風花(2000)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 風花(2000)
 > (レビュー・クチコミ)

風花(2000)

[カザハナ]
2000年【日】 上映時間:116分
平均点:5.78 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-27)
ドラマ小説の映画化ロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督相米慎二
助監督橋本光二郎
キャスト小泉今日子(女優)冨田ゆり子(風俗嬢レモン)
浅野忠信(男優)澤城廉司
麻生久美子(女優)美樹
尾美としのり(男優)風俗店の店長
小日向文世(男優)廉司の上司
鶴見辰吾(男優)ゆり子の夫
椎名桔平(男優)空港の芸能人
酒井敏也(男優)温泉宿の客
木之元亮(男優)温泉宿の客
高橋長英(男優)住職
柄本明(男優)温泉宿の親父
香山美子(女優)ゆり子の母親
綾田俊樹(男優)温泉宿のオッサン
寺田農廉司の父親
笑福亭鶴瓶カエルの声
脚本森らいみ
音楽大友良英
佐々木次彦(音楽プロデューサー)
浅梨なおこ(選曲)
撮影町田博
製作早河洋
志摩敏樹(製作委員会)
テレビ朝日
企画木村純一
配給シネカノン
美術小川富美夫
衣装小川久美子
ヘアメイク豊川京子
編集奥原好幸
照明木村太朗
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.《ネタバレ》 フラッシュバックが説明的に煩瑣に入って来て相米には珍しい作りだ。長さ(けだるさ)による不経済な語りという相米流は抑制され気味だが、やはりおおいにある。封切りの映画館ではさっぱり感動しなかったが、いま見直せば良さはある。
ひと3さん [映画館(邦画)] 7点(2015-01-14 11:06:33)
45.もはや女優として、小泉今日子は安心して見ていられる。
風俗嬢という役柄にはショッキングだったが、決して安っぽくはなってはいないし、安売りしているわけではないとも思えた。
そのへんは相米監督が小泉今日子というブランドを軽々しく扱わずに、丁重にお取り扱いなさっていたからなんじゃないかなとも思えた。
とにかく自分は小泉今日子の無理してなさそうな自然な演技が大好きだ。デビュー作の快盗ルビイの頃から大好きだ。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-02-16 22:56:24)
44.《ネタバレ》 相米慎二監督の遺作となったロードムービー。非常に淡々とした展開だが、見ているうちにだんだん引き込まれた。風俗店で働くゆり子(小泉今日子)とそこの客として彼女と出会った簾司(浅野忠信)という互いに人生の屈折を味わった二人が主人公なのだが、その二人を通して人生とは何かということを深く考えさせられる映画になっていてとても良かった。全編にわたって死の影がつきまとい、とても重いのだが、相米監督は主人公の二人をとてもあたたかくそして優しく見つめているのが見てとれる。それはゆり子が雪の中で薬を飲んで自殺しようとするのを簾司がなんとか助けようとするシーンだったり、未来への希望の持てるようなラストシーンに躊躇に表れていて、この監督の優しさが感じられるし、もちろん、この映画の撮影中は相米監督は自分が死ぬことなど考えていなかったかもしれないけど、この映画が公開された年に肺がんにより亡くなっている。それを思うと遺作がこれなのは本当に偶然なのだろうかと思えてきてしまってなんだか妙に悲しくなってしまった。柄本明が座頭市のモノマネをするシーンは微笑ましいが、もし、相米監督が亡くならなければ次回作は初めての時代劇(「壬生義士伝」)だったということで、深読みしすぎかも知れないが初めて挑むジャンルへの意欲のようなものも一方で感じられていただけにやはり相米監督の早すぎる死というものが惜しまれる。この間見た「魚影の群れ」もそうだけど、相米監督というのはただのアイドル映画の監督というのではなく、れっきとした作家性も兼ね備えた素晴らしい監督であるということを遺作となってしまったこの映画でもじゅうぶんに感じることができた。まだ何本かしかこの監督の映画は見れていない気がするんだけど、出来る限り見ていきたいと改めて思う。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2010-11-04 14:30:53)(良:1票)
43.《ネタバレ》 人は誰しも挫折を一度は経験し、それによって成長していく。この映画の主人公の二人、男も女もお互い挫折しながらも相手を思い、そして、人として必ずいつかは直面する「死」という大きな問題について考えながら生きている。娘を置き去りにしたまま出逢った自分と同じような落ち零れ状態の男と旅に出る小泉今日子演じるゆり子が雪の中で「死」に向おうとする時、川の向こうから走って助けにやって来る簾司(浅野忠信)の姿にはそれまで二人で旅してきた者としての男の優しさ、かっこ良さが見られる。そういう場面をきちんと描き、見せてくれている相米慎二監督の優しさが感じられて「ありがとう!相米慎二監督」と言いたくなった。遺作にしてもこの何とも張り詰めた重たい空気の中でこんな優しさを見せてくれる相米慎二監督、監督自身が既に「死」について自分の命が短いということを察していながらもこの映画における小泉今日子と浅野忠信の二人だけには自分の分までも長生きして欲しいという何かそんな願いが感じられる。娘との再会で娘の手から飛び出して去っていく蛙の姿が親子ともう一人、浅野忠信の未来を託している象徴であるようにも思えるし、それを離れた所から見ている浅野忠信を映すシーンなど良い場面が多いのもこれまた相米慎二監督の他の映画に共通して言えるし、そして、私が一番のお気に入りの場面は旅先での宴会の場面での柄本明の「座頭市」の物真似をする所!勝新「座頭市」ファンの私にはあの場面を見て、時代こそ違えども同じ日本人として、日本映画を支えてきた者同士、あの場面、勝新がもっと長生きしていれば見せてあげたかった。相米慎二監督もきっと同じである。相米映画における空気、季節感、美しい映像美、話としての面白さよりもこの映画を観て、相米映画とは何か?物語だけが映画ではないということを教えられた思いでいっぱいです。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2010-07-17 10:20:32)(良:1票)
42.物語としては面白いものじゃないけど、着地点は少し感動的で良かったと思う。
思わず泣いてしまいそうになりました。
あと、出番は少ないけど、麻生久美子がエロかった。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-29 15:10:22)
41.《ネタバレ》 実に淡々とした流れで主役二人のキャラクターだけで見ていたようなものだったのですが、小泉今日子が死にかけるあたりから一気に画面に引き込まれました。心底切羽詰まっている場面のはずなのに、決して絶叫芝居にならない浅野忠信がいいです。ラスト、人生いいこと無くても生きていくしかないんだよね、とホロ苦く終わるのかと思ったら・・・温かいです。
KYPAさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-05-30 20:22:03)
40.カエルの声として最後のクレジットに鶴瓶の名前が出ていたのが一番おもしろかったです。前半の1時間過ぎ位までは眠気との戦いでした。小泉今日子も悪くはなかったが、できればあの風俗嬢の役どころは他の女優さんに演じて欲しかった。「風俗嬢」ってイメージじゃないんだよね 小泉さん。
☆Tiffany☆さん [地上波(邦画)] 4点(2008-01-08 09:38:20)
39.これは逆に、巷での評価があまり高くない作品だが、私は意外と好き。別にキョンキョンは好きではないが。浅野忠信の「独り言つぶやき系」の演技が好きな私にとっては、なかなか味があって良い作品だと感じた。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-09-04 09:22:39)
38.《ネタバレ》  私自身お酒が大好きで飲みすぎる事もしばしばあるので、この作品の浅野忠信の姿が他人事とは思えず、ついつい感情移入して観てしまいました。浅野忠信の酔っ払いっぷりは中々リアルで良かったですね。

 内容的には、小泉今日子と浅野忠信の微妙な距離感のある関係が、コメディチックな面も見せてくれていて、回想シーンのヘヴィさを中和しています。

 桜や雪山等の背景も素晴らしく、ラストも清清しい感じで派手さはないけど良い作品だと思いました。
TMさん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-05-02 16:35:11)
37.《ネタバレ》 物語がとんでもない方向へ飛んでゆくことを期待しながら見ていても、いつまでたっても淡々と進んでゆく。それでも変な二人の、かたくなに寄り添わない二人のロードムービーに次第に引き込まれてゆく。「風花」とは山肌の雪が風にさらわれ花びらのようにひらひらと舞う雪のことなんだそうです。小泉演じる風俗嬢も浅野演じるエリート官僚も昔は持っていただろう「目的」を失いまるで風花のようにフラフラと人生を消化してゆく。その行き着く先に「死」を見つめる。しかし風花が溶けるということは「死」を意味すると同時に春を招く、つまり「再生」を意味する。まさに二人のロードムービーは「再生」への旅。顔を上げる時期は必ず訪れるのだ。春を告げるカエルがぴょんと跳ねるエンディングが清清しい気分にさせてくれます。
R&Aさん [DVD(邦画)] 7点(2006-08-25 18:24:02)(良:1票)
36.相米監督の遺作!ということで身構えてしまうが、遺作なんてものはこの世に置いていかれた側にとって遺作なのであって、本人はあの世でもせっせと作品を仕上げているんだろう。
だから、遺作が作家の個性の集大成になるわけではない。遺作という先入観があったせいか本作は相米色(思うに長回しのシーンや可愛げのあるチープさ)が控えめな気がした。映画評論家は例外的作品も、うまく作家史の文脈に位置づけるだろうが、いち映画ファンとしては相米監督の寛容なサービス精神にただただ感謝するのみです。
酔っ払う浅野は非常に自然な演技だった。ベスト酔っ払いアクターです。
ことり式さん [映画館(字幕)] 5点(2005-09-11 07:16:55)(良:1票)
35.私は好きな映画でした。ダークサイドの世界を生きてきた人にはおすすめです。エリートと風俗嬢の良いところも悪いところもすべて好きです。この二人が演じなければ出来ない雰囲気が最高です。っていってもストーリー性は乏しいので9点♪
シネマパラダイスさん 9点(2005-01-13 22:47:29)
34.物語としては嫌いではないんだけど、最後にキョンキョンと浅野がくっついた方が良かったな。それにキョンキョンのあの踊りの場面はどうか?と…
smiLey'70さん 4点(2004-06-20 20:45:57)
33.《ネタバレ》 いきなり4分以上の長回しオープニング。相米さんですなー。さて、カエルの鳴き声で始まるそのオープニング。これが映画全体を支配していることに最後に気付きます。ラスト、子どもの手から飛び出すカエル。カメと対比させながら、人と出会うことで時間はかかったけれどもピョンと弾んだ心的変化。そしてあっさりとした別れ。ここが2人のこれから、不器用ながらも人との距離感が確実に変わるであろう未来を感じさせてくれてとても温かくなりました。人生なんぞ、風花のようにどこからともなくやって来て、はかなく輝き消えるものなんですぞ、ゲロゲロ。
彦馬さん 8点(2004-05-30 11:27:05)(良:1票)
32.心温まる映画だったように思います。ストーリー的にはだらだらしてて特に見せ場ってものがないのだけど、人の心の傷が徐々に癒えていく過程が伝わってきた。私はすごく好きでした☆
キャラメルりんごさん 8点(2004-03-31 21:50:39)
31.噂に名高い相米監督の映画を見るのは初めてで期待していたのですが…だめでした。
ダラダラしすぎ…退屈すぎ…眠い…。
ふくちゃんさん 3点(2004-03-02 18:27:28)
30.傷ついた男女の、癒しと回復のお話。そんな内容に合わせる感じで、全く急ぐことのない、非常に淡々とした展開。テンポ悪いかもしれないけど、これはこれでアリだと思う。
なおてぃーさん 6点(2004-02-03 20:14:37)
29.浅野忠信が佐賀出身というところに少し笑ってしまった。
バチケンさん 5点(2004-02-01 17:28:21)
28.時間の無駄だった。。。
civiさん 1点(2004-01-25 02:24:10)
27.まさに、深夜にすることもなくテレビつけたらやってて、っていう観方がベストだろうと思われる。まさにっつーのは昨日深夜やってたので。浅野の演技しない感じの演技ってこういう役むいてるだろーなと思ってたけどだめだな。一般人はあんなに無表情じゃない。やっぱぶっとんでる役のほうがはまるしかっこよくみえる。きょんきょんふけたのぅ。
らいぜんさん 4点(2004-01-24 16:54:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 5.78点
000.00%
124.35%
212.17%
324.35%
4919.57%
5510.87%
6715.22%
7817.39%
81123.91%
912.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS