トプシー・ターヴィーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トプシー・ターヴィー
 > (レビュー・クチコミ)

トプシー・ターヴィー

[トプシーターヴィー]
Topsy-Turvy
1999年【英】 上映時間:160分
平均点:5.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマコメディ実話もの音楽もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-04-13)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・リー
キャストアラン・コーデュナー(男優)アーサー・サリヴァン
ジム・ブロードベント(男優)ウィリアム・ギルバート
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)ルイス
ティモシー・スポール(男優)リチャード・テンプル
ロン・クック〔男優・1948年生〕(男優)ドイリー
アンディ・サーキス(男優)
シャーリー・ヘンダーソン(女優)レオノーラ
カトリン・カートリッジ(女優)
ケヴィン・マクキッド(男優)ダーウォード
レスリー・マンヴィル(女優)ルーシー・ギルバート
脚本マイク・リー
音楽ジョナサン・エヴァンス-ジョーンズ
撮影ディック・ポープ
製作サイモン・チャニング=ウィリアムズ
特殊メイクトレフォー・プラウド
クリスティン・ブランデル
美術イヴ・スチュワート(プロダクション・デザイン セット装飾)
ジョン・ブッシュ[美術](セット装飾)
衣装リンディ・ヘミング
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.日本がかなりのウエイトを占める英国作品。日本の興収を考えていないと思うが、
こんな映画は初めて。
ジャンルは?歌劇、ミュージカル・・音楽は余り私にFITしない。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-17 19:23:44)
2.万国博覧会が開催されて日本ブームに沸いていた、「スチームボーイ」と同じ19世紀後半のイギリスを舞台に、著名な劇作家ウィリアム・ギルバートと音楽家アーサー・サリヴァンのコンビが、オペラ「ミカド」を完成させるまでの大騒動。作家であり演出家であり劇場主であるギルバートと音楽家サリヴァンの軋轢、家庭でのいざこざ、劇団員達の諸問題等が、正に「トプシー・ターヴィー」(混乱)に描かれていきます。珍妙な日本文化も我々日本人にとっては見所かもしれません。しかし、これが意外に面白くない。どうにも話の筋が、タイトル同様にまとめきれていない様に感じました。しかも160分の長さ。本国での評価や名匠マイク・リーの名前をもってしても、日本でのお蔵入りには納得できる仕上がりでした。という訳で、5点献上。
sayzinさん 5点(2005-02-03 00:05:38)
1.《ネタバレ》 コワレタ日本イメージには不快感を覚えるものの、ミユージカル好きにはたまらない一本。

ギルバート+サリバンの三大ミュージカルのひとつであり、当時のコミック歌劇のイメージをぶっとばした革命作品『ミカド』を、作詞、作曲、役者、劇団の立場から見渡した作品。
素晴らしい音楽と言葉の調和は当然ながら、衣装もオリエンタル調で(笑)当時を忠実に再現したんじゃないかな。

ちなみに歌劇にの一シーンに出てくる日本語らしき歌は
『みやさまみやさま おんまのまえで ぴらぴらするのはなんじゃあな
とことんやれ とことんやれな』と歌っています。
私目安さん 7点(2004-02-17 21:22:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5266.67%
600.00%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
脚本賞マイク・リー候補(ノミネート) 
美術賞ジョン・ブッシュ[美術]候補(ノミネート) 
美術賞イヴ・スチュワート候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞リンディ・ヘミング受賞 
特殊メイクアップ賞トレフォー・プラウド受賞メイクアップ賞として
特殊メイクアップ賞クリスティン・ブランデル受賞メイクアップ賞として

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS