Menu
 >
 >
 > 塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

Tangled
2010年【米】 上映時間:101分
平均点: / 10(Review 98人) (点数分布表示)
ラブストーリーコメディアドベンチャーファンタジーアニメ3D映画
[トウノウエノラプンツェル]
新規登録(2011-03-17)【青観】さん
タイトル情報更新(2016-03-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2011-03-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督バイロン・ハワード
マンディ・ムーア〔女優〕ラプンツェル
ザッカリー・リーヴァイフリン・ライダー
ドナ・マーフィゴーテル
ブラッド・ギャレットフックハンド
ジェフリー・タンバービッグノーズ
M・C・ゲイニー警護隊長
バイロン・ハワード
ロン・パールマンスタビントン兄弟
リチャード・キールバルド
ニコラス・ゲスト
中川翔子ラプンツェル(日本語吹き替え版)
佐山陽規警護隊長(日本語吹き替え版)
諸星すみれラプンツェル(幼少期)(日本語吹き替え版)
根本泰彦グレノ(日本語吹き替え版)
多田野曜平ショーティー(日本語吹き替え版)
音楽アラン・メンケン
製作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ジョン・ラセター
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
あらすじ
塔に閉じ込められて育った少女が、泥棒の侵入がきっかけで、生まれてはじめて外界に出る。そこで泥棒と旅をし、さまざまな真実を知ることになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
98.《ネタバレ》 憎すぎるほどの幸せなハッピーエンド、最高のカタルシスを感じながら鑑賞終了しました。
塔の上だけで18年近くを過ごした主人公が、ユージーンとの出会いをきっかけに夢を掴んでいく過程に心が震え、涙腺が緩みました。PIXAR特有の小動物キャラ(今回はカメレオンと馬)も相変わらず魅力的で、しっかりと笑いどころもありました。
特に、ラプンツェルが18年ぶりに帰郷するKingdom Danceの曲が流れるシーンや、ランタンが王国から一斉に放たれるシーンは、鳥肌が立つレベルに印象的で良かったです。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-10-06 19:26:57)
97.音楽(歌)とてもいい 絵も綺麗 登場生物みんなに個性がある
ストーリーも悪くない
当然そんなあほな・・・っていう展開ばかりだが娯楽映画はこれでいいと思う。
適度にクスッとなるところも多く
メインの光のシーンはとても綺麗で音楽もすごくいいです。
ディズニーの中では一番面白いと思った作品でした。
メメント66さん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-19 03:52:10)
96.自分にはどの辺が面白いのかまるで分からない。やはり子供向け、しかも女の子向けな感があるので、オサーンには厳しいようです。
もんでんどんさん [地上波(吹替)] 3点(2017-07-20 14:42:05)
95.《ネタバレ》  基本的には女性向けのストーリーなのですが、所謂「王子様」役のフリンを語り部に配し、男性でも抵抗無く観られるバランスとしている事に感心。

 名作童話が原作である為、どうしても「古き良きテイスト」を重視しそうなものなのに、演出から若々しい感性が伝わってくるのも良かったですね。
 序盤にラプンツェルが唄う場面はスタイリッシュな魅力があったし、とうとう外に出た後に「はしゃぐ」→「落ち込む」を繰り返すギャグも分かり易く、好印象。

 ラプンツェルの長髪をアクションの道具として活用している辺りも上手かったし、動きだけでなく「四十五回勝負」「三回勝負」という形で言葉の笑いも取り入れているし、感動的な自己犠牲もあるしで、本当に色んな面白さが詰め込まれているのですよね。
 「女性客」「男性客」「恋愛が見たい人」「アクションが見たい人」「笑いたい人」「泣きたい人」と、幅広い観客層を意識して作られた、丁寧な品であると感じました。

 中でも自分のお気に入りは、酒場で盗賊達が唄い出すシーン。
「命奪うより心奪いたい」
「こんな暮らししていても、夢見る心は未だ無くしてない」
 といった具合に、歌詞も素敵でしたし、何より一見すると悪人にしか思えない盗賊が、実は良い人というか「悪人でも夢を持っている」という意外性の魅力を発揮してくれたのが、本当に好みでしたね。
 劇中でも一番の名場面じゃないかな、と思います。

 その一方で、終盤の展開は少し不満というか、予定調和過ぎるようにも感じられ、そこは残念。
 上述の盗賊達が、それぞれ夢を叶えてくれるハッピーエンドだったのは、文句無しで素晴らしいと思うのですが、その直前の「フリンの自己犠牲がラプンツェルの涙によって覆される」「結局、ゴーデルは単なる悪人であり、育ての親としての情など無かった」という展開のせいで、興醒めしてしまったんですよね。
 ここら辺を、もうちょっと自然に仕上げてくれたら、皆笑顔でハッピーエンドを迎える結末を、更に楽しむ事が出来たかも。

 そんな具合に「本質的には女性向け」「終盤の展開が好みではない」などの要因があるにも拘らず、しっかり面白かったのだから、やはり質の高い作品なのでしょうね。
 色んな客層を意識し過ぎて、色々と盛り込み過ぎて、破綻してしまう映画もありますが、本作は、そういった類の中でも成功例としてカウントされそうです。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2017-05-15 07:07:10)(良:2票)
94.いくらでも難癖がつけられる、子ども向けのおとぎ話。このサイトでは大人たちが高い評価をつけているが、なぜか理解できない。
チョコレクターさん [地上波(吹替)] 5点(2017-04-18 20:57:04)
93.《ネタバレ》 個人的には黒髪ショートカットの方が好みです。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2017-04-15 10:58:25)
92.《ネタバレ》 久々に王道を地で行くディズニー・プリンセスものを見た気がする。それ故に目新しいものはなく、粗はなくはないが、あの長すぎる髪で如何に危機を乗り越えるのか適度なユーモアを交えつつ、ハラハラさせながらも安心して見られる。塔に軟禁状態のヒロインが城に向かうだけのスケールの小さい話でも、抑圧された当人からすれば地面に降り立った一歩には大きな世界が広がっている。永遠の美しさを保ち独占し続けようとする"毒親"からの自立。いつかは子供は大人になり、思い通りに抑圧しても親元を離れていく日がやってくる。たとえ彼女の言う通り、現実が恐ろしく辛いもので代償を支払うにしても、新しい世界に飛び込んでみる価値があると伝えているようだ。しかし、盗んだティアラがきっかけとは言え、盗賊を婿養子にしていいの? その他荒くれ者も職を得て、大団円で締めるアバウトさは流石ディズニーのお家芸と言ったところ。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 8点(2017-04-06 23:43:13)
91.《ネタバレ》 ◇空前の大ヒットを遂げた"アナ雪"よりも、ラプンツェルの方が(私的)総合評価は断然、高い。◇吹き替え版の声優さん達が、皆さん、ほんとーーーーに、素晴らしいっ!!!コミカルさにとらわれて、ついつい、忘れがちだけど、実は、もの凄いクオリティの高さ。◇特に、毒養母、ゴーテルの吹き替えを演じた剣幸(つるぎ みゆき)さんの、セリフ回し、演技、歌には、まるで、生の舞台を観ているかのような、感動すら覚えるwさすがは、元宝塚月組トップスターです。◇それぞれ、ユーモラスで機知に富んだセリフ(日本語訳)が、キャラを生き生きと際立たせる。特に、フリン(畠中洋)のセリフ回しは最高w◇パスカル、マキシマスの表情や仕草がとっても豊かで、セリフないのに、全く、見逃せない存在になってるのは、ディズニーマジックでしょうねぇw◇ディズニー得意のお題目「真実の愛とは、なんぞや?」的なものは、アナ雪でも、当然、描かれたが、この点でも、ラプンツェルの方が、私的には、ツボ。自分の命よりも、愛する人を、その運命の呪縛から解き放ってあげたいなんて・・・男気あるわ~フリンw泣かせるわぁ~w◇作品が日本で公開されたのが、奇しくも、3.11の翌日だった事が、商業的なヒットに繋がらなかった不運な作品だったと思う。ディズニー映画が好きで、まだ観てらっしゃらない方には、ぜひ、おススメしたい逸品。評価は、もちろん、10点!!(ちなみに、アナ雪は、5点位かとw)
さん [DVD(吹替)] 10点(2017-03-11 17:02:07)
90.《ネタバレ》 いやー、面白かった!ディズニーはいい人と悪いひとの表情の違いがすごいですね。偽の母親は本当悪魔の顔ですよ。今までこの顔が見抜けなかったのか?ま、塔から出してもらったことないから仕方ないか。ハッピーエンドで良かったです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-03 19:52:16)
89.《ネタバレ》 ディズニーらしい手堅く、無難な造り。で、物語の進行に抵抗がなくとても流れがスムーズで観ていて気持ちが良いね。映像のクオリティも素晴らしかったが、吹き替え音声の方々も良かった♪ なかなかでゴザイマシタ
Kanameさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-01-28 07:56:03)(良:1票)
88.《ネタバレ》 もし私が子供だったら、これ面白いと思うかなぁと疑問が残りました。
一応90分楽しめました。
まず太陽の植物を独り占めしていた老婆は本当に悪い人間だったのでしょうか?
泥棒がラストでハッピーエンドになっていいのでしょうか?
話の展開に無理があるように思えたのですが。
ラストでラプンツェルの髪を切ったのは意外な展開でしたが、その他に驚かせてくれた点が一つもありませんでした。
てな訳で、7点ってとこです。
クロエさん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-09 14:32:24)
87.《ネタバレ》 んー。
可もなく不可もなくかな。この系統のラブロマンスならアラジンやターザンに勝てている部分ある?
承太郎さん [地上波(吹替)] 5点(2015-05-16 13:32:43)
86.《ネタバレ》 チョイ役まで
本当に魅力的で
歌と音楽と楽しさに溢れていて
ユージンのことを聴きたがるラプンツェルの可愛さ
舞い上がる美しい光
そしてマクシマスにフライパン

もぅ最高でっす
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2015-05-14 04:23:41)
85.《ネタバレ》 テレビ鑑賞です。設定や絵は非常に良く、ディズニー王道の仕上がりだと思います。灯篭を飛ばすシーンは素晴らしいし、馬の演技も細かくて随所に笑えるシーンが散りばめられています。どのシーンを切り取ってもまさに「ハズレ無し!」といったところですが、、反面、全て予定調和で進んでゆくストーリー展開で少々退屈しました。キレイにまとまり過ぎの印象を受けますね。

ミュージカル映画を毛嫌いするわけではありませんが、やはり歌が多いとつまんないデス。映画はストーリーと絵で見せて欲しい。個人的に特筆すべきは吹き替え声優のしょこたんがとても上手で感心してしまいました。
アラジン2014さん [地上波(吹替)] 3点(2015-04-25 18:33:39)
84.映像がとても綺麗です。主人公の目がとても大きいのが気になります。最近は3Dばかりですがエンディングで流れるイラストみたいな話も見て見たいなぁ。意外に好きな人多いと思う。
とまさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-01-02 13:47:39)
83.ディズニーのなかで一番すきな作品です
Mementoさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-13 02:47:52)
82.《ネタバレ》 ラプンツェルの目。クリクリでキラキラで可愛か~。物語もキャストも映像も秀逸。きこりのおっさん、緊急だったとしても、ラプンツェルをあんなザンバラ髪に切らんでもよかったやん。
トメ吉さん [DVD(吹替)] 8点(2014-10-09 13:55:43)
81.映像は良かったですがストーリーがお子様向けに感じました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-27 15:21:53)
80.面白い。
ピクサーのいいところをディズニーが学んだのか、
これからのディズニー作品も定点観測が必要だと思わされた1本。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-19 01:32:21)
79.井の中の蛙大河を知る映画。不満なのは、この世の悪が全く出てこないことかな。物語に登場する悪は過保護な親の恐怖だけじゃないですか。それじゃあ「世の中には怖いことがいっぱい」というラプンツェルを塔に幽閉するための表面的な理由に重みが出ないじゃん!悪そうな奴はだいたい良い奴だし……。悪役はヴィラン以外にも必要ですよ。物足りないなぁ…。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-06 21:44:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 98人
平均点数 7.56点
000.00%
100.00%
200.00%
322.04%
411.02%
555.10%
61313.27%
72424.49%
82727.55%
91616.33%
101010.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 6.20点 Review5人
5 感泣評価 4.75点 Review4人

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
オリジナル主題歌アラン・メンケン候補(ノミネート)作曲"I See the Light"

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS