっぱそれが嫌なんです。
もう電話かけてほしくないから留守電にしてるのに10回以上電話がきちゃうとか。
好きな側としては(特にこの男はクズですから空気読んだりできないので)当然やっちゃう「イタイ」行動なわけです。
それを簡単に我慢できるようであれば恋じゃないとすらいえるわけで「ダメだとわかってるのについやっちゃう」という「明日があるさ」の歌詞にもあるような純粋な恋の行動なんです。

でも、でもそれを客観的にみるととてもとてもイタイ行為なんですよね。

この映画は、イタイ登場人物たちがイタイ行動をとる姿をひたすら映す映画ですから、観ていてとてもイタイです。
笑えるという評価も聞きますが、僕は全く笑う余地はありませんでした。ただひたすら滑稽でイタイのです。
しかも誰もが「ちょっと(かなり)わかる」イタサだけに、これを観てるとほんとにいたたまれたくなっちゃうのです。

それから(これが重要なんですが)この映画は当時実際に15歳だった小野恵令奈の15歳ならではのキューティでリリカルなエロさを堪能する映画だと個人的に思ってます。
しかし!なんと小野恵令奈の15歳ならではのキューティでリリカルなエロさを堪能できるのは映画の4分の1のとこまで。
あとの4分の3は小野恵令奈の15歳ならではのキューティでリリカルなエロさが全くないのです!
当時15歳でキューティでリリカルなエロさどころか、キュ(略)小野恵令奈自体がそもそも映画に出てこないのです!

どういう事なんですか!
そんなのダメダメダメです!

という事で5点です。
あばれて万歳さん [DVD(邦画)] 5点(2016-11-13 22:27:09)(良:1票)
47.あまりよくない。
漫画みたい。
aimihcimuimさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-27 23:57:02)
46.《ネタバレ》  何もかもが並列に描かれる。淡々とストーリーが進むのはいいが、もう少しダイナミズムがあってもいい。あるいは、現実的すぎる。象徴的な何かをあらわすシュールなシーンが入ってもいい。ももちゃんはリアルだよ。あんな先輩よくいる。役者さんはみんなしっかり演技しているように感じた。しかし心動かされず。すまん3点。
JFさん [DVD(邦画)] 3点(2014-07-28 10:19:25)
45.《ネタバレ》 2014.05.11鑑賞。この主人公の居た堪れなさは異常。魔が差して自分の彼女の妹にキスをしてしまう。だって妹もまんざらでもないし、彼女とは若干倦怠期だし。という設定はあたかもロンブー的なバラエティの設定なのだが、男の馬鹿さ加減を笑って楽しむバラエティとは違い、この映画はとにかく痛々しい。脚本が見事でした。
かんちゃんズッポシさん [DVD(邦画)] 9点(2014-05-12 21:44:24)
44.《ネタバレ》 同居しているカップルの部屋に、ある日彼女の妹がやってきて・・・となると、三角関係でてんやわんや・・・というB級ドラマ的な展開が予想できますが、よく練られた脚本のおかげで、かなりクオリティの高い作品に仕上がってました。職場に現れる・家に現れる・ストーカー等、迷惑かけられた側が違う相手に同じことをしでかす面白さもありましたが、やはり百瀬・佳代・桃の3人の描き方がバツグンでした。それぞれ、かなり際立ったキャラに見えますが、実は、男・女・少女って、基本みんなこんな感じですよね?特に百瀬は、まるで自分を見ているようで、知られたくない自分の本質を暴かれたような恥ずかしさを感じました(笑)。また、桃役の小野えれぴょん、すごくかわいいというわけではないけどつい引き込まれる独特のムードやハスキーな声など、桃にぴったりで、最高のキャスティングだと思いました。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-04-07 11:11:56)(良:1票)
43.《ネタバレ》 映画冒頭から桃のキャラクターが炸裂していて、思わず引き込まれました。性格も難があるし手癖も悪い。それでも「もしかしたら俺も間違いを犯してしまうかも・・・」と思っちゃうような危険な少女でした。三角関係なんて経験したことは無いけれど、それ以外でも「う、身に覚えがある・・・」と思わされることの連続。「まるで映画のような素敵な恋愛」なんて一切出てこないのに、巷にあふれる凡作よりもはるかに映画らしい映画になってます。構造もよく出来てて、キャラクターの個性を人物単体ではなく「キャラ同士の関係性」によって描いています。だから、主役級の3人だけでなく脇役や役名の無い人物も含めて、至る所に人間関係の「さんかく」ができています。人間、色んな人との「さんかく」が折り重なって出来てるんですナァ。職場に桃がやってくることを迷惑がっていた佳代が、今度は百瀬の職場に押し掛けちゃったり。ストーカー被害を受けた百瀬が、気づかぬうちに自分がストーカーになっていたり。最後に登場した桃の彼氏も、もしかしたら今後ストーカーになってしまうかもしれない。もしくは、大人になってから女の子に「ストーカーをボコボコにしてやった」と武勇伝を語るのかもしれない。理解できなかった相手の気持ち、そして気づけなかった客観的な自分の姿。自分が身を置く「さんかく」とは別の「さんかく」からの視点を知れば、それがわかるのかもしれません。現実にストーカー関係で笑えない事件が起きている中で、この映画から学べることは多そう。ビートたけしがエッセイで書いていたことを思い出しました。「三角関係なんて中途半端なことをするから角が立つ。5角6角7角と増やしていけば、そのうち丸く収まる」けどこの3人、もうしばらくは角が立つ関係が続きそうです。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 8点(2013-11-28 09:56:38)(良:1票)
42.男は単純だ。男は計算しない。男は女に弱い。男はサイテー、そして、やっぱりサイテーだ。男ですいません。
午の若丸さん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-09 23:18:26)
41.田畑智子って、なかなか魅力的な女優さんですね。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 7点(2013-09-23 00:28:16)
40.こんなかっこ悪い男は,現実には,それほど多く存在しないと思いますが・・・
マー君さん [DVD(邦画)] 3点(2013-07-06 12:16:45)
39.《ネタバレ》 女の子は恐ろしい。
男は中身が伴わないとどーしょーもないが、女はノーガードでいるだけで成り立ってしまう。
生物的に15才は十分大人。あんなの、どう繕っても男は感覚的にいける!なんならいけ!って天の声が聞こえてくるぞ。それを抑えるには理性しかない。no, ロリコンって頭に叩き込むしかない。百瀬にならないように。痛い目に合わないように。さらには、犯罪者にならないように。
でも、それって自分を騙してないか…なんて。 
ロリコン正当化はさておき、珍味で苦かったがいい映画だった。
 
依存する側とされる側、ラストで力関係が完全に入れ替わった。ラスト、土壇場でにっこり笑う余裕を見せたのは姉、次に落ち着いていたのは百瀬、訳がわからずうろたえたのが妹。
人は追い込まれて、痛い思いをして成長していく。
 
痛い痛いあるあるなだけに、観ていて吹き出すところもあるけれど、あんまり女の子のいるとこでは見せたくない屈折した笑顔だろう。女人禁制で観賞したい一品。
しかし、あえてカッコ悪い、バカなとこを見せるというのもいいかも。
 
女の人は、男はほとんど百瀬みたいなもんだと思っていいです。理性で抑え込んでるだけ。
車の趣味やうざさが違っても。本質は同じ。だと思う。

おでんの卵さん [DVD(邦画)] 8点(2013-06-29 08:48:30)(良:1票)
38.これは面白い! 男のダメさ加減がひしひしと伝わってくる。
丁寧に作られているので、きっちりと前フリも効いていてストーリーの流れに無理がない。
それでいて、ハッとするような展開もあるので引き込まれる。

キャラも配役もとても良かった。
元ヤンで先輩面して後輩にウザがられる単細胞な主人公に、高岡蒼甫。
別れても合鍵を作ってまで付きまとい、親友のマルチ商法に乗せられる女に、田畑智子。
女の妹で、大人と子供を使い分ける15歳女子中学生に、小野恵令奈。男を振り回す小悪魔ぶりが、とりわけハマっていた。
キャラが立っているので、それぞれの会話もウィットに富んで楽しい。

ただ、ラストだけは好みじゃない。
男と姉妹が何とも言えない空気で言葉を発する前に終わっている。
姉が最後にうっすら浮かべた笑みから、男への気持ちが整理できたように感じたが。
その後がいろいろ想像できるものの、もう少しはっきりと描き切ってほしかった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-27 01:14:57)(良:1票)
37.《ネタバレ》 男の深層心理をえぐりだしたような作品で、とにかくリアル。人間触れられたくない過去の1つや2つあるものですが、それを映像化したような男のあるあるな展開が繰り広げられます。痴漢やマルチ商法などの小ネタや感情の切り替わりも違和感なく秀逸。それに脇役も含め登場人物に無駄が一切ない。主演の3人はかなりハマり役で、コテコテのアイドルを主演に起用しここまで評価の高い作品も非常に稀でしょう。小野恵令奈の小悪魔&ロリータ役は、文句なし。演技力のなさを監督の技量で補う模範作ですね。結末を見せないところが、あざとい。佳代は作中で自分で言ってましたが、気持ちをコントロールできないだけなんですよね。ストーカーや住居侵入はしましたが、大好きな彼氏を思ってのことで、食材や備品の補充、掃除などで特に悪い行動はおこしていない。結局、悪いのは男だけってことでしょうな。年下の女の子からのアタックに我を忘れ一人浮かれあがってしまう駄目男、彼女と付き合いだした頃の気持ちを忘れている駄目男、中身もないのに武勇伝を語り大きくみせる駄目男。男って、ほんとバカで単純な生き物です。なんだか、私も心の奥底に隠していた消したい過去がでてきたようです・・・。
マーク・ハントさん [DVD(邦画)] 9点(2013-03-25 04:49:41)(良:1票)
36.wストーカと悪女。恋愛はタイミングが大事ですね。
たこちゅうさん [DVD(邦画)] 6点(2012-06-03 09:57:01)
35.コンビニで「本当にあった 痛い彼氏彼女の話」とかいって500円で売ってそうな、身近に居たら一番関わりたくないタイプの人々のストーリーは終始背筋も凍るリアリティ。人によっては気分が悪くなることすらあるであろうストーリーはある意味タブーを破ったようなもので、こんな胸糞悪さと面白さが共存してる作品ハリウッドにもない。高校生が主役で恋人が病気で主役はアイドルの三文小説ばかりが氾濫する邦画ラブロマンス界に現れた異端児
Arufuさん [DVD(邦画)] 8点(2012-04-28 10:28:06)(良:1票)
34.ストーリーがよく練られている良作。
フリが利きすぎて、ネタばれしそうなところも多いが、許容範囲か。
エンディングは好みが分かれるところかもしれないが、私はまぁまぁ好き。

たかくんさん [DVD(邦画)] 8点(2012-04-27 18:31:26)
33.主役二人が普通っぽくてリアル。セリフや振る舞いでクスッと笑えるシーンが結構あり、
前半は楽しく鑑賞していたのだが、中盤から毛色の違うあれれ?という展開に。
ヒロインのキャラがあまりにも変わりすぎて、正直ちょっと戸惑った。
タイトルの「さんかく」は三角関係のことなんだろうけど、ラストで何とかこじつけた感じ。
主役の男優のキャラは良かったけど、どうせならもっとボロクソになってほしかったかな。
総体的には楽しめた作品だったけど・・・。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 4点(2011-12-15 10:53:26)
32.男が恋人と見る映画じゃないですよこれは。
akilaさん [DVD(邦画)] 9点(2011-12-08 20:03:45)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 7.39点
000.00%
100.00%
200.00%
323.92%
411.96%
535.88%
6611.76%
71019.61%
81733.33%
91019.61%
1023.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS