女たちは二度遊ぶのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 女たちは二度遊ぶ
 > (レビュー・クチコミ)

女たちは二度遊ぶ

[オンナタチハニドアソブ]
2010年【日】 上映時間:130分
平均点:7.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-03)
ラブストーリーオムニバス小説の映画化ネットもの
新規登録(2011-02-19)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2013-01-06)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督行定勲
キャスト相武紗季(女優)「どしゃぶりの女」
柏原崇(男優)「どしゃぶりの女」
水川あさみ(女優)「自己破産の女」
高良健吾(男優)「自己破産の女」
小雪(女優)「夢の女」
小柳友(男優)「夢の女」
優香(女優)「平日公休の女」
塚本高史(男優)「平日公休の女」
長谷川京子(女優)「つまらない女」
ユースケ・サンタマリア(男優)「つまらない女」
原作吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
脚本伊藤ちひろ
音楽めいなCo.
主題歌安室奈美恵「The Meaning Of Us」
撮影福本淳
配給エイベックス・エンタテインメント
美術相馬直樹[美術]
編集今井剛
録音伊藤裕規
照明市川徳充「どしゃぶりの女」
舘野秀樹「夢の女」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.僕の中でハセキョーは世界三大大根女優の1人として認識されてるのだけど、正直これは驚いた。
まあ、あと2人が誰なのかよくわからないのだけど、平凡などこにでも居そうなつまらない女という役どころが見事に嵌った印象。
特にこれといった演技をしてるわけじゃないんだろうけど、なんとも言えない癒しのオーラがだだ漏れしてる。
なんならつまらない女だけで2時間やってくれても良かったくらいに良かったです。
他の4人の女優さんたちも悪くはなかったと思うけど、長谷川京子の引き立て役になっちゃったかな。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-06 16:24:51)
5.《ネタバレ》 短編オムニバスは観やすくて、飽きがこないし、変化があっていいですよね  日本映画らしい雰囲気は充分ありましたから なかなか楽しめました。良作だと思います。  ☆個人的に  全く前知識ゼロだったので、、おお小雪だ! やっぱ優香かわいいよなぁ  的映画(笑)でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-07-15 09:41:36)
4.「どしゃぶりの女」「自己破産の女」「夢の女」「平日公休の女」「つまらない女」の5編からなるオムニバス映画。
それぞれ、忘れられない女を描いており内容は薄っぺらいけど、結構好きなんだよなぁ。
長谷川京子が演じた「つまらない女」が印象的だった。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2011-11-05 23:39:39)
3.素晴らしい!!完璧!!大当たり!!オムニバス形式の作品。終始ニヤニヤしながら観ていました。出てくる女性はどこか奇妙。みんな魅力的で、一つ一つの作品が1本の映画になってもおかしくない程丁寧に心情が巧く描かれていておもしろかったです。
映画さん [DVD(邦画)] 10点(2011-03-24 03:51:49)
2.《ネタバレ》 男からは遊んでいたつもりが、結局女に遊ばれていました、というような話がいくつか集めてある。しかし、チャラい。チャラいだけで、なんとも底が浅い。格別ひねりもなければ、アフォリズムもない。ここに出てくる小説家と同じく、この作品自体、描きたいテーマ、伝えたいテーマに欠乏してしまっているのだ。が、ひょっとすると、こんな人生欠乏症とでもいうようなありさまが、この現代日本のリアルな状況なのかもしれない。
goroさん [地上波(邦画)] 4点(2011-02-21 03:33:43)
1.この手のオムニバス映画は好きで、ツタヤとかで発見してしまうと、何も下調べもせずレンタルしてしまう。

当たりハズレも多いのが、この手のオムニバス映画の特徴で、それが何だかスリルだったりするわけで・・・

さて、ラブストーリーというくくりで、5本の短篇映画が収録されている。
その中で印象に残った作品が、相武紗季・柏原崇主演の「どしゃぶりの女」と、長谷川京子・ユースケ・サンタマリア主演の「つまらない女」の二つ。

「どしゃぶりの女」は、主演二人の人物造形が秀逸。
最後まで性格を掴みきれない面白さがある。

「つまらない女」は、ユースケ・サンタマリアの素に近い演技が功を奏した作品。
彼の人間臭さが、良い方向に出た面白い作品。

万人にオススメはしないが、もし私と同じようなオムニバス映画好きがいたら、是非オススメしたい一本!
にじばぶさん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-19 18:17:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
500.00%
6116.67%
7233.33%
8116.67%
900.00%
10116.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS