がんばれ!ベアーズ大旋風のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > がんばれ!ベアーズ大旋風
 > (レビュー・クチコミ)

がんばれ!ベアーズ大旋風

[ガンバレベアーズダイセンプウ]
The Bad News Bears Go To Japan
ビデオタイトル : がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征-
1978年【米・日】 上映時間:92分
平均点:3.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
コメディシリーズものスポーツもの
新規登録(2010-09-29)【なたね】さん
タイトル情報更新(2018-09-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
助監督澤井信一郎
キャストトニー・カーティス(男優)マービン
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)ケリー
若山富三郎(男優)
アントニオ猪木(男優)
萩本欽一(男優)
天津敏(男優)
脚本ビル・ランカスター
音楽ポール・チハラ
撮影岡崎宏三
製作マイケル・リッチー
ビル・ランカスター(共同製作)
パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
編集デニス・ヴァークラー
リチャード・A・ハリス
録音ジーン・S・キャンタメッサ
字幕翻訳高瀬鎮夫
その他リンズレイ・パーソンズ・Jr(プロダクション・マネージャー総指揮[ノンクレジット])
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 大きな期待はしていなかったですよ。ベアーズの悪たれどもにもう一度会いたい、っていう気持ち、ホントそれだけ、それで観ました。だから、エンゲルバーグ、またモノ食ってるな、タナー、なんかいつもより元気がないな、マーメッドはハンクアーロンの背番号じゃなきゃダメだったんだよな、なんて久しぶりの対面を喜んでいた前半でした。それでよし、とも思ったのですが、その後の展開はいくらなんでもダメダメすぎる。なんでこんな映画を作ったんだろう、という疑問の連続。日本をターゲットに、子どもの野球で一儲けたくらんでるトニー・カーティスと、そんなもんの片棒なんか担ぎたくないベアーズの子どもたちのふてくされぶり。まるで、映画を見ているんだか、本作の撮影現場で本当に起こっていたドキュメンタリー見せられてるんだか、わからなくなります。なんせ、3回くらい試合らしいシーンはありますが、まともに成立しているのが1つもない。野球をやらないベアーズなんて、ベアーズじゃありません。有名な猪木のシーンの寒々しいことといったら。欽ちゃんシーンなんて、別にベアーズがそこにいる必然性すらない。つまり、いらないパート。なめてんのか。唯一の救いといえば、ラスト間近。ケリーのランニングホームランのシーン。オレ、野球なんかで熱くなるタイプじゃないのに、という含羞と、でもなんだかうれしいって表情で疾走するシーン。ここだけは、往年のベアーズファンとしては、うれしかったですね。という訳で、3点。
なたねさん [DVD(字幕)] 3点(2010-09-30 00:28:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
31100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS