アジャストメントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アジャストメント
 > (レビュー・クチコミ)

アジャストメント

[アジャストメント]
The Adjustment Bureau
2011年【米】 上映時間:106分
平均点:4.96 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-05-27)
ドラマサスペンスSFラブストーリー小説の映画化
新規登録(2011-03-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2020-03-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・ノルフィ
キャストマット・デイモン(男優)デヴィッド・ノリス
エミリー・ブラント(女優)エリース
アンソニー・マッキー(男優)ハリー
ジョン・スラッテリー(男優)リチャードソン
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)チャーリー
テレンス・スタンプ(男優)トンプソン
平田広明(日本語吹き替え版)
魏涼子(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣(日本語吹き替え版)
小形満(日本語吹き替え版)
金尾哲夫(日本語吹き替え版)
稲垣隆史(日本語吹き替え版)
原作フィリップ・K・ディック『調整班』
脚本ジョージ・ノルフィ
音楽トーマス・ニューマン
撮影ジョン・トール
製作クリス・ムーア〔製作〕
ジョージ・ノルフィ
配給東宝東和
特撮ランドール・バルスマイヤー(視覚効果スーパーバイザー)
美術ケヴィン・トンプソン[美術](プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.サスペンスアクション大作!っていう紹介のみの、ほとんど予備知識なしで観たのが良かった。
少なくともアクション大作ではない。
ほぼロマンス。
いや、でもこれが良かった。
先が気になって気になってワクワクしながらヤキモキしながら観ることができて満足。
そして何よりエミリー・ブラントが魅力的。等身大で飾らない女性役が完璧にハマっていた。
顎割れてるし、絶世の美女って訳じゃないけど、素敵な女性。デートしたら楽しそうだなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-09-29 00:02:58)
48.《ネタバレ》 決定論と自由意志の対立を描いているが、最終的には議長の裁定?が下っているので、結局は自由意志などなく決定論からは逃れられないという結論で終わったような。となると、終盤の「運命の扉」を開け続けるのは自由意志のようでいて実は決定論だったという事になるが、アメリカではそう描くしかないのかもしれない。
本作で興味深かったのは結婚相手に恵まれるとそれで満たされてしまって職業的には大成できないという所。男の方は大統領より女を選んだ(選ばされた?)格好になったが、女の方は男の選択はした(させられた?)が、それによって著名なダンサーへの道を失う事は知らないので、後からあんな衝動的な事するんじゃなかったと後悔するのか、それとも幸せな結婚生活で満足するのだろうか。幸福感といった内面にまでは神の意思は働かず、自分の考え方次第という事になるとは思うが、強固な決定論だと行為だけではなく思考までも決定論により左右されてしまうのかもしれない。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 6点(2020-09-04 15:39:44)
47.《ネタバレ》 着想は面白いと思いますけど、どうもSFとしても
サスペンスとしてもラブコメディとしても中途半端な作品になて
しまったような。
謎の帽子の男たちの描き方が、不気味さを出すのか滑稽さを出す
のかも中途半端で、しまりのないお話になってしまったのが残念。

あと、デヴィッドが将来の大統領候補という夢をあきらめても
エリースとの人生を選ぶという理由が十分描けていませんでした。
トイレでの会話だけで夢中になってしまう程エリースが魅力的とも
思えませんでした。あれでは単なるウブなお兄ちゃんでしょう
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2020-09-02 21:40:46)
46.《ネタバレ》 運命の操作に逆らって二人が運命を切り開いていくストーリー。
「SF恋愛サスペンス映画」らしいか実際には「ラブコメ」にSF要素を加えた感じ。
SFと言っても科学的な理屈のないファンタジーレベル。
「運命調整局」という背広帽子集団だが運命の神様でも天使でも魔法使いでも置き換えられるレベル。
彼らの行動はお粗末で運命の管理するプロ集団とは思えない。
ココらへんがサスペンスではなくコメディーとしか思えない。
主役のマット・デイモンとエミリー・ブラントはいい感じ。
後半のどこでもドアーがこの映画の見せ場かな。
取り敢えず最後はキスしたら許された。┐(´д`)┌
ume0214さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2019-01-25 15:02:38)
45.《ネタバレ》 予告編と全く異なる映画だと感じました。そういう意味では日本版予告編はすごく上手に作ってあったかも。。

<ネタバレします>
結果論ですが、双方それぞれが別々に活躍すれば、世界に多大な影響を及ぼす人物だったがために一緒になってはならないというのは中盤以降に明かされる事実。なので序盤は何が起きているのかよく理解できず、壮大な流れのわりに個人間の恋愛にちまちま干渉する帽子の人たちの行動が滑稽にしか見えない。
例えば最初にお互いが活躍している未来を派手に見せるなり、帽子の人たちのシステムをもっと深く説明してくれるなりしていれば、もっと観客側の理解が深まったと思います。また、恋愛パートのほうもなぜお互いが強く惹かれあうのかの説明が乏しいのでイマイチ感情移入しにくい作りになっています。

プロットが素晴らしいだけに非常に惜しい映画でした。ドアを開ければ別の場所につながっているのもマトリックス的・ドラえもん的で素晴らしい映像でした。見終わった後の余韻も悪くなくて、そういった意味でも粗ばかりが目立ってしまっている非常に残念な映画という印象です。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-10-02 10:09:54)
44.系で言えば「天国から来たチャンピオン」と同じジャンルの映画ですが、なぜかSFサスペンスと宣伝されるこの映画。
他のサイトではもっと高い点数の映画(例えばIMDBだと7.0)なんですが、なぜかみんシネでの平均点は低いですよね。
しかしそれは多分「ジャンルのミスマッチ」による要素が大きく「天国から来たチャンピオン」のような「運命の恋愛ファンタジー」系映画を好きな層が観れば大きく評価をあげる映画なんじゃないかと思います。

ところでエミリーブラントって誰かに似てる…と前から思っていたのですが、昨日アマプラで観てるとき急に気づきました。そう、藍井エイルですよ!
結構似てると思うんですが笑どうでしょう?

あと諸事情あって、字幕スーパーで映画を観た直後に再度午後ローの吹き替えで観てしまうという事故を起こしてしまったんですが、結果それでいろいろわかった事があります。
このサイズだと午後ローは本編ノーカットなんだなとか、字幕の方が情報量が少ないんですが、例外的に字幕の方が文字量が多いときもあるんだな、とか。後者については「セリフであれば沈黙の間」で表現するようなものを字幕では表現できないので説明の文言が足されてるようなときとかですね。
偶然連続で観る事でいろいろ勉強になりました、はい。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-02-06 21:28:35)
43.《ネタバレ》 ○扉を開けて新しい世界へ行く快感はあるものの、映像化に無理があったんじゃないかと思ってしまう。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-01-17 12:20:46)
42.《ネタバレ》 M・デイモンとE・ブラントは好きな俳優さんだし、演技達者の二人は本当に仲良く幸せそうでしたので最後まで付き合うことはできましたが。(どこでもドアは観てて楽しいし)
どうもストーリーが締まらんですなあ。自分の生活が何者かに操られているなんてオソロシイことですよ?でもマットに悲愴感は無いしあちら側の連中も人間ごときに裏をかかれるユルい仕上がり。帽子と水がキーポイントっていうのも妙にお手軽だ。
ルネサンスだの産業革命だの、人類の歴史に多大な影響を及ぼす力のある存在が一個人の恋愛沙汰に口を挟むのも変だよ。大統領候補の恋人がダンサーならなぜあかんの?口うるさい親父か。
それに一回目の出会いは彼らがセッティングしたらしいけど、あのシチュエーションは奇抜すぎて最後までいらん混乱を観てる者(=ワタシ)にもたらすな。他人の結婚式に無断で忍び込んで男性用トイレに潜んでいる女ってすごく変じゃないですか。エリースには絶対何かある、と思っちゃったもん。帽子天使らの人間感覚とのズレの成せるワザなのか?
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-01-05 23:09:11)
41.《ネタバレ》 良質SFを能天気な作品に仕上げたせいかかなり評判悪いですね。
しかし僕はその能天気さに惹かれてしまったので、楽しめました。
なにより「運命」が話の中心になるものに弱い。
手垢のついた設定に、ベタな展開でもまったく気になりませんでした。
観たことありそうでない最後の扉を開けていくシーンも好きです。
NYの風景がとても綺麗に撮られているのも良かった。
ただ最後のモノローグはいらなかったなぁ。
作品のテーマをもろに語っちゃ余韻もクソもなくなってしまう。
下半身露出が伏線だと深読みしていたのですが、あっさり流されてしまって驚きました。
アメリカでは良くあることなのか。
CBパークビューさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-12-30 08:50:05)
40.《ネタバレ》 015.12/16 鑑賞。政治ものと緊迫感を持って見ていると、謎の黒集団、なになにSFか,いやいや恋愛もの、やっと原題タイトルの狙いが判る。ラストシーンの長尺追っかけシーンは緊迫感、スピード感少なく意味無い感あり。でも人間の運命を操作する運命調整局のエージェントという発想には驚く。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-12-16 18:14:41)
39.《ネタバレ》 そんなに悪くないのではないですか?何よりも、敵方の組織が、もっともらしく怖い人たち風に登場していながら、やっていることは極小市民的なチマチマしたことばかりであるのが良い。心理操作の部分をもっと強調したら、深みが出てきたと思いますけどね。そのチマチマした手口に対応して、解決策も、「俺と彼女の愛があれば全部飛ばせるんだー!」と言わんばかりの、ごくごく個人的なレベルの解決でしかないところも良い。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-11-22 03:01:25)
38.《ネタバレ》 観始めてからしばらくすると最近観た映画にすごく良く似ている様な気がしてなりませんでした。良く考えたら、『ルル・オン・ザ・ブリッジ』でした。しかし比べてみると、主人公の行動が恋人に及ぼす影響が真逆なんですね。『ルル・オン・ザ・ブリッジ』は決して褒められる映画というわけではないですが、同じラブストーリーとして観ると文学的な香りが強くて本作よりははるかに出来が良かったと思います。 帽子を被ったおっさんたちが天使で神さまが“議長”というのは、判り易いというか単純な発想とも言えます。全ての人間の運命を管理して調整するなんて、何と言うか天使という仕事も超ハードワークですね。でもそんな苦労を無にしてしまうあのオチ、テレンス・スタンプ可哀そう(笑)。それにしても最大の?は、あのハリーなる天使がなぜマット・デイモンを手助けするのかということなんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-06-27 22:57:42)
37.《ネタバレ》 そもそも選挙戦真っ最中、おまけに優勢な状況なのに「下半身露出」って、、、普通そんなことしないよ(苦笑、アメリカでは普通なのか??)もぉここで乗れなかったな~。調整局?の面々がなんであの二人の関係に固執するのもわからんし、そのなかを助けに来るやつの出現も意味不明。だいたいこいつは最初にミスってる訳で、そんな立場にならないっしょ。運命の本?やドアを開けていくルールもイマイチ伝わってこないしね。そして最大級な減点は「なんだこりゃ」なラスト。妄想系映画は嫌いじゃないけどちょっとどうなんすかね~なものでゴザイマシタ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2014-03-04 08:39:58)
36.《ネタバレ》 えーっ、ここまで引っ張っておいてあっさりハッピーエンドかよ、という消化不良感の残る映画。伏線ほったらかし多数な気がするんですが・・?やはりディック作品の映像化は難しいのだなぁという、これまでの印象がまた深まった。見所はやっぱり、どこでもドアか。あれは楽しい。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-12-07 13:08:19)
35.ハッピーエンドで良かったですが、なんかモヤモヤします。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 4点(2012-10-31 11:15:10)
34.うーん。いまいち盛り上がりにかけた。ジャンルとしてはファンタジーラブロマンス映画なのかな?で、あの後、果たして2人の未来はどう転ぶのか・・・。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 5点(2012-09-13 22:48:16)
33.《ネタバレ》 P.K.ディック原作の映画って、数の割に成功作が少ない気がします。けっこう、病的と言うかきてる内容が多いからかな?この映画も、もろ関係妄想の世界ですよね。もう設定まるごと受け入れて、不条理さに悶々としたあげく、わけ分からないけど最後解放感にひたる。こういう付き合い方をするしかない映画のように思いました。
えぴおうさん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-03 16:15:53)
32.《ネタバレ》 “もしかしたら自分の人生も調整されている?!”と観客に思わせ為には、主人公は感情移入し易い庶民の方が相応しかったはずです。それに、一般人だって世界を変えてしまう可能性はあるのですから(風が吹けば桶屋は儲かるワケですし)。どうして主人公は未来の大統領候補である必要があったのか。アメリカのリーダーたるもの、神だろうと天使だろうと、何者にも左右されない自由意志を所有している!ということを宣言したかったのでしょうか。まあ、それはそれでもいいんですが、結婚間際の花嫁をさらうような真似は、どう考えてもダメでしょう。パーティで下半身をモロだしするより始末が悪いと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-04-25 20:21:50)
31.《ネタバレ》 偶然の積み重ねが大きなうねりになって人生とか運命を形成する視点は頷けて、聞いていたほど悪くない映画だと思いました。でも、詰めが甘いというか、面白くないですよ。本作のテーマが「運命は愛の力で変えられる」だとしたらケチは付けにくいけど、映画としてはゆるゆるです。ちょっとイラッとするのは、世界の命運を握るような一握りの人物だけが「調整」されること。そんなことより、多くの男女の出会いを演出するのがあんたらの仕事じゃないんかい。その方が、世の中、良い方向へ回って行くよ。子供の数も減ってることだし。俺の人生も調整してくれよ。ということで4点です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-04-21 20:14:39)
30.《ネタバレ》 ご都合主義の脚本・後半グダグダな展開だが、そんなのは大した事では無いと思わせてしまう程にマット・デイモンとエミリー・ブラントが本当にお似合いのカップルであり、二人でNYの街角を幸せそうに歩く姿だけで何だか嬉しくなってしまった。 キャスティングに7点。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-04-02 12:55:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 4.96点
000.00%
112.04%
212.04%
336.12%
41632.65%
51224.49%
6816.33%
7510.20%
836.12%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 4.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review5人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 3.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS