シリアスマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シリアスマン
 > (レビュー・クチコミ)

シリアスマン

[シリアスマン]
A SERIOUS MAN
2009年【米・英・仏】 上映時間:106分
平均点:6.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-02-26)
ドラマコメディ
新規登録(2010-12-22)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-11-26)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
キャストマイケル・スタールバーグ(男優)
リチャード・カインド(男優)
アダム・アーキン(男優)
ジョージ・ワイナー(男優)
マイケル・ラーナー(男優)
脚本ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
音楽カーター・バーウェル
編曲カーター・バーウェル
撮影ロジャー・ディーキンス
製作ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
製作総指揮エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
美術ジェス・ゴンコール(プロダクション・デザイン)
ナンシー・ハイ(セット装飾)
ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
衣装メアリー・ゾフレス
編集ロデリック・ジェインズ
録音スキップ・リーヴセイ
その他カーター・バーウェル(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 コーエン兄弟作品にしてはイマイチでした。
次々と身に降りかかる不幸。それは手加減なく容赦なく襲ってくる。
歯車が狂うと、こうも怖いものか。

しかも主人公は真面目な男だ。
それなのに不幸の連続。
まさに理不尽劇。

だが、この救いの無い物語に何の意味が?
何のメッセージが?
どうにもならない不幸な運命を見せたかったのか?

いずれにしても見ていて楽しい気分になれなかった。
あとは宗教色が強いので、そこもイマイチ乗りきれなかった要因かも。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 4点(2020-08-17 19:42:34)
7.コーエン兄弟は宗教批判もしたかったのでしょうか、ブラックすぎて笑っていいのか戸惑うところもありました。理不尽なことに立ち向かうわけでもなく受け入れていってしまう主人公がむしろわれわれのほとんどなんでしょうね。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-12-10 11:24:55)
6.不思議な映画。真面目に暮らしていても不幸はやってくる。でもあるがままを受け入れなさいということですね。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-05-04 16:01:56)
5.《ネタバレ》 主人公に次々と不幸が降りかかるんだけど正直いっちゃうとあんたの裁量次第でどうでも切り抜けることだろってことばかり。根が真面目すぎるのか相手のいいなりになってどんどん不幸になっていくさまはどうも歯痒い。唯一本人にはどうしようもないことといったらラストのオチ。こればからりはしょうがない。ただこの落とし方ちょっとずるい。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-22 00:14:35)
4.面白いけれども、何が面白いのかよく分からない映画。
捉えどころが難しい映画であるが、不思議な魅力のある映画といえるかもしれない。
理不尽な出来事の全てがシリアスなものではあるが、癖のあるユニークなキャラクター、シニカルな内容のためかシリアスになれないようになっている。
映画自体は実は相当に深いのかもしれないが、「シリアスマン」はシリアスに見る映画ではないだろう。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 7点(2011-04-02 21:42:33)
3.《ネタバレ》 コーエン兄弟の映画は好きです。しかし、この「シリアスマン」はなかなか難しい。主人公にどんどん振り掛かる不幸、悪夢も見ます。事態は悪化する一方です。いろいろなラビに相談します。ストーリー展開はスムーズなので飽きることはありません。そしてラスト、唐突に終わります。果たしておもしろかったのかどうか…。シニカルなコメディタッチの「赤ちゃん泥棒」や「ビッグ・リボウスキ」にしろ、ニコラス・ケイジやジェフ・ブリッジスといった主人公が、カッコよくないけど魅力的でした。しかし、この「シリアスマン」の主人公に魅力は全く感じなかった。そこが、この映画をおもしろいと言い切れない要因かもしれません。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 6点(2011-03-27 21:45:17)
2.《ネタバレ》 やっぱコーエン兄弟は意地が悪い。とにかくラリーさんが可哀そう!
クソマジメに信心深く、生きてるのに全くロクな事がなくて、身の回りの人間も基本的に誰も助けにならないっていう・・・。その身の回りの人間の言動が絶妙。特別悪人も出てこないんだが、ちょっとずれてて、そのずれ方がリアル。いるいる、こんなヤツ!っていう人だらけ。ラリーの立場にたったらイライラしちゃうんだろうけど、はたから見てると、そういう人たちの言動と、そういう人たちに翻弄されてるラリーが可笑しくてたまらない。不幸を笑ってごめんよ、ラリーさん。
絶望的なストーリー展開なのに、止まらないクスクス笑い。
「クソの役にも立たない宗教」という描写にはある種の背徳感を楽しめるかも。あなたの身にも降りかかるかもしれない身近で地味な悲喜劇。
人生なんてクソだ!といいたくなるような映画だけど、とても面白かった。
最後は唐突でポカンとしてしまったが。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2011-03-09 00:12:33)
1.何とも退屈な映画というか、雰囲気的にはアメリカンビューティを思い出しましたけど、あの主人公よりこっちの方が人生FuckedUpですね。
なんかこう、ぼーーーーっと見てしまいました。憂鬱すぎて。
自分としては憂鬱の後、何かClosureが欲しかったんですが・・・。でも人生にそんなものは無いってことなんでしょうか?
とにもかくにも、この映画を観る前にユダヤ教&社会について基本的なことを知って置くことを強くお勧めします。
自分はGhettoとか?????って感じでいちいち調べる羽目になったので。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2011-03-04 13:43:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.12点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
5112.50%
6337.50%
7225.00%
8112.50%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
作品賞 候補(ノミネート) 
脚本賞ジョエル・コーエン候補(ノミネート) 
脚本賞イーサン・コーエン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2009年 67回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)マイケル・スタールバーグ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS