プチ・ニコラのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プチ・ニコラ
 > (レビュー・クチコミ)

プチ・ニコラ

[プチニコラ]
LITTLE NICHOLAS
(Le Petit Nicolas)
2009年【仏】 上映時間:91分
平均点:7.00 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-10-09)
ドラマコメディファミリー漫画の映画化
新規登録(2011-03-02)【奥州亭三景】さん
タイトル情報更新(2012-06-03)【レイン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ローラン・ティラール
キャストダニエル・プロヴォスト(男優)ムシュブム氏
アネモーヌ(女優)ナヴァラン夫人
フランソワ・ダミアン(男優)プレデュール
ルイーズ・ブルゴワン(女優)花屋
脚本ローラン・ティラール
音楽クラウス・バデルト
撮影ドゥニ・ルーダン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.こういう作品大好き。
少年たちは可愛くて、登場人物それぞれのドラマが描かれていて…
お洒落で笑えて癒される、フランスじゃないと作れない作品だと思いました(お洒落なコメディって、アメリカには作れない…)
尺がちょうど良いのもGOOD!!
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-11-15 19:36:11)
7.ゆるく笑えて、めっちゃ良かった。子供も大人も愛くるしすぎる。一作で終わるのがもったいないくらいなので、シリーズ化を希望する。
すべからさん [映画館(字幕)] 8点(2013-01-03 12:59:57)
6.かわいらしいオープニングとずっと子供目線で進められていくストーリー、各キャラクタの確立が◎です!秘密基地に入るのに合言葉を強要したり、嫌いな先生に「毒」をもったり、宿題が出せませんとサインを偽造したり、ちょっとしたネタが存分に配置されています。これからご覧になる方はお楽しみにしていてくださいね!
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-09-03 10:52:49)
5.フランスでは人気があるという絵本が原作とのことで、かわいらしい映画でした。

子ども目線で家庭や学校生活を通し、日常の中にある笑いや幸せが上手く表現されています。よって大人の描き方もいい作品。パパとママがどこにでもいそうな感じの人であるのが良くて、中でもちょっと気の弱そうな担任の先生が僕のお気に入りキャラでした。

主人公の男の子ニコラが悩んでいるような表情の時間が結構多いんですが、時折見せる屈託のない笑顔がいい。ニコラが恋心を寄せるマリーという女の子の存在。この子も可愛かったですが、ちょっと出番が少なかったのが残念。ニコラとマリーをもう少しストーリーの中で絡ませてあげると良かったんじゃないかという気がします。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-08-31 16:54:04)
4.50年前のパリ。 CGを使ってるのは現代風でも、今よりのんびりとしていた時代のノスタルジックな世界。 キッズ・ムービーは色がきれいなものだけど、ビビッドな色がアクセントに使われた映像もセンスよく、目をひく赤いベストのニコラは主人公。 スキッパのおじさん風なルックスがかわいいニコラが、妄想にとりつかれて珍騒動をまきおこす。 ニコラの両親にしては年令高いパパとママのキャラも面白く、友だちもいろんな子がいて、「できない子」あつかいのクロテールが河の名を思い出そうと、脳みそフル回転させる映像はジュネっぽい凝りよう。 ニコラのカン違いが結果的にパパに○○をもたらし、ニコラのふくれっつらがパパの×××をよび、ひいては△△△を生む要因となるのも、あくまでポジティヴ転換思考で気持ちのよい作品。 フランス人もシニカルぬきのしあわせが見たいのか。
レインさん [DVD(字幕)] 7点(2012-06-03 07:00:02)
3.意外と良かった♪フランス絵本ベースの子供映画。ゆるカワ系が好きな人はハマるかも。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 6点(2012-04-08 16:50:26)
2.素晴らしい。こういう毒のない幸せな映画もたまには良いもんだ。とはいえそれだけの満足を与えるだけに平凡な作品ではありえない。オープニングのポップさはそのままに、実は巧みな脚本、構成であるし、子供たちは勿論、オトナたちののキャラクターもそれぞれ立っている。10人近くを見事に独立させ、役割をもたらすのはそう容易なことではないし、くすりとさせる王道のコメディ要素もいっぱいだ。いやな気持ちになるシーンが一つもなく、いい意味で気を抜いてほっこりとした気分になれる。逆にここまで徹底的に毒を抜けるのは画としてもストーリーとしても困難だろう。監督の力量が問われる難しい作品だったと思うが、見事である。個人的にはいつも食べている小太りの少年が面白すぎて好きだ。美しいフランス語の響きと共にどうぞ。
Balrogさん [DVD(字幕)] 8点(2011-09-21 19:21:49)(良:1票)
1.元は国民的人気の絵本なんだとか。見た感じはクレしんとコボちゃんを足して割った感じかなぁ。
子供の日常を面白く捉えていますね。その意味では観ていて非常に楽しくなる映画です。
但し、この映画であたしが一番楽しめたのはオープニング・ムービーなんですよね。飛び出す絵本をテーマにCGで作ってあるのだと思うけど、それが本当に楽しくて、あそこだけいつまでも見ていたい気になりました。
奥州亭三景さん [映画館(吹替)] 6点(2011-03-04 12:31:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6337.50%
7225.00%
8337.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS