アンボーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンボーン
 > (レビュー・クチコミ)

アンボーン

[アンボーン]
(アンボーン 悪霊祓い)
The Unborn
2008年【米】 上映時間:89分
平均点:4.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスミステリーオカルト映画
新規登録(2011-05-08)【ぽこた(ぺいぺい)】さん
タイトル情報更新(2012-11-17)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・S・ゴイヤー
キャストオデット・アナブル(女優)ケイシー・ベルドン
ゲイリー・オールドマン(男優)ユダヤ教聖職者(ラビ) センダック
キャム・ギガンデット(男優)マーク
ミーガン・グッド(女優)ロミー
イドリス・エルバ(男優)アーサー・ウィンダム
ジェーン・アレクサンダー(女優)ソフィ・コズマ
ジェームズ・レマー(男優)ゴードン・ベルドン
カーラ・グギノ(女優)ジャネット・ベルダン
脚本デヴィッド・S・ゴイヤー
音楽ラミン・ジャヴァディ
製作マイケル・ベイ
製作総指揮ウィリアム・S・ビーズレイ
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮アサイラムVFX(視覚効果)
あらすじ
悪夢に悩まされる女子大生ケイシー。ある日、ベビーシッター先の家の子が「ジャンビーは生まれたい!」という意味不明な言葉を叫び、その後、彼女の周囲では不可思議な出来事が連続する。彼女は、瞳の変色に気付き受診するが、その症状が双子特有のものだったことから、彼女には死産だった兄がいたことが判明する。そして、事の真相を探るべく親族のもとを訪れた彼女は、双子にまつわる恐ろしい話を聞かされるのだった。果たして彼女の身に起きつつあることとは? マイケル・ベイが贈る恐怖の物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 うーん…。ストーリーはよくあるホラーな感じで特に何とも言えない。ゲイリー・オールドマンが出演してたことに驚き。あと除霊に救命士をスタンバイさせてるのは新鮮に感じた。
ぷるとっぷさん [DVD(字幕)] 4点(2014-08-28 23:59:24)
2.《ネタバレ》 予告編を観た時には結構怖そうだったが、実際には笑っちゃう場面が多かった。肝心の悪魔も他人に乗り移るくらいしか能がなく、時々、首180度回転やサバ折りをやってみせてくれる。ゲイリー・オールドマンいつ出るんだろうと思ってたら、結構後半になってから、しかも意外なほど普通の役。どうせなら悪魔もゲイリーに乗り移れば良いのにね(笑)この手のオカルト物は好きだが、あまり特筆すべきところもない凡作。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 5点(2011-05-09 09:53:31)
1.《ネタバレ》 「アルマゲドン」や「トランスフォーマー」を送り出しておいて、マイケル・ベイさんは一体全体どういう意図でこれを制作したのか、いまひとつ意味不明です。いや、作品としてつまらなくはないんですよ。でも、何故今マイケル・ベイさんがこれを?って感じがしてならないのです。
「全米初登場第3位! 世界興収70億円超の大ヒット!」ということですけれど、これは日本人受けはしないでしょうね。悪魔ネタはどうも親近感(?)が沸かないです。ストーリー的にあまり目新しくもなく、主人公の行動に感情移入しかねる、ってところもマイナス要因。
ただ、丁寧に仕上げられているし話の展開も解りやすいので、観ていてリタイヤしたくはならないと思います。主演のオデット・ユーストマンさんの見事なプロポーションと、何故か共演のゲイリー・オールドマンさんの熱演も見どころかな?

ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 5点(2011-05-09 02:17:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
5266.67%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS