X-MEN:ファースト・ジェネレーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > X-MEN:ファースト・ジェネレーション
 > (レビュー・クチコミ)

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

[エックスメンファーストジェネレーション]
X-Men: First Class
2011年【米】 上映時間:131分
平均点:7.66 / 10(Review 83人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-06-11)
公開終了日(2011-09-28)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2011-05-09)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-01-21)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マシュー・ヴォーン
助監督リー・クリアリー(第二班助監督)
ジョシュ・マクラグレン(ロサンゼルス班助監督)
スピロ・ラザトス(第二班監督)
ブライアン・シュメルツ(第二班監督)
キム・H・ウィンサー(イギリス班助監督)
アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
キャストジェームズ・マカヴォイ(男優)チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX
マイケル・ファスベンダー(男優)エリック・レーンシャー/マグニートー
ケヴィン・ベーコン(男優)セバスチャン・ショウ
ローズ・バーン(女優)モイラ・マクタガート
ジャニュアリー・ジョーンズ(女優)エマ・フロスト/ホワイト・クイーン
オリヴァー・プラット(男優)CIAエージェント
ジェニファー・ローレンス〔女優・1990年生〕(女優)レイブン・ダークホルム/ミスティーク
ニコラス・ホルト(男優)ハンク・マッコイ/ビースト
ゾーイ・クラヴィッツ(女優)エンジェル・サルバドール
ルーカス・ティル(男優)アレックス・サマーズ/ハボック
ジェイソン・フレミング(男優)アザゼル
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(男優)ショーン・キャシディ/バンシー
エディ・ガテギ(男優)ダーウィン
マット・クレイヴン(男優)CIA長官
レイ・ワイズ(男優)国務長官
マイケル・アイアンサイド(男優)第七艦隊艦長
グレン・モーシャワー(男優)ヘンドリー大佐
ジェームズ・レマー(男優)海軍大将
ブレンダン・フェア(男優)コミュニケーション責任者
ラデ・シェルベッジア(男優)ロシアの将軍
ジェイソン・ベギー(男優)XO
トニー・カラン(男優)CIAエージェント
ジェームズ・フォークナー(男優)スイス銀行マネージャー
オレク・クルパ(男優)ソヴィエト軍隊長
ドン・クリーチ(男優)ストライカー(ノンクレジット)
ヒュー・ジャックマン(男優)ローガン/ウルヴァリン(ノンクレジット)
レベッカ・ローミン(女優)ミスティークが変身した姿のうちのひとつ(ノンクレジット)
内田夕夜チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX(日本語吹き替え版)
三木眞一郎エリック・レーンシャー/マグニートー(日本語吹き替え版)
安原義人セバスチャン・ショウ(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子エマ・フロスト/ホワイト・クイーン(日本語吹き替え版)
桑島法子モイラ・マクタガート(日本語吹き替え版)
鶴岡聡アレックス・サマーズ/ハボック
佐々木敏ストライカー(日本語吹き替え版)
石住昭彦MIB(CIAエージェント)(日本語吹き替え版)
長克巳ヘンドリー大佐(日本語吹き替え版)
辻親八海軍大将(日本語吹き替え版)
行成とあチャールズの母(日本語吹き替え版)
森田順平ケネディ大統領(日本語吹き替え版)
山路和弘ローガン/ウルヴァリン(日本語吹き替え版)
原作ブライアン・シンガー(原案)
シェルドン・ターナー(原案)
脚本マシュー・ヴォーン
音楽ヘンリー・ジャックマン
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ジョン・マシソン
ラリー・ブランフォード(第二班撮影監督)
ジャック・ヘイトキン(第二班撮影監督)
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作サイモン・キンバーグ
ローレン・シュラー・ドナー
ブライアン・シンガー
20世紀フォックス
マーヴェル・エンタープライゼス
製作総指揮スタン・リー
ジョシュ・マクラグレン
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給20世紀フォックス
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術クリス・シーガーズ(プロダクション・デザイン)
衣装サミー・シェルドン
ヘアメイクトム・ウッドラフ・Jr(ビーストのデザイン)
編集リー・スミス〔編集〕
エディ・ハミルトン
日本語翻訳松崎広幸
スタントボビー・C・キング
ジョーイ・ボックス
ジョニー・マーティン
その他ニック・グレニー・スミス(指揮)
あらすじ
ナチスが欧州を席巻していた時代。ユダヤ人の少年エリック・レンシャーは、金属を操る自らの《能力》を収容所のナチ将校に発見され、痛ましい特訓の日々を開始する。同じ頃の平和な新大陸では、テレパス少年チャールズ・エグゼヴィアが奇妙な少女レイヴンを発見、妹として護っていくことを誓ったのだった。時は過ぎて十数年後、大陸をはさんだ二人の無関係な軌道が重なり合う時、彼らの元へ続々とミュータントたちが結集してくる。ミュータント集団「Xメン」「ブラザーフット」の誕生と発展を追う、新シリーズ第一弾。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
83.《ネタバレ》 新3部作の1作品目です。最初にアポカリプスから見たのですが、こちらも、期待通りの面白い作品です。今回は、マグニートーと敵が戦うのですが、敵側のミュータントが皆強そうでかっこいいです。最後のプロフェッサーの事故の原因も解明していますね。
ソウリさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2017-05-03 04:08:04)
82.《ネタバレ》 正直、このシリーズには何の思い入れもなかったのだけど、最近観た『キングスメン』というスパイ映画がすこぶる面白かったので、同監督がメガホンを取った本作をあらためて鑑賞してみました。うーん、確かに面白かったのだけど、やはりこのシリーズを好きかそうでもないかで評価が分かれると思います。僕は後者なので、若干評価は厳しめです。やはりマシュー・ヴォーンの才能はこういう真面目なヒーローものより、もっとぶっ飛んだ悪乗り系の作品の方が映えるんじゃないでしょうか。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-11-13 01:10:42)
81.《ネタバレ》 X-MENシリーズって頭悪いアメコミの内容そのまんまの内容で、ぶっちゃけそんなに面白くもないしさして好きなわけでもなく、わざわざ自分から進んで観ようとは思わない映画です。

この映画を観たのも、たまたまスターチャンネルでやってたからです。

ところがぎっちょんぎっちょんちちょん。
たまさか観たこの映画は意外と面白かったんですね。
いままでとは作品自体の空気感も違ってて、調べてみたら監督がキックアスの監督に変わってたんですね。

なるほど、やっぱり監督ってめちゃくちゃ大事なんだなぁ、という事をあらためて教えてくれる貴重な映画になりました。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-11-06 22:45:48)
80.雰囲気や映像もいい出来だ。
それぞれの心理状況も分かるような気がする。派手なシーンも多く、映画としての娯楽性も高い。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2016-08-27 12:41:06)
79.足が手になる能力。
なんでこんな能力を思いついたんでしょ?
そしてなぜ劇中で出そうと思ったんでしょ?
たろささん [地上波(字幕)] 8点(2016-08-23 19:14:00)
78.本作は「キック・アス」で有名なマシュー・ヴォーンが監督のシリーズの前日譚です。XMENは主役であるはずのウルヴァリンがあまり目立たない、個性豊かなキャラが多彩な群像劇的な作品と思っていましたが、本作を見ると、プロフェッサーとマグニートの二人の物語なのかなという気がしないでもありません。前作ZEROはウルヴァリンが主役として大活躍でしたが、対照的に本作ではウルヴァリンは目立たないどころかカメオ出演のみで、しかも何の支障もなく今まででベストと言える仕上がりです。それはそれで切ないですが(笑)
敵役のケヴィン・ベーコンも良いですし、若きプロフェッサー役の人も良いです。個人的にはプロフェッサーがこめかみに指を当てる仕草がカッコイイと思ったので、一時期、僕の中でこの仕草が流行りました。もちろん、僕はテレパスではないですし、周りからはただの偏頭痛持ちの人と思われていたかと思うと少し恥ずかしいです(笑)
映画の夢さん [DVD(字幕)] 8点(2016-07-11 20:36:27)
77.《ネタバレ》 X-MEN『新』シリーズ第一弾ですね。
 最大の見所は、何といってもプロフェッサーXとマグニートが共に同じ道を歩んでいたその勇姿でしょう。
 別々の道を歩んでいた二人がいつ出会うのか、ドキドキしながら待っていたのです。そして二人の運命が交差する瞬間が訪れます。『そこか~』と感動。エリックを助けたチャールズが、『君だけじゃないんだ!』というシーンが、個人的に、もの凄く感動です。
 ただこの二人、確かに親友であり仲間なのですが、初めから方向性が違いすぎて、いずれ決裂してしまうのが目に見えてわかります。この水と油のような二人が、深い友情や信頼関係で結ばれていく、その過程がアツいのです。
 ぎりぎりまでエリックはチャールズを、チャールズはエリックを、それぞれ自分の生きる道を共に行こうと手を差し伸べます。ですが悲しいかな、二人はあまりに優秀で、あまりに理想が高すぎるため、最後はやはり別れる運命。それでも二人の友情は永遠に不滅だということを決定的なものにするエピソードが、ラストのクライマックスシーン。『お前を傷つけたくない。』というエリックの叫びから、チャールズの被弾シーンまで。ファンでなくとも涙を誘います。そこにミスティークとの別れまであるからたまらないですね。あーあ。
 皮肉にも、エリックとチャールズ、二人を結びつけたのはショウです。つまりは『ショウ』という共通の敵がいなければ、二人が手を取り合うことがなかったのは明らかです。それに、『マグニート』と『ショウ』の方向性はほとんど同じ。『ショウ』が『マグニート』の母親を殺してなければ、きっとショウとマグニートが手を取り合い、第三次世界大戦が勃発していたことでしょう。
 そういえば、『キューバ危機』の真相がミュータントだったとは、これまた驚き・・・歴史は深いですね(笑)
 本作は、前三部作の『答え合わせ』のような側面もあります。
 何故プロフェッサーXは車椅子なのか。あのヘルメットはどこから来たのか。一番のサプライズはミスティークがプロフェッサーXと行動を共にしていたことです。
 この作品だけでももちろん面白いと思いますが、前三部作を見ているとより盛り上がることは間違いありません。
 気になる点としては、『フェニックス』こと『ジーン』を迎えに行ったとき、たしかチャールズとエリックが二人揃っていた気がしたのですが、今作を見ると二人はそれ以前に袂をわかっているようです。そしてナイトクロウラーのテレポート、ストームやサイクロップスの類似能力が出てきたのは何か関連があるのか。気になるところです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-02-10 10:45:08)
76.プロフェッサーXとマグニートーの誕生秘話など、内容が判りやすくて良かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2015-11-16 00:46:34)
75.《ネタバレ》 前三部作を見ていなくても十分鑑賞に耐えられる完成度の高い作品だと思いましたが、三部作を見ていれば、当然ながらさらに楽しめる作品。特殊能力の演出の派手さは当然あるのですが、それよりもストーリーや出演者の魅力を十分に感じられる作品でした。マグニートーのヘルメットやプロフェッサーが車いすの理由などが明らかになっていく過程を楽しめるのは前作までを見ていて、さらに思い入れがあればなおのこと。二人の若い時代を演じる二人の役者がそれぞれ素晴らしく、後の姿(イワン・マッケランとパトリックスチュアート)を重ねながら見ていました。前作までがあってこその作品ではありますが、ある意味、前作までを超えた作品なのでは。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2015-11-01 17:05:47)(良:2票)
74.《ネタバレ》 X-MENシリーズ第5弾。
X-MEN創始者プロフェッサーXとその親友であり宿敵マグニートーが知り合い決別するまでの昔話。
これがおもしろいと聞いて順番に借りてきた訳ですがそれほどでもなかったw
でもX-MENがどんな話かは気になってたので大まかには理解できましたね。
まだ映画化されていなアポカリプスやモジョーのエピソードは見てみたいかなー。
特に格ゲーで使ってたスパイラルは興味ある。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 6点(2015-06-26 22:38:57)
73.シリーズに何の思い入れとかないけど、出来は良い。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2014-12-20 00:32:26)
72.シリーズを知っていれば、こいつがああなるのかとニヤニヤできる。逆に知らなければ何も面白くないと思う。
もんでんどんさん [地上波(吹替)] 5点(2014-11-21 14:43:09)
71.《ネタバレ》 「キック・アス」を手掛けたマシュー・ヴォーンによる傑作。
「X-MEN」シリーズの前日譚にあたる作品だが、今までのシリーズよりも活き活きとしたエネルギーに満ちている。
続編となる「フューチャー&パスト」も中々面白かった。
マグニートってこんなにカッコ良かったかなあ・・・。
設定が矛盾しているとかいうけど、そこは「キック・アス」に通じる馬鹿馬鹿しさとシリアスのバランスが面白いという事で。

ユダヤ人として生まれた魂は、その怒りによって能力に目覚める。
やがて訪れる復讐者と仲間達の出会い。

テレパシーでどんな人間にもコンタクト、
全身真っ青で誰にでもなれる女性、
全身をダイヤモンドにしてキレイに円を描くパッキン女性、
あらゆるものを吸収してしまう不老の元ナチス、
見た目は野獣中身はイケメンな頭脳派、
呼んでますよアザゼルさんなどなど超人&変態の万国博覧会。
手から刃を出しまくるオッサンも一瞬登場。


人を信じて生きてきたプロフェッサーX(チャールズ)、人を信じないで生きてきたマグニート(エリック)の対比が痛々しい。

敵が“潜る”なら“引きずり”、叩きのめすのみ、
撃ってくるなら全部弾き返すだけよおっ!
ブラックバードで飛来してくるシーンは超ワクワクしたぜ。


ローガン「おとといきやがれっ!」
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-11-01 00:22:11)(良:1票)
70.SF映画なのかなと思っていたらサイエンス色の薄いスーパーヒーローものでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-29 22:57:01)
69.《ネタバレ》 ウルヴァリンの演出。良かったと思います。断るウルヴァリンももちろん、あっさり引き下がる二人にも拍手。うまく本編に繋げたと思います。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 7点(2014-09-28 00:28:39)
68.《ネタバレ》 昔は皆1つの場所を求めていたつもりが、、タイトルの通りという感じで本当に良かったです。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2014-08-18 15:36:22)
67.《ネタバレ》 新作フューチャー&パストの予備知識のために鑑賞したという、X-menにわか以下のド素人です。
このため、最後に2人が袂を分かつのでさえサプライズに感じたという幸せ者です。
あのヘルメットが登場したときは「うわぁ、ダッサ!」と思いましたが、最後の流れでうまい役割を果たしており「そういうことか」と妙に納得してしまいました。
こんな低レベルな感想ではX-menフリークの方々には怒られるかもしれません。
それはさておき、結果として大ハマりしてしまいました。
ここまで登場人物のキャラクターが立っていると実に楽しい。
また、単なる善と悪との戦いではないところに見応えがありました。
いまは関連作品をすべて見たいという衝動に駆られています。
牛若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-06-19 22:12:48)
66.創作上のヒーロー達が、実は近現代史の裏側で暗躍していたという着眼点はまんま『ウォッチメン』ですが、ひたすら暗くて説教臭かった『ウォッチメン』と比較すると、本作には適度な笑いとスリルがあり、クライマックスには大掛かりな見せ場もあって、娯楽作としては抜群のバランス感覚を保っています。。。
2006年の『ファイナル・デシジョン』にてシリーズは一旦終了したものの、2009年の『ウルヴァリン』が結構な興行成績を叩き出したことから、「やっぱりX-MENは儲かる」ということでのシリーズ再開。とはいえ、『ファイナル・デシジョン』があらゆる設定や物語を豪快にひっくり返したことから(私は好きですが)、単純な続編は不可能ということで、シリーズの仕切り直しとして製作されたのが本作でした。『バットマン・ビギンズ』や『アメイジング・スパイダーマン』等を見ればわかる通り、仕切り直しの作品は大抵がオリジナルシリーズとの差別化に精出し、あっと驚くような設定変更を仕込んでくるものなのですが、一方で本作は、旧シリーズとの連続性を意識し、それらを作品に取り込んでいこうとする姿勢が好印象でした。新シリーズの一作目であるが、旧シリーズの存在も無駄にはしていない。そうした器用な作りとしたことが、2014年の『フューチャー&パスト』にも繋がっていくわけです。。。
主要キャラクターの生い立ちや、世界情勢、ミュータントの生きづらさ等、多くの要素をぶち込みながらも、本作の流れは驚く程スムーズです。真面目一筋のブライアン・シンガーと、単純娯楽に徹するブレット・ラトナーの良い所を掛け合わせたかのようなマシュー・ヴォーンの柔軟な演出には感心しっぱなしでした。オタク臭いチマチマとした辻褄合わせをやりながらも、クライマックスでは延々30分に及ぶ大スペクタクルをしっかりと見せる。そして、ラストでは相思相愛ながらも袂を分けたプロフェッサーとマグニートーの濃厚な友情まで。娯楽作としては文句のつけようがありません。役者の選び方も見事なもので、変なヘルメットを被って偉そうなことを言わねばならないという悶絶級に難しい役柄には、ケビン・ベーコンとマイケル・ファスベンダーという演技力とカリスマ性を併せ持つ俳優を当ててくる辺りの手堅さを見せています。
ザ・チャンバラさん [映画館(字幕)] 8点(2014-06-04 23:40:01)(良:2票)
65.CGは素晴らしいがストーリーは意外におもしろくない。
ホットチョコレートさん [地上波(吹替)] 3点(2014-05-30 05:05:39)
64.リブートを期待しましたがただのアメコミでした。ケヴィンベーコンが意外と若かったです。
Kの紅茶さん [地上波(吹替)] 3点(2014-05-24 22:58:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 83人
平均点数 7.66点
000.00%
100.00%
200.00%
322.41%
400.00%
522.41%
678.43%
72530.12%
82631.33%
91518.07%
1067.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review8人
2 ストーリー評価 8.00点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.55点 Review9人
4 音楽評価 7.28点 Review7人
5 感泣評価 6.16点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS