トゥルー・グリットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トゥルー・グリット
 > (レビュー・クチコミ)

トゥルー・グリット

[トゥルーグリット]
True Grit
2010年【米】 上映時間:110分
平均点:6.70 / 10(Review 63人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-03-18)
ドラマウエスタンリメイク小説の映画化
新規登録(2011-02-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
キャストジェフ・ブリッジス(男優)ルースター・コグバーン
ヘイリー・スタインフェルド(女優)マティ・ロス
マット・デイモン(男優)ラビーフ
ジョシュ・ブローリン(男優)トム・チェイニー
バリー・ペッパー(男優)ラッキー・ネッド・ペッパー
ドーナル・グリーソン(男優)ムーン
レオン・ラッサム(男優)保安官
有川博ルースター・コグバーン(日本語吹き替え版)
平田広明ラビーフ(日本語吹き替え版)
廣田行生ラッキー・ネッド・ペッパー(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
塩田朋子(日本語吹き替え版)
脚本ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
音楽カーター・バーウェル
編曲カーター・バーウェル
ソニー・コンパネック
撮影ロジャー・ディーキンス
製作イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン
スコット・ルーディン
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
デヴィッド・エリソン
配給パラマウント・ジャパン
美術ナンシー・ハイ(セット装飾)
ジェス・ゴンコール(プロダクション・デザイン)
衣装メアリー・ゾフレス
編集ロデリック・ジェインズ
録音スキップ・リーヴセイ
グレッグ・オーロフ
スタントケイシー・オニール
その他カーター・バーウェル(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.《ネタバレ》 健気な女の子が活躍する話。大好きな映画。氷原を駆け逃げるシーン。そして、ラストの片腕で生き抜いている姿。感涙。
にけさん [映画館(字幕)] 9点(2019-01-13 09:57:52)★《新規》★
62.《ネタバレ》 面白いわ~~~、観てて全然飽きないし、ずーっと見てられるのがいいわー。J・ブリッジス、M・デイモン という巧みな二人がさすがだよね。そこにヘイリー・スタインフェルドがその二人に負けずに存在感を発揮してます。この子は本作がデビューで当時ほんとにまだ14歳というのがいやほんとスゴイ子やわ。いや~ほんと面白かった!良い映画でした。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-09-28 07:05:34)
61.評価するにはなんとも微妙。
親父の敵を討つべく執念を燃やす生意気な小娘とは裏腹にこちらはなかなかそのテンションがついて行けない。
親父の死の背景が弱く単純な復讐劇ということもあり
ストーリーが単調。引き込まれるモノがない。
つまらなくは無いけど本作でコーエンの作風はやはり自分に合わない決定打でした。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-08-25 23:44:05)
60.渋い!カッコいい!美しい!
主人公の女の子が14歳とは思えない行動力と、迫力があって好きです。
馬と自然が綺麗で音楽もしんみりして雰囲気がよかったです。

鑑賞後、マッド・デイモンが出てるって聞いて、ビックリです。
言われて見てもわかりません。
へまちさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-29 14:56:43)
59.《ネタバレ》 少女にあまり魅力を感じない。小生意気で気が強くて反抗的でもほっとけない魅力や可愛げがあって応援したくなるような少女ならいいのだが、小生意気でしっかりしすぎて可愛げもない。なので、復讐を果たせてよかったとは思うけど、ハラハラドキドキがない。
コーエン兄弟の西部劇にしてはそれほどアクも強くない。映像は綺麗だった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 4点(2017-12-26 22:40:11)
58.《ネタバレ》 コーエン兄弟にしてはアクの少ない”普通の”西部劇を作ったものですなあ。やたら委員長的な女子をヒロインに据えているせいか、はじけっぷりは今ひとつ。お尋ね者を探しに訪れた小屋での緊迫感あふれる一幕はさすがです。あそこが一番印象深い。
個人的にヒロインがあまりタイプではなかったけど、J・ブリッジスとM・デイモンの見事な化けっぷりが楽しかった。マットはまたも新たなキャラクターを自分のものにしてて上手いですねえ。ブリッジスもマットと競って二段階くらい引き上げてもらってるような感じ。
もう少し話に乗れたらなあ。結局女の子は足引っ張ってるじゃん?そりゃそうだろう。力の無いティーンの女子が西部で何ができるというのか。あなた、無法者のおっさんを追うなんて無茶は保安官に任せて、残された母と弟妹の世話に戻るべきなのでは?店主の厚意で馬のお金も手にできて、大変ありがたいことですよこれは。・・などと思ってしまったのでこれは映画鑑賞の姿勢としては、やや失敗だったのでした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-02-18 00:29:41)
57.女の子がかわいくないなぁ。あっ、容姿って意味じゃなくて振る舞いがってことです。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-10-28 20:45:44)
56.作品の最初の方で、「この娘はしたたかなんです」というのをやたらと強調するように、そういう描写を繰り返すので、ちょっと心配になったのですが、その後はちゃんと、それっぽい雰囲気に仕上げてくれました。
ラビーフ役がマット・デイモンだなんてまるで気づかず、いや、いまだに騙された気分。でも成程、劇中の存在感が高い役柄でした。
多分、『勇気ある追跡』ほどギクシャクしてなくって、こちらの方がキレイに作られた映画だとは思います。が、あのギクシャクが魅力であって、その中心にジョン・ウェインがどっしり構えているのがこれまた魅力ではあったのですが。そして、ジェフ・ブリッジスがたまにジョン・ウェインを思い起こさせた瞬間に魅力を感じてしまうのも事実なのですが。
本作、ちょっとキレイ過ぎたのかも。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-10-24 14:55:25)
55.《ネタバレ》 特にひねっているわけではないストレートな復讐譚を、ここまで安定した運びで一気に見せ切る脚本の腕はさすが。ただ、あれこれ引っ張った割に、最後の復讐はほとんど「ただ撃ってるだけ」に近く、えらくあっさり終わってしまいました(メインはその後なのかもしれませんが、そうだとするとそれまでの運びからは浮いている)。ヘイリー・スタインフェルドは長台詞の応酬もなかなかの技術で乗り切っていますが、全体にどのシーンでも演技が一本調子なのが気になりました。ラビーフはもうちょっと若くて向こう見ずな感じの人の方がよかったかなあ、マット・デイモンだと雰囲気が安定しすぎです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-10-10 01:26:07)
54.《ネタバレ》 若干14歳とは思えない、とてつもなくおませな少女が主人公。
どんだけしっかりしてるねんこの子、てのが第一印象。そんな子を演じていた少女が実は新人だというのも驚きでした。
こんな逸材を良く見つけてくるなぁ、コーエン兄弟。
マット・デイモンの役柄は、別にマット・デイモンでなくても成り立つかなぁという感じではあるのですが、
ジェフ・ブリッジスの役はジェフ・ブリッジス以外にありえない。
この人のために書かれた役なんじゃと思うぐらいドンピシャな役回りでした。彼の個性が存分に発揮されてました。
作品としては淡々としてて、まぁ面白い凡作といったところかなと思って観てたのですが、
ラストの余韻がなんとも言えず尾を引きました。じわっと沁み渡る感動。
ラビーフはその後どうなったかわからない。コグバーンは数日前に他界。
独身を通し、墓地を去る最後までクールなマティ・ロスの後ろ姿。これぞ西部劇よね。
人はみな孤独。だからこそ切なく愛おしい。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 7点(2016-10-04 21:18:34)
53.少し展開が都合良すぎるかな。
保安官にそれほど男としてのかっこよさも感じなかった。
子役はかわいくないが、あれくらいが性的には襲われないという展開上、丁度よいのかも。

娯楽作としては、普通に楽しめるレベル。
コーエン兄弟作品としては不満。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2015-03-22 02:32:26)
52.コーエンだから期待したけど、それほどではなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-27 00:45:05)
51.《ネタバレ》 オリジナル観ました。リメイク版はストーリーとか展開はほぼ完全にオリジナルと一緒で、ひとつひとつの要素の演出を濃くした、という感じですね。マティの交渉シーンが長くなってたりラ・ビーフの長距離射撃のエピソードが追加されてたりルースターとラ・ビーフのいがみ合いがオリジナルより強めだったり。オリジナルよりさらにドラマチックになるようになってます。が、マティとラ・ビーフのキャラが強まったのに対しルースターのキャラは弱まってますね。というかオリジナルのルースター役はジョン・ウェインで、とにかくこの人が濃すぎたw「細かいことは気にしねぇで俺を見とけ!」と言わんばかりのあの存在感たるや相当のもんだったんだなーと思い知りました。というわけで逆に、リメイク版ではマティ、ルースター、ラ・ビーフの三者のバランスが上手くとれていてその点良かったと思います。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 5点(2014-01-19 22:04:44)
50.疲れていて、凄くわかりやすい作品を見たかったのでよかった(笑)
西部劇は王道でわかりやすくていいなー、と。
子役の子も可愛かったし!
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-25 20:31:42)
49.あんな生意気子供のために仕事をする気にはなれないな.
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2013-07-27 12:20:50)
48.《ネタバレ》 トゥルー・グリット=本物の勇者。いいタイトルですね。
久々に面白い本物の西部劇を堪能できました。
14歳の少女が魅力的ですね。
三つ編みで勇敢な姿が「大草原の小さな家」のローラみたいに思えました。
この少女が殺された父の敵を討ちに、飲んだくれの保安官とテキサスのローンレンジャーの凸凹コンビと旅をするわけですが、途中、ぷっと笑わせてくれるところや、残虐なシーンもあって、どんどん惹きこまれていくわけです。
お互いウマが合わない3人が一つになる過程は、それぞれが相手を大切に想う気持ちから近づいてきているのではないかと思います。
最後、蛇に噛まれた少女を必死になって医者の元へ運ぶ主人公は、まるで父親のようでした。
14歳で経験したことが、腕を失くすという一生消えない傷になってしまいましたが、25年経っても、二人の男に会いたいという願い、痛いほど伝わってきました。
エンディング・ロールで初めて、主演がジェフ・ブリッジスとマット・デイモンだと知りました。彼らは本物の役者ですね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-05-08 05:09:35)
47.《ネタバレ》 世の東西を問わず、父親の仇を討つのはもっぱら息子の役割りだった。その姉なり妹なりが、留守の間の家を守っていた。しかし娘が仇討ちに出たっていいだろう。男の時代だった西部劇の中に家長意識の強い少女を投げ込んでみた旧作(私は未見)のリメイク。少女の「けなげ」は、もっぱら家の中で描かれていたのが、ここではほとんど「したたか」と紙一重に社会の中で描かれる。縛り首の罪人が揺れる町で、大人と同等に権利を主張する。父のような大人を雇い、仇捜しの旅に出て行く。その一種のロードムービーで、旅の途上のあれこれに、西部劇時代末期の、無法者の時代が終わろうとし、同時に自由な時代の終わりでもある索漠とした空気がある。少女は父の仇を撃ち、その反動で穴に落ち込むという、初めて子どもらしいしくじりを経験する。それまで家長代理として気張ってきた彼女が、無力な子どもとなって穴ぼこの中で助けを求め、ジェフ・ブリッジスが父のように救出する。蛇に咬まれていた彼女を運ぶシーンが、本来あるべき西部劇の本当の父娘の幻想のように美しい。ずっと旅を共にしてきた馬は、西部劇の時代が終わったのを告げるかのように力尽きて倒れ、鉄道の走る味気ない近代に入る。そんな段取りの映画だからアクションの陶酔はあまりないが、女子どもをはなから脇役にイメージしがちな西部劇ってものに疑問を呈してみたみたい。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-13 10:09:55)(良:1票)
46.《ネタバレ》 普段は飲んだくれて足元も覚束ないダメ親父のコグバーン保安官だが、敵を前にした時の鋭い眼光はやはり只者ではなく、ジェフ・ブリッジスの演技にハズレはない。14歳でエディ・マーフィ並のマシンガントークを発揮するヘイリー・スタインフェルド嬢も素晴らしく、彼女を抱えて星空の下を駆けてゆくコグバーンの姿に涙が出そうになる。結局、復讐から得たものは何だったのか?彼女は片腕を失い、心強い仲間だったコグバーンとテキサスレンジャーのラビーフには二度と会うことはなかった。正統派西部劇ながらも、随所にコーエンらしさが発揮された作品。
フライボーイさん [映画館(字幕)] 8点(2013-03-07 14:18:49)
45.《ネタバレ》 マットデイモン繋がりで比較的高評価だったのでDVD買いましたが、ずいぶん寝かしていました、こちらで知ったのですが、リメイクだったんですね、なんとなく観たことあるような無いような感じは、全く覚えていませんが大昔に観たことがあるのかもしれません。娘さんのしっかりしたキャラが良いですね、結末についてはすっきりしないので、あー面白かったとは言いにくい。つまらなくは無いけども良くわからん感じでした。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-12 13:10:04)
44.《ネタバレ》 オリジナル未見。コーエン兄弟らしくないという声も多いが、この映像の美しさ、キャラの潔さ、運命の無慈悲さ、無駄のない展開・・・どれも私の「コーエン映画はこうでなくっちゃ!」という思いを満足させるに余りあるハイクオリティ。でかいスクリーンで見られなかったのが非常に残念。先住民族の医者の登場シーンなど、いわゆるコーエン節ももちろん味わえて、西部劇なんてほとんど見たことのない私でも文句なく楽しめました。そして酔いどれジェフ・ブリッジスのダサかっこよさ炸裂!!
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-01-31 17:55:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
434.76%
5711.11%
61523.81%
72234.92%
81320.63%
934.76%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 6.66点 Review6人
5 感泣評価 6.20点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジェフ・ブリッジス候補(ノミネート) 
助演女優賞ヘイリー・スタインフェルド候補(ノミネート) 
監督賞ジョエル・コーエン候補(ノミネート) 
監督賞イーサン・コーエン候補(ノミネート) 
撮影賞ロジャー・ディーキンス候補(ノミネート) 
音響賞スキップ・リーヴセイ候補(ノミネート) 
音響賞グレッグ・オーロフ候補(ノミネート) 
美術賞ナンシー・ハイ候補(ノミネート) 
美術賞ジェス・ゴンコール候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞メアリー・ゾフレス候補(ノミネート) 
脚色賞ジョエル・コーエン候補(ノミネート) 
脚色賞イーサン・コーエン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS