実録・リアル食人族<OV>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 実録・リアル食人族<OV>
 > (レビュー・クチコミ)

実録・リアル食人族<OV>

[ジツロクリアルショクジンゾク]
WELCOME TO THE JUNGLE
2007年【米】 上映時間:83分
平均点:2.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ホラードキュメンタリー
新規登録(2010-09-29)【ゴシックヘッド】さん
タイトル情報更新(2011-01-09)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・ヘンズリー
脚本ジョナサン・ヘンズリー
撮影ジョナサン・ヘンズリー
製作ゲイル・アン・ハード
製作総指揮フィリップ・マルチネス
特殊メイクゲイリー・J・タニクリフ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 実録じゃないです。当たり前ですが。
結構くだらないです。
全然リアルじゃありません。
食人族やブレアウィッチ的なモキュメンタリー映画。
男女4人での行動ですが、女友達が仲が悪くなったり、男どもが喧嘩したり、そっちの方がリアルで怖かったというか、観ていて嫌でしたね。
「映画でまでこんなものを見せつけられるのか」と。
日本語吹き替え版で見たんですけど、逆に英語よりリアルでした。
ギスギスとして嫌な感じが伝わってきます。
だから吹き替え版はオススメしません。
見ていてイライラするほどに性格の悪い下品なバカップルどもはああいう運命をたどって当然。
「こいつはもう生きて帰れないんだ」っていう台詞では少し残酷なものを感じる。
女の串刺し場面はシュールで印象的な場面であり、ショッキング映画好きとしてはなかなかだった。
食人種族の儀式はいってしまえば大したことないが、リアルに感じる場面も皆無とはいえません。
最後の呪術的な場面とかなかなか好きです。
しかしキモであるべきジャングル探索の場面がつまらなくてしょうがない。

食人族シリーズはジャングルに住む人たちに対する差別表現でしかないと感じる。
実録って書いてあるのに実録じゃないなんてひどいです。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 2点(2013-12-11 22:13:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 2.00点
000.00%
100.00%
21100.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS