カフス!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カフス!
 > (レビュー・クチコミ)

カフス!

[カフス]
Kuffs
1992年【米】 上映時間:101分
平均点:6.56 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
アクションコメディ犯罪もの青春もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブルース・A・エヴァンス
助監督デヴィッド・R・エリス(第二班監督)
演出デヴィッド・R・エリス(スタント・コーディネーター)
キャストクリスチャン・スレーター(男優)
トニー・ゴールドウィン(男優)
ミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)
ブルース・ボックスライトナー(男優)
レオン・リッピー(男優)
メアリー・エレン・トレイナー(女優)
アシュレイ・ジャッド(女優)
ドン・S・デイヴィス(男優)
アレクサンドラ・ポール(女優)(ノンクレジット)
堀内賢雄(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
松本梨香(日本語吹き替え版)
田中秀幸(日本語吹き替え版)
池田勝(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版)
谷口節(日本語吹き替え版)
高宮俊介(日本語吹き替え版)
紗ゆり(日本語吹き替え版)
山野史人(日本語吹き替え版)
脚本ブルース・A・エヴァンス
レイノルド・ギデオン
音楽ハロルド・フォルターメイヤー
撮影トーマス・デル・ルース
製作ディノ・デ・ラウレンティス
ユニバーサル・ピクチャーズ
レイノルド・ギデオン
配給東宝東和
字幕翻訳進藤光太
スタントスティーヴ・ホラデイ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 こういう世襲の民間警察がアメリカ(サンフランシスコ)にあるってのがまず驚きだった。前半はノリづらかったが、殺し屋との対決あたりからユーモアとストーリー展開がうまく噛み合ってきたみたい。死体が転がったままガールフレンドの両親を部屋に入れるあたり。いかにも鈍そうな麻薬警察犬(しかも麻薬は関係なかった)、ああいう鈍な犬ってアメリカ映画は好きみたい。クリスチャン・スレーターの魅力ってのはもっと屈折したところにあると思うんで(最終的には「カラマーゾフ」のスメルジャコフを目指してもらいたい)、こういう役はどうかな。イケナイ言葉のところに、いちいちブーッって入るのはテレビのパロディなんだろうな。最後にハッキリ fuck you って言うの。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2012-04-06 09:48:55)
8.ベタベタぁ~な笑いなんだけど笑っちゃう面白さ、言葉で表現しにくいです。ハロルド・フォルターメイヤーの「ビバリーヒルズ・コップ」ばりの音楽がすっごい合っててクリスチャン・スレーターの間の抜けたシェイクスピアの独白ばりにカメラに問いかけるように喋る設定、なんか新鮮な感じがしました。トニー・ゴールドウィンが「13日の金曜日」シリーズでデビューしたのがすっごい頭の中に残ってるのは何故だ。。際立って目立ってるシーンとかはないんだけど、敵ボスのシャツが欲しい。。
M・R・サイケデリコンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-06-13 00:04:41)
7.「トゥルーロマンス」で思いっきりクリスチャン・スレイターにハマり、もっと弾けるスレイターを堪能したいぞ。という気分の時に観るとけっこうお値ごろ感の高い作品。単なる普通の娯楽映画で、しかもほとんどお金かかってないんだけど、破天荒に楽しいことやってくれるスレイターのズレた魅力はお腹いっぱい楽しめる。小粒ながらテンポも良く、特に壮大なスケールとか、圧倒的な存在感とか、予算たっぷりの特撮や仕掛けを期待して観るのでなければレンタル代ぐらいの値打ちはしっかりあるだろう。別に観ても観なくても誰も困らないという点では立派なB級ではあるのだが。何も考えないでただ漠然とビデオでも眺めて頭の中を空っぽにしたいという時には、けっこうよくかけてますね。この頃のスレイターはまだほっぺたがむくむくしてなくて可愛かったです。
anemoneさん 7点(2003-12-11 23:31:14)
6.今観るとどうかは疑問だが、まだ若かった公開当時には、スレイターのはじけっぷりが面白く感じたものだ。それで友人にすすめるとみんながこぞって『カフス!』ファンになったのも懐かしい思い出。T・ゴールドウィンやミラが出ていたが、そちらの印象はあまりない。採点はきっとかなり甘め。
恭人さん 7点(2003-11-23 05:10:16)
虎尾さん 5点(2003-10-19 17:51:45)
4.コメディータッチの刑事もの・・クチスチャンスレーターの熱演も作品の軽さからか・・・後にのこるものがない感じ
だだくまさん 6点(2003-06-29 08:50:51)
3.スレーターの役が面白かった。コメディータッチで良い。もう一回見たいなぁ。今思うとミラジョボヴィッチが出てた。気づかなかったぁ。そこにも注目!
あいこぽんさん 7点(2002-11-16 21:42:07)
2.クリスチャン・スレーターのファンはこれ好きだと思う。あと「今夜はトーク・ハード」の彼もかわいい。ストーリーはどうでもよくて(ごめん)アップテンポでコメディタッチのスレーターが見れて嬉しかった。
paciniさん 8点(2001-04-18 14:25:30)
1.クリスチャン・スレーターのキャラが面白い!見てる側にあれこれ語り掛ける姿もいいんだけどでもちょっと中途半端な印象を残してしまうなあ
T・Yさん 7点(2001-03-18 20:01:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 6.56点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5111.11%
6333.33%
7444.44%
8111.11%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS