ぼくのエリ/200歳の少女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ぼくのエリ/200歳の少女
 > (レビュー・クチコミ)

ぼくのエリ/200歳の少女

[ボクノエリニヒャクサイノショウジョ]
Let the Right One In
(Låt den rätte komma in / Lat den ratte komma in)
2008年【スウェーデン】 上映時間:115分
平均点:7.11 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-10)
ホラーサスペンスファンタジーロマンス小説の映画化
新規登録(2010-07-10)【Carrot Rope】さん
タイトル情報更新(2011-04-11)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トーマス・アルフレッドソン
原作ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト「モールス」(ハヤカワ文庫刊)
脚本ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
音楽ヨハン・セーデルクヴィスト
撮影ホイテ・ヴァン・ホイテマ
配給ショウゲート
編集トーマス・アルフレッドソン
その他ショウゲート(提供)
あらすじ
母と2人で暮らすオスカーは、日々学校でイジメられていた。先生も友だちも誰も気づいてくれない。そんな孤独な彼の住むアパートに、不思議な少女エリが引越して来た。夜毎に雪の積もる中庭で語り合う二人。更にはオスカーの発案で、壁越しにモールス信号を送り合うようになる。一方、町では謎の殺人事件が続発していた。 スウェーデン発、世界中で多くの映画賞に輝いた異色のヴァンパイア物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.《ネタバレ》 この中性的な子どもが映画の出発点のように思える。
(最後まで男の子か女の子か分からなかった)

切れ味のいいヴァンパイア映画の小品。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2020-10-06 01:34:29)★《新規》★
73.《ネタバレ》 ラストの列車シーン、「オスカー、気持ちはわかるけど、そっちに行っちゃおしまいだよぉ・・・」とツッコミたくなりますが、でもこの結末が最高に美しいと感じました。ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが「堕ちていく美しさ」とはこういうことを指すのかなと・・・。

「彼も結局、エリのオヤジ役の男と同じ運命をたどる」的な意見もあるようで、それを否定するわけではありませんが・・・。
観終わった瞬間、これまでは生きるために、あのオヤジのようなオトコを必要としていたエリが、オスカーに出会ったことで、いつかは彼とともにこの世から去っていく・・・「心中で成就する悲恋」のような、近代日本文学などに見られる叙情的な精神性を描いた展開が思い浮かびました。
本格ホラーほどではないけど、やはりグロテスクなシーンが多い映画は苦手・・・と思いつつも、「見て良かった!」と思えたのは、このラストシーンがあったからだと思います。

普通のハッピーエンドとは違い、“やらかした”後の逃避行の末路には前途多難な将来が待ち構えていることを示唆する『卒業』と、『小さな恋のメロディ』の「このあとメチャ怒られるだろうけど、2人の気持ちがやっとひとつになって、それでいいじゃん」と思える雰囲気もあって、どんな後味になるかは見る人次第なのかもしれませんね。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-07-22 16:56:47)
72.主人公の金髪の少年オスカーと、ヒロインのエリ。
どちらも美男美少女で、それだけで映画が成り立っている部分もあるかと思います。
エリの声が低いので少年にも思えましたが、調べてみると監督が両性的に描きたかったため吹き替えにしたとのことです。
ヴァンパイアものだとは知らずに見ていたので、ちょっとあっけに捉えてしまいました。
どんどん前に突き進んでいくストーリーなので退屈はしませんでしたが、なんだか消化不良ですね。
ここのシーンは何を言っているんだろうと思う箇所が多かったです。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-06-10 23:12:21)
71.《ネタバレ》 いや~、何と言っても、少年の白パン一丁姿。これほどまでに「無防備」を感じさせるものはありません。
で、その少年が、ある少女と知り合う。この少女とは、色んな意味で決して結ばれることはないんだけど、だからこその、この愛。痛々しいんです。実際、少女は少年の前で血まみれになってみせる。
題材的にも「血」というものが何度も画面に登場するのですが、必ずしもホラー作品としての残酷描写をそこにのみ求めていないのが、いいですね。猫が襲ってくる、あるいは突然体が炎上するショックシーンの、うまさ。
少女は身寄りを失い、一方の少年はイジメに立ち向かう。だけどクライマックスでは、水着姿の少年はやっぱり無防備で、やっぱり少女に救われる。救われるけれどもちろん「ああよかった」というシーンではなくって、これこそが運命の残酷さ、というべきもの。
切ない映画でした。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-06-15 10:22:59)(良:1票)
70.《ネタバレ》 以前からいろんな洋画専門チャンネルでわりと途切れることなく放送していたように思うんですが、この邦題から抱くイメージだけで観る気が湧かなかったんです。「悲しい子どもの映画」ぽいのも避けてた理由かな。

北欧の雪景色が美しいです、そしてオスカーの肌の白さと唇の赤、ピカピカのブロンドの髪。
雪の中に映えるんですよねー。
両親が離婚しているオスカーは時々父に会いに行き、父と過ごす時は12歳の子どもらしい表情なんですが、男が訪ねてくることで雰囲気が変わる。ひょっとして父親はゲイなのか?
そしてエリ、どこから流れて来たの?と思えてしまう。とても北欧の女の子って風貌ではない。
どちらかというとラテン系の男の子みたいなんです。そうなんですよ、最初からエリの顔つきが腑に落ちないというか違和感なんです。で、観終わってからネットで検索してみたら・・・あのボカシ。。。本来ならあのシーンで判明するとこだったんだ。
エリと二人で生きることにしたオスカーもホーカンのようになってしまうのかしら。
陽射しが暖かそうな明るい列車内のラスト、哀しい関係だなあと思いながら観終わりました。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-04-18 22:08:18)
69.《ネタバレ》 ヴァンパイア映画は私に合わないらしく、途中でアホらしくなって見るのを止めちゃうものもあったんですが、本作は子供が主人公という変化球なところもあってか、最後まで見ることが出来ました。「いじめっ子にやり返すのと同じ、生きるために仕方なくやっている」というテーマ的なものも、まあまあ。普段あまり触れる機会がないスウェーデン映画というのも、レア感があって良かったのかも。残虐描写はそこまでドギツくないので、そういうのがダメな人もまあ見られそう。あえて言うならオカルティック・メルヘンって感じ。
邦題はオカルトものと暗に伝えたかったのかも知れないけど、センスない。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-03-18 08:21:41)
68.《ネタバレ》 今はなき博多駅バスセンターの上の小さな映画館で見ました。
ホラーとか絶対に見ないって言っていた人からお勧めされたもんで
序盤でだいぶびっくりしましたが。

個人的には鑑賞後に色々考察の余地があって
さらに雰囲気が良く
結構気に入っている作品です。

特に要所に挿入されるショッキングなシーンのタイミングが良く
妙な緊迫感がずっとありました。
特にプールのシーンの演出が良かった。

ハッピーエンド的に終わってるように演出しといて
主人公もあのおじさんと同じ道を歩むんだなぁっというなんともいえない
鑑賞後の感覚なのがまた良かったですが。ってことで8点。
ちなみに邦題の200歳はいらんかったと。

で、あのボカシは必要だったんですかねぇ(あそこの情報でだいぶ変わるような)
シネマレビュー管理人さん [地上波(字幕)] 8点(2018-01-30 09:51:31)
67.《ネタバレ》 冒頭の無音の雪景色に一気に引き込まれる。抒情的で静かな語り口ながらも、時として牙を向けるようなホラー演出にハッとさせられる。少年と少女の儚さと、人間と吸血鬼の歪さ、二つの要素は相反しながらも凍てつくストックホルムの街にお伽のように溶け込んでいる。例のシーンを知っているかいないかで映画の印象は大きく変わるだろう。それでもオスカーは個としてエリに尽くすことを選んだ。自分の置かれている地獄から抜け出してくれる救世主。ロマンチックな男の子がリアリストの"女"にただ利用されて捨てられることを知らずに。ラストの微笑ましいモールス信号のやり取りに、ふたりぼっちの血みどろの未来が広がる。切なくも残酷なのに、美しさすら感じさせる引き際だ。説明過多にならず、想像力を膨らませる、その"たどたどしさ"が映画の質と余韻を一ランク上げているのである。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2017-12-11 20:21:51)(良:1票)
66.萩尾望都の「ポーの一族」でエドガーがアランに「きみもおいでよ。ひとりだとさみしすぎる」というシーンがあったのを思い出しました。
日本の映画タイトルがミスリードを誘い、そのせいで見る気のなかった映画でした。
残酷なシーンもたくさんあります。見ていて嫌になるようないじめのシーンも。
リメイクされた「モールス」も見ましたが、オスカーとエリの、その後の関係が、
幾つかのシーンから途中で死んでしまったエリの父親とエリの関係と
オスカーとエリとの関係が違うように感じられて
見終わったあとに、どこかホッとするような後味の残る映画でした。
モールス信号が生きています。
北欧の映画らしい独特の空気感も気に入りました。
omutさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-07-02 12:47:44)
65.《ネタバレ》 ハリウッドで「モールス」とゆう映画でリメイクされた異色の吸血鬼映画。僕はどちらも観たけど、少しだけ改変はあるが、概ね、同じ感じ。雰囲気は淡々としてて静か、そしてその静かな中にギョっとするエグい描写がある。どちらかといえば「モールス」の方がちょっとわかりやすく派手に出来ており、例えばイジメ描写などは結構、相手の少年像を含めてドギツ目に描かれている。後、主役の少年はのちに、エリのオヤジ役の男みたいになるかもってゆう暗示はハリウッドの方がよりハッキリと描かれてる。ただ、酸をかぶった後の顔はこちらの方がドギツイし、少年の親父像や母親とのちょっとした交流などの細やかな描写は、こちらのほうがちゃんと描かれていて、登場人物などの実在感はこちらの方が大きいかもしれない。で、こちらの方の映画のラストはどーとでもとれる様に出来てはいるのだが(原作とは違い監督はそーゆうふうに撮ったらしい)、僕は少年がやがてあのオヤジのような存在になるのではとらえた。そう考えると、とっても後味の悪い余韻を引きずる欝映画となり、またあのオヤジ役の人の人生を考えるととっても怖い。そして、そこが面白い。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2016-11-09 17:22:52)
64.《ネタバレ》 前から気になっていた映画をやっと観ることができました。
主人公のオスカー・バンパイアのエリ・エリの下僕と、登場人物の視点からいろいろな形でこの映画を観ることができるのでしょうが、このテーマは一言でいうと「究極の愛」。
オスカーは、最後はバンパイアであることを承知の上で、エリと行動をともにし、長い旅に出るのですが、それは二人にとってハッピーエンドかもしれないけれど、観る者には二人の重く苦しい、北欧の冬空のようにどんよりとした時間の始まりであることがわかる。
しかし、映画の最後のシーン、エリが入っている箱を通しての二人だけにしかわからないモールス信号のやりとりが幸せそうで、痛いほどに微笑ましくもある。
人間とバンパイアの恋なのだからバンパイアとその下僕の関係でしか成り立たない、でもそれでもよいと残酷なエリの求めに応じることをオスカーは選択した。
この映画のリメイク版があって、舞台はアメリカなのだけれども、やはりバンパイアのお話しはヨーロッパ、東欧とか北欧が舞台となっている方がしっくりくるし、悲しいおとぎ話のような雰囲気もある。
エリとなった女優も中性的で登場人物としてのパーソナルに忠実な感じで、この映画を観てから2日たつけれども、いまだにエリの大きな瞳が忘れられない。そしてプールで助けてもらったエリを見るオスカーの笑顔も・・・。しかし、あのぼかしがあるかないかで、映画の見方が大きく変わってしまうので、やはりいかがなものかと思うのだけれども。そういった点も含め、しばらく尾を引く映画となりそうです。
たくみさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-04 22:41:08)
63.《ネタバレ》 陰鬱な気持ちになる映画でした。疲れ果てた中年男(エリの父親役)はエリに血を与えるために殺人を犯しています。当たり前のように感謝の言葉も与えないエリ。中年男の疲れ切った様子はそのような生活から来るものでしょうか。やがてエリはオスカーという彼氏を作り、中年男を邪険に扱います。文句を言うわけでもなく受け入れる男。その後、中年男は殺人現場で追い詰められ、エリの秘密を守るために硫酸で自分の顔を焼くことに。中年男の献身は、血を吸われ、無残な転落死という形で報われることなく終わります。役に立たなくなったので使い捨てにされたような。最後のシーンで、エリとともに電車に乗っていたオスカーの運命を暗示しているようで、とてもハッピーエンドというにはほど遠い。陰鬱な気持ちしか残らない映画でした。でもこの空気感が好きなのでやっかいなんですよね。
kirieさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-09-15 10:30:26)
62.北欧の冬と殺人、スプラッターを前景として、テーマは異端と承認といったところか。素敵な映画だが、もう少し料理しようがあるようにも思った。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 8点(2015-07-13 21:53:15)
61.《ネタバレ》 ここのレビューサイトの高評価どおり面白かったです。エリとオスカーの関係が良いですね。エリと一緒に暮らしていたおじさん、エリは年を取らないみたいなので昔はおじさんとエリという関係ではなくもっと違った関係だったのかなって思いました。最後のプールでのシーンはあたかもヒーローが悪役からオスカーを守ったというような迫力がありましたね。エリとオスカー、今のような12歳(エリは12歳に見えると言ったほうがよいでしょうか)の関係が続くわけではないんだろうなって思うとなんともな気持ちになります。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-05-06 11:32:43)
60.《ネタバレ》 少年とヴァンパイア少女の恋がメインという、少女マンガにでもありそうなヴァンパイアもの。あどけない少女が繰り広げる殺戮のグロ描写もあって、独特の雰囲気。特に、プールの水中でのシーンが印象的。

残念な点が二つ。原作ではエリが実は男の子との設定のようだが、映画では去勢痕が余計なボカシで見えなかったりもして、その設定がわからなかった。
なるほど、その設定のほうがより深くて面白いのに、それを伝えきれないのはもったいない。また、キャスティングの問題で、エリがもう少し魔性の魅力を漂わせる美少女なら、もっと引き込まれたはず。その二点が違っていれば、印象も全然違って傑作になったかも。

エリを守護してきた父親代わりの男が、どういういきさつでそうなったのかはわからない。でも、少年がその役割を引き継いでいく過程を見れば、なんとなく推察できる。最初は少年とエリとの純愛ものかと思ったが、少年はともかくエリのほうは、自分を守護する人間を作りたい計算が透けて見える。
相手を虜にさせて手先のようにコントロールすることは、200歳の老獪な手練手管をもってすれば難しいことでもないだろう。ヴァンパイアとしては、それが生き延びる術なのだから責められない。エリが女になりすましたのも、そのほうが男を虜にしやすいからか。ラストでモーリス信号を交わすエリと少年のどこか微笑ましいシーンにも、少年の行く末とエリの恐ろしさが余韻となってイメージが膨らむ。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2015-04-20 23:13:23)(良:1票)
59.好き嫌い分かれそうな映画。
静かで、時々ドキッとするような雰囲気は悪くない。でもこのバンパイアものとセットで考えた時に、どうもうまく飲み込めない。
いい作品だと思うけど、個人的にはどうもイマイチ。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-02-09 21:39:10)
58.好きな人は好きなのかもしれないけど自分の好みでない
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 01:41:28)
57.《ネタバレ》 まず邦題、『200歳の少女』は不要でしょ。余計にややこしくなる。そして肝心な部分でのボカシ、これもややこしくなる。でも、作品自体はそれらの説明不足が功を奏して、視聴側の想像を掻き立てる様な素敵な仕上がりになっていた。まるでおとぎ話の様な大雑把だがせつないお話。確かにヴァンパイア文化ではない日本では少し情報は入れた方が良い場面やセリフもあるが、後から調べても良いと思った。東欧の雰囲気も楽しめなかなか良い作品でした。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-05-24 16:55:57)
56.《ネタバレ》 ポスターやジャケットの、あの金髪のカワイコちゃんが「エリ」だと思ってたらビックリ! 「ぼく」の方だったとは!?  ホラーっていうよりも、ジュブナイルって感じの佳作。映画のつくりがサスペンスやストレートドラマのようで、ホラー嫌いの方にもオススメできます。
伊達邦彦さん [DVD(字幕)] 8点(2014-04-13 03:00:39)
55.そもそも「モールス」をレンタルしようと思って調べていたら「オリジナルのほうが最高だから・・」という意見を多数発見。やはりオリジナルからだろうとコチラを手に取りました。
大正解!この映画の画面から漂ってくる雰囲気は一種独特なもので、いわゆる「名作の香り」です。これは出そうと思っても出せません。低予算&無名ゆえの「まぐれ」に近い完成度なのかもしれませんが、エリとオスカーの素人演技の雰囲気と相まって寒さと悲しさと脚本の全てがうまく融合しています。

オープニング、暗闇で静かに雪が降るシーンから素晴らしい。もちろんラストのプールのシーンもエリの瞳が全てを物語るようなインパクトがあったし、途中途中でも素晴らしいシーンが多数あります。
エリにとっては打算もあろうかと思いますが、、ラストの電車のシーンでは色んな想いがよぎります。大人の男女であっても色々あるのに、この子達ったら・・(泣) (まあ、エリのほうは私よりもずっと年上で超やり手ババアな訳ですが・・)

エリの立場に立てなかった人はあまり感動が無いかもしれませんね。エリの気の毒具合が理解できてこその映画だとは思います。 モールスしか見ていない方は騙されたと思って是非どうぞ!
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 9点(2014-04-10 16:46:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 7.11点
011.35%
100.00%
200.00%
311.35%
445.41%
579.46%
6810.81%
71520.27%
82635.14%
9912.16%
1034.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.57点 Review7人
2 ストーリー評価 7.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.28点 Review7人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 7.33点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS