Menu
 >
 >
 > ザ・ライト -エクソシストの真実-

ザ・ライト -エクソシストの真実-

The Rite
2011年【米】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 22人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスオカルト映画
[ザライトエクソシストノシンジツ]
新規登録(2011-03-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-07-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(2011-04-09
公開終了日(2011-08-17)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ミカエル・ハフストローム
キャストアンソニー・ホプキンス(男優)ルーカス神父
アリシー・ブラガ(女優)アンジェリーナ
キアラン・ハインズ(男優)ザビエル神父
トビー・ジョーンズ(男優)マシュー神父
ルトガー・ハウアー(男優)イシュトヴァン・コヴァック
マリア・グラツィア・クチノッタ(女優)アンドリア
クリス・マークエット(男優)エディ
フランコ・ネロ(男優)(ノンクレジット)
脚本マイケル・ペトローニ〔脚本〕
音楽アレックス・ヘッフェス
作曲アントニオ・ヴィヴァルディ「四季」
編曲ジェフ・アトマジアン
撮影ベン・デイヴィス〔撮影〕
製作ニュー・ライン・シネマ
配給ワーナー・ブラザース
特撮カイル・クーパー(視覚効果)
美術アンドリュー・ロウズ(プロダクション・デザイン)
編集デヴィッド・ローゼンブルーム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.はじめて観たはずなのに、前にも観たかもとデジャブ的な感じがありました。思わず息をのむシーンがあり、こういう映画は大好きでのめりこみます。何度も何度も観ました。「レクター博士やるじゃん。よかったよ。神父なのに悪人ぽくて最高だね★」
新しい生物さん [DVD(吹替)] 8点(2015-05-03 04:06:11)
21.《ネタバレ》 僕は悪魔とゆう概念が大好きである。悪魔辞典なんかに載っている様々な種類の悪魔。みんなそれぞれにキャラ性があって、軍団長とかの役職もある。中には地獄の料理長や会計係なんて役職まである。怪人や怪獣、妖怪が好きで、さらにショッカーなんかの悪の組織とかが好きななので、悪魔事典の悪魔にもドハマりである。悪魔の色々なキモイ姿とか、ワクワクしてしまう。ポケモンを好きな子供と同じ感覚である。だから悪魔を題材にした映画も好きである。特に悪魔の名前を聞いた時は、エクソシストなみに、あいつかーとその姿が頭の映像に浮かんでニンマリである。エクソシストは当然、正義のヒーローである。仮面ライダーとかと違って肉体的な格闘はしないが、精神の格闘を悪魔とする。つまり、僕はこーゆう映画を見るときはウルトラマンや特撮ヒーローもんと同じ感覚で見ているのである。色々な要素で肉付けされているが、悪い奴が悪さをするので、それをやっつける、構造は同じである。今回はヒーローが悪の存在に懐疑的であるがゆえに正義の力が使えないとゆう設定だが、それゆえに悪魔も自分の存在を認めないヒーローに対して、イライラして対決を挑んでくるとゆう展開はなかなか面白かった。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2014-11-01 11:59:40)
20.事実を基に作られたらしいですが、後半のノリはフィクション臭すぎる。
真尋さん [DVD(字幕)] 4点(2013-12-29 20:15:30)
19.《ネタバレ》  信仰心と精神病とのバランス。これが崩れてしまうんだろうと思う。自傷行為やオカルトなセリフを吐いたりするのも、どこかで頭の中の情報がバラバラになっているからなんだろう。でも、否定はしない。何度も何度も神父とのカウンセリングで改善する事や、医療との組み合わせで良くなったりする事もあるとの事だからだ。
 それだけにあの神父のていたらくには笑ってしまった。電話位切れ、病院位手配しておけ。宗教的なカウンセリングはそれからでしょう。

 映画的な面白さを作り出そうと無茶な状況にしたがために、キャラがただ頭の悪い人間になってしまうという。とても残念だ。
黒猫クックさん [地上波(字幕)] 6点(2013-04-30 04:06:35)
18.前半戦は、悪魔を否定した作品でしたが、後半はデビルは出てきますがエクソシストと比べると演出としては弱い感じが見受けられました。妊婦をなぜ助けられなかったのか真実が知りたくなりました。
SATさん [地上波(字幕)] 5点(2013-04-13 15:05:11)
17.よく「事実に基づいた…」とか冒頭で述べられる映画が多いですが、たまには「事実に基づかない」映画も見てみたいものです。
アンソニー・ホプキンスが主演ということで期待していたのですが、エクソシスト(悪魔祓い)の事実を宣伝しているだけの話ですね。
こういうのって、娯楽要素を入れなければ、観ている皆が裏切られたと思うのではないでしょうか?
クロエさん [地上波(字幕)] 5点(2013-02-09 03:08:04)
16.悪くないですよ。雰囲気もあるし、俳優も良いです。似たような場面が多く、もうちょっと短い方が良かったかもしれません。十分エクソシスト的なにおいは感じられました。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-16 21:42:44)
15.私もキリスト教信者では無いので、こういった悪魔つき物はダークファンタジージャンルです。事実は有ると言われてもやはり統合失調症的なご病気だと思います。なので純粋にフィクションとして観ても、今ひとつ物足りない映画だった。アンソニー・ホプキンス有りきな作品かな。マイケル役の役者さんが非常に好みだったのが一番の収穫。今後が楽しみ。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 5点(2012-09-18 23:52:26)
14.《ネタバレ》 あ、だから、猫と蛙だったんだ~。意外に大物悪魔。椅子に縛られてるアンソニー・ホプキンスは、まんまレクター博士でした。
キノコ頭さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-08-25 23:56:36)
13.《ネタバレ》 観る前に思っていたのとは全く違った話の展開でしたね。アンソニーホプキンスがとにかくやたらすごいエクソシストなんだろうと思ってたら、手品で親子を騙したり、妊婦を救えず死なせたり、何の罪もない女の子を叩いてみたり、終いには悪魔に乗っ取られて大迷惑をかけるなど振り返ってみればとんでもなく役立たずのジジィやん!
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-06-08 23:58:36)
12.《ネタバレ》 エクソシストは実在する職業なのだそうです。だから、通院しての悪魔払いや途中で携帯電話が鳴るのも映画としては滑稽だけど反対にリアルなのかなあと納得しました。娯楽映画としてはハッピーエンドでそれなりに楽しみましたが、内容は薄いです。もっと丁寧に重厚に描いて欲しかったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-04-29 21:53:15)
11.《ネタバレ》 逆エミリーローズといったところでしょうか。非常にハリウッド的なエクソシストでしたね。導入部には大いに期待させられましたが。。
Robbieさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-04-16 00:23:24)
10.悪魔憑き、悪魔払い等のオカルトの是非は兎も角、アンソニー・ホプキンスの好演(怪演か?)は一見の価値がある。ついでに言えば、猫がかわいい。
私としては、悪魔憑きは統合失調症、乖離性障害などの精神疾患だと思うけどね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-01 13:28:36)
9.《ネタバレ》 普通におもしろいです。バアルは、カエルや猫の姿をとる場合が多いのだそうですが、だったら、「おまえ、バアルじゃないか?」くらい聞いてもよさそうなもんだ。そういうのは、ご法度なんだろうか。ご法度というのも変か。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-22 22:37:21)
8.《ネタバレ》 「事実に基づく話」だそうですが、実際にどの程度事実に基づいているのかは確かめようもなく、見ているほうとしてはなんともいえません。アカデミー俳優、アンソニー・ホプキンスの怪演が本作一番の見どころで、一歩間違えればくだらないB級ホラーになってしまいそうなこの題材を、ホプキンス迫真の演技で真実味を持たせることに成功しております。作りとしても手堅く真面目で、ルーカス神父が言う様に首が回ったり緑のゲロを吐いたりするわけでもないので、これを見て悪魔の存在について考えたりする人もいるかもしれません。個人的には、神はともかく悪魔はいないと思いますが、本作を見ていて思ったのは、神や悪魔の存在有無よりもむしろ人間誰しもが持つ後ろめたさや罪深さに対してその人自身がどう向き合うか、そして神を信じることにより、結果としてその宿命的な罪を処理することが可能になる人間の心の不思議さを考えさせられた次第です。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-22 22:01:00)
7.《ネタバレ》 難しいことは分からないので箱に入れておいて置き。儀式その物よりも人間の中身の描き方は悪くなかった。アンソニーの演技の賜なのですが。良かった、青年も案外演技力有るし。何よりもアキャデミー賞はドアの近くの黒猫だと思うわけで。
成田とうこさん [映画館(字幕)] 7点(2011-08-02 00:41:50)
6.《ネタバレ》 エクソシストの真実~…ということでこうした実話ものがどれほど“実話”に忠実に描かれているのか怪しいものですが、本作はホラー映画というよりは宗教映画に通ずるものがあると思います。
勿論、恐怖描写はホラー映画のそれですし、終盤のA・ホプキンスの変容および悪魔祓いの描写なども迫力があるのですが、本作はまず“キリスト教の神&悪魔ありき”の状態で話が始まりますから、信者ならまだしも聖書もろくに知らない我々にとっては恐怖の対象にはなりえないからです。
まあ、同じ“実話を基にした”という触れ込みの「エクソシスト・トゥルーストーリー」よりは画面的にも栄えるので、そちらよりは観ていて面白いですが…。
クリムゾン・キングさん [映画館(字幕)] 6点(2011-06-11 17:19:49)
5.こうした作品についてはかなり賛否が分かれる様な気がします。内容的に実話を元にしているのは事実として、こうした悪魔祓いみたいな物は宗教的価値観を大前提に置いた上で行われる儀式なので、素直に受け止めてしまうのはかなり危険があります。一歩間違えればキリスト教のプロパガンダになりかねない部分が多い訳で、実際に脚本と構成を考えた場合、かなり誘導的な部分が観られます。他の宗教観の持主には受け止めがたい部分もかなり見られるのでこの映画を見る際には真っ向からこの映画を事実と受け止めてしまうよりも、少し達観して観るのが正しいのではないかと。
まぁ、それにしてもアンソニー・ホプキンスの演技は実に見事な物で、それを観るだけでも十分に満足出来るますね。
奥州亭三景さん [映画館(字幕)] 6点(2011-05-07 10:19:52)
4.《ネタバレ》  前情報として、こう言った悪魔祓い的作品は初めてで、神様はいると思うがキリスト教徒ではありません。
 重厚な音楽や全体的に暗めな画面等雰囲気の出し方と盛り上げ方は上手いと感じました。『悪魔憑きは精神病』と考えている無神論者の神父が、自身の周りで起こる不可思議な出来事から徐々に悪魔の存在を信じ初め、遂には師匠に取りついた悪魔と対峙する。
 この『不可思議な出来事』の演出が非常に上手く、変にド派手なCGを使わない事が逆に『見えざる何か』が着実に、少しづつ近付いてくる恐怖になる。
 悪魔に関しても、どこぞの州知事や救世主と戦った奴等みたいな超能力は使わず、その者が絶対に知らないはずの各人の心の闇を攻撃したり、あくまで人力で襲ってくる所が非常にリアリティを感じた。最後の方の聖なる言葉(・・・で良いのかな?)を一緒に復唱する所が特に・・・・・。
 ラストの対決は人によって捉え方が違うだろうが、個人的には『神の有無』は重要ではなく、『神はいて悪魔を撃ち倒せる力を持てると自身を信じる心』が大切であり、その心こそ悪魔が嫌うものであり、だからこそ倒せたのではないでしょうか。キリスト教の教えとは違うかもしれませんが、自分はそう感じました。
 演者の好演や演出も相まり、最新兵器も鋼の肉体も持たない主人公が、信仰心だけで打ち勝つシーンは普通に良かった。
 ただ恐怖演出は全体的に良かったが、所々入るビックリ的脅かし演出はかえって不似合いだった。折角真綿で首を絞めるようにジワジワと恐怖心を掻き立てておいて、最後のトドメは金槌でドカンって。もうちょい工夫して欲しかった。
 ただキリスト教の色が強いのはしょうがないが、説教臭くなかったり、『キリスト教最高!みんなもキリスト教に入ろう!!』的な勧誘も無かった所も好印象。
 この手の作品は初だったので、比較が無いためちょっと甘めで採点しました。
ムランさん [映画館(字幕)] 7点(2011-05-03 22:37:28)
3.《ネタバレ》 「ライト」を「正しい」と訳していたんだけど、よく見たら「rite」と見慣れない綴り。「儀式」とか「通過儀礼」という意味らしいです。たぶん、悪魔祓いという「儀式」と宗教に帰依するための「通過儀礼」が掛けられているタイトルです。本作は神の存在の証明を匂わせてストーリーを進めながら、結果としては一人の悪魔祓い師誕生の通過儀礼以上には踏み込まない。悪魔の存在を確信したから対極である神も信じるという考え方は心情的には理解できても神の存在証明では無く、やや肩透かしでした。また、主人公が神を信じることで心を強く保つ落とし方は宗教の存在意義そのものであり、劇作としては無難すぎて面白みに欠ける。信仰心と現実の狭間で苦悩するという意味では本家「エクソシスト」のカラス神父の描写の方が重くて深い。悪い映画ではありませんが、あまり響いてくるものは無かったです。ちなみに私は神の存在を信じていません。本当に神がいるなら、もっと救われて良い人が世間にはゴロゴロといる。でも、我々が未だ正確に感知していない超常的な存在はいると思っています。彼らはとても気まぐれなので、神とは呼びたくないです。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 5点(2011-05-03 05:28:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 5.95点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
414.55%
5627.27%
6940.91%
7522.73%
814.55%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS