ギター弾きの恋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > ギター弾きの恋
 > (レビュー・クチコミ)

ギター弾きの恋

[ギターヒキノコイ]
Sweet and Lowdown
1999年【米】 上映時間:95分
平均点:6.69 / 10(Review 127人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-03-17)
ドラマコメディ音楽ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-03)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
助監督リチャード・パトリック〔助監督〕(第1助監督)
キャストショーン・ペン(男優)エメット・レイ
サマンサ・モートン(女優)ハッティ
ユマ・サーマン(女優)ブランチ
アンソニー・ラパリア(男優)アル・トーリオ
ジェームズ・アーバニアク(男優)ハリー
グレッチェン・モル(女優)エリー
ジョン・ウォーターズ(男優)Mr.ハイネス
ブラッド・ギャレット(男優)ジョー・ベドロー
デニス・オヘア(男優)ジェイク
ブライアン・マーキンソン(男優)
ウディ・アレン(男優)本人役
ダグラス・マクグラス(男優)本人役
岩崎ひろしエメット・レイ(日本語吹き替え版)
折笠愛ブランチ(日本語吹き替え版)
中田和宏アル・トーリオ(日本語吹き替え版)
後藤敦(日本語吹き替え版)
水野龍司ウディ・アレン(日本語吹き替え版)
脚本ウディ・アレン
作曲ディック・ハイマン挿入曲"3:00 AM Blues"他
編曲ディック・ハイマン
撮影チャオ・フェイ
製作ジーン・ドゥーマニアン
製作総指揮レッティ・アロンソン(共同製作総指揮)
チャールズ・H・ジョフィ(共同製作総指揮)
ジャック・ロリンズ(共同製作総指揮)
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術サント・ロカスト(プロダクション・デザイナー)
トム・ウォーレン[美術](アート・ディレクター)
編集アリサ・レプセルター
字幕翻訳古田由紀子
その他ディック・ハイマン(指揮)
あらすじ
女たらしのジプシージャズギタリストのエメット・レイ(ショーン・ペン)は、浜辺でナンパした喋ることができない女性ハッティ(サマンサ・モートン)と出会って恋人同士になるが、エメットはすぐに他の女性のブランチ(ユマ・サーマン)と結婚する。結婚生活はあっという間に破綻し、空しい日々を送るエメットは、失ってはじめて自分に一番必要な女性が誰だったか気がつく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
127.《ネタバレ》 アレン作品のなかでもこの作品は好き。ニセドキュメント方式で、フェリーニの道みたいな映画。浜辺でサンドイッチを食べるハッティのシーンが切なくて好き。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2018-12-23 23:55:32)
126.《ネタバレ》 こんなにうまくギター弾けない。こんなに下手に生きれない。
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-03 16:22:26)
125.《ネタバレ》 よく「道」と比較されますが、あれよりも抑えめで引き算された映画。 ハティは500ドルと一緒に捨てられて泣いたろうに、そんなところは見せない。 分身であるギターを粉々にして泣きくずれるエメットの顔も見せようとはしない。 映画の弱点はすべてが見え(見せ)すぎることですが、アレンはそれが哀れっぽさの誘因になるとわかっているんですね。 彼や「ジャズ・カントリー」の著者ナット・ヘントフが語る架空の解説も客観性を助長するもので、才能に人格を食われたギタリストを冷静に見つめながらもいとおしむ視線を感じます。 映画に感情移入や共感や感動しか求めていないのであれば、映画の見方はずいぶん狭くなると思うんです。 ポスターは金の月に座し星座を散らしたジャケットをまとい得意気にプレイするエメットなのに、本編ではここまともに弾くシーンはなしっていうのもハズしていて面白い。 来年没後60年となるジャンゴ・ラインハルトが一瞬姿を見せるのも心憎い演出で、彼はとても有名だけれど、エメットのように自分は第二のジャンゴと自負しながら消えていったギタリストも大勢いるんだろうな、とそんなことも思われました。 ショーン・ペンとサマンサ・モートン、黄色くけぶる映像、ロマギターの音色もよかった。
レインさん [DVD(字幕)] 8点(2012-10-06 06:59:58)(良:1票)
124.サマンサ・モートン扮するハッティがとにかくキュート!ショーン・ペンも相変わらず上手い。ウディ・アレンの演出も冴えているが(偽伝記映画という着想が面白い)、いまいち喰い足りず。サントラは最高です(CD買った)。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-07 00:08:09)
123.食パン髪型のうぬぼれギタ-弾きがてれてれ生きて、最後におんおん嗚咽するお話。全篇、音楽が優しく、監督のセンスが効いた虚虚ないまぜの渋い仕上がりでした。さあ食うのは後にしろ、汽車を見に行くぞ。

ねこひばちさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-11 19:11:24)
122.かなり実験的な映画だと思いました。ドキュメンタリー形式ではあるけれど、ウディアレンは出なくていいですね。それにしてもサマンサモートンの可憐さといったら、これだけで観る価値があるというものです。ショーンペンやユマサーマンもよかったけど、やっぱハッティですね。佳作と呼ぶに相応しい映画でした。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-25 20:46:47)
121.邦題残念。。ウディ・アレンお得意のインタビュー形式。最後は切なさがありましたね、ちょっと何かがたりないかな。ギターは音が出ない嘘ものだそう。。
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2010-09-11 12:42:41)
120.《ネタバレ》 ちょっと微妙!あのジャズの音楽といい、その他雰囲気作りの上手さなど他にもショーン・ペンの女にだらしなくて、それでいて何故か不思議なかっこ良さに、ヒロインのサマンサ・モートンの不思議な可愛さなども含めて楽しめる映画にはなっている。ただ何だかスッキリしない。あれほど音楽を愛し、ギターを愛しているのに、それなのにそれなのにギターを壊すなんて、それと、ショーン・ペンが何だかスケベなチャップリンみたいに思えてしまって、世界の映画人の中で最も好きな映画作家、監督であって、俳優でもある私にとっては特別な存在のチャップリンの事を思うとちょっと悲しくなってくる。それにしてもここでもまたウディ・アレン、出たがり症候群が治まってない。個人的にどうもあの顔、苦手だ!私の好きなウディ・アレン映画はウディ・アレン自身が画面に出てこない映画であったりする訳で、とにかくつまらなくはないし、楽しめるけれど、色んな意味で引っ掛る映画である。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-21 21:20:13)
119.《ネタバレ》 アレンの音楽愛と人間愛がひしひしと伝わってくる映画。感情表現が苦手なエメットとハッティのやり取りは子供同士の初恋のようでほほえましかった。目と表情だけで見事な演技を見せたサマンサ・モートンは素晴らしかったし、不器用でだらしのないエメットをコミカルに演じたショーン・ペンも良かった。ユマ・サーマンもはまり役だ。
少しコンパクトにまとまりすぎていて、アレンお得意の無駄話がなくなっているのが難点といえば難点。おとぎ話のような映画だ。
枕流さん [DVD(字幕)] 7点(2009-04-21 21:45:33)(良:1票)
118.《ネタバレ》 常に音楽があって、全編を漂う音楽とノスタルジックな雰囲気が素敵なラブストーリーでした。アレンらしくないといえばらしくない作品。アレンの過去の作品に「カイロの紫のバラ」という、これも本作と同じくご本人が出演しない切なく素敵なラブストーリーがありましたが、こういう作品では彼は自分をよく分かっていて映画には出ませんね。でも、そこは出たがり喋りたがりアレンさん、エピソードを紹介する役に回ってしっかりご出演。そして途中エメットが演奏から逃げ出して隣の建物に飛び移って、飛び込んだ先が偽札偽造団のアジトだったというシーンにアレンらしいジョークがさらりと挿入されていて思わずニヤリとさせられました。少々不器用で素直な自己表現が苦手なギタリストを素敵に演じたショーン・ペンも良かったですが、顔の表情だけで見事に感情を表現したサマンサ・モートンがとても可愛らしく、素晴らしい演技だったと思います。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-02-02 23:57:30)(良:1票)
117.エメットみたいな人はイヤですが、なんだかこじんまりとまとまっていていい映画でした。最後までどうなるんだろう?と飽きずに見れました。ハッティがかわいいしいい味出してます。雰囲気のいい映画。
実在のモデルがいるわけではないのですね。納得。
るいるいさん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-14 07:11:07)
116.《ネタバレ》 エメットがハッティにせがまれて、ギターをつまはじくシーンが好きです。ハッティがキュートです。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 9点(2008-08-10 22:25:40)
115.何を伝えたかったのでしょうか。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 2点(2008-03-12 22:56:48)
114.《ネタバレ》 文句を言わず(言えず)、ただ愛してくれた女性に逃げてくると相手は既に子持ち。
失ったものの価値を覚り、自身のダメっぷりをしみじみ悟る。
何ともストレートな内容。
ダメ人間の生き様をみて、何か学習した気になった人には価値があるんでしょうね。

ただ、人間性と才能の良し悪しは関係ないという当然のことをはっきりさせているのに好印象(そのふたつを一緒にしてドラマを作ってしまう不条理をよく見掛けるので)。
ウディ・アレンもそういうドラマに嫌気がさしてたんだろうな~。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 4点(2007-10-11 08:38:30)
113.《ネタバレ》 エメットという男は単にイヤなやつとか自堕落とか自信家とか、マイナスイメージだけの人間のように見られがちだが、一本筋の通ったヤツなんじゃないかなあ。自分のアーチスト性を信じ、彼なりのアーチストっぽい行き方を貫いているというか。良く言えば流されない、悪く言えば進歩がない。自称世界で二番目の座に君臨し(甘んじ)、女をナンパし、ドブネズミを撃ち、汽車を眺める。つま弾くギターの音色はいつも美しいが聴く人間はどんどん変化していく。ハッティは唯一エメットと体内時計が合っていたのに…。気づかなかった事に気づいた時の後悔。切ないねぇ。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-09-04 12:42:45)
112.失って初めて本当のことがわかる。だけど気付いた時にはもう遅くて、二度と元には戻らない。その果てしない後悔と、最後の「I made a mistake!」に、涙が出るより切なくなった。
フィアット126さん [DVD(字幕)] 10点(2007-07-29 10:16:27)
111.《ネタバレ》 ジャンゴと「愛」に対して病的にまで怯える男エメットをショーンペンが実に繊細な演技で演じている。
自分の気持ちをストレートに表現することができずに、ネズミの射撃行為や汽車を眺めることに逃げてしまうのも、彼の不器用さや孤独感を印象付けている。
感情を表に出すことを嫌がっているエメットだけれども、彼の奏でる音楽にはどことなく孤独感や寂しさが伝わってくる感じがした。
そして、彼の音楽を聞いているときのハッティの表情が素晴らしい。言葉を発することはできなくても、彼女の表情が様々なことを物語っている。彼の演奏に心酔していることが、サマンサモートンの表情によって見事に演じられていた。
また、アレンの演出も冴えていた。途中途中で入るアレン本人やジャズ関係者のセリフがいいアクセントになっている。
架空の人物であるエメットレイという人物をリアルに描けるという効果が生じるだけではなくて、こういうシーンを挿入せずに、もし、ただただエメットの人生だけを描いたのとするならば、話が散漫になり観客が飽きてしまうのではないか。
この手法は観客を飽きさせるのを防止するとともに、一本の映画としてストーリーを引き締める効果もあると思う。エメットの生涯を無理なく描こうとしようとすれば、エピソードが飛び飛びになってしまう。ハッティとの出会いやブランチとの結婚を無理なく一本のストーリーに収めるために、アレンや関係者に概要を語らせた後に、当該エピソードに繋げていっているのでとても分かりやすくなっており、映画がとてもスムーズになっている。
「このエピソードには諸説あって…」というような発展型にも応用されていて、アレンのユーモアも感じられる。
そして、なんといってもラストのエメットの「I mistake」が実に胸に突き刺さる。見栄っ張りで不器用な男が犯した間違い。後悔したとしてももう戻れない彼の過ちが重さが、自分の命であるギターの破壊に見事に投影されている。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 7点(2006-08-22 00:31:29)(良:1票)
110.少々無難にまとめすぎかも?もっとインパクトがほしい。
トナカイさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-06-07 23:30:18)
109.その音楽的趣向とノスタルジックな味わい、本作に限らずウディ・アレンは僕の為に映画を撮り続けているのかと錯覚してしまいます(すみません!)確かにラストは『道』っぽくてニヤリ。何とも言えない余韻を残す繰り返し観たくなる作品です。
よし坊さん [DVD(字幕)] 7点(2006-06-05 00:27:00)
108.主演の人選と架空の人物を実在の人物のように撮ったことがこの映画の全ての勝因。味わいのある良い映画でした。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-05-26 09:43:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 127人
平均点数 6.69点
010.79%
110.79%
221.57%
321.57%
4118.66%
51411.02%
62015.75%
73225.20%
82418.90%
9129.45%
1086.30%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 9.00点 Review4人
5 感泣評価 7.50点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
主演男優賞ショーン・ペン候補(ノミネート) 
助演女優賞サマンサ・モートン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1999年 57回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ショーン・ペン候補(ノミネート) 
助演女優賞サマンサ・モートン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS