酔いがさめたら、うちに帰ろう。のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > 酔いがさめたら、うちに帰ろう。
 > (レビュー・クチコミ)

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

[ヨイガサメタラウチニカエロウ]
2010年【日】 上映時間:118分
平均点:6.31 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-12-04)
ドラマコメディ医学もの実話もの小説の映画化
新規登録(2010-10-26)【TM】さん
タイトル情報更新(2017-11-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督東陽一
助監督おかひでき
キャスト浅野忠信(男優)塚原安行
永作博美(女優)園田由紀
香山美子(女優)塚原弘子
市川実日子(女優)湊麻美
利重剛(男優)三笠クリニック院長
甲本雅裕(男優)山田医師
渡辺真起子(女優)美人
西尾まり(女優)石山看護師
高田聖子(女優)依田医師
柊瑠美(女優)猪瀬看護師
蛍雪次朗(男優)吉田
北見敏之(男優)坂井
光石研(男優)鬼頭
滝藤賢一(男優)大川
堀部圭亮(男優)若い男
西原理恵子(女優)精神科患者
大島蓉子(女優)
原作鴨志田穣「酔いがさめたら、うちに帰ろう」
脚本東陽一
作詞忌野清志郎「誇り高く生きよう」
作曲忌野清志郎「誇り高く生きよう」
主題歌忌野清志郎「誇り高く生きよう」
撮影釘宮慎治
製作山上徹二郎
ビターズ・エンド
企画山上徹二郎
配給ビターズ・エンド
作画西原理恵子(劇中イラスト作画)
美術磯見俊裕
三ツ松けいこ(美術応援)
編集東陽一
照明舘野秀樹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.実話をコメディタッチで描いた作品ということで、アルコール依存症の本当の悲惨さは隠れてしまっているように思えますが、登場人物のそれぞれの立場に思わず共感してしまう場面の多い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-07 20:07:29)
12.《ネタバレ》 別れた女をいつまでも忘れることなく覚えているのが男なら、
その逆で別れた男などさっさと忘れてしまって生きているというのが女とよく聞きます。
だけど、彼女は違いましたね
『一度好きになったひと 嫌いになんてなれないよ 』 ですってさ 
素敵な台詞です。
ここで永作博美、高感度が激しくアップいたします。
また、時折見せるちょんまげヘアー これもポイント高くなってしまいますよね なんともかわゆらしい玉ねぎ頭の幼な妻。

ところで、役名:猪瀬百佳さん
かわいらしい看護婦さんだったので(誰なんだ?)→ 調べてみました→ 柊瑠美さん→ 千と千尋で千尋さんの声をやってたお人だったのですね 意外と顔出し作品は少ないようです どうやら貴重だったみたいです。かわゆらしい人の話ばっかですみません。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-02-10 23:37:33)(良:1票)
11.《ネタバレ》 場面の切り方とかは手際が良くて、当事者間の関係や現在の状況なんかは、素直に頭に入ってくる作りになっているのですが・・・やっぱり、全体的に雰囲気がちょっと「上品すぎ」かなあ。アル中の描写はともかく、心理的葛藤や迷いの部分はもっと見たかったと思います。ただ、「アル中患者から見たらこう見える」の演出は面白かった。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-07-15 23:15:38)
10.《ネタバレ》 ほんっと~にしょうもない男だな!こんなに観ていてイライラさせられる主人公も珍しいが、これも浅野忠信の演技力の賜物なのだろう。比べては悪いが、例えば『悪人』の妻夫木クンなんかは「頑張って役作りしてます!」っていうのが見え見えなんだけど、浅野さんはそういう気負いみたいなのが全く感じられない。いつもナチュラルでリアル、そしてどこかコミカルさを湛えているっていう稀有な俳優さんだと思う。内容はかなりヘビーで楽しくも何ともないのだが(身内にアルコール依存症の人がいるので尚更)、最後まで飽きずに観てしまった。忌野清志郎の「誇り高く生きよう」がまた泣ける。
フライボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2012-09-18 23:10:21)
9.妻側からの『毎日かあさん』と合わせて鑑賞。こちらの方が私向きでした。身内にアル中経験者(大病してなんとか社会復帰)がいるので、主人公および入院患者さんの様子をあえて軽快に描いてくれたこの作品を興味深くエンターテイメントとして見る事が出来ました。アル中の方って、普段は重い気持ちを抑圧して良い人を前面に出すタイプの方が多くかかる症状だと思うので、心の声の実写化やついつい口に出ちゃった演出が面白かった。実話ベースという事で…良いパートナーに巡り会える人はラッキーですね。あー、明日のランチはシーフードカレーにしよう♪
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-07-16 04:54:55)
8.西原理恵子の夫のアルコール依存症闘病記を「サード」の東陽一監督が映画化した作品。こう聞くと重苦しい映画のように思うが、東監督は主人公をあくまで客観的に見つめることで、けっして重くならないようなつくりにしている。アルコール依存症の患者の描写が主人公含め全くリアルでないのもおそらく意図的なものだろう。確かにこれではアルコール依存症の本当の意味での怖さというものは伝わらないかもしれないが、東監督はあえてリアルさを抑えて客観的に描くことでこのだらしない主人公の滑稽さを強調することで観客に主人公に対して同情の余地を与えないという狙いがあったのではないだろうか。アルコール病棟の患者たちの日常は病気に関してはリアリティーがないものの、そのほかは実際の入院患者たちの日常を垣間見ているようである。どことなく「サード」の少年院を思い出してしまうが、ここがドキュメンタリー出身の監督らしいところかもしれない。ただやはり「サード」のほうがこういうドキュメンタリータッチの演出は活かされている気がする。浅野忠信は「風花」でも酒を手放すことのできない男を演じていたが、本作でも酒に溺れる男を違和感なく演じており、「風花」のDVDのメイキング映像において、本当は酒が飲めないふうなコメントをしてたと思うが、それが信じられないほどの演技を見せている。永作博美演じる妻の「一度好きになった人のことをなかなか嫌いにはなれない。」というセリフが印象的だった。ラストの海で戯れる家族とエンディングの忌野清志郎「誇り高く生きよう」が余韻を残す。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2012-06-07 13:55:07)
7.サイバラ作品の映像化は微妙なのが多かったけど、これは良かった。
やっぱり視点が違うと印象も違ってくるもんで、サイバラ作品を通して描かれていた鴨志田穣という人物はどう考えても人間のクズで、自業自得としか言い様のないその末路に同情の余地はなかったわけだけど、この作品ではそれがちょっと違ってた。
確かに実社会では人間のクズだったのかも知れないけど、精神病院に入院してからは様相が変わって行く。
特にアルコール病棟に移ってからは、人間のクズどころか、ちゃんとしたいい人に思えてくるから不思議だ。
やっぱりすべての元凶はアルコールにあったんだろうな。
それさえ無ければ実はいい人だったのかも知れない。
あと、可愛い看護婦さんの影響もあったのかも知れないけど。
そして、シーフードカレーが異常に美味しそうだった。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-17 15:08:48)
6.置きにいって失敗してますね。
アフロさん [DVD(邦画)] 4点(2011-08-19 03:24:45)
5.ちょっと撮り方が乱暴だな、と思いながらもアルコール依存症という病気の一端を垣間みさせただけでも成功だったかな、という気がします。ヘンな話ですが吾妻ひでおが「逃亡日誌」で描いたまんまの世界が映画の中にあって、ちょっとした戦慄を覚えました。難しい所だとは思いますよ、多分もっとリアルに撮る事も可能だったでしょうが、あれ以上で撮ると生々しくなりすぎると思う。あにやんさん、おばちゃんさんの言う様に希薄に見えちゃうというのは分かる反面、あれ以上で描くと非常に下衆っぽく見えてしまう怖さもあるとあたしは思うんだよね。だからあたしは永作の演じる所の由紀は西原の非常に達観視した感じは良くインタビューを受けたり、イベントで語る様な西原の姿そのものであっていると思うし、浅野の演じる所の塚原もエッセイや彼の撮った写真で観る事の出来る鴨志田様で良かったんじゃないかと思います。この後公開される「毎日かあさん」と併せて観るとより立体的に西原と鴨志田の夫婦というのが見えて来るかもしれないですね。
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 7点(2011-01-17 01:49:30)
4.ここでの高評価に期待しすぎてしまったかもしれません。私の感想はあにやんさんに一番近いかな。アルコール依存症の人とその家族の、一番核になるはずの「苦しみ」=「葛藤」が感じられないのが、一番残念。それと、日本人の男性監督って、女性の描き方がほんとに下手。ナマミの女がダメ男に愛をそそがずにいられない、その葛藤が何も描かれず、彼女は主人公氏の単なるミューズにすぎない。男にとっては「何もかも許してくれて、いつも笑顔の女」が便利なんだろうけど、それじゃあ女の共感は得られないですわ。第一、本物のサイバラ+カモシダ夫婦像ともほど遠いし。これじゃ原著者カモシダ氏も納得するのかどうか。亡き人には何も聞けなくて、残念。浅野の演技、人物造形はよかったし、永作博美は好きな女優だけに、いろいろ残念な作品でした。
おばちゃんさん [映画館(邦画)] 4点(2010-12-25 00:07:35)
3.《ネタバレ》 観た後、確実にカレーが食べたくなる一本。
アル中と病気がテーマだから、シリアスなヒューマンドラマかと思いきや、かなりコメディ色の強い作品だった。アル中の病棟が舞台となるあたりから、もっと禁断症状に苦しむアル中を描くのかと思ったらそういう描写はほとんどない。浅野さん、ちょっとピンピンしすぎじゃねーの?っていう突っ込みもされるだろうが、これはこれでいい気がする。
入院して、周りの患者さんとダベったり、ケンカしたり、看護婦さんにデレデレしたり、食事にウダウダ文句言ったりと、『愉快な入院体験』の様子という感じで、観ていて楽しい。
泣かせに走らないライトさがなかなか好みの作品である。
エンディングテーマのキヨシロウには、かなり涙腺刺激されたけど。

あー、永作さんと結婚してえ。
すべからさん [映画館(邦画)] 8点(2010-12-12 17:02:45)
2.《ネタバレ》  良い映画でした。酒を嗜む人間として、アルコール依存症の問題についていろいろと考えさせられました。アルコール依存症は、「だらしない人間が酒をやめられないだけ」ではなくれっきとした心の病気(しかも誰にも同情されることがない)であることを教えていただきました。

 ユーモラスな雰囲気の中で物語は進んでいきますが、その奥底にはドス黒い心の闇が隠れていることに気づかされます。でも、そんな中で「どんなに悲惨な人生であっても、生きていたほうがいい」というセリフは印象的でしたね。

 しかし、「風花」の時にも感じたのですが、浅野忠信の酔っ払いの演技は本当に上手いですね。本当に、酔っ払いの姿、心理、言動を的確に演じています。

TMさん [映画館(邦画)] 8点(2010-10-31 00:55:33)
1.《ネタバレ》 東京国際映画祭で鑑賞。鴨志田穣、西原理恵子の著書の数々をがっつり読んでいるため、逆にこの映画をなかなか客観的に捉える事ができないのですが、至極真っ当な映画化という感じで、それは決して褒め言葉じゃなく。妙にマイルドな、薄い仕上がりになってしまったような気がしてなりません。アルコール依存症になった男。その影響で離婚し、けれどそこから再生を目指す家族。それぞれが当事者でありながら何か達観したような、他人事のような視点で進んでゆく・・・。実のところ原作及び西原側の視点から描かれた諸作からしてそんな感覚があった訳ですが、それはエッセイという、自らの体験を一度客観視して人に向かって発信するための課程を踏む、そしてそこに作家の独自性を盛り込むゆえのもので、映画はそこを汲む必要があるのだろうか?という。あまりにも波乱に富んだ実話に対して、いかにその特異さを抑え込むかに腐心したような映画とも言えます。確かにアルコール依存症は監督がティーチインで語ったように、特殊な人の特殊な病ではなく、日常の中から生じてゆくものでしょう。でも、結果的に妙に軽い病に見えてしまい。1つの家族を崩壊に追いやろうとしたものとの闘争、そこにもう少し重きを置いても良かったのではないかな。主人公の過去の行状があまり明らかにならないゆえ、彼の母や元妻が彼に対して軽々しく発する「死」がどうも残酷に響いてしまうのは、この映画の本意ではないハズですし。それでも浅野忠信が表現した渇望は上手く伝わってきたと言えるのかな。今日は思わずシーフードカレー食べちゃったし。
あにやんさん [試写会(邦画)] 6点(2010-10-26 21:42:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.31点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4215.38%
517.69%
6323.08%
7538.46%
8215.38%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS