Menu
 >
 >
 > トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

Transformers: Dark of the Moon
2011年【米】 上映時間:157分
平均点: / 10(Review 79人) (点数分布表示)
アクションSFシリーズもの3D映画
[トランスフォーマーダークサイドムーン]
新規登録(2011-03-17)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【+】さん
公開開始日(2011-07-29
公開終了日(2011-12-16)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ベイ
演出ケニー・ベイツ(スタント・コーディネーター)
キャストシャイア・ラブーフ(男優)サム・ウィトウィッキー
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(女優)カーリー・スペンサー
タイリース・ギブソン(男優)ロバート・エップス
ジョシュ・デュアメル(男優)ウィリアム・レノックス
ジョン・マルコヴィッチ(男優)ブルース・ブラゾス
パトリック・デンプシー(男優)ディラン・グールド
フランシス・マクドーマンド(女優)シャーロット・ミアリング
アラン・テュディック(男優)ダッチ
ジョン・タートゥーロ(男優)シーモア・シモンズ
ケヴィン・ダン(男優)ロン・ウィトウィッキー
グレン・モーシャワー(男優)モーシャワー将軍
ジュリー・ホワイト(女優)ジュディ・ウィトウィッキー
レナード・ニモイセンチネル・プライム
ジェームズ・レマーサイドスワイプ
ヒューゴ・ウィービングメガトロン
フランク・ウェルカーサウンドウェーブ/ショックウェーブ
小松史法サム・ウィトウィッキー(日本語吹き替え版)
小林沙苗カーリー・スペンサー(日本語吹き替え版)
山野井仁ロバート・エップス(日本語吹き替え版)
チョーシーモア・シモンズ(日本語吹き替え版)
金尾哲夫ブルース・ブラゾス(日本語吹き替え版)
宮本充ジョン・F・ケネディ(日本語吹き替え版)
有本欽隆リチャード・ニクソン(日本語吹き替え版)
仲野裕ウォルター・クロンカイト(日本語吹き替え版)
後藤哲夫ロン・ウィトウィッキー(日本語吹き替え版)
原康義モーシャワー将軍(日本語吹き替え版)
玄田哲章オプティマス・プライム(日本語吹き替え版)
勝部演之センチネル・プライム(日本語吹き替え版)
辻親八キュー(ホイルジャック)(日本語吹き替え版)
立木文彦ディーノ(日本語吹き替え版)
斎藤志郎ブレインズ(日本語吹き替え版)
江川央生サイドスワイプ(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしトップスピン(日本語吹き替え版)
宝亀克寿レッドフット(日本語吹き替え版)
根本泰彦ディラン・グールド(日本語吹き替え版)
定岡小百合シャーロット・ミアリング(日本語吹き替え版)
宮内敦士ニール・アームストロング(日本語吹き替え版)
天田益男用心棒2(黒人)(日本語吹き替え版)
粟野志門男声3(日本語吹き替え版)
行成とあホワイトハウス職員(日本語吹き替え版)
青山穣ダッチ(日本語吹き替え版)
落合弘治ホィーリー(日本語吹き替え版)
浦山迅ラチェット(日本語吹き替え版)
脚本アーレン・クルーガー
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
挿入曲リンキン・パーク"Iridescent"
U2"North Star"
エアロスミス"Sweet Emotion"
製作ドン・マーフィ〔製作〕
イアン・ブライス
アレグラ・クレッグ(共同製作)
ケニー・ベイツ(共同製作)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
マイケル・ベイ
マーク・ヴァーラディアン
ブライアン・ゴールドナー
制作東北新社(日本語版制作)
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクジェイク・ガーバー
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ナイジェル・フェルプス(プロダクション・デザイン)
ケヴィン・イシオカ(美術監督)
衣装デボラ・リン・スコット
編集ジョエル・ネグロン
ウィリアム・ゴールデンバーグ
録音グレッグ・P・ラッセル
ゲイリー・サマーズ
イーサン・バン・ダーリン
日本語翻訳岸田恵子
スタントディッキー・ビアー
ケイシー・オニール
コンラッド・E・パルミサーノ
その他アレグラ・クレッグ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
79.やたらと首を突っ込んでいくスタイルの主人公。ただの死にたがり野郎にしか見えない。あと、さえない感じの男なのにセクシー美女を乗り換えていく。しかもその美女、車やら機械やらにやたら詳しい。製作者の願望が出ている。
たろささん [インターネット(字幕)] 3点(2017-09-29 07:28:58)
78.《ネタバレ》 ここまで来るとマイケル・ベイ特有の様式美と言っても差し支えないかもしれない。やってることは前二作の焼き直し。複雑なガチャガチャ変身と破壊要素が増えまくっただけ。完結編でヒロイン交代なのに違和感もなく(どうでもいい)、二度世界を救った青年の葛藤のドラマが全然活かされてないのも予想通り。添加物だらけのデカいハンバーガーセットをこれでもかと胃に詰め込めば、ある意味、胃もたれレベルで満足というか完敗としか言いようがない。3部作全てでオプティマスプライムが教訓めいた台詞で締めていたけど、「どれか単品だけ見ても十分楽しめるよ」と言っているように見える。
Cinecdockeさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-04-06 23:58:38)
77.《ネタバレ》 ここまでのトランスフォーマーシリーズの中では一番ダメかな。トランスフォーマー周りの物語は特に問題なく楽しめてんけど、主役のサム周りのドラマは今回は前作以上に退屈。なんかトランスフォーマーと全く面白くない青春恋愛映画2本を交互に見せられてる感じでした。サムの言動にドンドンついていけなくなって、最終的にこの映画でサムが2番目に嫌いなキャラに。一番嫌いなキャラはその彼女。前作、あれだけ盛り上がった彼女がいなくなっちゃったのにもショックで、前作の主役の全力で君を守るよってゆういい映画風な感じは一体なんだったのか、いや、現実の恋愛って、そこまで盛り上がっても別れちゃうって感じかもしれないけど、それでも、今回のヒロインの、私、前からあなたのそばにおったわ感はめちゃくちゃナえました。また、このヒロインが非常に薄っぺらで軽薄なキャラで、それが最後に敵ボスを説得するくだりとか、爆風を背景にどや顔するとことか、観てるこっちが恥ずかしくなる感じで、とてもサムかったです。クライマックスの市街戦とかは前作以上に派手で、そこはいいんだけど、でも、もうやりすぎ感がハンパなくて、ドッタンバッタングッチャグッチャで、戦闘中の全キャラの行動が完全に辻褄があわない所ばっかで、まともには観てられません。例えば、さっきまであれだけ必死に戦ってたいいもんトランスフォーマーが急に降伏しだすし、それでなんか戦場は悲しい的な雰囲気で盛り上げちゃって、いや、あんなに死ぬのが怖くないほど全員戦ってたやん。急にどした。おい。で、仲間がむなしく処刑され、バンブルビーが殺されそうな中、急に逆転する機会が訪れ、バンブルビーが無敵状態になり、周りの敵をほとんど倒しちゃって、それ、仲間が殺される前にやれたんちゃうの?ってゆうデタラメ展開。そんなんがいっぱいで。てゆーかクライマックスの展開そのものが前回と全く同じ事やってて、場所がピラミッドかビルかの違いだけで。まー、迫力ある戦闘シーンだけ、ボーッと観てたらなんの問題もないんですけどね。とにかくドラマ部分はドンドンひどくなるトランスフォーマーシリーズ、もはやアクションシーン以外、楽しめないけど、次も観るぜー。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 3点(2016-10-22 10:34:51)
76.いやはや、酷い。ここでの評価の高さに驚いた。
しかも、このシリーズ全部に言える(と言うか、マイケル・ベイの映画全部に言える)が、無駄に長い。長すぎる!
前半はマイケル・ベイらしい無駄なシークエンスの連続で、観る価値はおろか、最早語る価値も無い。
話が本題に入って動き出すのは一時間以上も過ぎてから。しかし売りのハズのロボット同士の戦いになると、迫力と言うより画面がゴチャゴチャ、似たようなロボットが入り乱れて、誰が誰やら、敵も味方も判らないただのドタバタに。終盤は、これまたマイケル・ベイらしい無理矢理感動路線まっしぐら。『ID4』か『アルマゲドン』かってな感じで、さも重厚そうに見せちゃあいるが中身はすっからかん。どなたかも仰っていたが、戦いが終わって、戦場をあれだけ転げまわっていたヒロインの真っ白な服に泥一つ付いてないのに失笑。結局、前半は無駄だらけで冗長、中盤はドタバタガチャガチャと騒がしいだけ、終盤は感動の押し売りと、どこを取っても褒める所が無い。シリーズだから勢いで観ちゃったけど、正直時間が勿体なかった。
TERRAさん [地上波(吹替)] 3点(2016-09-20 17:11:00)
75.何というか、「CGによる力押し」って感じ。過去2作品と比べても点数を1点余計にあげたくなる理由として、個人的には「クネクネした奴とビル」のシーンが非常にインパクトがあった。それ以外はいつものベイ。
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2016-08-27 19:20:35)
74.旦那様に付き合って劇場に見に行く事になるシリーズ第三作目。映画館で観た方が楽しいがまったく記憶に残らないストーリーの大作アクション系。でもね、嫌いじゃないの。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2015-05-26 18:06:04)
73.《ネタバレ》 アポロ計画という歴史上の出来事に焦点を当てた、シリアスなストーリ展開と激しい戦闘にドキドキさせられました。センチネル・プライムの思わぬ裏切りで、アイアンハイドが…惜しくも死亡…。センチネルだけかと思いきや、人間側にもディセプティコンに与している者がいたというのには驚きでした。
哀しみの王さん [DVD(字幕)] 10点(2015-05-14 21:15:16)
72.《ネタバレ》 初代ヒロインといい 今回から替わったヒロインといい なんでこのシリーズのヒロインさんはいちいちブサイクさんなんだろか
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-02-25 23:07:31)
71.これでもかこれでもかと言うぐらいに長い戦闘。機械がウネウネとうなる姿に飽きます。ストーリーも無きに等しくすぐに忘れそう。主人公と同じ経験をしたヒロインがかすり傷どころか、白い服に汚れ一つ無いのが凄く気になりました。
真尋さん [DVD(吹替)] 2点(2014-02-08 18:35:22)
70.月の裏側には一体何があるか御存じですか? NASAは極秘にしているが、噂によると、実は超古代文明の遺跡があり、そこには、地球のどこかに繋がっているトンネルがあるんだそうです、ハイ。さて・・・・・・CG見本市としかいいようが無いこの作品。大都会を戦場にしたロボット同士の戦い、CGの威力がスゴイことはよ~くわかりますけれども、パニックのパの字も感じられず、ウソ臭いことこの上無い、虚しい戦闘モドキ。まあそもそも、戦闘シーンはひたすら続くものの、敵役のロボットがどいつもこいつもやたら弱くって、作品自体の傾向が「質より量」へ向ってしまっているように感じられて仕方がないのです。そんな中で、傾いてゆくビルを舞台にした一連のシーンは、これはアイデア勝ちですね。大味なアメプロのようなこの作品の中で、ここだけは小技が効いた、いわばルチャ的な楽しさがあって、スバラシイです。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 6点(2013-11-30 17:31:50)
69.《ネタバレ》 CGが凄くて迫力が有った。地球が守られたことは解った。就職活動のシーンは要ったのかな。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2013-11-24 18:10:48)
68.《ネタバレ》 アポロ計画のミッションが実は・・・というあたりが面白かった。
変身シーンも見やすくなってどのトランスフォーマーも可愛い♪といとおしくなりました。
個人的にはレセプティコンのドリルみたいなのがカッコイイ!とおもいました。
ラブラブはちょっと控え目にしてビーとサムの友情をもっと描いて欲しかったです。
たんぽぽさん [地上波(吹替)] 7点(2013-11-17 21:03:46)
67.甥っ子らとの付き合いで鑑賞。後半の戦闘シーンがこれでもかと長くてビックリでしたが、迫力ありました。監督の描きたい部分は取り合えず、心往くまでトランスフォーマー達を戦闘させてみたってところなのでしょうね(完全な憶測)。3Dの意味が分かったし、まるで遊園地のアトラクション状態で楽しかったです。しっっかし金髪の彼女は自分からさっぱり動かない典型的なアホヒロインでイラッとしました。これがリドリー・スコット監督なら…(妄想)。
泳ぐたい焼きさん [映画館(吹替)] 3点(2013-11-04 01:08:26)
66.ちょっと何が何だかわからない感じになった。最初のアポロのくだりは興味をひくのにはとても良かったけど、あとはぐだぐだ。せっかくマルコビッチ起用したんだから壮大な伏線ありかと思ったらほぼ出オチ。他にも簡単に伏線にできそうなネタもあったはずなのにそれも放りぱなし。なんで回収しないと逆にこっちが心配してしまった。戦闘シーンの迫力や映像は超素晴らしいけど、それだけの映画になっちゃったなあ。しかも無駄長い。すべてのシーン。対人関係のこくなんかも薄くて、思い入れができるところも希薄だった。サブキャラの迫力すご過ぎて、おなじみキャラの存在感が相対的に低くなってしまった。メガトロンって?くらいの扱いだったし。 レビュー読んだら映画館で観るべきの評。激しく後悔した。第1作目はとっても好みの作品だったのになあ。CGの進歩に付いていけないこっちがダメなのか、でもそもそも人間の感性を大幅に超えていくCGに逆に意味があるのか。謎だ。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 6点(2013-09-27 11:55:07)
65.《ネタバレ》 アクションやCGの迫力は文句なしだと思う。そういうの好きな人は見て損はしないはず。
ヒロインが代わったのは監督を「ヒットラー」に例えたことに激怒したユダヤ系のスピルバーグが同じユダヤ系の女優さんに交代させたのね。
人間側に多くの時間割いてる分オートボット側のドラマが少ない。それなのに人間側の展開に色々ムリあるし不満点多いです。アクション・CGはすごいけど物語は全く評価に値しないですね。なんで最期がおばはんとおっさんのキスシーンで終わるんだか。
シカゴで大規模にロケして道路とか封鎖したらしいけど、さすがに電車までは止められなかったのね。戦場となって大惨事になっているシカゴの街なのに電車だけはしっかり通常運転してるのが見えました。ちょうど撮影中に走っている電車がカメラに映り込んだんならうまい具合にCGか何かで消して欲しかったです。
ume0214さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-17 12:02:47)
64.《ネタバレ》 自宅2D観賞にしてこの迫力。映像エンターテインメントとしてはほぼ完璧と言って良いのかもしれません。ストーリー展開だって捨てたもんじゃありませんし。
ただ、ちょっと気になるのが人間があまりに軽く扱われていること。パニック映画なんかでも圧倒的な数の犠牲者が必然的に生じてしまうのですが、大抵の作品は一部の中心メンバーについてのみ命の尊さが語られるもの。その代わりと言うわけでもないのでしょうけれど、圧倒的多数の一般市民の命については、語られないと同様に表現もされない場合が多いです。例えば、航空機や自動車は爆発したり炎上したりしても、その搭乗員や乗客までは視覚的に表現されていないことが殆どでは?大災害の後で気にし過ぎなのかもしれませんが、この作品では生身の人間がロボットによる災禍に巻き込まれる様が、結構描き込まれていたような気がします。
その辺りの後味悪さが個人的には印象的で、素直に高得点を献上できず6点止まりです。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-11 16:10:01)
63.戦闘シーンのCGがすごかった。ショックウエーブが怖かった。ビルのシーンが特にすごかった。ストーリーは破綻してるけど、アポロからの一連の流れは、B級SF好きにとってはたまらなかった。1作目は駄作だったが、登場人物を変えないことで、登場人物に個性が出てきて面白くなってきた。でも彼女役の人は変わって欲しくなかった。「ロボコップ」が好きだった人はきっと楽しめる。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-06-23 22:48:17)
62.《ネタバレ》 前々作、前作と同様映像に迫力があり。特に変形シーンはこだわりを感じるもので、とてもカッコいい。ただ物語の内容はイマイチ。中盤まであまりアクションシーンもなくダラダラ続く流れ。最後の対決の締めなんかは漁夫の利で勝利ですごく正義のヒーローっぽくない終わりでした。ストーリーも急展開でカッコよく変形させてもらいたかった。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-29 01:45:18)
61.のり弁がのり弁DXになって最後に幕の内にボリュームUPした感じ。作ってる店が同じだから味はさほど変わらない。
mikiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-03-08 16:59:35)(良:2票) (笑:2票)
60.《ネタバレ》 いやー・・・やっぱり大好きです、この手の映画・・・。前作ではオートボットは仰山出てきてたけど、出すぎてどのアクションシーンも中途半端感がありましたが、今回はビーとコンボイ(オプティマス)がメインで活躍してくれたし(特にコンボイかっこよすぎ)、ストーリーも前作に比べたらまとまっていました。(まあこの映画にストーリー性はいらないけど)、いやーでも他のレビュワーの方も仰ってますが、これは映画館で見たかったーー。すっごい迫力だっただろうなあ・・・残念。
わたたさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2012-02-17 23:52:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
211.27%
3911.39%
445.06%
51113.92%
61721.52%
71620.25%
81518.99%
922.53%
1045.06%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review6人
4 音楽評価 8.00点 Review4人
5 感泣評価 6.25点 Review4人

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
音響効果賞イーサン・バン・ダーリン候補(ノミネート) 
音響賞グレッグ・P・ラッセル候補(ノミネート) 
音響賞ゲイリー・サマーズ候補(ノミネート) 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2011年 32回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞マイケル・ベイ候補(ノミネート) 
最低助演男優賞パトリック・デンプシー候補(ノミネート) 
最低助演男優賞ケン・チョン候補(ノミネート) 
最低助演女優賞ロージー・ハンティントン=ホワイトリー候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞シャイア・ラブーフ候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞ロージー・ハンティントン=ホワイトリー候補(ノミネート) 
最低脚本賞アーレン・クルーガー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS