スターリングラード(2001)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スターリングラード(2001)
 > (レビュー・クチコミ)

スターリングラード(2001)

[スターリングラード]
Enemy at the Gates
2001年【米・独・英・アイルランド】 上映時間:132分
平均点:6.26 / 10(Review 267人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-04-14)
アクションドラマラブストーリー戦争もの実話もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ジャック・アノー
キャストジュード・ロウ(男優)ヴァシリ・ザイツェフ
ジョセフ・ファインズ(男優)ダニロフ
エド・ハリス(男優)エルヴィン・ケーニッヒ少佐
レイチェル・ワイズ(女優)ターニャ
ボブ・ホスキンス(男優)ニキータ・フルシチョフ
ロン・パールマン(男優)クリコフ
エヴァ・マッテス(女優)ミセス・フィリポフ
マティアス・ハービッヒ(男優)パウルス大将
平田広明ヴァシリ・ザイツェフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀内賢雄ダニロフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木勝彦エルヴィン・ケーニッヒ少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中敦子〔声優〕ターニャ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富田耕生ニキータ・フルシチョフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高山みなみサーシャ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿クリコフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
清川元夢パウルス大将(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小形満(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
後藤哲夫(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
木村雅史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中実ダニロフ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
津嘉山正種エルヴィン・ケーニッヒ少佐(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
冬馬由美ターニャ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石田太郎ニキータ・フルシチョフ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
廣田行生クリコフ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小野賢章サーシャ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
浜田賢二(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
水内清光(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
手塚秀彰(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐々木睦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤本譲(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本ジャン=ジャック・アノー
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ジェームズ・ホーナー
撮影ロベール・フレース
製作ジャン=ジャック・アノー
パラマウント・ピクチャーズ
配給日本ヘラルド
特撮ダブル・ネガティブ社
美術ウルフ・クローガー(プロダクション・デザイン)
スティーヴン・ローレンス[美術](美術監督)
ピーター・フランシス[美術](美術監督)
ドミニク・マスターズ(美術監督)
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装ジャンティ・イェーツ
編集スティーヴン・ローゼンブラム(追加編集)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
267.なかなかお金をかけていて、それなりに楽しめました。CGは使ってますが、最近の擦過音と爆音で誤魔化した映画ではなく、じっくり見せてはくれてます。ロマンスも女性兵士の多かったソ連軍ならではの状況を活かしていて、よくある愛と感動の駄作戦争映画にはなっていなかったと思います。邦題はドイツ映画の方と同じだし、芸がない。
クリプトポネさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-02-11 20:58:36)
266.戦争の悲惨さを描きつつ、スナイパー同士の命の取り合いを上手く描いていると思う。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2017-06-01 01:37:40)
265.《ネタバレ》 スナイパー映画では上位の作品です。緊張感がよい。
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2017-05-28 13:36:09)
264.思っていたよりも面白かった。お互いを狙うスナイパーの緊張感が感じられる。
もう少しその緊張感を高め続けていればなお良かったと思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-04-17 22:46:02)
263.《ネタバレ》 個人的には好きな映画ということを前置きしたい。
ただ、戦争映画としてリアリティが弱く観やすいストーリーで娯楽重視。
また第二次世界大戦ロシアなのにみんな英語で不自然。おまけにロマンス要素も決定づけてしまう、
イケメン・ジュードロウに敵対心を燃やすダニロフはうけた。最後はかっこよかったけどね。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 7点(2015-10-28 13:01:05)
262.《ネタバレ》 ○序盤のジュード・ロウの狙撃から、エド・ハリスとの緊迫のシーンまでなかなかだったが、ラストが拍子抜けかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-10-18 01:04:14)
261.《ネタバレ》 ソ連軍・ドイツ軍共に英語しゃべってる時点でアレなんですが、、、狙撃ものとレイチェル・ワイズが好きなので全く問題なし(笑)。スナイパー同士の戦いはとっても見応えありジュード・ロウ、エド・ハリスともにお互いの立場の違いを含めた演技も素晴らしかったです。そして、の、レイチェルですが、軍服姿も斬新でこんなお姿は新鮮で意外に似合ってる(関心)。こういうカッコが似合う女優さんてあんましいないよ~まぁいきなりあのシーンはびっくりしましたが(苦笑)。なかなかのものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-10-17 07:44:27)
260.独ソの激戦となったスターリングラードの攻防戦。その戦いの序盤を見せる、本作の序盤。
次々と命を落としていく兵士達。逃げ場も無い川を渡る船上で戦闘機から機銃掃射を受け続ける恐怖。
逃亡は許されず、逃亡しようとする兵士には容赦なく味方から撃ち殺される。その後も続く序盤の戦場の描写からも、
作品の大半を占めるジュード・ロウとエド・ハリス、2人のスナイパーの息詰まる攻防からも、
映画としての娯楽的要素を十分に含みながらも、嫌というほど戦争の悲惨さが伝わってきます。
台詞やドラマも多く、主役であるジュード・ロウと比べると台詞も少なく感情の抑揚も少なく地味な存在であるエド・ハリス。
しかし銃を構えスコープを覗くその目、表情で流石の存在感を醸し出します。
フルシチョフを演じたイギリスの名優ボブ・ホスキンスも迫力ある熱演を見せる。
そして本作で忘れてはならないのがレイチェル・ワイズ。
戦争モノでのロマンスの挿入は作品を微妙にしてしまうケースもありますが、
本作の場合は彼女も戦友の1人としても作品の中で十分に機能しています。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-08-10 11:35:24)
259.《ネタバレ》 題材は面白いし、迫力ある映画だったと思う。観客へ訴えたい悲惨さも伝わってくる。でも最後の戦いはいただけない。あれだけ頭脳戦の駆け引きを繰り返しながら、最後は間抜けにもあっさり勘違いで決着。別に主人公でなくても勝てたんじゃないかと・・・ 二人が直接対峙したときも、もう少し捻りがあってよかったのではないかと思います。イマイチ監督が描きたかった二人が伝わらなかったです。スナイパー同士の戦いという割には、互いの技量による決着で無かった点が惜しい。
Keytusさん [地上波(吹替)] 6点(2015-06-14 11:09:38)
258.《ネタバレ》 ソ連vsドイツ、狙撃のスペシャリスト同士の対決は、世紀の決闘のような見応えがある。
エド・ハリスとジュード・ロウがいい。
ただ、兵器を用いた近代戦で、こんな一対一の西部劇のような戦いがありえるかというと、はなはだ疑問。
何度か一対一で対峙するシーンがあったが、混沌とした集団戦にそんな余地はないはず。
リアリティはあまり重視せず、エンターテイメントに寄ったマンガ的な作り。

戦争のむごたらしさはちゃんと出ていて、悲劇的な少年の姿もインパクトがある。
戦場のドラマに三角関係も絡ませて、このラブストーリーがメインだったりする。
周りに兵士がいっぱいいる中でのラブシーンが、露出度はそれほど高くないのに何かのプレイのようで妙にエロティックだったのが印象的。
シリアスな内容の中で、ここだけ違う映画みたい。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 5点(2015-03-28 00:18:22)
257.狙撃手同士の戦い。着目点が良い。凄い緊迫感。疲れ気味のレイチェル・ワイズがいい感じ。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-03-06 11:32:18)
256.あまり面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-20 00:24:28)
255.《ネタバレ》 二次大戦の局地戦を舞台とした狙撃手のお話。ジュード・ロウとエド・ハリスのガチンコが醸す緊迫感がとても良かったです。
狙撃手の一騎打ちが、まるでアムロとシャアの戦闘のように戦場の趨勢を決するような描き方は眉唾ですが、横軸にも見どころがたくさんありました。それは多くを見た記憶がないロシア軍の描写です。実際のところは分かりませんが、とてもそれらしく酷い軍隊でした。一挺の銃を5人で使い回す。銃を持つ兵士が死んだら、その後ろにいる手ブラの二人目が銃を持つ。二人目が死んだら三人目。さすが、資本を共用する社会主義国家らしい戦法でした。統制の基盤が「恐怖」というあたりもそれっぽい。民兵的な女性兵士も本作のように多かったのでしょうか? フルシチョフさんは歴史の教科書で習った横顔とは違っていました。偉そうに語る言葉はすべて個人的な都合の言い換えです。それは主人公の友人(=ジョセフ・ファインズ)も同様でした。嫌らしい見え方ですが、生身の人間らしいとも言える。その友人の最期の挺身には少し違和感がありましたけど。
そんな中で最も私の脳裏の残っているのは、レイチェル・ワイズの真っ白で大きなお尻です。
アンドレ・タカシさん [ビデオ(字幕)] 8点(2013-06-29 00:09:03)
254.《ネタバレ》 「鼠たちの戦争」という小説を読んで興味をもったので観に行きました。
話は小説のほうが面白かったですが、映像で見るとすごい迫力です。
狙撃手同士の駆け引きの緊迫感が伝わってきます。
エド・ハリスがいかにも冷酷そうなドイツ人~になりきっててすごい。にこやかにしてても目が笑ってないんだなあ。
でも見終わって友人との感想が「あそこでラブシーンびっくりだよね」。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 7点(2013-03-03 15:25:17)
253.ヴァシリ・ザイツェフという題材にも戦い自体にも見応えがあった。戦争映画はその国の人が作ってその国の人が演じてほしいという思いはあるが、この作品は2人の男の戦いとその周辺といった感じで見れたのでそこは気にならなかった。ただロシア(旧ソ連)の人でこの映画を受け入れられない人もいるだろうなと思うと少し胸につっかえるものが残ります。
さわきさん [地上波(吹替)] 6点(2011-08-07 00:22:31)
252.主人公の狙撃兵に焦点が当たりすぎて戦争の全体像があまり入ってきませんでした。ジュード・ロウがかっこいい映画です。
アフロさん [地上波(吹替)] 6点(2011-08-04 01:17:06)
251.戦争の悲惨さが随所に見える映画だった。
人が人を殺す悲惨はいつになったら終わらせられるのだろう。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-01 03:28:23)
250.《ネタバレ》  何かリアルなところとそうじゃないところが入り混じった不思議な感触の映画でした。
そもそもソ連がスターリングラードの戦いで勝利したのは、敵を逆包囲した大規模な電撃作戦と、その間ドイツ軍をひきつけ続けたスターリングラード守備部隊の見事な対戦車戦闘によるものであるんだけれど、この映画見ただけではそういったことは全くわからず、何か主人公が狙撃でドイツ兵を大勢殺して、それに奮起したろくろく小銃も持たなきゃ、統制も取れていないさながら群集のようなソ連軍が立ち上がったら、それで優秀な機甲部隊を持ったドイツ軍が負けていったみたいな、無茶苦茶な印象を与えかねない映画です。
塚、そもそもそういった意味でのリアルさを描写するつもりは製作者に無かったんでしょう。(普通に考えて狙撃銃でドイツ軍の重戦車撃破できないしw)
 ただ、描かれる場面、場面がとても迫力があってリアルだったことは、否定できません。最初の列車から降りて見た戦場の光景、荒れ果てた都市へのドイツの爆撃、いずれも今まで見たことの無いようなスケールでワクワクしました。(それだから、こそ大規模な戦争を一対一の争いに矮小化されたのは、残念でしたが)
レイチェル・ワイズ、見るたびに全然魅力が違う、不思議な女優です。この映画では、とても素敵でした。平成24年9月5日追記 大好きなラマンの監督をあまり貶したくないんだけれど、誰でも得意、不得意があるのは当たり前ですよね。それでもほんの少しでもスターリングラード戦の様相、あるいはもっと言うなら近代戦というものを勉強してから脚本書いてほしかったと思います。まず酷いと思ったのが冒頭の戦闘シーン、あり得ません。終始ドイツが攻める側で、市内のソ連軍は逆包囲のために守るというのが実際の様相です。守る側のソ連があんな無謀な突撃を行ったらどうなったでしょうか?後方には数名の督戦隊しかいないのに、その時点で戦線崩壊でソ連側の戦略崩壊です。あと市内の爆撃も酷かったなあ。ドイツ軍だって空軍力に余力があるわけじゃないのに、瓦礫の山を爆撃してどうなる、全くの小道具でしたね。例えてみれば203高地を舞台にハリウッドが映画を作り、無謀な突撃と狙撃兵の活躍のみに触れて、28センチ砲のことは完全無視、そんな映画です。これは
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-11-20 16:11:12)
249.ジュード・ロウがいい味出しています。伝説の狙撃兵といわれただけで、もうこちらのボルテージが上がってしまいます。娯楽作品として楽しめました。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 8点(2010-08-15 01:59:28)
248.《ネタバレ》 戦争映画風メロドラマ。エロシーンがかなりエロかったので、私の中でエロ映画として
残るでしょう。ジュードロウが主役な時点で気付くべきでした。
もっと、ガラスの破片を利用した時みたいに、頭を使った戦いを繰り広げて欲しかったです。
待ってる間に寝てた。とか子供がつられてる間にいちゃいちゃ、とか何か
はあ?と思う所が色々あって、感情移入しにくかったです。戦争中は色々大変なのよ
だとしても、書き方というのがあると思います。
なので、メロドラマとしてみると、あら不思議!急に点数が高くなりました。
ーーーーーーとここまで書いて、他の方がエロ描写の上手い監督さんと仰ってたのを
思い出したので、他作品を確認してみました。おおー、薔薇の名前もエロかった!
ラマンはエロ映画その物なんですね。いや~エロ描写が卓越した監督さんなんですね。
エロエロ言ってすみません。
梅干御飯さん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 7点(2009-12-20 21:28:46)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 267人
平均点数 6.26点
020.75%
131.12%
262.25%
3103.75%
4186.74%
53814.23%
64918.35%
77528.09%
85119.10%
9124.49%
1031.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.88点 Review9人
2 ストーリー評価 6.61点 Review13人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review10人
4 音楽評価 7.00点 Review10人
5 感泣評価 6.88点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS